運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

iPhone 12 mini グリーン開封フォトレポート。「あぁ、これだよ」と感じた、コンパクトでもハイスペックなiPhoneの安心感

iPhone 12 mini開封フォトレビュー
SPONSORED LINK

2020年11月13日に、「iPhone 12 mini」および「iPhone 12 Pro Max」が発売された。

6.1インチモデルに遅れて発売された、サイズ違いのバリエーションモデルといえるが注目度はこちらの方が高かったように思う。

  • miniは日本人には人気の高い「コンパクトモデル」
  • Pro Maxはただデカいだけでなく、カメラがさらに高機能に

特にminiが気になる方は女性中心に多いように感じたので……。

チー
ガジェットブロガーとしては、買うしかあるまい……。

というわけで、「iPhone 12 mini 64GB グリーン」を購入してみた。

iPhone 12シリーズ共通仕様も多いため、この記事では「mini感」を中心に、以下の内容を紹介しようと思う。

  • 開封レポート
  • グリーンの色合いとサイズ感
  • 他モデルとの比較
チー
iPhone SE(第2世代)よりコンパクトなのに、画面が広くてハイスペック。

久々に「これぞスマホ」と感じました!

SPONSORED LINK
ゆりちぇるバナー

「iPhone 12 mini 64GB グリーン」開封レポート

iPhone 12 mini化粧箱

今回僕はdocomo版を購入した。

定価だけでみればAppleのSIMフリー版が安かったのだが……。

チー
docomoから機種変更でも使える「22,000円引きクーポン」が来た!
docomoのクーポンで2万円引き

64GB版の場合、割引後の価格は「65,912円」

ただ、クーポンは誰にでも届いているわけではないので、一般的には3年以上利用するならAppleの方が安い

以下は「iPhone SE(第2世代)」での販売価格の比較。

容量価格
Appledocomo
定価スマホおかえしプログラム
実質負担額
64GB49,280円57,024円38,016円
128GB54,780円62,568円41,712円
256GB66,880円75,240円50,160円

2年で機種変更するなら安いという感じで、ガジェットブロガーの端くれとして「モデル末期まで所有して検証したい」という考えもあり、一括購入とした。

というわけで、早速開封レポートを。

化粧箱 iPhone 12 mini化粧箱

化粧箱はもはやお馴染みの佇まいだが、コンパクト化した。

Appleは初代iPhoneから、イヤホン・USB充電器・充電ケーブルを同梱していたので、化粧箱はわりと大きかったのだが、iPhone 12シリーズの発売に合わせて、イヤホン・USB充電器の同梱をやめたためだ

iPhone XRiPhone 11iPhone SE(第2世代)など従来モデルも、順次新パッケージに切り替わっています

miniのサイズ感含めて、「明らかに小さくなった」と感じる。

そして、iPhoneマニアとして、毎回テンションがあがるのは「外装フィルム」をはがすとき(笑)

チー
12 Proを2週間程前に買ったばかりだけど、やっぱりワクワクする!
外装フィルムをはがす

剥がす!

化粧箱表面

「新型iPhone開封の儀」は何度やっても快感(笑)

箱を眺める。

化粧箱裏面

裏面も見る。

開封

意を決して、開封!

本体がドーンと登場するのは、iPhone 11シリーズと同様

中身はUSB-C Lightningケーブル

ここから先は、iPhone 11までと変わっている。

まず本体を動かすと「Designed by Apple in California」のフレーズとマニュアル、「USB-C Lightningケーブル」が登場

同梱品は以下の通り。

iPhone 12 miniの同梱品
  • 本体
  • USB-C – Lightningケーブル
  • マニュアル
ディスプレイには白いフィルム

さらに、本体のディスプレイ側をみると、「白いフィルム」が貼られている

従来は透明だったが、ここはかなり大きな違い。

各種ボタンの役割が記載されており、確かに長年iPhoneを使っていて「当たり前」だった。

しかし、初めて使う人には「電源ボタン」がどれかも迷うわけで、これはよいアップデートだと感じた。

iPhone 12 mini グリーンをチェック

白いフィルムをはがす

いよいよiPhone 12 miniのフィルムを剥がす。

本体登場 iPhone 12 mini背面 iPhone 12 miniにご対面

iPhone 12 miniにご対面
こんにちは!

上部 左側面

右側面
上下左右から側面をチェック。

iPhone 11までと比較して、まず違うのが「角張ったフレーム」。

アルミニウムフレームなのは同様だが、デザインが全く違うので新鮮な感じ。

僕はグリーンを購入したが、「パステルグリーン」という感じで、淡い色合いがキレイだしかわいらしい

充電端子は、従来通りのLightning。

カメラ周り

iPhone 12 Proは「LiDARスキャナ」を搭載したため、ナイトモードポートレートモードの精度が向上したが、iPhone 12シリーズのカメラ機能はスペック的には「据え置き」

iPhone 11と比較
左:iPhone 11
右:iPhone 12 mini

背面デザインはiPhone 11とほぼ同じ。

  • 中央に配置されたAppleロゴ
  • ガラス素材で光沢感があり「ツルツル」

これらの特徴も同様。

iPhone 12 mini背面

今回僕は新色の「グリーン」を購入した。

iPhone 11から継続されたカラーで、人気の高さをうかがわせる。

iPhone 12 Proのステンレスフレームと比較すれば、「高級感」は劣るが安っぽさは全くない

iPhone SE 第2世代よりも小さい、iPhone 12 miniの「コンパクトさ」に驚く

iPhone X系サイズ比較
左:iPhone 12 mini
中央:iPhone 12 Pro
右:iPhone XS Max

iPhone 12 miniはiPhoneとしては初めて登場した「コンパクトモデル」。

長年標準サイズと大型モデルが続いていたが、標準サイズの大型化に伴い「mini」が登場したイメージとなる。

サイズモデルディスプレイサイズ
大型モデルiPhone 12 Pro Maxなど
※Max・Plusシリーズ
6.1インチ超え
標準モデルiPhone 12 Pro・iPhone 12
iPhone SE 第2世代
※無印
5.5〜6.1インチ
コンパクトモデルiPhone 12 mini5.4インチ

ここで気になるのが、4.7インチディスプレイの「iPhone SE(第2世代)」の位置付け。

全面ディスプレイ化する「iPhone X」以前の基準からいえば「標準モデル」だが、ディスプレイサイズは「4.7インチ」でiPhone 12 miniよりも小さい

他モデルとのサイズ比較
左から
・iPhone SE 第2世代
・iPhone 12 mini
・iPhone 12 Pro
・iPhone XS Max
表示領域比較
左から
・iPhone SE 第2世代
・iPhone 12 mini
・iPhone 12 Pro
・iPhone XS Max

ただ、改めて比べてみると驚いた。

画面サイズ比較
左:iPhone SE 第2世代
右:iPhone 12 mini
チー
iPhone 12 miniの方が、iPhone SE 第2世代よりコンパクトなんだ!

全面ディスプレイの恩恵が大きいことが、比べるとよく分かる。

iPhone 12 miniはガッチリホールドできる

軽くて画面表示領域が広い割に、男性にしては手が小さい僕でも「ガッチリホールドできる」

チー
控えめに言っても凄く使いやすい

iPhone 12 miniのファースト・インプレッション

iPhone 12

3年振りにフルリニューアルしたiPhone。

特に「iPhoneとしては初登場のコンパクトモデル」のインパクトは大きかった。

もちろん、上位モデルと比較すればツッコミどころはあるだろうが、大多数の方がこう思うんじゃないだろうか。

チー
これで十分なんだけど

手に持っても、ポケット・カバンに入れても収まりがよく、「ちょうどよい」というのが最大の魅力だろう

カメラ機能などは後日じっくり検証するとして、この記事では「使い勝手」の部分に着目して紹介しようと思う

「mini」だけど廉価版ではなくハイスペック

miniが登場

iPhone 12 mini」がちょうどいいと感じる理由として、ディスプレイが小さい、カメラ機能が上位モデルに劣ることを除けば、ハイスペックモデルとほぼ同じで、操作上のストレスがないことがある

Androidスマホの大部分がそうだが、ハイスペックモデルとスタンダードモデルの2種類があり、ディスプレイ・カメラに加えて、プロセッサのスペックも落ちることがほとんど。

