Spigen iPhone SE用ケース「ネオ・ハイブリッド クリスタル」レビュー。iPhone 4Sから使う私のお勧めケース【PR】

DSC02903

2016年3月に発売されたばかりの、iPhone SE用ケースとして、Spigen社から「ネオ・ハイブリッド クリスタル」のレビュー依頼をいただいたので紹介しようと思う。

iPhone SE向けとなっているが、iPhone 5・iPhone 5sでも利用可能。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

Spigen社「ネオ・ハイブリッド クリスタル」の特徴

KifZuYftTBeK._UX970_TTW_
ネオ・ハイブリッド クリスタルはSpigen社の代名詞ともいえるケース

iPhone 4の時代にAppleが純正アクセサリとして販売していたBumper(バンパー)に近い構造のケースで、iPhone 6の時代まではその思想を受け継いできた。

しかし、iPhone 6sの時代になり、背面を保護する形状に変更。いわゆるバンパータイプでは無くなってしまったのだが、基本的なコンセプトは変わっていない。

価格は約3,300円と少々高いが、僕が一番長く使ってきたシリーズであり、間違いなくお勧めできるケース

大きな特徴は、

  • フレームとTPU(クリアケース)の2重構造で衝撃吸収に強い
  • 本体カラーに合わせたもの含めてカラバリは3色(ガンメタル、ガンメタル、ローズ・ゴールド、)
  • 柔軟性と高い耐久性をもつTPU

となっており、デザイン性が高いことが魅力だと思っている。

開封レポート

DSC02903
簡単に開封レポートを。

iPhone 6s以来導入されている簡易パッケージ。

DSC02904

裏側には取付説明が記載されている。

DSC02905

これがケース本体。

DSC02906

一見普通のクリアケースに見えるのだが、

DSC02907

フレーム部分が分離する構造となっている。

これがハイブリッドと呼ばれる所以だ。

装着してみての感想

このネオ・ブリッドシリーズは少しだけ癖がある。

フレームの取付が案外難しいのだ。

DSC02908

手持ちのiPhone 5sスペースグレイに、まずはクリアケースを装着。

DSC02909

裏面から見てもいたって普通のクリアケースという感じ。

DSC02910

だが、この地点ではボタンの部分は少し変な感じになる。

ここからフレームを装着するわけだが、

DSC02904

ここにも書いてあるとおり、端っこから押し込んでいくことがポイント

正面から見て左側をまず装着し、その後引っ張りながら押し込んで右側を装着みたいな流だろうか。

DSC02912

これがフレーム部分も装着した、完成形。

この状態では先ほどと区別がつかないが、

DSC02913

側面からみると印象は全く変わる(これは右側面)
今回はカラーがガンメタルなので、スペースグレイの本体色と比べても違和感がない。

DSC02914

Lightning端子やイヤフォンジャック周りは、余裕をもった構造となっている。

サードパーティー製のLightningケーブルでも大抵は接続可能だろう。

DSC02915

左側面より。
僕がネオ・ハイブリッドシリーズで一番好きな部分

このボタンの辺りがかっこいいんですよねぇ。

DSC02917

スリープボタンも金属製のボタンが覆い被さるイメージとなる。

DSC02919

裏側より。
かつてはバンパー型ということで、裏面は露出していたのだが、iPhone 6s以来裏面もカバーされるようになった。
要望が多かったんですかねぇ。個人的には、前の方が好きだったが、、、

特に角張ったデザインである、iPhone SEではiPhone 5s時代のデザインとして欲しかった。

そこだけはちょっと残念だ。

DSC02911

カメラ周辺もケースが干渉する事はない。

終わりに

iPhone SE最大のメリットは、手のひらに収まり、片手操作が可能なコンパクトさ

それにはグリップ性能がポイントになると思っているが、ネオ・ハイブリッドシリーズはこれが非常によい。

明らかに裸より持ちやすくなったって実感出来る。

値段は3,000円程と少々高額だが、それだけの質感のあるケースだと思う。

このシリーズは僕もiPhone 4Sの時代から使ってきていて、一番のお気に入りなので、お勧めです!

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK