プログラミングできるiPad Proに期待!WWDC2017の噂を考察

現地時間2017年6月5日午前10時から(日本時間6月6日午前2時から)開始される「WWDC 2017」の基調講演。

ここ数年Appleの重要な発表と言えば、

  • 6月のWWDC
  • 9月のiPhone

と相場が決まっているため、Appleファンとしては絶対にチェックしておくべきイベントなのだが、2017年は例年と動きが違う。

というのも、

iPhoneなどのデバイスが多数発表されると盛り上がっている

というのが違うのだ。
2017年はiPhone発売10周年に当たる年であり、何かあるという予想は多いし、実際それは間違いないと思う。

それにしても多いなと言うのが僕の印象で、ここまで多いと何らかの製品が発表されるのは間違いないのだとも思う。

僕が注目しているのは、iPhoneよりむしろiPad Proの位置付けだ。

新型iMac(Mid 2017)とiMac Pro発表のサプライズ。WWDC2017基調講演の感想

2017.06.07

WWDC2017で発表されると噂の製品

例年話題になるのは、ここ数年MacとiPadに関する話題が多いように思う。2017年も、

  • 10.5インチ型「iPad Pro」
  • 新しいMacBook Pro・12インチMacBook、13インチMacBook Air
  • Siri搭載スピーカー
  • 10周年モデルのiPhone(iPhone 8)

あたりの製品が噂になっている。

iPad Proは2017年5月時点では2モデル(9.7インチ、12.9インチ)存在するが、既に発売から1年以上経過しており、新モデルがいつでてもおかしくない。

12インチMacBookなどMacBookシリーズも、CPUとしては新型がリリースされており、MacBook Pro以外は発売から1年以上経過していることから、新モデルの発表時期だ。

Siri搭載スピーカーは、近年GoogleやAmazonが同種の製品を発売(または発売を予定している)ので、あり得ない話ではない。

唯一蚊帳の外なのは、2017年の発売が既に予告されている、iMacとMac Proだろうか。

2017年発売新型iMacの噂とTouch Bar搭載キーボードへの期待

2017.04.05

WWDCでは「ソフトウェア開発者向けの会議」というツッコミ

WWDCはデベロッパー向けのカンファレンス

WWDCはデベロッパー向けのカンファレンス

こういう話をすると、

WWDCでは「ソフトウェア開発者向けの会議」だからハードの発表はないよ

というツッコミをよく受けるが、確かにWWDCはソフトウェア開発者向けの会議で、iOSとmacOSの新バージョン(リリースは秋頃)が発表されるのは間違いない。

だが、Apple製品はソフトウェアとハードウェアが密接な関係を持っている。過去を見ても、2010年のiPhone 4まではWWDCでiPhoneが発表されるなど、ハードウェアの発表を多数行っている。

iPhone10周年となる2017年は、iPhoneは以下のような噂が出ている。

  • OLEDディスプレイ(有機EL)搭載
  • 画面は大型可&狭額縁化しサイズ感は現行のiPhone 7とほぼ同じ
  • Touch ID(指紋認証)は前面ディスプレイに内蔵
  • ホームボタンは廃止

注目されるのは間違いないし、近年の傾向を見ればこの噂のほとんどは辺りだと思う。

だが、WWDCで発表されるかと問われたら、僕は発表されないと思う。

理由は、今発表しても発売が例年の9月とかだと3ヶ月くらいのブランクがある。その間に発生するのは、

iPhoneの買い控え

だ。発売間近であれば工場で製造している様子などのリーク画像が大抵は出てくる(デマも含め)。

5月時点でそういうものはほぼ無く、スペックの噂ばかりである事から、まだ製造に入っていないと考えるのが無難なので、6月のWWDCでiPhone 8は発表されないと僕は思っている。

iPad Proの新モデルは発表される気がする

「Swift Playgrounds」はiPadの切り札

「Swift Playgrounds」はiPadの切り札

逆に発表の確立が一番高いと思っているのが、9.7インチがアップグレードするイメージになると言われる10.5インチiPadだ。

iPadがまだまだMacに勝てないと思える分野の1つに、プログラミングができないと言う事がある。

『Swift Playgrounds』というアプリで、プログラミングを学ぶ(ただしSwift限定)ことはできるが、実際にアプリ開発などは行えない。

プログラミングは日本でも小学校で義務教育化されるなど、世界的にも重要性が高まっているスキルだが、

パソコンがないとプログラミングできない

というのは、導入のハードルを上げていると思う。今やPCを持たない家庭も珍しく無いし、教育機関への導入するにも設備投資が大きな負担になる。

プログラミング以外の教育でも利用されるタブレット(例えば進研ゼミとか)、特にiPadでプログラミングもできるというのは、iPad普及の切り札になると僕は思っている。

  1. エントリーモデルで安価な9.7インチiPad
  2. Smart Keyboardが使えるなど使い勝手がよいiPad Pro
  3. 本格的な開発にMac

という流れはAppleとしても悪い流れではないはずで、元々アメリカでは教育機関での普及が進んでいるApple製品は、こういう青写真を描いているのでは無いかと思ってる。

なので、WWDCでプログラミングマシンとしてのiPad Proが訴求される可能性はわりと高いと僕は思っている。

であれば、WWDCで発表される意義は十分にある。

子供のICT教育にiPad Proは使えるか?専用機か本物のタブレットかの悩み

2017.06.10

終わりに

世界的にも注目度が高く、一番売れている端末がiPhoneであることは間違いない。

それは、ガジェット系ブログを運営している当ブログも実感している現実で、

  • iPhoneは高い
  • Androidの方がシェアは高い
  • iPhoneの優れているところはもはや無くなった
  • スマホはコモディティ化して注目度が下がった

と言われていても、断トツで注目度が高いのはiPhoneと断言できる。

だからこそ、単独で話題になるiPhoneをわざわざWWDCで発表するメリットは、余程の事がない限りあり得ない。

一般利用でタブレットとスマホの境目がほぼ無くなる中で、タブレットの生き残る道は、ビジネスおよび教育分野だと思うので、それがWWDC2017における僕の注目ポイントだ。

遂に文字入力システムの追加が可能に!iOS 8とOS X Yosemiteが発表されたWWDC2014の注目ポイントをピックアップ

2014.06.03

WWDC 2015基調講演の話題をピックアップ。注目は「iOS 9」のiPad対応強化と「Apple Music」

2015.06.09

WWDC2016の気になるトピックをチェックーwatch OS 3・macOS Sierra・iOS 10について

2016.06.14

格安スマホ対策?iPhone SEとiPadで揃ったエントリーモデルの投入理由を考察

2017.03.22
SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)