運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

ドコモ最新モデルAndroidスマホ・ガラケーのおすすめは?そろそろ5Gもあり!使って分かった評価を本音でレビュー【2020年冬モデル・2021年夏モデル】

ドコモの最新モデルのおすすめ(2019年夏モデル対応版)
SPONSORED LINK

ドコモの最新スマホ・ガラケーが欲しい

「SIMフリースマホ」が安価に購入できるようになっても、ドコモなど大手キャリアが販売するAndroidスマホは、最新技術が詰め込まれ、日本での利用に最適化されたモデル

基本的にグローバルモデルであるiPhoneとは立ち位置が異なるわけで、iPhoneファンの僕でも大手キャリアの最新モデルの方向性が、近い将来iPhoneにも搭載される可能性が高いことから注目している。

このため、すべてではないが、色んなスマホを触るようにしているので、Androidスマホに対する知見もたまってきた。

この記事では以下を紹介しようと思う。

  • ドコモ最新モデルの発売時期と特徴
  • ハイスペックモデルのおすすめ
  • スタンダードモデルのおすすめ
  • ガラケーのおすすめ
2021年6月時点の最新モデルは「2021年夏モデル」です

SPONSORED LINK

5Gスマホがいよいよ本格普及期に

ドコモの5G

2020年3月18日に、次世代通信サービス「5G」のサービス開始予定と、対応スマホがいよいよ発表された。

「docomo 5G」は2020年3月25日にサービスが開始されたのだが、5Gエリアは大都市圏中心で、エリアはまだまだ狭い

しかし、2020年10月の「iPhone 12シリーズ」が5G対応したことで、各社サービスエリアをアピールするようになり、いよいよ普及段階に入ってきたと感じる。

実際、僕が住む岡山県倉敷市でも、少しずつ使えるようになっており、2021年春頃には中心市街地の大部分がエリア化される見込みだ。

ドコモの5Gピクト

ただし、注意点もありそれは、5Gプランへの変更は「契約変更」になり、申込みしないと5G通信ができないこと

4G(LTE)での通信は可能です

そして、ドコモで5Gスマホを購入すれば自動的に適用されるが、SIMフリーで購入すると別途電話か店頭での手続きが必要になる

これが面倒くさい……。

チー
5Gへの契約変更は、当初店頭手続きしかできなかったですが、徐々に手続き方法が拡大しているので、時間の経過とともに改善すると思います
\ 5Gスマホはキャンペーン豊富! /

ドコモ5Gスマホをチェック

5Gの目玉はスマホよりルーター

ドコモ5Gルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」レビュー

余談だが、僕は5Gに関してはスマホよりもルーターに注目している。

4G時代になくなり、5Gで復活使用としているのが「データ通信無制限サービス」。

高速・大容量通信に適した5Gらしいサービスだが、このことでとくに1人暮らしの方は、「固定回線」の置き換えが視野に入ってくる

今までも「WiMAX」などあったが、エリアが狭く、使いまくると通信制限が行われるなど、固定回線の置き換えには厳しいものだった

  • 5Gのルーターを1台持ち歩き、スマホ・PCなどから外出先でもアクセスする
  • 自宅でも5Gルーター経由で、ネットにアクセスする

こうすれば、スマホで利用するSIMの通信容量は少なくて済むし、トータルでは安く上がるケースも出てくるかもしれない。

そんな可能性を感じるので、ドコモ唯一の5Gルーターを購入してレビューしたので、気になる方は読んでみて欲しい。

ドコモ5Gルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」レビュー

2021年6月時点のドコモ最新モデルのおすすめ

詳細は後述するが、僕が2021年6月時点のドコモ最新モデルのおすすめは以下の観点でピックアップしている。

おすすめモデルの選択基準
  • 使いやすい「サイズ感」
  • 「日本人」に最適化されている
  • 価格と性能のバランスがよいモデル
  • 最低2年、理想は3年安心して使える
ドコモオンラインショップ」での販売価格です
モデル名スマホおかえし
プログラム
販売価格2年利用時の負担金
ハイスペック
Galaxy S21 5G
Galaxy S21 5G