つまり、「遅くなる」のだがiPhone 12 miniにはそれがない。

A14 Bionic

Appleはモデルによってプロセッサ(SoC)を変えるのではなく、その時の最新版を採用する方針を貫いている

なので、コンパクトモデルにありがちな「廉価版」という雰囲気が全くないことは魅力といえる。

ホールド感が増して持ちやすくなった

iPhone 12 miniはガッチリホールドできる

繰り返しになるが、iPhone 12シリーズにおける最も大きな変化は「デザイン変更」。

iPhone 5s

iPhone 5sまでに回帰したかのような、角張ったデザインが特徴だ。

近年主流だった、ラウンドフォルムはiPhone 6以降導入されたのだが、当時からずっと「滑りやすい」と言われていた

当時主流だったのはiPhone SE(第2世代)と同様の「4.7インチディスプレイ」。

どちらのデザインでも、ガッチリホールドできた

しかし、今は6.1インチが主流。

iPhone 12 Proにご対面

かなり大きくなったので、どうしても不安定な持ち方になりがちで、落とすことも多かったのだが、角が引っかかる感じになったので持ちやすくなったと感じる

という話をiPhone 12 Proを触った時に書いたのだが……。

チー
iPhone 12 miniの持ちやすさと軽さは、何者にも変えがたい魅力!
iPhone2020年モデル

本体重量がiPhone 12 Proと比較して、「約50グラム軽い」のでサイズ感含めてとにかく持ちやすい。

Proの優位点は主にカメラ機能。

ただ、カメラは常に使うわけじゃない。ディスプレイは確かに小さくなるが、iPhone 11 Proと比較すれば「0.4インチ
」小さいだけ。

「普段使いはminiで十分なんじゃ……」

そう思わずにはいられなかった。

コロナ禍において顔認証のみは不便

認証はFace IDのみ

最後はイマイチだったこと。

「製品」としては特に不満はないが、2020年になって不便に感じるようになったことがある。

生体認証が顔認証「Face ID」のみ

マスクをつけていたら顔認証は動作しないので、指紋認証も欲しくなる。

2019年までマスクをつける機会は限定されていたが、コロナ禍の今は「マスク着用が義務化」している世界。

チー
指紋認証の価値が見直されただけに、現行踏襲といえばそうだけど、Face IDのみというのは残念だった……。

終わりに

iPhone 12 mini開封フォトレビュー

iPhone 12シリーズは久しぶりにデザインが変わり、新鮮な気持ちで触ることができた。

iPhoneマニアとしてはそれだけでも楽しめたのだが、iPhone 12 miniの気持ちよさは久しく経験したことのないものだ

  • 高性能なカメラを搭載し、画質が向上する
  • より大きなディスプレイを搭載する

「大は小を兼ねる」ので、どうせ買うならいいものをという考えを持ってしまう。

その代償として大きく重くなるのだが、それは仕方ないことと思っていた

iPhone 12 miniのスペックは、iPhone 12 Pro Maxと比較すれば確かに劣るが、「ちょうどいい感じ」も重要な評価基準ではないかと思った

スマホの大画面・重量アップに疑問を持っている方は、是非触ってみて欲しい。

チー
僕はメイン機をiPhone 12 miniにチェンジすると思います

iPhone 12はAppleおよび、大手キャリアから販売予定です。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされ、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

買い方のポイント
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2021年3月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2021年2月最新】最大3万円以上もおトクになる!?docomoのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説

docomoの新サブブランド!?「ahamo」(アハモ)メリット・デメリットは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」は安くなった?おすすめは無制限の5G。変更ポイントを解説します

SIMのみ契約なら「初期費用0円」

ドコモSIMのみ契約

分離プランの開始後、SIMのみで契約も可能になりました。

チー
ドコモSIMはとても使いやすいので、何気におすすめです!
ドコモSIMのメリット
  • IMEIロックなどややこしい縛りがない
  • 「5G」はもちろん、スマホ・タブレット・ルーターがSIM交換なしで使える
  • 新プラン「ahamo」にも対応
\ オンラインショップは初期費用0円 /

ドコモのSIMをチェック

iPhone 12Proの考察記事

iPhone 12 Pro/iPhone 12発表

iPhone 12・iPhone 12 Pro発表!2020年iPhone新モデルは何が変わった?気になるポイントをピックアップ

iPhone 12のおすすめストレージは128GB

iPhone 12/iPhone 12 Proのストレージ(容量/ギガ)は64GBで足りる?おすすめは「128GB」。5000円アップで安心して長く使えます

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2021年1月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!