運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

富士通「arrows NX9 F-52A」レビュー。コロナ禍必須機能?ハンドソープで洗えて、アルコール除菌できるスマホ

富士通「arrows NX9 F-52A」レビュー
SPONSORED LINK

丸洗いできて毎日清潔に使えるスマホが欲しい

新型コロナウイルス感染症の影響で、あらゆる業界の常識が変わってしまったが、スマホ業界も例外ではないと思う。

一例をあげれば「生体認証」。

iPhoneの「Face ID」に代表されるように、指紋認証よりも圧倒的に便利と思っていたが、マスクをつけていると使いづらいという欠点が露呈し、評価が落ちた

富士通「arrowsシリーズ」は、今や唯一といってよい「made in Japan」のスマホで、日本人好みの機能を磨いてきた

それは「ニッチな機能」なのだが、コロナ禍で脚光を浴びた機能もある。

ハンドソープで洗ったり、アルコール除菌ができること

外出中によく触り、消毒しないし着替えることも少ないものの筆頭は「スマホ」なので、「洗えるスマホ」はコロナ禍にマッチしたといえる

チー
皮脂がついたりもするし、スマホって冷静に考えたら「不潔」だよね……

この記事では、「arrows NX9 F-52A」を紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

富士通「arrows NX9 F-52A」の概要

arrows NX9 F-52Aの概要

富士通「arrows NX9 F-52A」は、2020年12月18日に2020年冬モデルとして発売された。

春モデルとして発売された「arrows 5G」に続く、5G対応のハイスペックモデル。

エントリーモデルの「arrows Be4」も含めると、2020年は3モデル発売するという近年の富士通スマホとしては珍しい展開

特にこの記事で紹介する「NX9」は、ミドルハイモデルという感じなので発売したことに驚いた

チー
正直富士通スマホは、シェアも低いし3モデル目を出すリスクは高い気もするんだけどね……。

販売は「ドコモ限定」

ガラケー時代から富士通は基地局側の開発を担うなど、docomoとの関係が深く、docomo限定というスタンスはスマホになっても変わらない。

スペック概要としては以下の通り。

ディスプレイ約6.3インチ(有機EL)
バッテリー容量3600mAh
プロセッサSnapdragon 765G
内蔵メモリ(RAM)8GB
内蔵メモリ(ROM)128GB
アウトカメラ広角:4850万画素
超広角:800万画素
深度:500万画素
インカメラ1630万画素
テレビ機能×
おサイフケータイ
急速充電
ワイヤレス充電×
サイズ152(高さ) × 72(幅) × 約8.5(厚み) mm
重量162g
通信速度(受信時最大)5G:2.1Gbps
4G(LTE):1.1Gbps
通信速度(送信時最大)5G:218Mbps
4G(LTE):131.3Mbps

販売価格は「76,032円」。

ハイエンドモデルなのでいいお値段だが、arrows 5Gが「112,508円」であることを考えたら、かなり安く感じる。

また、「スマホおかえしプログラム」の適用対象となっており、2年で機種変更すれば実質「50,688円」となる。

チー
5G対応モデルの中では安価な分類です
\ 送料・事務手数料無料 /

arrows NX9をチェック

arrows 5Gとの違い

arrows 5Gの概要

春モデルの「arrows 5G」も併売されているので、違いは何だろうと思うかたも多いだろう。

チー
簡単にいうと、「arrows 5G」のスペックを「少し」落とした製品
arrows NX9のスペックダウンポイント
  • ディスプレイが小型化
  • バッテリー容量が少なく
  • 望遠カメラなし
  • 最大通信速度の低下(5Gのミリ波非対応など)

スペックを落として価格を安くしているので、アラ探しをしたらキリがないのだが、バランス感のよいスマホにしあがっている

逆に「3.5mmイヤホンジャック」が復活するなど、arrows 5Gにない強みもある。

\ 送料・事務手数料無料 /

arrows NX9をチェック

外観をチェック

"arrows NX9 F-52A本体前面 "arrows NX9 F-52A本体背面

製品の外観をチェック。

スペックを落としたとはいえ、7万円のスマホなので高級感のある佇まい。「狭額縁」のデザインも際立つ。

四方からチェック。

上部 カードスロット

上部はSIMカード・microSDカードスロットがある。

両面に取りつけるタイプとなっておりちょっと珍しい。

下部
充電端子は「USB-Type C(USB-C)」を採用している。

近年のAndroidスマホの定番だが、USB Power Delivery(USB-PD)による、急速充電にも対応

以下の記事は「iPhone 8」での検証事例だが、USB-PDによる充電は圧倒的に早いので、是非利用して欲しい。

USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

左側面 右側面

右側面に、ボタン類が配備されている。

「3.5mmイヤホンジャック」を搭載しているため、音楽などを聴く場合「完全ワイヤレスイヤホン」を使わなくてもよいのは古いオーディオ機器を愛用している方には嬉しいポイント。

