三重が燃えた!煌めき☆アンフォレント1stツアー「=虹色=サンシャイン」at 桑名市民会館【前編】 #キラフォレ

大興奮の単独ライブ

2016年9月18日は日帰りで三重県桑名市に行ってきました。

目的は、三重県のご当地アイドル「煌めき☆アンフォレント」(通称:キラフォレ)のライブを見るためです。

このライブは2016年5月から行われているツアーファイナルという位置付けで、これまでのライブとは色々異なっていました。

  • 本拠地「三重公演」
  • 初のホールコンサート
  • 会場キャパシティが約300名と大きい

僕とキラフォレの関係は、2015年5月にiDOL Streetのアイドル「わーすた」のイベントを見るために名古屋に行った時、たまたま三重定期公演がありそれに足を運んだ事から始まってます。

そして、「煌めき☆アンフォレント」は、10年以上の付き合いとなっている友人へなぎさんがプロデューサーを務めるアイドル。

そういう贔屓目を抜きにしても、楽しかったので、今回もワクワクしながら足を運びました。

結果から言っても、凄く楽しかったです!

この記事は前編という位置付けで、当日のレポートを簡単に紹介します。
※ライブ中のエピソードや僕個人の感想など、詳しいことは後編に書いています

煌めき☆アンフォレント(きらめきあんふぉれんと)とは

左から小日向りぃり、二條満月、茉井良菜、西ひより、花乃木りおな、瀬乃かなみ

左から小日向りぃり、二條満月、茉井良菜、西ひより、花乃木りおな、瀬乃かなみ

煌めき☆アンフォレント(キラフォレ)は三重県のご当地アイドルです。

結成は2015年10月31日で、2016年9月現在は結成10ヶ月で、以下の6名で活動しています。

  • 西ひより
  • 小日向りぃり
  • 瀬乃かなみ(2016年9月22日で活動休止)
  • 二條満月
  • 花乃木りおな
  • 茉井良菜

三重のご当地アイドルですが、三重県出身のメンバーがおらず、運営組織(TOY Planet*)を含めて三重県出身が1人もいないという変わったアイドルです。

グループについて詳しい内容は、以下の記事で紹介しています。
※2016年7月加入の茉井良菜(まついらな)さんについては更新できてません

煌めき☆アンフォレント 1st金名阪ツアー「=虹色=サンシャイン」ファイナル三重公演の概要

会場は桑名市民会館

会場は桑名市民会館

日時 2016年9月18日 16:30~
都道府県 三重県
場所 桑名市民会館
会場キャパシティ 308人
座席形式 全席指定
チケット代 3,000円(S席)/2,000円(A席)
ゲスト 柊木りお
まりえ(35)
如月愛花(オープニングアクト)
公演時間 180分

金名阪ツアーファイナルと聞いて、「東名阪じゃないの?」って思う方も多いでしょう。

繰り返しになりますが、煌めき☆アンフォレントは「三重県のご当地アイドル」です。

なので、三重近県でツアーは行ってます。以下のような日程でした。

都道府県 場所
2016/5/3(祝) 大阪 心斎橋VARON
2016/6/5(日) 金沢 西金沢1丁目劇場
2016/7/3(日) 愛知 大須X-HALL
2016/9/3(土) 京都 京都GROWLY
2016/9/10(土) 岐阜 柳ケ瀬Ants
2016/9/18(日) 三重 桑名市市民会館小ホール

煌めき☆アンフォレントは2016年3月に四日市市のCLUB CHAOSで1stワンマンを行っており、以来今回の三重公演含め『7公演連続チケットがSOLD OUT』という、地方アイドルとしては珍しいくらいの人気があります。

そして、この三重公演はファイナルということで、トピックが満載でした。

  • リーダー西ひより生誕祭(9月19日が誕生日)
  • 西ひより新ソロ曲初披露
  • ファイナル前に開催する「カフェ☆レボ!DX」で、アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』のコピーユニット「キラフォレ!サンシャイン!!」デビュー(50人動員できなければ即解散)

という感じです。

観客も満員。
大盛況のライブでした。

ちなみにキラフォレのライブは、何か発表が行われるのがほぼデフォルトで、今回も多分何かあるとほとんどの人が思ってました。

セットリスト

盛り上がる会場

盛り上がる会場

セットリスト

    〜オープニングアクト(キラフォレ!サンシャイン!!・如月愛花)〜
    〜オープニングムービー〜

  1. 流星☆ロマンティカ
  2. いちごパフェ(フラップガールズスクール)
  3. ☆光速艇☆ -star ship-
  4. 〜MC〜

  5. まりえ(35) with西ひより・二條満月/False
  6. まりえ(35)&煌めき☆アンフォレント/MOROBITOKOZORITE
  7. まりえ(35)/EMPTY∞world
  8. 〜まりえ(35) MC〜

  9. 小日向りぃり/キラキラチューン(でんぱ組.inc)
  10. 二條満月/おジャ魔女カーニバル(アニメ「おジャ魔女どれみ」)
  11. 花乃木りおな/さくらんぼ(大塚愛)
  12. 茉井良菜/Light Planet*(ライトプラネット)
  13. 瀬乃かなみ/ラブアディクション
  14. 西ひより/ヒヨコですティニー
  15. 〜西ひよりMC〜

  16. 西ひより/ガチ恋☆シトラス☆サワー(仮) (新曲)
  17. 西ひより/いぬねこ。青春真っ盛り(わーすた)
  18. YOZORA(アイドルカレッジ)
  19. 〜ゲスト「柊木りお」ステージ〜

  20. キマグレI love you〜ワタシを見つけて〜
  21. 何でもない日バンザイ!!
  22. りおりおり→の唄
  23. BANZAI!BANZAI!
  24. 輪廻の恋
  25. 〜後半戦スタート〜

  26. =虹色= サンシャイン
  27. 運命√ビックバン (新曲)
  28. 瞬間、フロレセント(新曲)
  29. プリズムリズム(バンドじゃないもん!)
  30. 〜MC〜

  31. 永遠△グラヴィティ
  32. ジャンパー(アップアップガールズ(仮))
  33. 幻影★ギャラクティカ
  34. 〜アンコール(金名阪ツアーダイジェスト映像&東京ワンマン予告)〜
    〜MC(西ひよりからのメッセージ)〜

  35. =虹色= サンシャイン

公演時間はなんと「180分」

この時間は開始前のアナウンスで発表されたんですが、ビックリして思わずその時近くにいた、まりえ(35)さんに、

3時間もあるんすか!?

って聞いちゃいましたねw
で、公演終了は19時40分くらいでほんとに3時間以上やってました。

恐ろしく盛り沢山のライブでした。まあお陰で帰りがバタバタになってしまいましたがw

ちなみに、この時間はむしろ短かったくらいで、他の公演は全て「3時間半」くらいだったんだそうです。
※今回はホール公演ということで、時間の都合もありこの時間となったそうです

煌めき☆アンフォレントメンバーのブログ記事

当日の動画

ライブで発表されたこと

というわけで、3時間という長丁場のライブだったわけですが、このライブで発表されたことを簡単に紹介します。

2017年2月19日に東京でワンマンライブ開催

今回最大のニュースはこれです。

2017年2月19日に東京・月見ル君想フでワンマンライブ開催というもの。

あまり聞き覚えのない会場なんですが、凄くおしゃれな感じの会場です。

キラフォレは東海地方を中心に活動しているため、それ以外の地域の人にとっては、東京の方がよっぽど行きやすいって面はあると思います。

普段とは全く違った雰囲気のライブが楽しめそうです。

西ひより新曲「ガチ恋☆シトラス☆サワー」発表

西ひより生誕祭は「黄色いサイリウム祭り」

西ひより生誕祭は「黄色いサイリウム祭り」

9月19日が19歳の誕生日である、リーダー西ひよりさんの生誕祭が行われました。

メンバーカラーとなる黄色いサイリウムで会場が埋め尽くされ、サイリウム祭りが発動。ハロプロから始まったサイリウム祭り。これ僕は久々に見ましたねぇ。

メッセージあり、セレモニーありと生誕祭スペシャルって雰囲気も強かったですが、最大のトピックは新しいソロ曲が披露されたことでしょうか。

タイトルは『ガチ恋☆シトラス☆サワー(仮)』と発表されました。

余談ですが、この日は生誕祭と言うことでカバー曲も含め何曲か歌ったんですが、その中に、

わーすたの『いぬねこ。青春真っ盛り』

があって、最前に走って、全力でコール入れたくなったのはナイショです(わーすたは僕が応援してるアイドル)。

「キラフォレ!サンシャイン!!」活動決定

アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』のコピーユニット「キラフォレ!サンシャイン!!」

アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』のコピーユニット「キラフォレ!サンシャイン!!」

正確には、ファイナル公演前に開催された「カフェ☆レボ!DX」で、発表されたことですが、50人動員できたため活動が決定しました。

この為、オープニングアクトとしても出演しています。

ライブ本編の様子

オープニングムービーもかっこいい!

