iPhone 12シリーズ発表!詳しくはこちら

iPhone 12 Pro パシフィックブルー開封フォトレポート。角張ったフレームは持ちやすい?使い勝手を検証してみた

iPhone 12 Pro パシフィックブルー開封フォトレポート
SPONSORED LINK
Y!mobile広告

2020年10月23日に、「iPhone 12」および「iPhone 12 Pro」が発売された。

iPhone 12シリーズは、全モデル有機ELディスプレイとなり、iPhone 5sまでのような「角張ったデザイン」に変更。

2017年発売の「iPhone X」以来、初めての大規模リニューアルと言える。

また、もう1つ大きなトピックとして、従来はモデルによってサイズ感が異なっていたが、iPhone 12と12 Proはサイズは同じで、重さが違う形となった。

この結果、ケース・保護シートが共通化されたので、アクセサリメーカーとしてもメリットの大きなモデルだ。

というわけで今回僕は「SIMフリー版iPhone 12 Pro 128GB パシフィックブルー」を購入した。

  • 開封レポート
  • 新色「パシフィックブルー」の色合い
  • iPhone 11 Proとの比較

を紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

「iPhone 12 Pro 128GB パシフィックブルー」開封レポート

iPhone 12 Pro パシフィックブルー化粧箱

今回僕はAppleのSIMフリー版を購入した。

今まで、iPhoneは2年使えば安いのでドコモなど携帯キャリアで購入していたが、携帯キャリアの販売はリース形式なので、所有したい僕にはメリットが薄い。

以下は「iPhone SE(第2世代)」での販売価格の比較。

容量価格
Appledocomo
定価スマホおかえしプログラム
実質負担額
64GB49,280円57,024円38,016円
128GB54,780円62,568円41,712円
256GB66,880円75,240円50,160円

2年で機種変更するなら安いという感じで、ガジェットブロガーの端くれとして「モデル末期まで所有して検証したい」という考えもあり、携帯キャリアでの購入はやめた。

というわけで、早速開封レポートを。

化粧箱
iPhone 11 Pro化粧箱との比較
奥:iPhone 11 Pro
手前:iPhone 12 Pro

化粧箱はもはやお馴染みの佇まい。だが、明らかに「薄く」なった。

Appleは初代iPhoneから、イヤホン・USB充電器・充電ケーブルを同梱していたので、化粧箱はわりと大きかったのだが、iPhone 12シリーズの発売に合わせて、イヤホン・USB充電器の同梱をやめた

iPhone XRiPhone 11iPhone SE(第2世代)など従来モデルも、順次新パッケージに切り替わっています

iPhoneマニアとして、毎回テンションがあがるのは「外装フィルム」をはがすとき(笑)

チー
ここ数年は毎年やってるんだけど、それでも毎回ワクワクしますね!
外装フィルムをはがす

剥がす!

化粧箱表面

「新型iPhone開封の儀」は何度やっても快感(笑)

箱を眺める。

化粧箱裏面

裏面も見る。

開封

意を決して、開封!

本体がドーンと登場するのは、iPhone 11シリーズと同様

本体を取り出す

ここから先は、iPhone 11までと変わっている。

まず本体を動かすと「Designed by Apple in California」のフレーズとマニュアル、「USB-C Lightningケーブル」が登場

同梱品は以下の通り。

iPhone 12 Proの同梱品
  • 本体
  • USB-C – Lightningケーブル
  • マニュアル
ディスプレイには白いフィルム

さらに、本体のディスプレイ側をみると、「白いフィルム」が貼られている

従来は透明だったが、ここはかなり大きな違い。

各種ボタンの役割が記載されており、確かに長年iPhoneを使っていて「当たり前」だった。

しかし、初めて使う人には「電源ボタン」がどれかも迷うわけで、これはよいアップデートだと感じた。

iPhone 12 Pro パシフィックブルーをチェック

白いフィルムをはがす

いよいよiPhone 12 Proのフィルムを剥がす。

本体登場 iPhone 12 Proにご対面

iPhone 12 Proにご対面
こんにちは!

下部 上部 左側面 右側面

上下左右から側面をチェック。

iPhone 11 Proまでと比較して、まず違うのが「角張ったフレーム」。

ステンレスフレームなのは同様だが、デザインが全く違うので新鮮な感じ。パシフィックブルーなので青系だが、スカイブルーという感じで美しい

充電端子は、従来通りのLightning。

背面デザインは11 Proと同様

背面デザインはiPhone 11 Proとほぼ同じ。

  • 中央に配置されたAppleロゴ
  • ガラス素材だが、「つや消しのマットな質感」でサラッとした手触り

これらの特徴も同様。

カメラについては配置は同じだが、LiDARスキャナを搭載したため、ナイトモードポートレートモードの精度が向上しているそうだ

iPhone 12 Proにご対面 側面の仕上げが美しい

今回僕は新色の「パシフィックブルー」を購入した。

近年は毎年新色が登場しているが、ハイスペックモデルの「ブルー」は珍しい

ブルーといえば男性が好む傾向が強いだろうが、想像よりは「薄い」。

特にステンレスフレームが美しいので、女性でも使いやすい色合いだと思う

iPhone 12 ProとiPhone 11 Proを比較する

iPhone 12 Proと11 Proを比較
左:iPhone 12 Pro
右:iPhone 11 Pro

前モデルにあたる「iPhone 11 Pro」と比較してみる。

正面から見ても見ても、

背面比較
左:iPhone 11 Pro
右:iPhone 12 Pro

背面から見ても、ほとんど違いは感じないだろう。

カメラ部分の比較
LiDARスキャナが搭載された関係でカメラ周りが少し変わっているが、よく見ないと分からない違いだと思う。

側面の仕上げはかなり違う
上:iPhone 11 Pro
下:iPhone 12 Pro
角
上:iPhone 11 Pro
下:iPhone 12 Pro

最大の違いは「側面」。

  • 11 Proは丸みを帯びたラウンドフォルム
  • 12 Proは角張ったデザイン

手に持った感触も全く異なり、滑りやすかった前モデルまでと異なり、「引っかかり」があるので持ちやすくなった

ベゼルはそれほどかわらない
左:iPhone 12 Pro
右:iPhone 11 Pro

ディスプレイはiPhone 11 Proまでの5.8インチから、6.1インチに大型化したのだが、高さが僅かに増えており、「ベゼルを削って画面が広くなった」というほどのものでは無いと感じた

むしろ、iPhoneは今時のハイスペックスマホとしては「ベゼルが広い」。

圧倒的に広くて美しい画面

Galaxy S20 5G」はベゼルレスといえるレベルなので、狭ければよいものでもないが、ここはiPhoneが優れている領域ではないと思う

チー
ディスプレイはAndroidの方が進んでいると思う

iPhone 12 Proのファースト・インプレッション

iPhone 12 Pro/iPhone 12発表

3年振りにフルリニューアルしたiPhone.

手に持った瞬間から、「角張ったデザイン」がどこが懐かしく、新鮮に感じた。

Proということで、カメラ機能がどうしても注目されるが、それは後日じっくり検証するとして、この記事では「使い勝手」の部分に着目して紹介しようと思う

ホールド感が増して持ちやすくなった

ホールドしやすい

繰り返しになるが、iPhone 12シリーズにおける最も大きな変化は「デザイン変更」。

iPhone 5s

iPhone 5sまでに回帰したかのような、角張ったデザインが特徴だ。

近年主流だった、ラウンドフォルムはiPhone 6以降導入されたのだが、当時からずっと「滑りやすい」と言われていた

しかし、当時主流だったのはiPhone SE(第2世代)と同様の「4.7インチディスプレイ」。

どちらのデザインでも、ガッチリホールドできた

しかし、今は6.1インチ。

iPhone 12 Proにご対面

かなり大きくなったので、どうしても不安定な持ち方になりがちで、落とすことも多かったのだが、角が引っかかる感じになったので持ちやすくなったと感じる

「裸(ケースなし)で使いたくなった」という意見を多く見かけるが、僕も同じ認識。

ただ、Proのステンレスフレームは塗装なので、剥げやすいだろうなぁ……とも思う。

対して、iPhone 12は形状は同じでアルミニウムフレームになり、20グラムほど軽くなるので、裸で使うならiPhone 12の方が向いてそうな気がする

チー
今更デザインを戻すの?

と思っていたけど、この変更は大歓迎!

サイズ・重さはほぼ変わらず画面が広く見やすくなった

画面が広くなった
左:iPhone 12 Pro
右:iPhone 11 Pro

iPhone 12シリーズになって、地味に変わったのが「6.1インチディスプレイ」に統一されたこと。

iPhone 11まで、下位モデルにあたるiPhone 11iPhone 11 Proより画面が小さいという状況だったので、これが改善された。

さらに、ディスプレイが有機ELに統一されたこともあり、全体的にコンパクトになっている

比較すると以下の通り。

iPhone 12 ProiPhone 12iPhone 11 ProiPhone 11
画面サイズ6.1 インチ5.8 インチ6.1 インチ
高さ146.7 mm146.7 mm144.0 mm150.9 mm
71.5 mm71.4 mm75.7 mm
厚さ7.4 mm8.1 mm8.3 mm
重量187 g162 g188 g192 g
  • iPhone 12 Proは画面が大きくなったので、高さが「2mm」増えたが、重量は変わらず
  • iPhone 12は11と比較して、大幅な軽量コンパクト化を実現

というこの2点がポイントで、iPhone 11 Proと比較すると確かに少し高さが増えた。

画面もほんの少し広くなった。

ただ、サイズ感は変わらない

画面の視認性は高い

iPhone Xシリーズは実は年々重くなっていて、特にiPhone 11 Proでは「ずっしりとした重さ」を感じていた

これ以上重くなるのは勘弁して欲しいと思っていたので、サイズ感はそのままで、画面が広くなったのは単純に「嬉しい」

iPhone 12については、カメラ数が減ることもあり、さらに20グラムほど軽くなっており、miniでなくても「軽さ」を実感できるだろう。

チー
ケース・保護シートあわせて、200グラムに収まるのが理想ですね

コロナ禍において顔認証のみは不便

Face IDのみ

最後はイマイチだったこと。

「製品」としては特に不満はないが、2020年になって不便に感じるようになったことがある。

生体認証が顔認証「Face ID」のみ

マスクをつけていたら顔認証は動作しないので、指紋認証も欲しくなる。

2019年までマスクをつける機会は限定されていたが、コロナ禍の今は「マスク着用が義務化」している世界。

チー
指紋認証の価値が見直されただけに、現行踏襲といえばそうだけど、Face IDのみというのは残念だった……。

終わりに

iPhone 12 Pro パシフィックブルー開封フォトレポート

iPhoneも毎年購入すれば、感動は薄まるのだが、今回はデザインが大きく変わったこともあり、新鮮な気持ちで触ることができた。

僕はiPhone 6から導入された、ラウンドフォルムよりも、iPhone 5sまでの角張ったデザインが好きだった

ただ、当時のディスプレイは4インチ、今は6インチくらい。

持ちやすさを考えたらラウンドフォルムの方がよいかも、とは思っていたが、ホールド感が増したので僕はiPhone 12のデザインの方が好み

昔のiPhoneが好きな方は是非触ってみて欲しい。

iPhone 12 ProはAppleおよび、大手キャリアから販売予定です。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされ、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

買い方のポイント
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。

キャリアでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

2020年現在、iPhoneを買うならオンラインショップがおすすめです。
以下のようなメリットがあります。

オンラインショップのメリット
  • オンラインショップ限定のお得なキャンペーンがある
  • 待ち時間なしで、24時間購入可能
  • 自宅で受け取り可能
  • 全手続きで事務手数料が「完全無料」(auをのぞく)
チー
非公式のお店もWEBにはたくさんあるので、以下からアクセスが確実です!

