スマホ購入時の頭金とは。強制オプションなどで利益を上げるしかない、携帯ショップが抱える構造的問題

先日auショップにiPhone 5を予約に行ったら、予約条件として「コンテンツパック420」というものを3ヶ月間契約してくれといわれて驚いたという事をブログに書いた。

この時にKDDIのサポートに電話して、確認まで数日待って欲しいと言われていたが、その回答が返ってきた。その内容を紹介するが、それよりも感じたのはキャリアショップが抱えている構造的な問題の大きさだ。

KDDIの回答

一応僕が予約したお店に確認をしてくれたそうで、「コンテンツパック420」の契約をお願いしているのは、iPhoneに限らず全ての携帯だということ。そして、本来頭金が5,000円程かかるが、このオプション契約を3ヶ月間することで無料としているという話だ。

頭金って車や住宅購入の時の考え方からしたら、いわゆる手付け金的なもので本体価格から割り引くようなイメージだと思うが、キャリアショップのいう頭金は完全に手数料となる。ちなみにdocomoであれば、基本的に全ての機種で頭金が設定・明文化されて、本体代に組み込まれている。なので、KDDIの最終回答としては、

ショップの裁量となる部分で特に問題ない。

という話であった。
まっ、この回答自体を別にどうこう言う気はない。僕としてはやはり納得できない料金だが、小売店にあたるショップがそこにどういうマージンを上乗せしようと、キャリアとしては問題ないという判断だし、結局代理店に依存するという事。ただ、ここから見えてくるのは、携帯ショップが抱えている構造的な問題。

携帯ショップはどこで利益を上げるのか

先日のエントリーはコメントやSNS経由で様々な意見をいただいた。多かったのは、

  • こんな事をするなんて許せない
  • 全国どのキャリアでもやっている事だし、こうでもしなければショップは利益がでない

という相反する意見だ。携帯ショップだって商売。どこかで利益を上げなければ、ショップの維持はもちろんスタッフの給料が払えない。詳しくは書けないが、携帯ショップで働いている人から実情を少し教えていただいたりもした。結局、今は携帯だけ売っていたのでは儲からないということだ。だから、頭金という名の手数料を取ったり、提携しているコンテンツプロバイダーのサービスを契約させてマージン取ったり、アクセサリー類を売ったりする。

結局、末端である携帯ショップが一番割を食っているように見える。日々増え続ける端末、複雑化するサービス、それに伴い増えるユーザーサポート、、、スタッフに求められるスキルは多岐に渡るのに、おそらく以前よりは利益が減っているんだろう。

特にauとSoftBankはそうなんじゃないかと思う。というのが、キャリアショップに行った時に、常駐しているスタッフの人数がdocomoだけは他キャリアの倍くらいいるのが普通。最近はすっかり影の薄くなったdocomoだが、スタッフのコンテストがあったり少なくともキャリアショップが利益を上げられる構造を作っている感じがする。docomoがiPhoneを取り扱わない理由の1つは、こういう部分にもあるんじゃないかって気がする。

au・SoftBankもやってはいるんだろうが、真面目にやっているショップが利益を上げられる形にならないと、顧客には理解しがたい手数料を徴収せざるを得ないんじゃないかと思う。

携帯ショップはもう必要ないのか?

キャリア直営店やオンラインで購入すれば、こういう問題は発生しないという意見もよく聞いた。そもそも携帯ショップ自体を疑えばそうなるのだが、やっぱり最寄りの店頭で購入したいもの。

結局構造が悪いんだと僕は思う。
ショップで働いているスタッフの方は丁寧に対応してくれる。今回、コンテンツ契約が必須と言うことで、結局先日のお店では予約をキャンセルした。一応理由は説明してその上で嫌な顔1つしないで対応してくれた。

スタッフだっておそらく顧客が納得できないものであることは理解している。だから、先日の予約でも一番最後になって、申し訳なさげに言ってきた。末端のスタッフが困るような事は、キャリアとしても代理店としてもやって欲しくないなぁと心から思う。

まとめ

少し考えすぎかもしれないが、モノを売る商売って何だろうと思った。
僕はSEという仕事をしているのでモノ(=製品)ではないが、ソフトを売る商売。広い意味では同じだと思う。最終的にお金を払う顧客が強いのは当然だとは思うが、売る側だって別に客をだまして暴利をむさぼるなんて考えている人は、比較的少ないはずだ。

店は良いものを届けたいし、客は良いものを使いたい。思いは一緒だと思うのです。理想論かもしれないが、お互いが良い気持ちで取引できるような仕事をしたいものだ。

残念ながら今の携帯販売はいかに沢山の契約をさせるかの世界で、知らずに契約とかしたら「情弱」ってバカにされる。店・客お互いに真面目な人が損をする。そんな状態では先細るだけのような気がしてしまう、、、

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』

ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!
詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)

7 件のコメント

  • はじめまして。
    いつも拝見させていただいております。
    私は某携帯ショップで働いておりますが、やはり私の店舗でも、そのようなものはあります。
    キャリアは表向きには、強制オプションはいけませんと言っていますが、営業はその逆で、つけないとインセ払いませんといってきます。
    この仕組み自体を変えないと、本当の顧客満足は生まれないでしょう。
    スタッフを抱える私としては、お客様も、スタッフも、楽しく幸せになることが1番の願いです。

    • コメントありがとうございます!
      やはりインセンティブを盾にショップは色々大変なのですね、、、正直ショップに文句を言っても仕方ないとは思ってます。今やライフラインともいえるモノなので、健全な商売をしてきちんと利益が上がる形になって欲しいですねぇ。

  • こんにちは。

    昨日、昨年倒産した会社の同僚と会い、驚きました。数年前に契約解除した携帯の料金を毎月払っている、とのこと。金額は月額100円台程度とのことでしたが、こういうユーザーも居るのだなと思いました。
    会社組織は利益を何処で得るのか、使ってもいない携帯の手数料を支払わせ続ける会社って?当の本人は「手続きが煩雑だから」という返事。えっ?言葉が見つからなかった。まだ本人は求職中です!

    • 結局、3ヶ月でいいからというオプション縛りはそれを狙っているんだと思います。
      めんどくさいとそんままの人もいますが、そもそも忘れちゃうんですよね。使わないオプションに何百円も払っている人がどれだけ多いか、、、

  • いつもブログ拝見させてもらってます!
    初めてコメントします(笑)

    某ショップの店員をしてるんですが、おっしゃる通りなんです。
    端末をキャリア推奨価格で売っても、その手数料ってびっくり
    するくらい少ないんです。。
    だからオプションに入ってもらわないといけないんですけど、
    そのオプションも条件が厳しくなってコンテンツが増えてきたん
    ですよね。

    いびつな構造だと思いますね。。

    • 初めまして!コメントありがとうございます。

      ほんといびつな構造だと思います。確かにショップは所詮契約事務などの仲介をしているだけと言えばそうでしょうが、実際はユーザーサポートも兼ねているわけで、そこでお金取れないなら、端末で儲けるしかないというのは心情としては分かります。キャリアとショップの関係を見直さないとこの構造、変わらないですよね、、、