低価格アクションカム(ウェアラブルカメラ)「Campark 4K」実写&ショルダーストラップ「SCM-1」レビュー

Processed with MOLDIV

みなさまこんにちは。aruteo(@aruteo)です。

お待たせしました!
今回は、1080p(60fps)撮影に対応したアクションカム「Campark 4K」の実写レビューです。

約1万円で買えるコストパフォーマンスの高いアクションカムですが、果たして実用に足る出来だったのか?

その真価を確かめるべく、本機を携えて地元のカヌー大会に参加してきました!

しかし、大会に参加する前に大きな問題点が発覚して…

「これ、どこに付けよう…?」

勢いでアクションカムを入手したものの、実は取り付ける場所を考えていませんでした(笑)

頭に装着する炭鉱夫スタイル…いや、美しくない。

地元のカヌー大会はリレー形式だから、船体に取り付ける暇は無い…。

そんな時に見つけたのがショルダーストラップ「SCM-1」です!

SCM-1パッケージ

ショルダーストラップ「SCM-1」とは

SCM-1本体
  • アクションカムを肩に取り付けるためのストラップ
  • ブランド名「NEO Pine」
  • アクションカムの先駆け「GoPro」シリーズ向けの製品
  • 差し色がブルー系迷彩柄、グリーン系迷彩柄、ブラウン系迷彩柄の3色展開
  • 腹部と肩部の2箇所にマジックテープがあり、体型に合わせたサイズ調整が容易
  • 価格はAmazonにて¥2,480(2016年4月25日時点)

開封レビューでも触れた通り、Campark 4KはGoProシリーズの類似品なので、

オプション製品の互換性も勝手に兼ね備えています。

Campark 4KをSCM-1に装着

というわけで、勝手な互換性を頼りにCampark 4KをSCM-1に装着。

IMG_0255_R

何の苦労もなく完璧にフィットしました。

しかし上の写真は、実は装着に失敗しています。

何が失敗なのか?

このようにカメラを装着すると、横顔が激しく写り込みます。

正しくは下の写真を参考に。

IMG_0257_R

Campark 4Kに付属している接続アームを3つ使用して、本機を肩のやや前方に位置させることで、横顔の写り込みを防止できます。

Campark 4K&SCM-1を着こなしてみた!

Processed with MOLDIV

何ということでしょう。

左肩にカメラを装着したその姿は

ガンキャノンII

まるでガンキャノンIIではありませんか。

※ガンキャノンIIとは
「機動戦士ガンダム」に登場した中距離砲撃支援機のバリエーションモデル。
左肩に精密照準器を有する。

そうそう、肩に装着しているので、もちろん髪型は乱れません。

これは女性にも嬉しいはず。

SPONSORED LINK

カヌーを漕ぐ様子を撮影してみた!

みなさまお待ちかね、Campark 4Kによる実写映像です!

今回はVineでの投稿なので映像自体は短いですが、雰囲気はお分かり頂けるかと思います。
カヌーを漕ぐ様子、周りの風景が十分に伝わる映像が撮れました。

バッテリー持ちはどう?

今回の撮影後、バッテリー残量を記録する前に映像の確認等を行ってしまったため、残念ながら正確な情報はお伝えできないのですが、約35分の撮影で半分近く消費していた感じです。

当初Amazonではバッテリー稼働時間:約2時間と表記されていたものの、取扱説明書を確認すると該当する表記が見当たらず。

困って情報を探していると、Amazonの後発の商品ページに

「バッテリ働き時間:マクス75分 @ 4K/1080P 60fps」

という崩壊した日本語が。

要するに4K(15fpsのみ)及び1080p(60fps)での連続稼働時間は75分ということだと思います。

メーカーに代わってお詫び申し上げます(汗)

これを踏まえて考えるなら、今回のバッテリー持ちは概ねスペック通りということになります。

ただし本機は充電中の撮影にも対応しており、micro USB端子を介して一般的なモバイルバッテリーを使用することができます。

この場合、防水ケースの使用はできませんが、水を被ることがないシーンではかなりの威力を発揮しそうです。

撮影データのサイズは?

撮影データのサイズは、1ファイル10分で約2.4GB(1080pで60fps)。
連続で長時間撮影する場合は自動的に上記のサイズで分割されていきます。

今回は約35分の撮影だったため、ファイルが4つに分割され、合計約8.3GBのデータになりました。

まとめ

  • Campark 4Kは低価格でも実用に足るアクションカムだった
  • GoPro用ショルダーストラップ「SCM-1」が見事に流用できた
  • ショルダーストラップ含め、約¥13,000で臨場感のあるカヌー映像が撮れた

終わりに

いかがだったでしょうか。

何度も書きますが、Campark 4Kのコストパフォーマンスの高さは特筆すべきです。

「試しに撮ってみたい」

という興味本位でも買える値段で、尚且つその興味を十分に満たしてくれます。

また、ショルダーストラップでのアクションカム装着は、髪型を気にする女性にもオススメです。

自分の体験を誰かと共有したいそこの貴方!

一度ガンキャノンIIになってみてはいかがでしょうか。

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK