iPhone 12シリーズ発表!詳しくはこちら

「MUSON アクションカメラ MAX1」レビュー。アタッチメントなど付属品が充実!1万円の製品でも使えるのか?実写チェック【PR】

MAX1_Title
SPONSORED LINK

皆さん、お元気ですか?

2020年5月25日に全国の緊急事態宣言が解除されたので、しまなみ海道の「原付の聖地 見近島」まで日帰りバイクツーリング行ってきました。

目的は、アクションカメラのレビュー。

この記事で紹介する「MUSON(ムソン)アクションカメラ MAX1」は、税込10,500円と比較的購入しやすい価格であることが魅力です。

「アクションカメラに興味はあっても、GoProは高いからなぁ」と、お悩みの方にピッタリ!

実は、2018年に「DBPOWER 4K Wi-Fi アクションカメラ」をレビューしています。

チェストハーネス

1万円以下で買える入門用アクションカメラ。「DBPOWER 4K Wi-Fi アクションカメラ」レビュー【PR】

中国製アクションカメラは2年間でどれくらい進化したのか、バイクツーリングでレビューしてみます

「アフターコロナに向けて、そろそろ準備してみようかな」と思っているバイク好きの方の、参考になれば嬉しいです(笑)

三重野
YouTubeでもなかなかみられない、「見近島への進入ルート動画」を撮ってきました。

見近島に興味のある方、必見です!

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

アクションカメラは、多すぎて選びきれない……!

Amazonで「アクションカメラ」を検索してみると、様々なスペックの商品が多数販売されています。

アクションカメラ_Amazon

上記画像は、Amazonで「アクションカメラ」で検索した結果です。

3,000円程度から1万円以上する製品まで多種多様ですが、ほとんど見た目も機能も似たような製品ばかり……。

  • 正直いって、安過ぎるのは不安……。
  • かといって1万円以上出して後悔するくらいなら、最初からGoPro買った方が賢明な気もする……。

「安物買いのナントカ」、ということわざも脳裏をよぎります。

レビュー記事を読み比べてみても、どれがいいのかイマイチ良くわからない。

結論としては、使ってみるしかない と思います。

「MUSON アクションカメラ MAX1」価格が安くアタッチメントなど付属品が充実している

この記事で紹介する「MUSON アクションカメラ MAX1」は、税込10,500円です

ちなみに、アクションカメラの代表格である「GoPro HERO8」は、本体だけで約5万円で、アタッチメントも別売

本体

MUSON アクションカメラ MAX1」なら、充電器や各種アタッチメント、防水ハウジングなど、付属品も豊富で、microSDカードさえあればすぐに撮影できます。

取説あり同梱

アクションカメラを使ってみたい方の、入門・お試しとしてピッタリだと思います。

「MUSON MAX1」の特徴と欠点

MUSON MAX1

MUSON アクションカメラ MAX1」の特徴は以下です。

MUSON MAX1の特徴
  • SONYセンサー搭載 、1200万画素(画質重視)
  • 進化した6軸EISの手振れ補正機能
  • 4K 高精細な映像&高品質の写真
  • 170度超広角レンズ
  • 2.0インチ液晶モニター
  • 専用アプリでスマホからWi-Fi操作可能
  • 専用充電器付き
  • 豊富なアタッチメント

とにかく機能・付属品が満載です。

ただ、使ってみて気付いたイマイチな点もあります。

MUSON MAX1のイマイチな点
  • バッテリー交換すると日付がリセットされてしまう
  • ただし、すぐに交換すれば リセットされない模様
  • バッテリー持ちがイマイチ

欠点とまではいえませんが、あらかじめ理解して使えば、克服できるレベルでしょう。

三重野
バッテリーは1350mAhと、サイズの割に大きなものに対応します。しかし、バッテリーには当たり外れがあるようです。

Wi-Fi-アプリ連携での実使用時間としては、「30分程度」という感じです。

冬季の低温アウトドアシーンでは要注意かもしれません。

「MUSON MAX1」商品概要と開封レポート

MUSON アクションカメラ MAX1」のスペック概要は以下となります。

動画解像度4K 60fps / 4K 30fps / 1080p 120fps / 1080p 60fps / 720p 240fps
写真解像度20M / 14M / 10M / 8M
本体サイズ約60×30×26mm
画面サイズ2インチ
バッテリーリチウムイオン充電池1350mAh
記録方式動画:MOV
静止画:JPEG
記録メディア

