iPhone 7の注目はモデル構成。iPhone 7 Proの登場は何を意味するのか?

iPhone 6sとiPhone 6s Plus

例年通りであれば、iPhoneの2016年モデル「iPhone 7」(あいふぉんせぶん)の発表&発売が9月に迫ってきた。

iPhoneは2年に1回デザインを変えてモデル名の番号も1つアップする。前回は2014年に発売したiPhone 6の時なので、2016年はそのパターンにはめるとデザインが変わる年にあたる。

だが2016年は例年と少し様子が異なっている。
デザインよりもモデル展開の話の方が良く聞くのだ。噂の話ではあるが、iPhone 7のモデル展開について考えてみようと思う。

iPhone 7のモデル展開は3種類

噂として聞くiPhone 7の噂の目玉は、「iPhone 7 Pro」と呼ばれる最上位モデルが登場するということだ。この事で、

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7 Pro

の3モデル構成となり、2016年3月に発売された4インチのiPhone SEも加えたら、4モデル構成となる。

別の噂ではPlusがProに変わるとも言われているし、Plusの最上位モデルがProという扱いになるとも言われている。いずれにせよProと名の付くiPhoneが登場する確率は高い。

そしてこのiPhone 7 Proのスペックは、

  • デュアルレンズ
  • iPad Proで搭載され、キーボード接続で使用されているSmartConnectorの搭載

などが噂されている。

僕は2016年3月にハワイで購入してもらったアメリカ版SIMフリーiPhone 6s PlusiPhone 6sを併用している。Plusというのは1台に全てを集約したい人におすすめと以前記事を書いたが、

まさにその状況が発生していて、iPadが完全に不要になってしまった。

デュアルレンズはともかく、SmartConnectorとキーボードが登場すると、iPadの地位をますます脅かす事になる気がする。

SPONSORED LINK

Apple製品のモデル構成

2016年7月現在販売しているApple製品のモデル構成をざっくりまとめると以下のような感じだ。

タイプ モデル構成
デスクトップPC Mac mini
iMac
Mac Pro
ノートPC MacBook
MacBook Air
MacBook Pro
タブレット iPad mini
iPad Air
iPad Pro(12インチ/9.7インチ)
スマートフォン iPhone SE
iPhone 6s
iPhone 6s Plus

Macシリーズは長年Proが最上位というモデル構成が長く続いていた。

そしてMacと比べたら後発に当たる、iPhone・iPadはこの構成ではなかったのだが、2015年にiPad Proが登場。
これによって「Pro」の名を持たない製品は、iPhoneだけとなった。

なので、今やiPhoneの製品構成の方が特殊なんですよね。

iPhone 6s Plusの後継が「iPhone 7 Pro」

というのは自然な流れとして、じゃあ「mini」に該当するものは?と思ってしまう。

iPhone miniにふさわしいモノは既に登場しているからだ。

4インチiPhoneの扱いが注目

2016年3月に発売されたiPhone SE

2016年3月に発売されたiPhone SE

iPhone miniに該当する製品は、4インチ液晶を搭載するiPhone SE。

2016年3月に登場したiPhone SEは、SE(Special Edition)の名で登場したiPhone 5sの後継モデルだが、このiPhoneは久々に売れまくった。

調達・物流の鬼と言われるティム・クックCEOになってから、Apple製品の欠品というのは少なくなっていたが、久々にそれが発生した。しかも、数ヶ月続くレベルで。

これは完全にAppleの見込み以上に売れたことを意味していると思う。4インチの根強い人気で、iPhone SEの次期モデルに悩む事になる。

  • iPhone 7などと同等の扱いとし「iPhone 7 mini」のような形とするか
  • iPhone SE2みたいな形で、別ラインであることを強調するのか

いずれにせよ、iPhone SEの次期モデルは何らかの形で今後も発売する事になると思う。

発売時期としてはずらした方が売上げ的なメリットがあるかもしれないが、統一感という意味では、例年と同じ時期(9月)にまとめて発表の方が理想的とも思う。

いずれにせよ僕は将来的にiPhoneは、

  • mini
  • 無印
  • Pro

というモデル構成になっていくんじゃ無いかと思う。

モデル構成が増える理由

DSC02601

モデル構成が増えるという話をすると、特に古くからのAppleファンは抵抗感を持つ人が多い。

スティーブ・ジョブズCEO在任時代は、引き算の哲学でそぎ落としていくのがApple製品の魅力と言われ、それは製品単体はもちろん、モデル構成にも表れていた。

その象徴はiPhoneだったと僕は思う。
iPhoneはiPhone 5sまでカラーバリエーションとストレージ容量しか違いが無く、呼称としてのiPhoneは1つしかなかった。

では、現在モデル構成が増え始めている理由はなんなのか。
それはやはりAppleですら、近い将来でイノベーションを起こすような製品・サービスの開発が難しくなったことを象徴していると思う。

どこの会社でも凄い製品を開発する場合、社内のリソースはそこに集中される。それは資金はもちろん人的リソースもだ。

これが余り始めているという事なんだと思う。
ここ2年程のApple製品は、

  • Proと名の付く上位モデル(=単価の高い製品)を追加
  • カラーバリエーション(最近ではローズゴールド)の追加と統一

が大きな流れ。これらの製品は派生モデルという位置付けなので、難易度も低くいわゆるエース級のエンジニアは不要と思う。

そうやって会社を維持するために言い方は悪いが繋ぎの製品を出している気がする。

終わりに

iPhone 7において、大きなサプライズはないと思っている。

ただ、そこで発表される製品ラインナップは注目ポイントだと思っていて、Proモデルの誕生は、Macも含めたApple製品全体がこの構成に統一されていくことを意味していると思う。

これが2015年辺りから続く流れであり、あと数年は続くのだろう。

その先には何か驚くべき製品の誕生をファンとしては期待したいですけどね、、、

ついに発売!iPhone 7

2016年9月16日に発売された、iPhone 7の紹介記事です

ついに入荷!iPhone 7ジェットブラック開封レビュー。スペースグレイとの違いは?

2016.10.03

iPhone 7発表!防水・FeliCa(おサイフケータイ)ガラパゴス機能が世界標準に

2016.09.08

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK