わーすた勝負の2018年度決意表明!「わーすた 3rd Anniversary LIVE」レポート

わーすた 3rd Anniversary LIVEレポート ライブレポート
SPONSORED LINK

2018年に入ってからのわーすたは『変』だった

2018年に入ってからのわーすたは、ちょっと変だったと思います。

わーすたは、2015年3月29日に結成され、僕がハマったのは2016年からですが、

絶え間なく先の展開を見せながら、ファンを楽しませ、グループも成長してきた

と思っています。
近い将来にワクワクするものが必ずあることが魅力だったのに、それが止まりました。

で情報は確かに出してますが、具体性に欠けるものばかりですし、何よりワクワクするようなものじゃありませんでした

3ヶ月程度先の予定を、運営やメンバーが知らないわけはありません。

発表したいけど、まだ言えない

奥歯にものが詰まったような印象が強く、正直やきもきしていました。

理由の1つは、GEMの解散・スパガのメンバー卒業など、ファミリーであったiDOL Street内部でのゴタゴタでしょう。

わーすた猫

わーしっぷ(わーすたファン)へ捧げる、GEM解散とアイスト界隈炎上に対する考察

2018年1月17日

今回のライブでは、4つ大きな発表がありましたが、全てこのライブで発表する予定だったかと言えば、多分違うと思います。

やっと発表出来ます

というメンバーやスタッフの発言もありましたが、このうちいくつかは本来2月辺りに発表する予定だったんでしょう。

多分ですけど、ファンクラブの話はその1つと思います。

S.P.Cから独立し、単独ファンクラブの設立を発表しましたが、これも時期が時期なら火に油を注ぐ出来事になったかもしれません。

わーすたメンバーが「アリーナツアー」とか大きな夢を語ることすら、叩かれる可能性もありました。

慎重に、かつ急いで進めていたんでしょうけど、少なからずストレスはあったと思います。

MCが終わった後、ものすごくスッキリした表情だったように見えて、ほっとしたんだろうなぁと思わずにはいられなかったです。

改めて感じたわーすたの魅力

あべおを頭にのせようと頑張る、こだまりりかちゃん

あべおを頭にのせようと頑張る、こだまりりかちゃん

今回の発表を話しているときの、わーすたメンバーの表情は印象的でした。

前だけ見て、頑張ろうという決意と、ワクワク感

が溢れているように感じました。

なっちゅん
みんなから見ればアイドルだと思うけど、ステージに立つ以上『表現者』として立っている

なんて発言はありましたが、なんて言えばいいんでしょう。

キラキラ感?

みたいなのって、やっぱりアイドルを見る楽しさであり、魅力だと思います。

チー
これを待ってた!

そう思わずにはいられなかったです。

2018年度は毎月新曲を発表するそうです。
普通に考えてかなり大変ですよね。でも、ファンから見れば、

毎月ワクワクするものがある

これは本当に楽しみですし、応援したいって思いますよね。

ファンとして何ができるか

まだまだ頑張る、こだまりりかちゃん

まだまだ頑張る、こだまりりかちゃん

こう考えたとき、

  • エンターテイメントとして楽しむ
  • チケットやグッズを買うなど、お金を落とす

のはもちろんですが、他に何かできることはないかなって思います

これだけ大規模な展開をするということは、3年くらい先の展望は既に作られているはずです

グループの存亡を語る時期は既に終わり、いかに突き抜けられるかが懸案事項なんでしょう。そういう流れの中で、一番頑張らないといけないのは2018年度という判断をしたんだと思います

僕はそんなにライブに足を運べるわけでもありません。全通なんて100%無理です(お金より時間的に)。

2年間続けてきた、このブログ記事しか無いのかなと改めて思いました。

あべおがのった!!!

あべおがのった!!!

わーすたファンになってから、チーさんの記事読んで勉強しました

とかいわれることも増えました。

僕を最初から知ってるわけはもちろんなくて、

  • わーしっぷの方に「ここを見ろ」みたいにおすすめしてもらった
  • 検索でヒットした(『わーすた』キーワードで、公式系とWikipedia以外ならトップ)

