ドコモ最新モデルAndroidスマホ・ガラケーのおすすめは?使って分かった評価を本音でレビュー【2019年夏モデル】

ドコモの最新モデルのおすすめ(2019年夏モデル対応版) ドコモオンラインショップ
SPONSORED LINK

ドコモの最新スマホ・ガラケーが欲しい

「SIMフリースマホ」が安価に購入できるようになっても、ドコモなど大手キャリアが販売するAndroidスマホは、最新技術が詰め込まれ、日本での利用に最適化されたモデル

基本的にグローバルモデルであるiPhoneとは立ち位置が異なるわけで、iPhoneファンの僕でも大手キャリアの最新モデルの方向性が、近い将来iPhoneにも搭載される可能性が高いことから注目している。

このため、全てではないが、色んなスマホを触るようにしているので、Androidスマホに対する知見もたまってきた。

この記事では以下を紹介しようと思う。

  • ドコモ最新モデルの発売時期と特徴
  • ハイスペックモデルのおすすめ
  • スタンダードモデルのおすすめ
  • ガラケーのおすすめ
2019年10月時点の最新モデルは「2019年夏モデル」なので、2019年夏モデルを中心に紹介します

ドコモ2019年夏モデル

ドコモ2019年夏モデル発表。価格の「安さ」に驚いた!Android・ガラケーの注目機種と機能をピックアップ

2019年5月23日

SPONSORED LINK

ドコモ最新モデルはいつ発売する?

ドコモ2019年夏モデル

まずドコモ最新モデルについてだが、ガラケーの時代から発売時期は基本的に決まっている。

モデル名発表時期発売時期
夏モデル5月6月〜8月
冬春モデル10月11月〜翌年3月

さらに発売するモデルの周期も大体決まって来ているように思う。

各社意識しているのは、やはり「AppleのiPhone」だ。iPhoneは例年9月に発表&発売されるので、ここを外すような動きをとっている。

メーカー毎の動きをざっくりまとめると、以下のような感じ。

メーカー名夏モデル冬モデル備考
SONY(Xperia)
シャープ(AQUOS)夏モデルはフラグシップの「R」、冬モデルはミドルクラスの「sense」
Samsung(Galaxy)夏モデルは「Sシリーズ」、冬モデルは「noteシリーズ」
LG(LG Style)×
HUAWEI(Pシリーズ)×
富士通(arrows)×
Google(Pixel)×

夏モデルの方が力が入っている

というのは読みとれるかと思う。

これは「iPhone」の発売を意識した結果で、例年6月〜8月は「iPhone新モデル待ちムード」があるため、この時期に買い替えてもらうことを意識しているのは間違いない。

iPhoneなんか興味ないよ

そんな方も多いだろうが、逆に言えば「Androidスマホの買い時」も見えてくるのではないかと思う。

ドコモAndroidスマホの買い時は「夏(7月〜8月)」

SHARP「AQUOS R3」レビュー

僕が考える、ドコモAndroidスマホの買い時は「夏(7月〜8月)」だ。

理由は3つある。

夏が買い時と思う理由
  • iPhone発売前で、Androidスマホメーカーは積極的に拡販している
  • 夏モデルがほぼすべて出揃い、メーカー間の比較がやりやすい
  • 冬モデルの噂も聞こえてくるので、「待ち」か「買い」かを判断しやすい

実は、2019年春まで、スマホを買うなら年末(12月)か年度末(3月)をおすすめしていた

以下はiPhoneに関する解説記事だが、Androidについても同じことが言える。

型落ち(旧モデル)iPhoneの狙い目を解説

【2019年版】iPhoneの型落ち(旧モデル)のおすすめは?いつ値下げされる?最新モデルは高くて買えなくても、iPhoneが欲しい方に捧げる狙い目

2015年9月20日

今やスマホは高級品で、10万円を超える製品も珍しくなく、もはやパソコンと同じくらい高価な製品になった。

それでもみんなiPhoneやXperiaなど、高価なスマホを購入していたのは、旧モデルになった時、安く販売されていたのが大きな理由だ

しかし、2019年10月から施行された改正電気通信事業法によって、端末の値引きは法令により縛られる

「値引きは2万円まで」と言われており、今までのように、

10万円のスマホが、期間限定で2万円!

