iPhone 12シリーズ発表!詳しくはこちら

「HomePod mini」発表!高くて使えない子は変わるか?スマートホームとしての使い勝手向上に期待

HomePod mini
SPONSORED LINK

2020年モデルiPhone「iPhone 12シリーズ」と共に、Appleのスマートスピーカー「HomePod mini」が発表された。

発売中の「HomePod」のエントリーモデルに該当し、コンパクト化と共に価格が安くなったのが特徴

実は、ブログでは全く紹介していなかったが、2020年1月にHomePodを購入した。

紹介記事を書いていない地点で「察してください」という感じだが、おすすめしづらかった理由の1つが「価格」だったので、「HomePod mini」の可能性含めて考察してみようと思う。

SPONSORED LINK

「HomePod mini」の概要

HomePod mini

「HomePod mini」はAppleが販売する、スマートスピーカーの1つ。

  • Amazonの「Echoシリーズ」
  • Googleの「Google Nestシリーズ」

のライバルにあたるモデルで、機能的には、主に以下を有している。

HomePodの機能
  • 音声アシスタント「Siri」搭載
  • スマートホームハブ
  • スピーカー機能
  • 2台以上接続することで、「ステレオペア」に設定可能

上の2つは、Amazon・Google製品でも同様の機能があり、多少の違いがあってもできることに大差はない。

スピーカーとしての「音質」にこだわったことが最大の特徴

iPhoneの音楽を再生するのはもちろん、2台接続してステレオスピーカーとして使えたり、AirPlayを通じてテレビの音声を再生したり……。

とにかく「音質」にこだわった結果は価格にも反映されており、「HomePod」の値段は、2020年10月現在でも「32,800円(税別)」とスマートスピーカーとしては圧倒的に高い

HomePodと比較した最大の違いは「価格」

HomePod

では、HomePodと比較して何が違うのか。

スマートホーム機能にほとんど違いはない。

違いはスピーカ-機能

HomePodとHomePod miniの違い

空間認識機能・Apple TV 4Kを使ったホームシアターが非対応となり、サイズが小さくなったことで「音質は低下」している。

ただ、音質が悪いわけではなく、「10,800円(税別)〜」という価格は、HomePodと比較すれば安いが、それでも他社製品と比較したら高い部類になるだろう。

エントリーモデルと考えた場合、「Google Nest Mini」が直接のライバルになるが、価格差は2倍なので、音質はそこらのスマートスピーカーとはわけが違う

「Google Nest Mini」レビュー。初めてのスマートスピーカーにぴったり!家電の音声操作も魅力

HomePod最大の欠点は「ディスプレイがないこと」

HomePod本体

冒頭にも書いたが、実はHomePodを持っている。

ただ、正直ほとんど使っていない。

セットアップはiPhoneから

セットアップなどは「Apple Watch」と同じような流れで、よくできている。

ただ、肝心の「スマートホーム」としての使い勝手が悪い

思うに、Siriの頭が悪いというより、ディスプレイがないことの欠点の方が大きいように感じる。

僕は自宅で「Google Nest Hub」を主に使っているのだが、音声の指示内容が「画面に表示される」というだけで、使い勝手がかなりよくなるからだ

チー
うまく認識していない時も、誤認識した言葉が表示されるので、分かりやすい

音質の良さを実感する機会が少ない

HomePodの目玉はスピーカー

また、HomePod最大の特徴である音質も、メリットを体感する機会が少ない。

音はビックリするくらい良い

しかし、今は音楽を聴くとき「AirPods Pro」など完全ワイヤレスイヤホンを使うことのほうが多い。

結果、僕自身のライフスタイルとして「スピーカーから音楽を流すこと」がなくなったので、HomePodの特徴が活かせない。

こういう方は結構多いんじゃないかと思う。

「HomePod mini」に期待すること

HomePod mini

結果「HomePod」はほぼ持てあましてしまい、子どもが音楽を聴くときに使うくらい

気軽さに欠ける

というのがHomePodの欠点と感じることもあるので、「HomePod mini」でもう少しユーザーが増えることを期待したいものだ。

個人的には、やはりiPhone・MacなどApple製品を多く使っているので、スマートホーム系もAppleに統一したい。

「HomePod mini」は、音楽よりスマートホームの母艦として、進化して欲しいなと思っている。

終わりに

HomePod mini

「HomePod」はApple製品としては久々にでた「問題児」。

やはり「音楽体験」にフォーカスしていることが、ユーザーに受け入れられない理由だろう。

あと、値下げされても「3万円以上」というのは、ハードルが高すぎた。

iPhoneとの連携など、使い勝手の部分は問題ないので、スマートホームやSiriなど音声アシスタント機能が充実してくれたらよいなぁと思っている

1万円程度で買える「HomePod mini」が、Appleのスマートホームを盛り上げて欲しいと願っている。

チー
とりあえず「HomePod mini」の登場で、まだやめないことは分かったので、頑張って欲しい(笑)
\ 送料無料 /

HomePod miniをチェック

「Google Nest Mini」レビュー。初めてのスマートスピーカーにぴったり!家電の音声操作も魅力

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年10月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!