【docomo】dカードゴールドはお得?年会費1万円を超えるメリットを解説

dカードゴールド

2015年12月からdocomoのポイント制度などは大きく変わった。
それまで様々な名前が乱立していたが、ほぼ全てのサービスを「d〜」系で統一という大きな変更を実施した。

ポイント関連に絞って紹介すると以下のような感じ。

旧サービス名 新サービス名
ドコモポイントクラブ dポイントクラブ
ドコモポイント dポイント
DCMX dカード
DCMX GOLD dカード GOLD

dポイントについてはオープン化され、ローソンやマクドナルドなどリアル店舗での取得・利用が可能となるなど利便性は大きく高まったが、その分還元率は下がっている。

具体的には、docomoユーザーがdocomo携帯の利用料から取得するポイントの還元率が、大幅に改悪された。

しかし、その改悪を無効化する手段が1つある。

それが、docomoが発行するクレジットカード「dカード GOLD」(旧:DCMX GOLD)を持つこと。このカード年会費が1万円(税別)かかるが、簡単に元は取れるし、年会費を超えるメリットがあるので、紹介しようと思う。

「dカード GOLD」の特徴

dカードはdocomoが発行するクレジットで、2015年12月までは「DCMX」と呼ばれていた。

DCMXは「iモードの父」と呼ばれる夏野剛さんが、docomo在任時に作ったサービスの1つで、クレジットカード事業だ。

だが、他のカード異なるのは、

  • 「DCMX」と聞いただけではクレジットカードと分からないカード名称
  • 券面の見た目に拘った格好いいカード

といった辺りだろうか。僕はDCMXとdカードどちらも持っているので比較してみるとこんな感じ。

上がdカード、下がDCMX

上がdカード、下がDCMX

見た目なので一概には言えないが、僕はDCMXの方が圧倒的に格好いいと思う。そういう意味で、カード名もデザインも変わったしまったのは何とも残念だった。

ただ、その点を除くと「DCMX GOLD」と「dカード GOLD」のサービスはほぼ変わらない(ゴールドじゃないレギュラーカードも同様)。

「dカード GOLD」を使うメリットは以下が上げられる。

  • dポイントクラブが無条件で「ゴールドステージ」となり、利用料金の約10%がポイント還元される
  • 年1回のクレジットカード利用で、ステージ特典ポイントが「3,000ポイント」もらえる
  • dカードケータイ補償が使えるため、破損時の保険代わりになる

といった辺り。
特にポイント10%還元はかなり強力で、これだけで年会費の元はほぼ取れてしまう。

dカードとdカードゴールドのどちらが良い?

dカード

dカード

dカードは大きく分けると2種類ある。
レギュラーカードとゴールドカードという良くある組み合わせで、ゴールドは入会審査が厳しく、年会費も高い。

比較すると以下のような感じだ。

カード種類 入会資格 年会費
dカード 満18歳以上であること 初年度無料
次年度以降も原則無料(年1回の利用が条件)
dカード GOLD 満20歳以上(学生は除く)
安定した継続収入があること
10,000円

特徴はゴールドカードの入会条件が緩いことだと思う。

ゴールドカードと言えば、

  • 30代以上で
  • 勤続年数5年以上
  • 年収制限有り

などわりと入会審査の厳しいカードも多いが、dカード GOLDは20歳以上の社会人であれば、基本的に入会可能。

であれば、まずはdカード GOLDを申込み、審査で落とされたらdカードにするという流れで行くのがお勧めだ。

dカード GOLDはそれくらいお得感が高い。

dカード GOLDの契約をおすすめしたい人

dポイントとポインコ

dポイントとポインコ

とはいえ、万人にお勧めとは言わない。ある程度ターゲットは限られる。

僕がdカード GOLDの加入を強くお勧めしたいのは、以下に1つでも合致する方だ。

  • docomoユーザーかつ、契約回線の月額利用料が5,000円以上
  • 家族がdocomoユーザー
  • シェアパック、ドコモ光などdocomoのサービスに強く依存している

最低限の条件はdocomoユーザーであることと理解して欲しい。au・SoftBankユーザーが利用するメリットは薄い。

もし使うなら、携帯をdocomoにMNPすることをお勧めする。それでも、dカード GOLDを持てば、契約年数が短くてもポイント還元率10%の「ゴールドステージ」に優遇されるため、メリットは大きい。

そう、このカードはau・SoftBankなど他社を利用しているユーザーにも、乗換を促すほどの魅力がある。

何故かと言えば、他社にこれほどのサービスは無いからだ。

dカード GOLDの魅力

dカードゴールド

dカードゴールド

dカード GOLDに絞って僕が魅力的と思う部分を、3つピックアップして紹介しようと思う。

dポイントクラブが無条件で「ゴールドステージ」に優遇される

ステージ毎のポイント還元率

ステージ毎のポイント還元率(1000円毎)

dカード GOLDを持つと、dポイントクラブが無条件で「ゴールドステージ」に優遇される。
もう一つの条件は6か月間でたまったdポイント獲得数だが、これは10,000ポイントとかなりハードルが高い。

この事で利用料金の10%がポイント還元される。
10%のポイント還元なんて普通はありえない。普通は1%、相当高くても2%なので、10%還元というのは破格の条件と言える。

ポイント還元対象は、「ドコモ携帯の利用料金」となるため、例えばキャリア決済で購入した製品や、コンテンツ課金系は対象外となる。

しかし、近年のドコモは「カケホーダイ&パケあえる」をコンセプトに、音声通話定額と家族でパケットをシェアするという利用スタイルを訴求している。

その中心にいるのは、長期契約者のお父さんなわけで、シェアパックを契約する事で、主回線(=主にお父さん)の携帯料金は高くなる(シェアパックの料金は主回線に請求されるため)。

なので、家族の携帯代は3,000円もかからないが、お父さんだけ10,000円を超えるというのは珍しく無い。

主回線の月額利用料が1万円を超える場合、単純計算月に900ポイントまたは1000ポイント還元される

これが1年だと1万ポイント以上なので、月1万円以上払っている人はゴールドカード年会費の元が取れる。

しかもこのステージは、利用料金や契約期間に関係なく「dカード GOLD」を持つことのみが条件なので、実は長期契約優遇施策ではない。

家族カードを使うと更に便利

家族カードが非常に便利

家族カードが非常に便利

dカード GOLDは1枚まで家族カードの追加が無料となっている。

なので、例えば夫婦であれば最低限配偶者のカードは発行した方がよい。何故なら、それだけで配偶者のdポイントクラブのステージがゴールドステージに優遇されるからだ。

シェアパックを組むと、家族の月額利用料は安くなる。3,000円以下って人も珍しく無いと思うが、それでも毎月300ポイントほど還元されればお得だ。

更に、家族が多い場合でも追加は1枚年額1,000円(税別)なので、非常にハードルが低い。

使わなくてもとりあえず発行する、という作戦もありだと思う。

ステージ特典ポイントが「3,000ポイント」もらえる

ステージ特典ポイント

ステージ特典ポイント

さらに、「ステージ特典ポイント」という制度があり、ステージ毎に年1回ポイントがもらえる。

ゴールドステージのポイントは「3,000ポイント」。
これが会員1名毎にもらえるため、例えば家族4人がゴールドステージなら、12,000ポイントもらえる事になる。

ただし、注意点もあり初回適用であった2016年の場合、

  • ポイント付与は2016年7月
  • 有効期限がある期間限定ポイントで、期限は「2016年9月末」
  • 2015年12月1日~2016年5月31日の期間内で、dカード(iD)・DCMX(iD)を利用する

という条件だったのだが、指定期間内でdカードを1度でも利用しておく必要がある、というのが盲点だった。

僕は自分自身と家族カードを1枚発行していたが、家族カードは発行しただけで使っていなかったので、2016年はこのステージ特典ポイントをもらい損ねてしまった。

コンビニでジュース1本でも買えば3,000ポイントもらえる訳で、これは注意しておいた方がよいかと思う。

「dカードケータイ補償」で故障・盗難時の機種変更が安価に可能となる

そして、最後が「dカードケータイ補償」というサービスだ。

これは購入から3年以内(dカードの場合1年以内)で、偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損など)となった場合に、同一機種・同一カラーを購入する場合に、事務手数料および端末料金を保証してくれると言うサービスだ。

iPhoneの場合は「AppleCare+」、その他の場合は「ケータイ補償 お届けサービス」と何が違うのかと思う方も多いと思うが、このサービスは機種変更の費用が補償されるというイメージになる。