みたいな売り方はできないため、「定価」が購入基準になる。

「スマホおかえしプログラム」では最新モデルと旧モデルの価格差が少ない

スマホおかえしプログラム購入イメージ

ドコモは2019年6月から、リースの考えに近い「スマホおかえしプログラム」を開始した。

しかし、契約期間を縛った上での値引きができない現状では、最新モデルと旧モデルの価格差が小さくなる

「スマホおかえしプログラム」の対象はハイスペックモデルに限定されるが、Xperiaを例に販売価格をみて欲しい。

機種名本体価格スマホおかえしプログラム
対象有無24か月目返却時負担額
2019年 夏モデル
Xperia 1 SO-03L
Xperia 1  SO-03L
103,752円69,168円
2018年 冬モデル
Xperia XZ3 SO-01L
Xperia XZ3

→レビュー記事
90,288円60,192円
2018年 夏モデル
Xperia XZ2 SO-03K
SO03K_DeepGreen_M1
83,160円55,440円
Xperia XZ2 Compact SO-05K
SO05K_WhiteSilver_M1
57,816円38,544円

価格をみてどう思うだろうか?

最新モデルと旧モデルの価格差が少ない

これが「スマホおかえしプログラム」の特徴なので、このプログラムを使うなら、僕は最新モデルを購入する方が良いと思う。

そして、最新モデルを購入するなら、キャンペーンが豊富な時期に購入する方が、トータルでは安くつくのではないかと思う。

チー
旧モデルを安く売ることで、普及促進していた面があるのに、それを国が封じてしまうことには、色々思うことはあるけど、それはまた別の議論……。
スマホおかえしプログラムを徹底解説

ドコモ「スマホおかえしプログラム」とは。購入ではなくリース?オトクになるパターンと注意点を解説

2019年5月30日

旧モデルを値下げして在庫処分はしないのか?

とはいえ「在庫処分」は必要なので、どのような売り方をするのかと思っていた。

変化があったのは、2019年9月5日の話だ。以下のモデルが値下げされた。

今まではおおむね6万円〜9万円程度で販売されていたモデルだが、一律「21,384円」に値下げされた

価格をまとめると以下のようになる。

▼値下げ前の価格(2019年9月4日まで)

モデル名スマホおかえしプログラム支払総額スマホおかえしプログラム
適用時負担額
Galaxy S9 SC-02K66,096円44,064円
AQUOS R2 SH-03K56,376円37,584円
Google Pixel 369,984円46,656円
Google Pixel 3 XL69,984円46,656円

▼値下げ後の価格(2019年9月5日〜)

モデル名スマホおかえしプログラム支払総額スマホおかえしプログラム
適用時負担額
Galaxy S9 SC-02K×21,384円
AQUOS R2 SH-03K
Google Pixel 3
Google Pixel 3 XL

「Galaxy S9」と「AQUOS R2」は、発売から1年悔過し後継モデルも発売された「旧モデル」と言えるが、Google Pixel 3は発売から1年も経っていない「最新モデル」

値引きではなく、定価そのものを大幅に安くする形で値下げ

「端末購入割引」という制度を新設しての対応だが、これなら問題ないかもしれない。

チー
この売り方が定着するかどうかは、2019年10月の「改正電気通信事業法」施行後に分かる

とりあえず、現時点で言い切れることは、特価スマホは残るし、旧モデルの在庫処分も必要に応じて実施するということだろう

上記の特価スマホは、値下げ後1日も経たずに売り切れました
ドコモ旧モデルのおすすめ2019年10月版

【2019年10月版】ドコモ旧モデルスマホのおすすめは?新規・機種変更で一番コスパが高いモデルを探すなら、冬モデル発表まで待ち

2018年4月15日
\ 特価スマホは在庫限り!お早めに /

特価スマホをチェック

ハイスペックスマホ(フラグシップ)のおすすめ(Android)

では、ドコモが販売するハイスペックスマホ(フラグシップ)のおすすめはなんなのか?