microSDカード:最大128GB(Class10以上)
※microSDカード別売

取説

取扱説明書には、わかりやすい日本語ページもあります。ご安心ください。

本体のみで撮影できますが、スマホにアプリをインストールすることでさらに便利に使えるようになります

今回は「OPPO Reno A」でレビューしました。

OSは「Android9 ColorOS6.0.1」です

早速、専用アプリをインストールします。

アプリ

アプリは「iSmart DV」という名前です。iOS版もあります。

Wi-Fi接続完了

スマホ画面でモニターしながら遠隔操作できるようになります。

動作も安定しています。

WiFiアプリ

今回のレビューは「OPPO Reno A」を使用しており、すべてのスマホで動作を保証するものではありません。

自己責任でお願いいたします。

※パッケージに印刷されているQRコードは間違っているようです。ご注意ください。2020年6月時点の最新版は、1.4.21.57らしいです
iSmart DV 1.4.44(無料)
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: iCatch Technology Inc., – iCatch Technology Inc.,(サイズ: 105.4 MB)

リストバンドタイプのリモコンもあります。

しかし、スマホ接続時は、リモコン操作できません、残念!

防水ハウジング

40メートル防水ケースも同梱されています(三脚は同梱されていません)。

水泳、スキー、ダイビングなどアウトドア、ある程度の水中撮影なら可能かもしれません。

防水テストはしておりません。ご了承ください

液晶画面は2インチ。

カードスロット

SDカードスロットは側面にあります。マイク端子も付きました。

HDMI出力に対応しており、ドライブレコーダーとしても使えるようです(車のキー連動機能なし)。

microSDカードは別途購入が必要です。
充電器

バッテリーは2個、専用充電器も付属しています。

素早くバッテリー交換すれば、日付けはリセットされなくなりました!

なお、製造時期やロットにより当たり外れがあるのかもしれませんが、同梱バッテリーは2個とも 充電時発熱は気になりませんでした

USB充電しながら撮影可能です。PCやモバイルバッテリーからも給電可能。

GoProとほぼ互換性のある付属品が充実して、価格はAmazonで10,500円です

撮影データの読み込み方法

撮影した動画・写真は以下の手順で編集しました。

  1. Mac miniでmicroSDカードを読み込み
  2. QuickTime Playerで簡易編集

防水ハウジングのため、内蔵マイクの音質は、無視してください(笑)

今回のレビューでは試していませんが、撮影シーンに応じて同梱のピンマイクで録音できるのはいいですね。

ピンマイク

ただ、音質はあまり期待しない方がよいと思います。

実際に撮影してみた動画

というわけで、実際に撮影した動画をサンプルとして掲載します。

設定内容は以下となります。

撮影FHD60 (1080p)
編集Mac miniのiMovie高画質 書き出し

「Honda PCX」でしまなみ街道・見近島までツーリングしました。

見近島

伯方・大島大橋からの進入ルート、

YouTubeでもなかなか観られないバイク走行動画です。これが「原付の聖地」への進入ルートです!

ハンドルマウントなので、手ぶれ補正も限界超えてますね(笑)

MAX1_マウント

次は、見近島の海岸です。手持ち撮影です。

フェリー乗船の様子。これはヘルメットマウントです。

やっぱり画面が安定していますね。

そして、安芸灘大橋の雨天走行です。バイクの振動、防水ハウジングの雨粒で見辛いです、ごめんなさい。

最後に、大山祇神社の手持ち撮影です。

ちなみに写真は撮っていません。

写真は、素直にスマホで撮りましょう(笑)

終わりに

MAX1_桟橋

2018年にレビューした「DBPOWER 4K Wi-Fi アクションカメラ」と比較すれば、2年間でスペック、操作性もそれなりに進化して使いやすくなりました

ただ、やはりソフトもハードの作りも「価格相応」という印象です。

5万円ほどする「GoPro」には、まだまだ及びません。

なので、本気でアクションカメラを使うなら「GoPro」をおすすめしますが、価格がネック。

アクションカメラに興味津々だけど、いきなりGoPro買うのはちょっと……。

という方の、「入門お試し用」としてはおすすめできます。

アクションカメラでどんなことができるのか、使いこなせるのかを試すには十分過ぎる性能だと思いました。

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年10月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!