レビュー記事
99,792円66,528円
Galaxy S21 Ultra 5G
Galaxy S21 Ultra 5G

レビュー記事
151,272円100,848円
Xperia 5 II
Xperia 5 II

レビュー記事
99,000円66,000円
Galaxy A51 5G
Galaxy A51 5G

レビュー記事
70,488円46,992円
arrows NX9
arrows NX9

レビュー記事
76,032円50,688円
スタンダード
AQUOS sense5G SH-53A
AQUOS sense5G

レビュー記事
×39,600円-
iPhone
iPhone 12 64GB
iPhone 12
101,376円67,584円
iPhone SE 第2世代 64GB
iPhone SE 第2世代

レビュー記事
57,024円38,016円
ガラケー
AQUOSケータイ SH-02L
AQUOSケータイ

レビュー記事
×31,680円-

以降、ドコモ最新モデルについて詳しく説明していく。

\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

ハイスペックスマホ(フラグシップ)のおすすめ(Android)

では、ドコモが販売するハイスペックスマホ(フラグシップ)のおすすめはなんなのか?

ドコモのハイスペックモデルは、人気が二分されていると思う。

  • SONYのXperia
  • サムスンのGalaxy

ドコモスマホ登場初期から製品を販売し続けている2社が強い。

この動きは、

ドコモユーザーは同じメーカーのスマホを購入する傾向が強い

とも言えるかもしれない。

5G対応でもとにかく軽いSONY「Xperia 5 II SO-52A」

Xperia 5 IIレビュー

SONY「Xperia 5 II SO-52A」は同社が販売するスマートフォンの最新モデル。

最大の特徴は、「Xperia 1 II」と比較すれば小さいが、「6.1インチディスプレイ」をという大画面を搭載しながら、163グラムと軽いこと

コンパクトモデルは通常スペック的に劣ることが多いが、大画面モデルの「Xperia 1を小さくしただけ」という仕様であることが強み

持ちやすいサイズ感

幅が68mmとコンパクトで、非常に持ちやすいため、むしろ使いやすいと感じる人も多いだろう。

また、近年のスマホは、画面が大きくなりドンドン重くなる。

ケースや保護フィルム・ガラスをつけると200グラムを超えることも珍しくないので、軽さは魅力といえるだろう。

Xperia 5 IIのよいところ
  • 一眼カメラ「αシリーズ」ユーザーなら使いやすい「Photography Pro」
  • 通常のカメラアプリもトリプルカメラ・瞳AF対応で高機能
  • 有機ELディスプレイの美しさ
  • 「21:9マルチウィンドウ」は意外と使いやすい
チー
軽いのは正義!って実感した
\ 限定カラーあります /

Xperia 5 IIをチェック

Xperia 5 IIレビュー

スタンダードスマホ(ミドルレンジ)のおすすめ(Android)

