フィルムとガラスどっちがお勧め?500円以下のiPhone 6s Plus用保護ガラスを試す

パッケージ

海外旅行でハワイに行った友人にiPhone 6s Plusしてもらった。

初めて入手したシャッター音が鳴動しない海外版SIMフリーiPhoneなのだが、それ故に大事に使おうと思っていて、iPhone 6時代から使わなくなった液晶保護ガラスを久々に購入した。

といっても、大したお金をかける気は無くコスパ重視で1枚500円以下という安価な製品を購入した。

「Z-ga」という聞いたこともない名前のiPhone 6s/iPhone 6s Plus用ガラスフィルムだ。これがなかなかよかったので紹介しようと思う。

iPhone 6以降の液晶保護に対するスタンス

貼り付け後の状態
2014年9月に発売されたiPhone 6で、側面が湾曲したラウンドフォルムとなったiPhoneは、液晶保護フィルム・ガラスの貼り付けが非常に難しくなった。

基本的にフィルム・ガラスは平らな面にしか貼れないことが理由だが、それによってメーカーの対応は大きく2つに分かれた。

  • 湾曲部分を回避し、全面保護を諦めるフィルム・ガラス
  • 湾曲部分に何とか対応した、全面保護フィルム・ガラス

作る観点からすれば、当然ながら前者の方が楽で、後者の方が大変。それは価格にも反映される。

後者の代表格は液晶保護ガラスメーカーのパイオニア、Spigenの「FULL COVER GLAS」じゃないかと思う。

ただし価格は実売2,000円程度とちょっと高い(それでも保護ガラスが初めて登場した2013年頃は3,000円以上していたので激安だが)。

それでも完璧では無いことから、iPhone 6sからは保護フィルム・ガラスの利用そのものをやめた。

万一落としたりして壊したらAppleCare+で直してしまえばよいと割りきった。

とはいえ、海外版SIMフリーiPhoneは一応AppleCare+には入ったものの、修理するとシャッター音が鳴動する国内モデルになってしまうため、破損は避けたい。

というわけで、価格が安い保護ガラスを購入することにした。

Z-ga iPhone 6s Plus用液晶保護ガラス

パッケージ
そこで購入したのが「Z-ga iPhone 6s Plus用液晶保護ガラス」。

特徴は何と言っても、Amazon価格490円と激安であること。液晶全面を保護するタイプではないが、この価格なら月1で貼り替えるくらいの感覚で使える。

スペック的な部分では、

  • 側面がラウンドエッジ加工
  • 硬度9Hを誇るため傷が付きにくい
  • 防汚コーティングにより滑らかな手滑り
  • 3D Touch対応
  • 薄さ0.26mm

という感じで、保護ガラスとして基本的なスペックは全て抑えている

繰り返しだが欠点らしい欠点は全面保護タイプではない事くらい

パッケージ

パッケージ

これがパッケージ。
500円なので簡易パッケージと思っていたが、思ったよりもちゃんとしていて驚いた。これ、利益あるんだろうか、、、(送料も無料)。

ガラスフィルム本体

ガラスフィルム本体

これが中身。
ガラスフィルム1枚と、クロスなどが付いている。

同梱品はクロス・ホコリとり・アルコール洗浄

同梱品はクロス・ホコリとり・アルコール洗浄

一番驚いたのは、アルコール洗浄やクロスまでちゃんと付いていたこと

繰り返すが、これ500円ですw

500円の液晶保護ガラス装着後の状態

貼り付け前の状態

貼り付け前の状態

参考までにこれが貼り付け前の状態。

貼り付け後の状態

貼り付け後の状態

そしてこれが貼り付け後の状態。
全面保護では無いため、

  • 保護されない部分があり、縁があるように見える
  • ホームボタン周りも完全に覆われない

という感じ。

ホームボタン周辺

ホームボタン周辺

ホームボタン周辺はこんな感じとなる。
Touch IDの事を考えたら、この方が正直使いやすいが、見栄えはやはりあまりよくない。

サイドからみた感じ

サイドからみた感じ

0.26mmと薄いため、側面からみてもガラスを貼り付けて盛り上がった感が少ない

右上の隅

右上の隅

右上の隅から縁がはっきり分かるかと思う。

右下隅

右下隅

右下から見ても同様。

SPONSORED LINK

安価なガラスフィルムは使えるか?

僕はiPhone 4Sの時代から保護ガラスを愛用してきたし、iPhone 5sまでは一番お勧めのアクセサリと言ってきた。

その理由は、落とした時に身代わりになってくれることなのだが、普段使いとして一番重要なのは、

指滑りが非常に滑らかで使い勝手が向上すること

だった。

ただ、これは保護ガラスに施されたコーティングの効果。かつては安物だとイマイチだったのだが、保護ガラスもすっかりこなれたスマートフォンアクセサリとなり、500円でも十分な品質だった

コーティング効果はどんなに高い保護ガラスを使っても、せいぜい2ヶ月しか持たない。その後は指紋も汚れも付きやすくなる。

復活させるには買い替えるしかないのだが、500円なら気軽に買い替えられる

また、今回の保護ガラスは0.26mmと薄いためホームボタンとの干渉も少なく使いやすいが、逆に言えば割れやすい

使っていたら側面が欠けるなんてよくあることだが、この値段ならサクッと買い替えたらいい。

終わりに

というわけで保護ガラスにはそれなりにうるさい人間なのだが、思った以上に使えて驚いた。

なので早速もう1枚発注。
今後iPhone 6s Plusでは月1くらいでこのガラスを貼り替えながら使っていこうと思う。

今回はiPhone 6s Plusで使用しているが、iPhone 6s用も当然あるため、今まで保護ガラスを使った事が無い方は試してみて欲しい。
※ちなみにiPhone 6/6s用の方が690円と値段が高い

中途半端に高い液晶保護フィルムよりは、断然お勧めです!

SPONSORED LINK

iPhoneの液晶保護フィルム・ガラスに関するレビュー

SPONSORED LINK