ドコモのハイスペックモデルは、人気が二分されていると思う。

  • SONYのXperia
  • サムスンのGalaxy

ドコモスマホ登場初期から製品を販売し続けている2社が強い。

この動きは、

ドコモユーザーは同じメーカーのスマホを購入する傾向が強い

とも言えるかもしれない。

また、「日本メーカー」を選びたいと考える人も多いと思うが、そういった観点であれば僕はXperiaよりAQUOSをおすすめしたい。

日本人向け機能が充実したシャープ「AQUOS R3 SH-04L」

SHARP「AQUOS R3」レビュー

シャープ「AQUOS R3 SH-04L」は、SoftBank・auでも併売される「日本専売モデル」だ

グローバルモデルであるSONY「Xperia」とは、立ち位置が異なっている。

  • Pro IGZOディスプレイ(液晶)の搭載
  • デュアルカメラだが、1つは「動画専用カメラ」
  • 前面に配備した、指紋認証センサー「ボタン」

これらは「日本人向けの機能」と言えるだろう。

有機ELとデュアルカメラでの「写真高画質化」が、グローバルモデルにおけるスマホのトレンドなので、この流れから1歩引いて、日本人向けの機能を乗せるというアプローチに僕は共感する

チー
「液晶のシャープ」というのもあるけど、日本人は日本製にこだわりが強いので、ほぼ海外製品になる有機ELより液晶を好む人は多いですね

実際、使ってみると「派手な機能はない」。
だが、プロ向け機能が多いと設定が多岐に渡り「使いこなせない」ことも多いわけで、使いやすさを重視していると感じるスマホだ

AQUOS R3のカメラは動画専用カメラを搭載したデュアルカメラ

僕が使ってみてよいなと感じたのは以下の6点。

AQUOS R3のよいところ
  • 液晶でも有機ELよりキレイ!Pro IGZOディスプレイ搭載
  • 30分間のアンビエント表示(画面OFF時の通知・時計表示)に対応
  • デュアルカメラとして動画専用カメラを搭載
  • 動画を撮りながらAIで「いい感じの」写真を撮る
  • 顔認証と指紋認証に両方対応
  • 調べ物が簡単!カメラアプリから「Googleレンズ」が起動できる

それが、2017年・2018年のAndroidスマホ国内販売シェア「No.1」という結果にも結びついているのだろう。

気になる方はデメリットも含めて、詳しくレビューした以下の記事を読んで欲しい。

チー
今や日本メーカーのスマホは、スペックで海外メーカーに太刀打ちできないと思っていたけど、使ってみて考えが変わったよ
SHARP「AQUOS R3」レビュー

シャープ「AQUOS R3 SH-04L(ドコモ版)」レビュー。日本メーカーでAndroidスマホ国内販売シェアNo.1!実力と評価を徹底チェック

2019年6月27日
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

AQUOS R3をチェック

画面内に指紋認証センサーを埋め込んだサムスン「Galaxy S10 SC-03L」

s10

サムスン「Galaxy S10 SC-03L」は同社が販売するスマートフォンの最新モデルであり、ドコモスマホを代表するフラグシップモデルだ

近年はHUAWEIの「Pシリーズ」がその立ち位置を脅かしつつあるが、ドコモのフラグシップモデルと言えば「Galaxy」を連想する人は多く定番モデルと言えるだろう。

チー
HUAWEIスマホのスペックは圧倒的で、驚くレベル。スペック上の欠点はなく、リスクは「HUAWEIそのもの」くらいしか言いようがない
HUAWEI P20 Pro

最強スマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K(ドコモ版)」レビュー。iPhone Xユーザーの不満を全て解消した、理想のスマホに欠点はあるのか?

2019年3月3日

Galaxyシリーズは、近年のスマホでは主流になった有機EL(OLED)ディスプレイを搭載している。

「ディスプレイ」が強みであり、「カメラ」はSONYのXperiaと比較して弱い部分だったが、「S10シリーズ」ではデュアルカメラが標準となり大幅に機能強化された

とはいえ、デュアルカメラのスペックについては、後追いの印象が強い。Galaxy S10シリーズ最大の特徴は、指紋認証センサーを画面内に「埋め込んだ」ことにある

画面内に指紋認証センサーを内蔵

2017年に「iPhone X」が顔認証「Face ID」を採用して以来、従来から採用していたメーカーを含めてAndroidでも顔認証が増えた。

指紋認証も残ったが、全面ディスプレイ化の弊害で背面に移動することが多く、使いづらくて利便性が低下していた。

顔認証があるなら、それでいいんじゃないの?