ドコモオンラインショップ

ゆりちぇる
2020年11月現在、ドコモオンラインショップは、iPhone 12も対応した「5Gスマホ」向けのキャンペーンが充実しています!
docomoの最新キャンペーン
  1. 5Gギガホ割
    最大6ヶ月間、月額料金が1,000円割引!
  2. 5G WELCOME割
    5G対応機種購入で、機種代金が最大22,000円割引
  3. データ量無制限キャンペーン
    5Gギガホ契約で毎月の利用可能データ量がエントリー不要で無制限!
  4. ギガホ割
    最大6ヶ月間、月額料金が1,000円割引!
  5. ギガホ増量キャンペーン
    通常30GB/月のデータ量が、2倍の60GBまで使える!
  6. 端末購入割引
    対象機種の購入で、最大22,000円割引か最大20,000円分のポイント還元!
  7. ドコモのロング学割
    22歳以下の利用料金が最大3,500円割引
やぶなお
お得な情報はドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2020年11月最新】最大3万円以上もおトクになる!?docomoのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

2年縛りの違約金が無料に!ドコモユーザー必携の「dカード」

ギガホ・ギガライト」はdカード・dカード GOLDで支払うと「dカードお支払割」が適用されます。

2年縛りがなくなり解約金不要で2年契約の料金になるので、この機会にカードを作ってみてはいかがでしょうか。

\ 年会費永年無料 /

dカードの入会特典をみる

auオンラインショップ

やぶなお
auは2022年3月末をもってサービス終了する、3G回線ユーザー向けのキャンペーンが豊富です!
auの最新キャンペーン
  1. 5G秋トクキャンペーン
    対象の5Gスマホへの機種変更で、機種代金5,500円割引
  2. auワイド学割
    29歳以下なら、月額料金が割引!
  3. au Online Shop SIMカード乗り換え特典
    au Online ShopでのSIMカードのみの契約で、au PAY残高へ10,000円相当をキャッシュバック。
  4. UQモバイル→au番号移行プログラム
    UQ mobileからの乗り換えで、最大51,740円割引
  5. au Online Shop お得割
    au Online Shopでの端末購入で、最大22,000円割引!
ゆりちぇる
お得な情報はau最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
auキャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2020年11月最新】最大22,000円お得になる!?auのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

\ 自宅で受け取り!送料・頭金無料 /

auのiPhoneをチェック

ソフトバンクオンラインショップ

チー
iPhoneユーザーが多いSoftBankは、機種変更とMNPのキャンペーンが充実しています。特に「【オンライン限定】web割」が注目!
SoftBankの最新キャンペーン
  1. Webトクキャンペーン
    Webからの申し込みで事務手数料が0円
  2. 【オンライン限定】web割
    オンラインでの購入で、対象機種が最大21,600円割引
  3. ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典
    ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ(MNP)が最大49,100円お得
  4. 半年おトク割
    対象料金サービス契約で、最大6,000円お得
  5. 1年おトク割
    対象料金サービス契約で、最大12,000円お得
  6. 5G 1年おトクキャンペーン
    5Gスマホの月額料金が最大12ヶ月間、1,000円割引
パパンダ
お得な情報はSoftBank最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
SoftBankキャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2020年11月最新】最大3万円以上もおトクになる!?Softbankのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

\ 送料・事務手数料無料 /

SoftBankのiPhoneをチェック

おすすめモデルについて

チー
おすすめモデルについて、タイプ別に解説します

iPhone 12Proの考察記事

iPhone 12 Pro/iPhone 12発表

iPhone 12・iPhone 12 Pro発表!2020年iPhone新モデルは何が変わった?気になるポイントをピックアップ

iPhone 12のおすすめストレージは128GB

iPhone 12/iPhone 12 Proのストレージ(容量/ギガ)は64GBで足りる?おすすめは「128GB」。5000円アップで安心して長く使えます

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年11月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!