例えばスマホを落としてガラスが割れて、修理費用が2万円だった場合、修理費用は補償対象とはならない。

今持っている端末を修理するのではなく、買い直す事になるため、例えば月々サポートなどは消滅するし(新たに購入する端末で再付与される)、残債が残っている場合そちらの費用は請求対象となる。

修理不可能、紛失・盗難時に利用するまさにいざという時のための保険と言えるサービスだ。

この保証金額と保証期間は、

カード種類 保証期間 保証費用
dカード 購入から1年 最大10,000円
dカード GOLD 購入から3年 最大100,000円

とGOLDか否かで大きな違いがある。

このサービスは基本的に「保険」という考えなので、審査などもある。
特に修理不能というのはかなり曲者で、iPhone・iPadの場合Appleの証明書が必要となるなど、煩雑な部分は当然ある。

さらに、保証対象となる端末はdカードと紐付けられている回線(=ゴールドステージに優遇されている回線)で利用している端末となるため、例えば、

  • メイン回線(dカードと紐付け):iPhone
  • サブ回線:iPad

みたいなわりとよくある契約で、iPadが盗難されてこのサービスを利用しようとしても申請すら出来ない。この場合使えるのはiPhoneだけだ。

ただ、特に紛失・盗難という普通は保証されないサービスが、カードを持つだけで付与されるというのは非常に魅力的だと思う。

多用するサービスではないが、ドコモのスマホを使うならないよりはあった方がいいサービスと言える。

おまけ:海外旅行保険が付いてくる

ここまでdocomoのサービスを利用する上で便利になる事ばかり書いて来たが、最後にそれ以外のメリットも少し紹介しようと思う。

それは、海外旅行保険が付帯するということだ。

海外旅行に行く時に任意で旅行保険に加入する人は多いと思う。
クレジットカードがあるとそれが自動付帯している事が多いのだが、dカードに限らずレギュラーカードとゴールドカードの大きな違いは、海外旅行保険の手厚さだ。

dカードに関して言えばゴールドにしかないサービスなのだが、海外旅行が多い人でゴールドカードを持っていない人なら、それだけでも加入する価値があるかと思う。

注意点は「docomoの決済に利用しないこと」

ここまで書いて来た内容で、

  • docomoを使うなら「dカードを持っておいた方がいい」
  • dカードとdカード GOLDなら「dカード GOLDが圧倒的にお得」
  • ゴールドカードの年会費はわりと簡単に元が取れる

ということはご理解頂けたかと思う。

そして、いざカードを発行し利用するとなった時、1つだけ注意して欲しいことがある。それは、

ドコモの利用料金の決済カードにdカードを『使ってはいけない』

ということだ。

ドコモ利用料はポイント付与対象外

ドコモ利用料はポイント付与対象外

ちなみに、他社のクレジットカード(三井住友VISAカードとか)であれば、利用額に応じたポイントが付与される。

ドコモの利用料金をdカードで支払うと、dポイントが二重発行されるようなイメージとなるため、恐らくポイント付与対象外となっているのだと思われる。

特にドコモショップ店頭で申し込んだ場合など、決済カードもdカードにしてしまいがちだが、これは注意した方がよいと思う。

終わりに

ポイントに対するスタンスは人それぞれで、dポイントよりはマイレージを貯めたいなんて人も多いと思う。

ちなみに僕はANAマイレージがメイン、サブがdポイントという感じで、毎年購入しているiPhoneはポイント一括払いで0円購入している。

これは極端な例としても、ポイント獲得の基本は利用料金からの還元だけに、

  • dカード GOLD所有
  • ポイントステージが「ゴールドステージ」
  • ドコモ利用料金の10%が還元される

というのは破格の条件だと思う。

現在ドコモユーザーである方は必携と思うし、他社と比較しても優れた制度なので、これを理由にドコモを契約するのもありかも知れない。

参考になればと思います!

dカード GOLDの契約はこちらから

この記事で紹介した、dカード GOLDの契約はこちらからどうぞ!

SPONSORED LINK