CDスロットを車載ホルダーとして有効活用!Spigen「カーマウントホルダー AP230T」レビュー【PR】

こんにちは!坂井です。

お使いの車に、CDスロットは搭載されていますか? 新しめの車ですとCDスロットがなくて、その位置に代わりにナビが搭載されている車が多いかと思います。

我が家の車は平成18年製なのですが、運転席にはナビがなく、CDスロットが搭載されています。

といってもそのCDスロット、ほとんど使いません。普段車内で音楽を流す時は娘の退屈しのぎであることが多く、また、iPhoneにデータとして取り込んである曲を流しているためです。

CDスロットがあるし何かに使いたいなと思いつつ、わざわざCDを家から持ってきて流すほどでもないしな〜、なんて思っていたところ、今回、Spigen社さんよりCDスロットに取り付ける車載ホルダーをご提案いただきました。

CDスロットを利用するので車に穴を開けたり両面テープ貼ったりする必要がありません

これはいいかも!と、さっそく使ってみました。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

外装、部品や説明書など

Spigen社といえばこれ!オレンジと黒の配色がかっこいい外箱。

車載ホルダー本体は組み立て式なので、箱は小ぶりです。一目見てSpigen社の製品であることがわかる、オレンジと黒の配色がかっこいい。

部品とジャバラ式の説明書、お好みで使う滑り止めテープを同梱。

説明書は各国の言葉に翻訳されています。

説明書は各国の言葉に翻訳されています。

同梱されている説明書は、なんと8ヶ国語対応。図解入りでわかりやすく、日本語の説明では海外製品にありがちな文法がおかしい日本語はもちろん掲載されておりません。

シンプルながらも丁寧な構成になっているので、きちんと読めば、組み立てや使用に関し戸惑うことはありませんでした。

組み立てにあたり、ドライバー等の道具は不要です。

  1. ホールド側の部品の背面に凹←こうなっている部分 があります。
  2. CDスロットにはめ込む側の部品についている丸いボールがついた棒をはめ込む。
  3. 丸いボールがついた棒の先端を覆うようにナットを締める。

簡単すぎてわたしの語彙力が追いつかないくらいです。とても簡単に組み立てられますよ。

商品の特徴がアイコン入りで書かれています。

ちなみに箱の両側や背面には英語の使用説明や製品の特徴がしっかり書かれています。

わかりやすいし、売り場に並んでいても手に取って検討しやすいですよね。

CDスロットへの取り付け方も簡単

それではさっそく使ってみましょう。

取り付け方も簡単で、ここでも、ドライバーは不要です。両面テープももちろんいりません。

はめて

しぼる(これでCDスロットへ縦に厚みを持たせ、がっちりホールドさせます)

あとは角度を調節するだけ

あとは角度を調節するだけ

できあがり!

できあがり!

手順はたったこれだけです。シンプル!

スマホジャケットが手帳タイプであっても使えます

手帳タイプのジャケットもカッチリ固定

手帳タイプのジャケットもカッチリ固定

左右についている固定アームは幅に段階がなく、動きはかなり滑らかです。

細やかなサイズ調整が可能なので、手帳タイプやキャラクターものなど厚みのあるジャケットをお使いでもきちんと固定できます。

今回、わたしのiPhoneは手帳タイプのジャケットを装着していたのですが、問題なく固定できました。

固定アームやホルダー側にゴム製の滑り止めがついているので、裸でスマホを使っている場合でも滑り落ちることはないかと思います。

CDを取り出さないと差し込めない場合があるかもしれません

お使いのCDスロットにより異なるかと思われますが、我が家の場合、CDをスロット内部に入れたままではこの車載ホルダーを差し込むことができませんでした。

また、差し込む際はFMなどのCD機能以外に切り替えていた場合、差し込むことができませんでした。

CD機能に切り替えた上でCDを取り出してから差し込むことができたので、機種によってはCDを聴きながら車載ホルダーを使うことができないかもしれません

使用前に、一度確認しておいたほうがよさそうです。

使えるスマホのサイズは?

スマホのサイズっていろいろありますよね

スマホ車載ホルダーと一概に言っても、世の中のスマホサイズは様々ですよね。購入前に一番心配な部分だと思います。

外箱の記載によると、こちらの製品は4-5.8インチ(101-147mm)に対応しているようです。

大きめスマホとされているiPhone 7 plusが5.5インチですので、ほとんどのスマホで問題なく使えるはずです。

よくある「エアコンの送風口に取り付けるタイプ」との比較

スマホの車載ホルダーとしてよくあるのが「エアコンの送風口に取り付けるタイプ」です。わたしもよく使うのですが、冬はちょっと抵抗を感じていました。

なぜなら、ここ札幌で車を運転する際、エアコンをガンガンに温度あげて使うからです。

iPhoneの背面にとめどなく吹き付けられる温風。あんまりよくないんだろうな、、、とは思わずにいられません。(夏は冷風だから気にならないんですけどね)

CDスロットに取り付けるタイプであれば、そのあたりを気にせず使えます。

なので、CDスロットがある車で且つエアコンの風がスマホに当たり続けることが気になる人であれば、CDスロットを使うタイプの方が心配なく使えて良いと思います。

終わりに

横にも使えます

横にも使えます

  • CDスロットはあるけど特に使ってない
  • 取り付けや取り外しが簡単なスマホホルダーがいい

なんていう方にはぜひおすすめしたいです。わたしも、今では車に乗る際のスマホ定位置がこの車載ホルダーになっていますよ。

ぜひ使ってみてくださいね!

Spigen SGP車載ホルダー「エアー ヴェント」レビュー。エアコン吹き出し口にマグネットで取付可能なホルダー

2015.08.31

倒れにくいスマホ用カーマウントホルダー。Spigen「AP12T」レビュー【PR】

2017.01.19

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)