カメラはトリプルカメラ

スマホのメイン機能とも言えるカメラはコストダウンされている部分で、シングルカメラ。

指紋認証センサーは、ディスプレイに内蔵されている。

iPhone 12 Proと比較
左:arrows NX9
右:iPhone 12 Pro

「arrows 5G」と比較すれば小さいが、6.3インチというのは十分大きな画面。

iPhone 12 Pro」と比較するとその広さが分かると思う。

\ 送料・事務手数料無料 /

arrows NX9をチェック

「arrows NX9 F-52A」のここが凄い!

富士通「arrows NX9 F-52A」レビュー

以降は僕の感想を中心に紹介しようと思う。

僕が触ってみて「arrows NX9」の良いなと思ったポイントは、以下の2点だ。

arrows NX9のよいところ
  • ハンドソープで洗ったり、アルコール除菌できる
  • 大画面だが、薄くて軽い

ハンドソープで洗ったり、アルコール除菌できる

ハンドソープで洗ったり、アルコール除菌できる

コロナ禍において脚光を浴びた機能は、なんといってもハンドソープで洗ったり、アルコール除菌できること。

  • 家に帰ったら手洗い
  • お店に入ったらアルコール除菌

今や習慣化している方も多いだろうが、スマホまで洗っている方は少ないはず

実際、大多数の「防水対応スマホ」は水濡れ程度は問題ないが、「水洗い」は非推奨

ハンドソープやアルコール除菌なんて論外だ。

富士通スマホは元々「丸洗い」をアピールしていたが、コロナ禍においてこの機能を喜ぶ方は多いだろう。

ただし、洗い方には注意点があるので、以下のサイトをしっかり読んでから実施して欲しい。

チー
スマホは毎日洗う

は、これからのスタンダードになるかも?(笑)

\ 送料・事務手数料無料 /

arrows NX9をチェック

大画面だが、薄くて軽い

大画面で軽い

最近のハイスペックモデルは重い。

「arrows 5G」は6.7インチの大画面で「171g」という軽量化を実現していたが、NX9も「162g」と軽いのは魅力といえる。

  • ディスプレイの大型化
  • カメラユニットの増加

重くなる要素はいくらでもある中で、「軽量化」に力を入れているのは嬉しいポイントだ。

チー
ケースや保護ガラスをつけたら200グラムを超えるスマホも多く、そうなると「ずっしり重い」んだよねぇ……。
\ 送料・事務手数料無料 /

arrows NX9をチェック

「arrows NX9 F-52A」のここがイマイチ

富士通「arrows NX9 F-52A」レビュー

arrows NX9」を使って、イマイチと感じた点ももちろんある。

感じたことをまとめると、以下のような感じだ。

arrows NX9のイマイチなところ
  • 「Photoshop Expressモード」は使いづらい
  • 顔認証に非対応
  • ワンセグ・フルセグ、ワイヤレス充電に非対応

「Photoshop Expressモード」は使いづらい

「Photoshop Expressモード」
  • プロセッサ、RAM、ROMの早さと多さ
  • ディスプレイの大きさ
  • カメラ機能

ハイスペックモデルの優れている点は、近年この3点で特にカメラ機能が差別化ポイントとして分かりやすい。

多少スペックを落としたとはいえ「arrows NX9」もカメラ機能に力を入れているが、arrorwsが高機能カメラの柱にすえる「Adobe Photoshop Express」を使った編集機能も踏襲された。