ドコモ2019年夏モデル

10万円を超えるスマホが増えた結果、5万円以下で買える「ミドルレンジ」のスマホを狙う人も増えている。

ドコモは「スタンダードモデル」と位置付けているのだが、以下のような特徴がある。

「スマホおかえしプログラム」は、2年利用でスマホを「返却する」ことでお得感がでる購入方法。

しかし、頻繁な機種変更を望まないライトユーザーの場合、長く使えることの方が重要だろう

「長く使える」ここを最重要視した時、おすすめしたいのが「AQUOS sense5G SH-53A」だ。

5G対応でも5万円以下!シャープ「AQUOS sense5G SH-53A」

シャープ「AQUOS sense5G SH-53A」レビュー

AQUOS sense5G SH-53A」は、ドコモでの価格は39,600円(税込)で、5G対応でも4万円以下とお手軽な値段が魅力だ

  • 5G対応
  • トリプルカメラ
  • 軽い

2021年現在として特筆するスペックではないが、なんといっても5G対応していることが魅力

5Gなんてエリアが狭いし意味ないよ

そういう意見はあるだろうが、5G対応のプロセッサを搭載したことで、動作が高速化しただけでなく、LTE(4G)の通信速度も向上している

4G対応の「AQUOS sense4」と比較するとかなり違う。

AQUOS sense4AQUOS sense5G
下り最高速度最大350Mbps最大1Gbps
上り最高速度最大75Mbps最大90Mbps
チー
下りは3倍ほど早くなっているので、進化が実感できそう!

価格はAQUOS sense4と比較すれば約1万円高いが、長く使うことを考えたら検討価値はあると思う。

僕が使ってよいと思ったのは以下の4点だ。

AQUOS sense5Gのよいところ
  • 位置情報をみて自動でテザリングをON/OFF「テザリングオート」が便利
  • iPhoneのホームボタン相当の、指紋認証センサーボタンがある
  • のぞき見防止機能を搭載
  • プロセッサが早くなり「サクサク感」が向上

気になる方はデメリットも含めて、詳しくレビューした以下の記事を読んで欲しい

チー
ドコモにはXperiaユーザーが多いので、10万円ほどするハイスペックモデルはいらないって方にはおすすめ!
\ 送料・事務手数料無料 /

AQUOS sense5Gをチェック

シャープ「AQUOS sense5G SH-53A」レビュー
シャープ「AQUOS sense4 SH-41A」レビュー

iPhoneのおすすめは「iPhone 12」

iPhone 12

iPhoneに関しては、最新モデルが発表されたのは2020年10月の話で、以下の4モデルが発表された。

iPhone 12 Pro/iPhone 12発表

この記事をご覧の方は、ドコモの最新モデルを探している方、つまりハイスペックモデルを好む方だと思う

しかし、iPhone 12シリーズについては、カメラに強いこだわりがない限り「iPhone 12」をおすすめする

iPhone 11シリーズ」までと異なり、ディスプレイが有機ELに統一され、サイズ感がProと同じになった

Proと比較すればカメラスペックは劣るが「軽い」というメリットがあり、誰でも使いやすいのはiPhone 12と思うからだ。

逆にコスパを重視するのであれば、2019年モデルということで、価格もこなれている「iPhone 11」がおすすめだ。

\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ガラケーのおすすめはシャープ「AQUOS ケータイ SH-02L」

AQUOS ケータイ SH-02Lパッケージ

最後に、フィーチャーフォン(ガラケー)を簡単に紹介しようと思う。

ドコモのフィーチャーフォン(ガラケー)は、2021年6月Androidベースで動作するようになっているのだが、独自の操作性を実現するために、メーカーのカスタマイズがかなり入っており開発には苦労しているようだ。

根強い人気はあるが「ニッチな製品」なので、メーカーの信頼性と実績が重視される

なので、僕はシャープ製をおすすめする。

最新モデルという意味では富士通製なのだが、ドコモ以外を含めて他キャリアに展開しているのは「AQUOSケータイだけ」と思うので、使い勝手などは優れていると思う。

僕が実際使ってよいと思ったのは以下の6点だ。

AQUOS ケータイ SH-02Lのよいところ
  • 「タッチクルーザーEX」を捨て、通話特化したこと
  • 電話が使いやすく、音質が良い
  • Wi-Fi対応、かつテザリング起動が「ワンタッチ」でできる
  • スクリーンショット・のぞき見防止機能あり
  • PASSNOW機能など他デバイスとの併用前提で作られている
  • Android搭載でもおおむね「サクサク」で動くこと

気になる方はデメリットも含めて、詳しくレビューした以下の記事を読んで欲しい。

チー
元ガラケー開発関係者」としては、こういう形で続いてくれるのが嬉しいです!
AQUOS ケータイ SH-02Lパッケージ
\ 送料・事務手数料無料 /

AQUOS ケータイをチェック

ドコモ最新モデルはいつ発売する?

ドコモ2019年夏モデル

まずドコモ最新モデルについてだが、ガラケーの時代から発売時期は基本的に決まっている。

モデル名発表時期発売時期
夏モデル5月6月〜8月
冬春モデル10月11月〜翌年3月

さらに発売するモデルの周期も大体決まって来ているように思う。

各社意識しているのは、やはり「AppleのiPhone」だ。iPhoneは例年9月に発表&発売されるので、ここを外すような動きをとっている。

メーカー毎の動きをざっくりまとめると、以下のような感じ。

メーカー名夏モデル冬モデル備考
SONY(Xperia)
シャープ(AQUOS)夏モデルはフラグシップの「R」、冬モデルはミドルクラスの「sense」とフラグシップの「zero」
Samsung(Galaxy)夏モデルは「Sシリーズ」、冬モデルは「noteシリーズ」
LG(LG Style)×
HUAWEI(Pシリーズ)×
富士通(arrows)×

夏モデルの方に力が入っている

というのは読みとれるかと思う。

これは「iPhone」の発売を意識した結果で、例年6月〜8月は「iPhone新モデル待ちムード」があるため、この時期に買い替えてもらうことを意識しているのは間違いない。

iPhoneなんか興味ないよ

そんな方も多いだろうが、逆に言えば「Androidスマホの買い時」も見えてくるのではないかと思う。

ドコモAndroidスマホの買い時は「夏(7月〜8月)」

SHARP「AQUOS R3」レビュー

僕が考える、ドコモAndroidスマホの買い時は「夏(7月〜8月)」だ。

理由は3つある。

夏が買い時と思う理由
  • iPhone発売前で、Androidスマホメーカーは積極的に拡販している
  • 夏モデルがほぼすべて出揃い、メーカー間の比較がやりやすい
  • 冬モデルの噂も聞こえてくるので、「待ち」か「買い」かを判断しやすい

実は、2019年春まで、スマホを買うなら年末(12月)か年度末(3月)をおすすめしていた

以下はiPhoneに関する解説記事だが、Androidについても同じことが言える。

型落ち(旧モデル)iPhoneの狙い目を解説

今やスマホは高級品で、10万円を超える製品も珍しくなく、もはやパソコンと同じくらい高価な製品になった。

それでもみんなiPhoneやXperiaなど、高価なスマホを購入していたのは、旧モデルになった時、安く販売されていたのが大きな理由だ

しかし、2019年10月から施行された改正電気通信事業法によって、端末の値引きは法令により縛られる

「値引きは2万円まで」と言われており、今までのように、

10万円のスマホが、期間限定で2万円!

みたいな売り方はできないため、「定価」が購入基準になる。

docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

「スマホおかえしプログラム」では最新モデルと旧モデルの価格差が少ない

スマホおかえしプログラム購入イメージ

ドコモは2019年6月から、リースの考えに近い「スマホおかえしプログラム」を開始した。

しかし、契約期間を縛った上での値引きができない現状では、最新モデルと旧モデルの価格差が小さくなる

「スマホおかえしプログラム」の対象はハイスペックモデルに限定されるが、Xperiaを例に販売価格をみて欲しい。

機種名本体価格スマホおかえしプログラム
対象有無24か月目返却時負担額
2019年 夏モデル
Xperia 1 SO-03L
Xperia 1  SO-03L
103,752円69,168円
2018年 冬モデル
Xperia XZ3 SO-01L
Xperia XZ3

レビュー記事
90,288円60,192円
2018年 夏モデル
Xperia XZ2 SO-03K
SO03K_DeepGreen_M1
83,160円55,440円
Xperia XZ2 Compact SO-05K
SO05K_WhiteSilver_M1
57,816円38,544円

価格をみてどう思うだろうか?