そう思う方もいるだろうが、顔認証には欠点がある

一番分かりやすいのは「マスクを付けた時に認証しない」ということ(認証したらしたで問題)。

Face ID

Face ID(顔認証)は使える?暗闇・マスクを着けていたら認識しないので不便です

2017年11月26日
  • 一瞬で解除される顔認証
  • ディスプレイ側(前面)にある指紋認証センサー

これが最強の組み合わせと常々思っていたが、それが実現したのが「Galaxy S10」なので、待望のモデルと言える。

チー
最近のGalaxyは正直パッとしなかったけど、久々にワクワクするモデル!
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

Galaxy S10をチェック

スタンダードスマホ(ミドルレンジ)のおすすめ(Android)

ドコモ2019年夏モデル

10万円を超えるスマホが増えた結果、5万円以下で買える「ミドルレンジ」のスマホを狙う人も増えている。

ドコモは「スタンダードモデル」と位置付けているのだが、以下のような特徴がある。

「スマホおかえしプログラム」は、2年利用でスマホを「返却する」ことでお得感がでる購入方法。

しかし、頻繁な機種変更を望まないライトユーザーの場合、長く使えることの方が重要だろう

「長く使える」ここを最重要視した時、おすすめなのは以下の2モデルだ。

スタンダードモデルのおすすめ2019年10月版

【2019年10月版】ドコモミドルレンジスマホで、5万円以下のコスパが高いおすすめ機種は?iPhone・Android別に紹介します(旧docomo with)

2018年9月10日

Androidのアップデート3年保証のGoogle「Pixel 3a」

Pixel 3a

1つ目のおすすめは、Googleが販売する「Pixel 3a」。

Google純正スマホ最大の特徴は、「3年間のOSアップデート保証」だ。

AndroidといえばiOSと比較して、アップデートの打ち切りがはやいと思う方が多いだろうが、それはメーカーのカスタマイズに起因する。

Googleが販売する「ピュアAndroid」であることにより、セキュリティアップデート含めて、最速でアップデートが提供される

また、スペック面でも妥協はない。僕が使ってよいと思ったのは以下の4点だ。

Pixel 3aのよいところ
  • 食べ物の撮影でも「寄れるポートレートモード」
  • 手持ちで星まで撮影できる驚愕の「夜景モード」
  • 使いやすい非接触ICカード決済「Google Pay」
  • 操作性が良くiPhoneからの移行もスムーズ

気になる方はデメリットも含めて、詳しくレビューした以下の記事を読んで欲しい。

チー
正直、Pixel 3ユーザー的には「ズルい」って思ってしまうくらいの品質と機能……。
Google「Pixel 3a」レビュー

Google「Pixel 3a(ドコモ版)」レビュー。iPhoneをやめたい方におすすめのコスパが高すぎるAndroidスマホ

2019年7月7日
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

Pixel 3aをチェック

長持ちバッテリーのLG「LG Style2」

LG style2 L-01Lレビュー

2つ目のおすすめは、LGエレクトロニクスが販売する「LG style2 L-01L」。

このスマホは、38,800円という安さで、フラグシップモデル並みの大画面・大容量バッテリーを搭載していることが最大の特徴だ

じゃあ、なぜこんなに安いのかといえば、CPUが前モデル「LG style L-03K」から進化していないなど、内部スペックが少し古いためと思われる。

しかし普通に使う分に「遅い」と感じることはない。

ライトユーザーの場合、スマホは数日に1度しか充電しない、ケーブル・充電器を持ち歩くのを面倒くさい、なんて人も多いので長持ちバッテリーが最大の強みだ

僕が使ってよいと思ったのは以下の4点だ。

LG style2のよいところ
  • 1日は余裕で持つ「ロングライフバッテリー」
  • 片手操作も簡単な「ミニビュー」が便利
  • 超広角カメラを搭載した「デュアルカメラ」
  • 女性におすすめ「自撮り(セルフィー)のポートレートモード」

