iPhone XのFace IDに失敗するシーンは?暗闇・デスクサイドの利用に顔認証は不便です

Face ID
SPONSORED LINK

iPhone Xを使い始めて1週間弱経過した。

iPhone X最高!!

なんて声は結構多いし、僕も思ったよりは随分普通に使えると感じている。

『思ったより』と表現している理由の大半を占めているのが、新しい生体認証『Face ID』の存在だ。

  • 認証が早く、今までの顔認証の概念が変わった
  • だが、欠点も当然あり、簡単に解消できそうにない

そういう意味で、

思ったより便利だが、やっぱり不便な『Face ID』

について僕の感想を紹介しようと思う。

iPhone X購入前に抱いていた『Face ID』に対する不安

Face IDの設定は簡単

Face IDの設定は簡単

iPhone X購入前から、新しい生体認証『Face ID』には不安を抱いていた。

  • Androidの世界では既に一般的だったが、評価は低い
  • GalaxyS8で体験したが、使いものにならなかった

この辺りが大きな理由だ。

顔認証は珍しく無いが、使えない

これが一般的な評価だったと思う。

実際使ってみると、

  • 顔の位置合わせが面倒
  • 認識精度が『低い』
  • 認識が『遅い』

というのが不便と感じた。

生体認証の信頼性としては高いのかもしれないが、ほぼ1日中触っているスマホで、認識が遅いというのは致命的なのだ。

iPhone XとGalaxy S8は似てる?Galaxyで有機ELや顔認証を使った感想

2017.10.31

あと、細かいことを言えば、

認証のたびに、自分の顔を見せられるのがウザイ

というのもある。
どんなに自分が好きな人でも、嫌になると思う。僕は無理だw

そして、iPhone XのFace IDを使ってみるとビックリした。

iPhone Xの『Face ID』の認識は一瞬

アプリでも使える

アプリでも使える

iPhone Xの『Face ID』の認識精度は非常に高く、何より認識すればほぼ一瞬でロックを解除するというスピードが最大の魅力だ。

これは、多分ほとんどの人が驚くのでは無いかと思う。

それくらいのスピード。

そして、もう1つ驚くことが、

  • メガネをかける
  • 帽子をかぶる

くらいだったら、ちゃんと認識してくれるということだ。

僕は、普段はメガネを使うことが多く、時々(主にわーすたなどアイドル現場に行くとき)コンタクトというスタイル。

なので、メガネの有無で認識精度が落ちると使い物にならない

そこは結構心配していたが、全く問題なかった。

そして、地味だが大きかったのは、

顔認証の時に、インカメラで自分の顔が映し出されない

これは嬉しかった。

不便さを感じるのは『顔認証そのもの』

Face ID

Face ID

そんな感じで、事前のイメージを覆す完成度で、

さすがAppleが満を持して投入しただけのことはある!

と思っていたが、やはり不満はある。

ただ、これは『Face ID』がどうとかいうより、顔認証そのものに対する不便さと言ってよいかと思う。

具体的には、

  • iPhoneが正面にないと認証しない
  • 夜間にベッドサイドで操作する時、不安定

といった辺りだ。

iPhoneが正面にないと認証しない

PCの横においたまま操作とかができない

PCの横においたまま操作とかができない

iPhone 8まで搭載されていた、『Touch ID』は指紋認証を採用していた。

指紋認証も絶対的なものではなく、

  • 手が濡れていると精度が落ちる
  • 乾燥肌などで、指が荒れると認識しない

などの問題点があった。

だが、どんな角度でも指でホームボタンを触れば使えるという特徴があった。

僕は、システムエンジニアの仕事をしているので、仕事中はほとんど座ってPCを操作している。

この時、PCの横にiPhoneを置いているわけだが、ちょっと通知内容を見たいなんて時は、

iPhoneを机に置いたまま操作していた

こういうシーン結構ないですか?

例えば飲食店で食事している人なんて、机の上にスマホを置いて、食べながら見てる人もよくいる。

これが、iPhone XのFace IDだと、どうなるか?

いちいち、手に持ってiPhoneを見つめる必要がある

持ちたくない!
机に置いたまま触りたい!!
だけど、iPhoneは持てと言ってくる!!!

これって結構ストレスだ。

Face IDの「注視」機能はオフにした方が使いやすい

Face IDの「注視」機能はオフにした方が使いやすい

一応、Face IDの設定で『Face IDを使用するには注視が必要』というチェックがあり、それをオフに設定することで、ある程度は回避可能だ。

だが、Touch IDのように机に置いたままロック解除は出来ない

セキュリティを落とすようなことをするのは、正直あまりやりたくないのだが、ストレスの方が勝ってしまうので、僕は注視が必要チェックはオフにしている

夜間にベッドサイドで操作する時、不安定

顔認証を使うにあたり、懸念していたことが色々あるが、夜間の認識精度がどんなものなのかは気になっていた。

結果から言えば、

  • 夜間の利用
  • ライブ会場など暗い場所

この程度なら全く問題ない。

実際、先日行ったライブでも試してみたが、多少精度は落ちるものの、ほぼ問題なく使えた。

恐らくだが多少でも強い明るさ(ステージ照明とか)があれば解除してくれるのだと思われる。

だが、就寝中に使うことが多い、豆電球程度の明るさでは、ほぼ解除されない

要するに、

暗闇はアウト

と言える。

我が家には4歳と3歳の子供がいるので、

  • 突然起きた
  • おしっこ
  • 熱が出るなど急な体調不良
  • 蹴飛ばされたりする

なんてことは、わりと日常的なので、寝たら朝目が覚めるまでぐっすりというのは、案外少ない

なので、こういう時に見たら寝られなくなると分かりつつ、ついiPhoneを使ってしまうのだが、

Face IDがうまく認証してくれない!

地味だがかなりのストレスだ。

Face IDの使いづらさを解消する方法は、セキュリティレベルを落とす

パスコード

パスコードは「4桁の数字」にレベルダウン

こんな感じで、使いづらいシーンが結構あったので、前述の注視が必要チェックをオフにするはもちろん、さらにセキュリティレベルを落とすことにした。

具体的には、

パスコードを『4桁の数字コード』に変更する

ということだ。

僕はTouch IDが登場してから、入力する機会が減ったことと、セキュリティレベルを上げるために、パスコードは『カスタムの英数字コード』かつ、かなり長いものにしていた。

だが、Face IDの認証に失敗すると、頻繁にパスコード認証を求められるため、複雑な入力が面倒になる。

なので、

Face IDが使えなくても、すぐに使えるための対策

という意味で、セキュリティレベルを落とすことにした。

なんだか本末転倒だが、こうでもしなければ、ストレスが貯まる。

終わりに

Face IDの設定は簡単

Face IDの設定は簡単

iPhone XのFace IDは予想以上に便利だったが、顔認証の限界も感じた

iPhone X発売前の噂として、AppleはディスプレイにTouch IDセンサーも組み込もうとしたが、技術的なものと納期的な面で断念したと言われていた。

使ってみて感じるのは、

Face IDとTouch IDは相互の弱点を補完しあえるので、両方あれば最強

ということだ。

iPhone Xは発売後の情報として、本来の発売予定を、1年早めて発売したと関係者が明かしている。

未完成というのは言い過ぎだが、今後10年の礎となる端末なので、これからまだまだ進化する余地を感じたというのは間違いない事実だ。

欠点はあるが、それは割り切った上で、未来を感じさせる端末というのは間違いないと感じる。

久々のワクワク感!iPhone Xシルバー開封レポート、とiPhone 8 Plusとの比較

2017.11.18

iPhone XとGalaxy S8は似てる?Galaxyで有機ELや顔認証を使った感想

2017.10.31

iPhone Xを購入する

iPhone XはAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー版が、キャリア版はSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

ドコモオンラインショップのメリット・デメリットは?機種変更はネットが安いぞ

2014.09.27

iPhone使うならどっちがお得?「ドコモでの購入」と「SIMフリー+格安SIM」での料金比較

2017.11.14

iPhone XとiPhone 8の関連記事

SPONSORED LINK

Face ID

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)