ことをきっかけに知ってくれてるようなんですよね。

チー
大変だったけど、2年間積み上げたコンテンツにも意味はあった

そう感じてます。

みてみてーとメンバーをみるも、ファンが用意した横断幕に夢中で相手にされない、こだまりりかちゃん

みてみてーとメンバーをみるも、ファンが用意した横断幕に夢中で相手にされない、こだまりりかちゃん

だったら、ちゃんと最新情報にメンテナンスしなきゃいけないし、『わーすたの今』も同時に発信しなきゃいけません。

僕だけでは手が足りないので、色んな人を巻き込みながら、一緒に楽しんでいけたらなって思います。

ちょうど2018年4月から新しい企画を開始します。

わーしっぷクリエイター図鑑

わーすたファンもクリエイターも横串で繋げたい!「わーしっぷクリエイター図鑑」企画はじめます

2018年3月1日

たまたまですけど、タイミング的にはちょうどよかったな、とw

終わりに

わーすた3周年

2018年はわーすた勝負の年

2017年後半からずっとそう思っていましたし、言い続けていましたが、予想以上の本気っぷりでした。

実質的に形骸化していたとはいえ、うっすら維持し続けていた『iDOL Streetファミリー』という仕組みを抜ける、という決断はかなり勇気が必要だったでしょう。

しかし、短期的にはマイナスになったとしても、2年後・3年後を見据えた時はプラスになるという判断なんだと思います。

個人的には、ハロプロというファミリーを長く見てきて、その良さを知っているだけに、寂しい面もありますが、、、

さらに、4月に入りわーすたの結成に深く携わり、音楽プロデュースを担当して来た、鈴木まなかさんの退任発表。

個人的に鈴木まなかサウンドが大好きだし、これがわーすたの個性であり強みと思っていたので、ものすごく残念です、、、

ですが、意気込みは感じました。これも、飛躍に向けて超えなきゃいけないハードルなんでしょう。

であれば、その決断を全力で応援しようと思います。

わーすた3周年おめでとうございます

2018年が飛躍の年になりますように

『わーすた 3rd Anniversary LIVE』の概要

代官山Unit
日時2018年3月29日
Vol.1:13:30〜
Vol.2:19:00
都道府県東京都
場所代官山UNIT
会場キャパシティ600人
座席形式オールスタンディング
チケット代4,000円
専用エリア女性専用エリアあり
撮影集中エリアあり

セットリストと動画

Vol.1(昼公演)

セットリスト

  1. Overture
  2. いぬねこ。青春真っ盛り
  3. Doki Doki♡today
  4. らんらん・時代
  5. ~MC・映像~

  6. Zill Zill Love
  7. ぱわわわわん!!! パワーパフ ガールズ
  8. 完全なるアイドル
  9. ~映像~

  10. スタンドアロン・コンプレックス(新曲)
  11. Stay with me baby
  12. Magical word
  13. ~MC・映像~

  14. うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ
  15. 最上級ぱらどっくす
  16. ワンダフル・ワールド
  17. ~アンコール~

  18. プリティー☆チャンネル(新曲)

Vol.2(夜公演)

セットリスト

  1. Overture
  2. WECOME TO DREAM
  3. ワンダフル・ワールド
  4. 恋するにゃこたん〜フリもフラレもあなたのまま〜
  5. ~MC・映像~

  6. スタンドアロン・コンプレックス(新曲)
  7. 好きな人とかいますか
  8. ねぇ愛してみて
  9. ~映像~

  10. プリティー☆チャンネル(新曲)
  11. NEW にゃーくにゃくにゃ水族館2
  12. にこにこハンブンコ
  13. ~MC・映像~

  14. ちいさな ちいさな
  15. Just be yourself
  16. 約束だから
  17. 〜アンコール〜

  18. ゆうめいに、にゃりたい。
  19. いぬねこ。青春真っ盛り

わーすたメンバーのブログ記事

わーすたのまとめページ

2016年3月から、100以上書いた記事を整理したページです。

最新記事のチェックには、Twitter(@chiidolwota)をよろしければフォローしてください。

▼まとめページは以下の画像をタップしてね

あわせて読みたい「わーすた」のおすすめ記事

わーすたについてまとめた総集編記事や、プロデューサー樋口竜雄さんのインタビューです。 かなり長い記事ですが、これを読めばあなたも立派なわーしっぷ?

2019年6月のわーすた

「わーすた」ってどんなアイドル?グループの魅力・女性人気の秘密をファン目線で解説

2016年3月20日

わーすたメジャーデビューと2016年活動秘話 〜iDOL Street樋口竜雄プロデューサーに聞きました vol.1〜

2017年3月9日
好きでないと3万文字の記事とか書けない

「わーすた」の全てを知りたい方へ 〜NEW いぬねこ。でもわかる世界標準アイドルのトリセツ2〜

2017年4月15日

運営者チーのおすすめ記事

チー
2児の父親でありながらアイドルヲタクという、残念な大人ですが、記事を書き続けていることには、それなりの理由があるんです。
アイドル記事を書き続けている理由

アイドルが好き!ヲタク歴19年の僕が、アイドル記事を書き続ける理由と推しのアイドル【2019年8月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK