「わーすた」ってどんなアイドル?グループの魅力・女性人気の秘密をファン目線で解説

2019年6月のわーすた 基礎知識
SPONSORED LINK

主要スタッフとクリエイター女子

アイドルといえば、男性が運営やプロデュースを担当する事が多いですが、わーすたは楽曲・衣装などの作品作り(クリエイティブ)を女性中心で行っています

『クリエイター女子』と言われています。

主要スタッフは以下の方々ですが、2018年に入り若干変動があります。

担当名前備考
サウンドプロデュース鈴木まなか2017年まで
振付高田あゆみ2017年まで
衣装木村優 たけうちはるか
クリエイティブD福嶋麻衣子(もふくちゃん)

音楽プロデュース:鈴木まなか

  • わーすたメンバーの人選
  • グループ名の発案
  • ほぼ全曲の作詞・作曲を担当

するなど、わーすたの『要』とも言える存在なのが、サウンドプロデュースの鈴木まなかさんです。

iDOL Streetとの関わりは、2013年のGEM武田舞彩さんソロ曲『EMERGE‼︎』からです。

その後2014年全国スト生6地区にオリジナル楽曲を制作し(後のわーすたメンバーの大半がスト生に加入した時期)、その時の楽曲が高く評価された事で、アイスト第4弾アイドル(=後のわーすた)のサウンドプロデュースに内定していたそうです。

国内の一部公演(お披露目公演・節目の公演)においては、DJ(=6人目のメンバー)としてステージに立つなど、クリエーターの中でも断トツの知名度を誇っていました。

ですが、2ndアルバム『パラドックスワールド』を区切りに、サウンドプロデュースを退任しました。

avex社との契約も解消したようで、今後のわーすたとの関係性は不明ですが、楽曲提供は続けて欲しいなぁと個人的には願っています。

僕だけのサンシャイン

知って欲しい!鈴木まなかとストリート生とわーすたの深い関係。スト生楽曲ディスコグラフィ

2016年3月27日

振付(コレオグラファー):高田あゆみ

アイドルグループ『キャナァーリ倶楽部』の元メンバーで、現在は振付師として活躍する高田あゆみさんが振付を担当しています。

ちなみに、高田あゆみさんとiDOL Streetはアイストは2013年にhanaガールと立ち上げたhanarichuからの関わりです。

そこでは現わーすたメンバーの坂元葉月さんと小玉梨々華さんが参加していました。

高田あゆみさんも、2017年後半からわーすたとの接点が減っているようで、公式には発表されていませんが、わーすたの振付担当から離れているようです。

衣装担当1:木村優

外務省から原宿ファッションの日本代表としてポップカルチャー発信使(通称・カワイイ大使)に選ばれた、クリエイターの木村優さん。

ピンクに強いこだわりを持っているようで、自身のテーマカラーともいえる感じです。

わーすたにおいては、シングル・アルバムなど楽曲リリース時の衣装デザインが中心となっています。
※縫製などの製作は別の方

このため、わーすたの衣装といえば木村優さんと思っている方も多いかもしれません。

衣装担当2:たけうちはるか

もう一人の衣装担当が、たけうちはるかさんです。

数で言うと、たけうちはるかさんの方が多数手がけています。わーすた以外のアイドル衣装も多数製作しています。

わーすたにおいては、

  • 制服衣装
  • モノトーン衣装
  • わーすた×岸田メルTシャツ衣装
  • パワーパフ ガールズ衣装
  • わーしっぷ感謝祭衣装
  • アレンジTシャツ衣装

などを担当しています。
※たけうちさんは、デザインから縫製まで全てを製作しています

衣装はなんと「半纏(はんてん)」

衣装はなんと「半纏(はんてん)」

半纏(半纏)みたいなかわった衣装もありました。
※2016年最終公演『わーしっぷ大感謝祭2016』のみの衣装

1st猫耳衣装

【わーすた衣装】木村優・たけうちはるかデザイン、アイドル衣装の基礎知識

2016年10月21日

クリエイティブD:福嶋麻衣子(もふくちゃん)

でんぱ組.incのプロデューサーとして有名なもふくちゃん(福嶋麻衣子)。

わーすたにおいては、1stシングル『完全なるアイドル』以降の、クリエイティブディレクターを担当しています

アイドル好きとしても有名で、古くはハロプロファンでした。

その後、でんぱ組.incのプロデューサーで名を上げた後も、虹のコンキスタドールなど多数のアイドルに携わっています。

運営者チーのおすすめ記事

チー
2児の父親でありながらアイドルヲタクという、残念な大人ですが、記事を書き続けていることには、それなりの理由があるんです。
アイドル記事を書き続けている理由

アイドルが好き!ヲタク歴19年の僕が、アイドル記事を書き続ける理由と推しのアイドル【2019年10月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK