運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

SIMフリーのiPhone 12 Proでドコモの5Gを使おうとしたら、ドコモショップ店頭か電話手続きが必須(2020年12月1日以降)、契約変更の事務手数料3,300円が必要でした……

ドコモの5Gエリア(2020年10月末時点)
SPONSORED LINK

2020年10月23日に「iPhone 12 Pro」を購入した。

iPhone 12 Pro パシフィックブルー開封フォトレポート

iPhone 12シリーズの目玉機能の1つは次世代通信「5G対応」なのだが、5G対応ゆえの混乱が生じている

5G通信を利用するには、5G対応料金プランへの変更が必要

かつて、3Gから4G(LTE)に切り替わったときも同様だった。しかし、当時と今で変わったのが、SIMフリーのスマホが増えたこと

僕はドコモユーザーなのだが、購入方法も複雑になり、何より3年以上使うなら、SIMフリーの方が安いので、ドコモで購入するのをやめた

ところが、この買い方には意外な欠点があった……。

チー
5Gプランへの切り替えには、「ドコモショップ店頭」での手続きが必要で、「3,300円(税込)」の事務手数料が必要になるんです……。

ことの顛末を紹介しようと思う。

記事を公開した2020年11月時点はドコモショップ店頭のみでの手続きでしたが、2020年12月1日より電話での5G切り替えが可能になりました
SPONSORED LINK

ドコモはIMEIロックがないため、どんな端末にSIMをさしても使える

5G対応

まず、前提条件として、iPhone 12シリーズに限らず、4G契約のSIMカードを5G端末に挿しても、「4Gのスマホ」として普通に使える

「そんなの当たり前でしょ?」と思う方もいるだろうが、実は他社に目を向けるとそうでもないことが多い。

実際、auの場合は「5Gプランへの切り替え時は、SIMカードの交換が必要」といわれているし、SoftBankも基本は同じ。

さらにいえば、SoftBankはIMEIロックと呼ばれる制限が多く、SIMカードの種類によって、利用できるスマホが決まっている

具体的には、iPhoneの契約SIMはAndroidに挿しても通信できない、みたいなものだ。

その点、ドコモは柔軟な仕組みとなっており、SIMカードの種類は年々増えているのだが、スマホ・タブレット・ルーターなど、どんなデバイスにSIMを挿しても通信できる

SoftBankのAndroid用SIMカード

4G契約のSIMをiPhone 12に挿しても、4G(LTE)で通信可能

4G契約SIMでもiPhone 12で4G通信できる
なので、4G契約のドコモSIMをSIMフリーで購入したiPhone 12に挿しても、普通に通信可能。

ただし、5Gで通信ができないという制限がある

この制限を撤廃するには、「5Gプラン」に切り替えるしかないのだが、この手続きがなかなかややこしかった。

最初はWEBで切り替え手続きを行おうとしたができず、電話で問い合わせてみると、

5Gプランへの切り替えは、「ドコモショップ」に対応機器を持参して手続きするしかない

という回答……。

チー
コロナ禍の今、わざわざ「店頭手続き」させるんだ……。

とはいえ、できないものは仕方ないので、来店予約をしてドコモショップへ足を運んだ。

5Gプランへの切り替えは契約変更。「3,300円(税込)」の事務手数料が必要

契約変更事務手数料3000円が必要

ドコモショップ店頭での手続きそのものは、簡単だった。

  1. 5Gプランへ切り替えたい旨と、WEB・電話ではできなかったことを伝える
  2. 5G対応スマホ(iPhone 12 Pro)を見せる
  3. 持ち込み機器の位置付けになるため、「技適認証マーク(技適)」の確認を求められる

それくらい。

ついでに家族のプランも見直したため、1時間ちょっとかかってしまったが、手続きはスムーズ。

ただ、1つモヤッとしたのは、事務手数料「3,300円(税込)」が必要だったことだろうか

今回、WEB・電話どちらも対応できず、仕方なく時間のかかるドコモショップ手続きをしたのに、時間がかかる上に、手数料まで発生するという……。

ちなみに、5Gプランへの切り替えで、SIMカードの交換は行われなかった

SIMが変わるならまあ納得したのだが……。

チー
プランが変わる時は、利用するキャリアで買う方が無難みたい

ドコモオンラインショップでiPhone 12を購入すれば、事務手数料は不要

ドコモオンラインショップは事務手数料が完全無料

手数料でモヤったとしたのは、ドコモでiPhone 12を購入していれば、事務手数料は無料だったから

公式ストア「ドコモオンラインショップ」を利用する大きなメリットは、契約事務手数料が完全無料であること

冒頭で紹介したとおり、僕は普段ドコモオンラインショップで購入することが多かったが、今回金額的にSIMフリーの方が安いから、ドコモで買うのをやめた

ドコモオンラインショップApple
本体価格(税込)129,096円117,480円
事務手数料0円3,300円
合計129,096円120,780円

差額は「8,316円」

まあこれでも、定価で比べればAppleの方が安いのだが、5G対応にひそむ罠だなと感じた……。

\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

終わりに

ドコモの5Gピクト

というわけで、無事ドコモの5Gプランに切り替えが完了した。

とはいえ、「5Gエリア」は本当に狭く、サービス開始から半年以上経過するが、僕が住む岡山県倉敷市でもようやく使えるところがチラホラ出てきたレベル

4G(LTE)までと異なり、ドコモの5Gエリアは「高周波数」を利用するため、サービスエリア内でも使えないことが多い。

徐々にエリアは拡大するだろうが、当分の間「4G」を使うことの方が多いので、ドコモの場合契約変更をいそぐ必要はないと思う。

チー
「5G」のピクトを初めてみたときは、ちょっと感動した(笑)
ドコモの5Gピクト

iPhone 12 ProはAppleおよび、大手キャリアから販売中です。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされ、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

買い方のポイント
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。
iPhone 12 Pro パシフィックブルー開封フォトレポート

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2021年9月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説
docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

iPhone 12Proの考察記事

iPhone 12 Pro/iPhone 12発表
iPhone 12のおすすめストレージは128GB

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!