気になる方はデメリットも含めて、詳しくレビューした以下の記事を読んで欲しい

チー
長持ちバッテリーと大型ディスプレイを搭載して、4万円以下という価格はかなりお得です
LG style2 L-01Lレビュー

ドコモ「LG style2 L-01L」レビュー。バッテリー長持ち・大型ディスプレイとデュアルカメラ搭載で「38,880円」の高コスパスマホ

2019年7月14日
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

LG Style2をチェック

iPhoneのおすすめは「iPhone 11 Pro」

iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーン開封フォトレポート

iPhoneに関しては、例年9月に発売されるため、2019年10月は新モデル発売直後にあたる。

2019年9月に発売されたのは、以下の3機種だった。

iPhone 11 Pro

iPhone 11・iPhone 11 Pro発表!2019年iPhone新モデルは何が変わった?気になるポイントをピックアップ

2019年9月11日

この記事をご覧の方は、ドコモの最新モデルを探している方、つまりハイスペックモデルを好む方だと思う

であれば、僕がおすすめするのは「iPhone 11 Pro」だ。

もっともハイスペックなモデルは「iPhone 11 Pro Max」だが、正直大きくて重いだけで大画面のメリットはあまり感じない。

僕自身「iPhone XS Max」を使ってちょっと懲りた面がある……。

  • 最新モデルらしいハイスペック
  • 比較的コンパクトで使いやすい

と考えた場合、「iPhone 11 Pro」を購入するのがよいかと思う。

iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーン開封フォトレポート

iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーン開封フォトレポート。超広角カメラ・ナイトモードの実力をチェック

2019年9月20日

逆にコスパを重視するのであれば、2018年モデルということで、価格もこなれている「iPhone XR」がおすすめだ。

iPhone XR徹底レビュー

iPhone XR長期利用レビュー。不人気・売れてないと言われる理由は?iPhoneを初めて買う中高生におすすめしたいモデル

2019年2月16日
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ガラケーのおすすめはシャープ「AQUOS ケータイ SH-02L」

AQUOS ケータイ SH-02Lパッケージ

最後に、フィーチャーフォン(ガラケー)を簡単に紹介しようと思う。

ドコモのフィーチャーフォン(ガラケー)は、2019年10月現在富士通とシャープが販売している。

Androidベースで動作するようになっているのだが、独自の操作性を実現するために、メーカーのカスタマイズがかなり入っており開発には苦労しているようだ。

根強い人気はあるが「ニッチな製品」なので、メーカーの信頼性と実績が重視される

なので、僕はシャープ製をおすすめする。

最新モデルという意味では富士通製なのだが、ドコモ以外を含めて他キャリアに展開しているのは「AQUOSケータイだけ」と思うので、使い勝手などは優れていると思う。

僕が実際使ってよいと思ったのは以下の6点だ。

AQUOS ケータイ SH-02Lのよいところ
  • 「タッチクルーザーEX」を捨て、通話特化したこと
  • 電話が使いやすく、音質が良い
  • Wi-Fi対応、かつテザリング起動が「ワンタッチ」でできる
  • スクリーンショット・のぞき見防止機能あり
  • PASSNOW機能など他デバイスとの併用前提で作られている
  • Android搭載でもおおむね「サクサク」で動くこと

気になる方はデメリットも含めて、詳しくレビューした以下の記事を読んで欲しい。

チー
元ガラケー開発関係者」としては、こういう形で続いてくれるのが嬉しいです!
AQUOS ケータイ SH-02Lパッケージ

ドコモのガラホ シャープ「AQUOS ケータイ SH-02L」レビュー。Androidベースのフィーチャーホンの使い勝手を徹底的にチェック

2019年3月18日
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

AQUOS ケータイをチェック

終わりに

スマホを買うときはどうする?

2019年秋以降、スマホ販売は大きく変わる。

このことから間違いなく言えることは、

MNP一括0円・2年契約で大幅値引き

みたいな販売方法ができなくなり、スマホが全体的に高くなるということだ。

とはいえ、「旧モデル」は在庫として残るわけで、これをどのように販売していくのか、キャリアは悩んでいるだろう。

僕の予想では、「期間限定で定価を大幅に値下げする」という形で対応すると思うが(従来は定価はそのままで、契約種別によって割引を増やしていた)、今までより「スマホが高くなる」のは間違いないだろう

チー
「無難なモデル」が選ばれるようになると、信頼性の高い海外メーカーがさらに強くなるし、官製不況がきっとくるだろうな……。

僕はそう思っているが、そんな時代においては

最新モデルを買って、2年程度で価値が残っているうちに下取りして買い替える

これが最適解じゃないかと思う。

最新モデル選びの参考にして欲しい。

この記事で紹介した、ドコモ最新モデルのおすすめをまとめると以下のような感じです。

チー
Galaxy S10以外は実際に触っていいなと思ったモデルをピックアップしています
ドコモオンラインショップ」での販売価格です
分類モデル名スマホおかえしプログラム販売価格2年利用時の負担金
ハイスペックAQUOS R3 SH-04L
→レビュー記事
90,288円60,192円
Galaxy S10 SC-03L90,288円60,192円
Galaxy S10+ SC-04L102,960円68,640円
スタンダードGoogle Pixel 3a
→レビュー記事
×46,728円
LG style2 L-01L
→レビュー記事
38,016円
iPhoneiPhone 11 Pro 64GB
→レビュー記事
126,720円84,480円
ガラケーAQUOSケータイ
SH-02L