最新モデルと旧モデルの価格差が少ない

これが「スマホおかえしプログラム」の特徴なので、このプログラムを使うなら、僕は最新モデルを購入する方が良いと思う。

そして、最新モデルを購入するなら、キャンペーンが豊富な時期に購入する方が、トータルでは安くつくのではないかと思う。

チー
旧モデルを安く売ることで、普及促進していた面があるのに、それを国が封じてしまうことには、色々思うことはあるけど、それはまた別の議論……。
スマホおかえしプログラムを徹底解説

終わりに

スマホを買うときはどうする?

2019年秋以降、スマホ販売は大きく変わった。

このことから間違いなく言えることは、

MNP一括0円・2年契約で大幅値引き

みたいな販売方法ができなくなり、スマホが全体的に高くなるということだ。

とはいえ、「旧モデル」は在庫として残るわけで、これをどのように販売していくのか、キャリアは悩んでいるだろう。

僕の予想では、「期間限定で定価を大幅に値下げする」という形で対応すると思うが(従来、定価はそのままで、契約種別によって割引を増やしていた)、今までより「スマホが高くなる」のは間違いないだろう

チー
「無難なモデル」が選ばれるようになると、信頼性の高い海外メーカーがさらに強くなるし、官製不況がきっとくるだろうな……。

僕はそう思っているが、そんな時代においては

最新モデルを買って、2年程度で価値が残っているうちに下取りして買い替える

これが最適解じゃないかと思う。

最新モデル選びの参考にして欲しい。

docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

この記事で紹介した、ドコモ最新モデルのおすすめをまとめると以下のような感じです。

ドコモオンラインショップ」での販売価格です
モデル名スマホおかえし
プログラム
販売価格2年利用時の負担金
ハイスペック
Galaxy S21 5G
Galaxy S21 5G

レビュー記事
99,792円66,528円
Galaxy S21 Ultra 5G
Galaxy S21 Ultra 5G

レビュー記事
151,272円100,848円
Xperia 5 II
Xperia 5 II

レビュー記事
99,000円66,000円
Galaxy A51 5G
Galaxy A51 5G

レビュー記事
70,488円46,992円
arrows NX9
arrows NX9

レビュー記事
76,032円50,688円
スタンダード
AQUOS sense5G SH-53A
AQUOS sense5G

レビュー記事
×39,600円-
iPhone
iPhone 12 64GB
iPhone 12
101,376円67,584円
iPhone SE 第2世代 64GB
iPhone SE 第2世代

レビュー記事
57,024円38,016円
ガラケー
AQUOSケータイ SH-02L
AQUOSケータイ

レビュー記事
×31,680円-

ドコモでスマホを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

ゆりちぇる
2021年6月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説
docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

SIMのみ契約なら「初期費用0円」

ドコモSIMのみ契約

分離プランの開始後、SIMのみで契約も可能になりました。

チー
ドコモSIMはとても使いやすいので、何気におすすめです!
ドコモSIMのメリット
  • IMEIロックなどややこしい縛りがない
  • 「5G」はもちろん、スマホ・タブレット・ルーターがSIM交換なしで使える
  • 新プラン「ahamo」にも対応
\ オンラインショップは初期費用0円 /

ドコモのSIMをチェック

パパンダ
ドコモの料金をもう少し節約するには、どうしたらいいんだろう……。
チー
それなら「dカード GOLD」を契約するといいかも!

年会費が1万円かかるけど、ドコモのケータイ・ドコモ光の利用料金「税抜1,000円につき10%」がdポイントとして還元されるので、月1万円以上使っているならお得になるよ
dカード GOLDはドコモユーザー必携
\ 月額1万以上のドコモユーザー必携 /

dカード GOLDの入会特典をみる

20年以上ドコモを契約している管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、ドコモカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって契約した、通信サービスを紹介しています。
契約している通信サービス
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!