Spigen SGP「カーブド・クリスタル」レビュー。iPhone 6の液晶をほぼ全面を保護する高品質な液晶保護フィルム

iPhone 5時代に主流となったアクセサリは、保護ガラスだと思っているが、その元祖Spigen SGP「GLAS.t」シリーズは、僕がずっと使い続けているお気に入りの保護ガラスだ。iPhone 6/6 Plus用も販売されているがのだが、これは少々残念な感じだった。

ガラスとしての品質はおいといて、iPhone 6/6 Plusの特徴であるラウンド加工に苦しんでいる感じがありありの製品だったのだ。さすがに難しいのだろうなぁと思いつつiPhone 6を使って数ヶ月。気になる製品がSpigen SGPから登場した。

「カーブド・クリスタル(CURVED CRYSTAL)」というもので、液晶保護フィルムなのだが、ラウンド加工にも対応し、iPhone 6の液晶をほぼ全面保護できるという製品だ(iPhone 6 Plus向けはまだ販売されていない)。フィルムという地点でどうかなと思いつつ、試してみることにした。

感想としては、惜しい製品だ。

Spigen SGP「カーブド・クリスタル(CURVED CRYSTAL)」の外観

DSCF0606
パッケージはお馴染みという感じ。
DSCF0607
メインとなる保護フィルムが2枚と、位置合わせ用のシール、、クリーニングクロスなどが入っている。

貼り付け方法

ちょっと注意が必要なので、詳しくはメーカーが公開している以下の動画を参照した方が良いかと思う。

まあ、ガラスと違いフィルムなのでゆっくり、慎重にやれば大失敗することは少ないと思う。

しかし、久々にフィルム貼りをやったが、ガラスの方がよっぽど楽だなぁと思わずにはいられなかった。ガラスって慣れると楽なんですよ。注意するのは位置合わせとホコリだけで、それさえなければ、まず失敗しない。

貼り付け後の状態と気になるポイントは

DSCF0613
DSCF0615
このような状態となった。ラウンド加工の部分もきれいに貼れている。
DSCF0616
ホームボタン周辺はこんな感じ。下側に切れ込みが入っている。
DSCF0609
DSCF0610
なかなか画像で伝えるのは難しいのだが、上記2枚の画像はiPhone 6用強化ガラス「GLAS.tR SLIM」のもの。これと比べたら、端まで約1ミリというところまでフィルムが届いていて、曲面形状の液晶画面全体をカバーするという触れ文句は伊達じゃないということは分かると思う。

ただ、それでも「全面」ではない。側面はどうしても気泡ができやすい。これは、使っていくうちにホコリがたまりやすいと言う事だ。
そして、一番気になる触り心地だが、普通のフィルムよりは断然いい。だが、やはりフィルムだった。同社が販売する「GLAS.t」シリーズはもちろん、他社の保護ガラスにも到底及ばない。

終わりに

値段は約3,000円と少々高いが、iPhone 6向けの保護フィルムとしてはかなり良い製品だと思う。ただ、どうしても思わずにはいられない。

この技術で「GLAS.t」を作って欲しいと。

そういう意味で非常に「惜しい」製品であり、過渡期の製品と思える。多くの顧客が待ち望んでいるのは、iPhone 6/6 Plusの液晶をほぼ全面保護する「GLAS.t」だ。それが近い将来できるのではないかという、予感は感じさせてくれる。

その日を、このカーブド・クリスタル(CURVED CRYSTAL)を使いながら待とうと思う。ちなみにタッチ感覚はコーティングの上塗りで、随分マシになった。

セットで使うのもありかと思う。

SPONSORED LINK

iPhoneの液晶保護フィルム・ガラスに関するレビュー

SPONSORED LINK