→レビュー記事
×31,680円

ドコモでスマホを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

オンラインショップのメリット
チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ。

そして、万一「在庫無し」でも、予約すれば必ず入荷することは覚えておこう!
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

ドコモオンラインショップで在庫無しのiPhone Xを予約購入

ドコモオンラインショップで在庫無しのスマホを予約すると、どのくらいで入荷する?予約分は必ず入荷するよ

2018年12月12日

利用するメリット

ドコモオンラインショップはお得

ドコモオンラインショップでスマホ・携帯を買うのはお得?デメリットはある?使って感じた感想を本音で解説

2014年9月27日

お得なサービス

ドコモを新規契約したら使いたいお得なサービス

ドコモを新規契約したら使って欲しい、節約できるお得なサービス5選

2019年5月28日

契約手続きの流れと受取までの日数(新規契約・MNP)

ドコモオンラインショップでの新規契約手続きのまとめ

【まとめ】ドコモオンラインショップでのMNP新規契約手続きって面倒?気になる契約開始手順や初回請求分1円単位まで紹介

2019年2月10日
ドコモオンラインショップでMNP手続きする方法を徹底解説

ドコモオンラインショップのMNP契約手順・手数料・受取にかかる日数を解説

2018年12月12日

ドコモの最新スマホ!2019年夏モデルについて

ドコモ2019年夏モデル
チー
Androidスマホが中心の、ドコモ2019年夏モデルが発表されました!
注目は価格!実質リースの「スマホおかえしプログラム」が使いやすいです。
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

2019年夏モデルをチェック

ドコモ新料金プラン(分離プラン)「ギガホ・ギガライト」・「スマホおかえしプログラム」の解説

ギガホ・ギガライト
チー
ドコモ新料金プラン「ギガホ・ギガライト」や「スマホおかえしプログラム」の開始で、旧プランの受付終了など(docomo withなど)色々変わるので、オトクなのかを考察しました
ドコモの分離プラン「ギガホ・ギガライト」を解説

ドコモ分離プラン(新料金プラン)「ギガホ・ギガライト」はお得?いつ変更する?契約するメリット・旧プランの比較を徹底検証

2019年5月14日
スマホおかえしプログラムを徹底解説

ドコモ「スマホおかえしプログラム」とは。購入ではなくリース?オトクになるパターンと注意点を解説

2019年5月30日

「ギガホ・ギガライト」はdカード・dカード GOLDで支払うと「dカードお支払割」が適用されます。

2年縛りがなくなり解約金不要で2年契約の料金になるので、この機会にカードを作ってみてはいかがでしょうか。

\ 年会費永年無料 /

dカードのキャンペーンをみる

docomoユーザー必携!dカード GOLD

docomoユーザーなら利用料金の10%がポイント還元される、「dカード GOLD」の契約をおすすめします。

dカード GOLDはドコモユーザー必携

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元で年会費の元がとれます

2016年8月22日
\ 月額1万以上のドコモユーザー必携 /

dカード GOLDのキャンペーンをみる

パパンダ
え~。でも年会費が1万円もするし、高いじゃん。普通のdカードで充分だよ
チー
高いといっても、毎月の携帯利用料金の10%がポイント還元されるんだから、持ってて損はないカードだよ
パパンダ
確かにそうだけど、いきなり年会費1万円はハードル高いし、まずは年会費無料のdカードでいいや。

普通のクレジットカードとして十分使えるし
\ 年会費永年無料 /

dカードのキャンペーンをみる

ドコモカテゴリートップ

20年以上ドコモを契約している管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、ドコモカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって契約した、通信サービスを紹介しています。
chimobile

インターネット無しでは仕事も生活も出来ません。こだわって決めた、おすすめのモバイル・固定回線サービス一覧【2019年9月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK