Lightning – 30ピンアダプタを購入。ケース付きのiPhone 5利用時は注意!

iPhone 5から導入された新しいコネクタLightning。
表裏一体、コンパクトで使い始めたら従来のDockコネクタ(30ピン)には戻れない感じだが、Dockコネクタはまだまだ主流。Lightningケーブルを忘れて持ってる人探すのは大変だが、Dockコネクタケーブルならわりと簡単に見つかる。

そういう目的もあってiPhone 5購入に合わせて「Lightning – 30ピンアダプタ」も購入した。で、これを購入した目的はもう一つあった。高価なLightningケーブル買わなくても既存のケーブルが使い回せると思ったのだ。

開封の儀

たいそうなものではないが一応開封の儀。
IMG_1210
5センチ程度の箱。これで2,800円もする。
IMG_1211
実にシンプルな構成。まっ、所詮アダプタなんで。

Lightning – 30ピンアダプタの利用目的

で、これを既に持ってるケーブルに差してみる。目的のケーブルはこれ。

Made for iPhoneの安心感。「Deff TRAVEL BIZ」ケーブル購入
ケーブル購入時のレポート記事

これを、
IMG_1213
IMG_1214
こんな感じで合体!全く違和感がない!!

で、これをiPhone 5に差そうと思ったのだが、、、
IMG_0152
差さらねぇぇぇ!!(T-T)

そう、「Lightning – 30ピンアダプタ」では端子の部分のみLightningサイズで、その他の部分は30ピンコネクタと同様。遊びが全くない。なので、裸の状態じゃないとおそらく使えない。薄いケースならもしかしたらそのままでも差せるかもしれないが、厳しいと思った方がいい。これ、完全に盲点だった。

ちなみにいうと僕は「SGP ネオ・ハイブリッド EXシリーズ」を使っている。

SGP ネオ・ハイブリッド EXシリーズ購入。iPhone 5用になって変わった事
【紹介メモ】

これだとLightningコネクタは、
IMG_0149
こんな感じで穴は空いていて純正ケーブルなら問題なく差し込めるが、ケース部分の厚みがそれなりにあるためアダプタ付きだと全く刺さらない。

いやーほんと盲点。
既存のケーブル使い回せるなんてこすいこと考えるんじゃなかった。
僕、涙目w

まあ、いざという時用に持ち歩いとくのはありだと思うが。

まとめ

iPhone 5ではLightningケーブルを大人しく使いましょう!

というわけで持ち歩き用にLightningケーブルもう1本買いますw

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)