カメラの撮影、編集を一体化させた「Photoshop Expressモード」と呼ばれる機能だが、簡単にいえばレタッチを楽にする機能

確かにより美しい写真を「作る」なら、レタッチが必須というのはわかる。

カメラ画面
広角カメラで撮影
広角カメラで撮影
超広角カメラで撮影
超広角カメラで撮影

ただ、特にレタッチしなくても十分にキレイ。

さらにいえば、スマホカメラのトレンドは「自動化」だ。

ポートレートモードナイトモードなど近年増えた機能も、モードを選べば後はスマホが「自動的にいい感じに補正してくれる」というのが便利だった

自分で調整するというアプローチは、スマホカメラの進化としてちょっとずれている感じがする。

adobe IDでのログインが必要

あと、この機能を使うためには「Adobe ID」の作成とログインが必須で、理由は理解するが正直ちょっと使いづらかった。

顔認証に非対応

生体認証は指紋認証のみ
arrowsの「伝統」といえるのが、背面に配備した指紋認証センサー

「arrows NX9」においては、ディスプレイ内蔵の指紋認証センサーを搭載しているが、生体認証は指紋認証のみ

たしかに、2020年のコロナ禍においては、マスクをつけると顔認証が使いづらいので、指紋認証の価値は見直されたと思う。

ディスプレイ指紋認証

ただ、自宅内でマスクをつける人は少ないし、ディスプレイ内蔵の指紋認証センサーは使いづらい……。

チー
物理的なセンサーは「手触り」で探せるけど、ディスプレイ内蔵センサーは「目視」での位置合わせが必須で地味に使いづらい……。

ワンセグ・フルセグ、ワイヤレス充電に非対応

ワンセグなどは非対応

最後が、ワンセグ・フルセグ、およびワイヤレス充電に非対応という点

どれも別になくても困らない機能。

しかし、「日本製」をアピールし販売も国内に限定しているなら、ワンセグ・フルセグは対応して欲しかったというのが正直な気持ちだ。

\ 送料・事務手数料無料 /

arrows NX9をチェック

終わりに

富士通「arrows NX9 F-52A」レビュー

レビューしていて強く感じたことがある。

ハイスペックモデル「arrows 5G」の登場で、メーカーの方向性が分かりやすくなった

正直、エントリーモデルの「arrows Be4」では、富士通スマホも魅力は感じられなかった。

しかし、ハイスペックモデルが登場したことで、スペックを落とした「NX9」を触っても、「軸」が見えたように思う。

チー
スリム・コンパクト、清潔さと堅牢性を重視していると感じました

良い悪いの話ではなく、「軸」が定まればそれを評価する人は必ず出てくる。

2021年以降の「富士通スマホ」が楽しみになった。

\ 送料・事務手数料無料 /

arrows NX9をチェック

Androidは様々なメーカーが販売していますが、日本で人気が高いのは長らくSONY「Xperia」・シャープ「AQUOS」・サムスン「Galaxy」の3本柱でした。

しかし近年は、中国メーカーの進出が増え、安くて高性能な高コスパモデルが増えたので勢力図が変わりつつあります

チー
僕のイチオシはGoogle「Pixelシリーズ」ですが、ちょっと高いのが欠点です……。

当ブログではドコモ版の最新モデルを中心に、数多くの機種をレビューしているので、参考にしてみてください!
販売価格は「ドコモオンラインショップ」など、キャリア公式オンラインショップの価格です

ハイスペックスマホのレビュー

ドコモの最新モデルのおすすめ(2019年夏モデル対応版)

ドコモ最新モデルAndroidスマホ・ガラケーのおすすめは?そろそろ5Gもあり!使って分かった評価を本音でレビュー【2020年夏モデル・冬モデル】

ミドルクラススマホのレビュー

【2021年5月版】ドコモ旧モデルスマホのおすすめは?新規・機種変更するならAQUOS sense5G、iPhone SE 第2世代が狙い目!

ドコモミドルクラスのおすすめ

【2021年5月版】ドコモのミドルクラススマホで、5万円以下のコスパが高いおすすめ機種は?iPhone・Android別に紹介します(旧docomo with)

一緒に使いたいおすすめアクセサリ

チー
僕がAndroidユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!

ドコモでスマホを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

ゆりちぇる
2021年5月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2021年5月最新】最大2万円以上もおトクになる!?docomoのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説

docomoの新サブブランド!?「ahamo」(アハモ)メリット・デメリットは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」は安くなった?おすすめは無制限の5G。変更ポイントを解説します

SIMのみ契約なら「初期費用0円」

ドコモSIMのみ契約

分離プランの開始後、SIMのみで契約も可能になりました。

チー
ドコモSIMはとても使いやすいので、何気におすすめです!
ドコモSIMのメリット
  • IMEIロックなどややこしい縛りがない
  • 「5G」はもちろん、スマホ・タブレット・ルーターがSIM交換なしで使える
  • 新プラン「ahamo」にも対応
\ オンラインショップは初期費用0円 /

ドコモのSIMをチェック

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2021年3月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!