オープニングムービーもかっこいい!

3時間にわたるライブでしたが、この日の会場はホールということで、演出面では凝っているものが多かったです。

特にオープニングムービーは気合い入ってました。

メンバー紹介

メンバー紹介

カウントダウン開始

カウントダウン開始

いよいよ!

いよいよ!

ドーン

ドーン

1曲目は「流星☆ロマンティカ」

1曲目は「流星☆ロマンティカ」

ホールを使っている地点で地方アイドルらしくないですが、この辺りの演出や、メンバーのパフォーマンスをみると本当に凄いなと改めて思いました。

あと、やっぱり重要なのは、

メンバーがかわいい

ってことですよね。地方アイドルだと正直「なんで、、、」って思う子がいるのも事実ですが、キラフォレのメンバーは全員可愛い。

新メンバーの「らなてぃん」は可愛かったなぁw

その後は、

  • メンバーソロ曲
  • まりえ(35)さんのステージ
  • 柊木りおさんのステージ

などをはさみつつ、3時間も続いていることを忘れさせるレベルの楽しさ。

特に、「ゲストの柊木りお」には驚きましたね。

2016年現在のソロアイドルではNo.1といっていいレベルの方が、地方アイドル、しかも三重のライブにゲスト出演しているという事実。

プロデューサーへなぎさんの人脈なんでしょうけど、ビックリしました。

正直楽曲はほぼ知らなかったんですが、それでも楽しいと思ったので流石って思いました。

クライマックスに向けて会場のボルテージは最高調

クライマックスに向けて会場のボルテージは最高調

そして最後はキラフォレの定番曲といえる『幻影★ギャラクティカ』で締めて本編は終了。

キラフォレのダンスは激しい

キラフォレのダンスは激しい

基本的にアップテンポでダンスの激しい曲が多いキラフォレですが、最後の数曲の盛り上がりはほんとヤバいし、このホールでここまで盛り上がるイベントとか初めてだったんじゃないかと思いました。

滅茶苦茶楽しかったし、本当に凄いステージでした。

終わりに

ライブ最後の集合写真

ライブ最後の集合写真

メジャーアイドルとか地下アイドルとか、対局の存在のように語られますし、実際僕もそう思っていました。

ただ、キラフォレのステージを見て思うのは、

楽曲って凄く大事

ってことで、これこそがプロデュースする人の思いが最も強く表れるのではないか、と思いました。

キラフォレのオリジナル曲ってタイトル含めて、世界観がハッキリしてる(キーワードは「煌めき」からくる「光」だと思います)のが大きな特徴です。

アイドルに興味がない人のほとんどは、

  • アイドル楽曲なんて
  • 歌やダンスは下手

って思ってます。だからこそ、こだわっているんだなと。

そしてもう一つ思ったのが、地方アイドル(ロコドル)のあるべき姿です。
この日の会場三重県桑名市は、今や日本の地方都市のデフォルトとも言える風景が広がる街です。

  • 週末の昼間でも閑散とした駅前
  • ショッピングモール(ここではアピタ)と寂れた商店街

僕が住む岡山県倉敷市も似たようなものです。ただ、この日桑名市は盛り上がっていたと思います。ちょっと大きな話ですが地域振興の1つの形を見た気もします。

キラフォレが今後どんな道を歩んでいくのかはわかりませんが、三重のご当地アイドルという路線は恐らく変わらないと思います。これがやはり原点でありコンセプトだと思うので。

今後もライブやイベントは頻繁に開催されると思いますし、近県にお住まいの方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

多分ビックリすると思いますし、キラフォレが売れる事で三重も盛り上がると思います!

後編は以下の記事をチェック!

後編は僕個人の感想や、気になるメンバーと全体的な印象をレポートしています。

三重を煌めかせるアイドル!煌めき☆アンフォレント1stツアー「=虹色=サンシャイン」at 桑名市民会館【後編】 #キラフォレ

2016.09.24

TOY Planet*代表「へなぎ」ワークス関連記事

SPONSORED LINK