iPhone 7と8を今買うならどっちがいい?違いを比較してみた。キャリアなら8、SIMフリーなら7がおすすめ

iphone7 iPhone 7
SPONSORED LINK

2018年12月時点で販売されている、iPhoneは大きく分けると、

の4種類だ。

iPhone 6sは2018年9月でAppleでの販売が終了し、徐々にiPhone 7に切り替わりつつある

そして、iPhone 8は2018年12月時点で、一括0円端末として大手キャリアが安く販売しているので、気になっている方も多いだろう。

iPhone 7とiPhone 8ならどちらがおすすめか?

このような質問を受けることも多いので、この記事では「iPhoneヘビーユーザー目線でiPhone 7を紹介」しようと思う。

SPONSORED LINK

2018年12月時点でのiPhone 7販売状況

この記事では、主にiPhone 7を紹介する。

だが、2018年12月時点でiPhone 7を新品で入手する方法は、Appleストアでの購入しかない状況だ

iPhone6s〜iPhone 8までの販売状況を、簡単にまとめると以下のようになる

状況iPhone 6siPhone 7iPhone 8
Appleストア×
大手キャリアdocomoのみ×
格安SIM××
実勢価格42,768円〜54,864円〜73,224円〜

このことから言える、通信キャリア別「コスパの高いモデル」は、

  • 格安SIMで利用するなら、iPhone 6sかAppleでiPhone 7を買う
  • 大手キャリアで利用するなら、iPhone 8を買う

という感じになると思う。

このため、以降の記事は主に格安SIMでの利用を検討している方が対象となる

大手キャリアを使っている方は、型落ちのiPhone 8か最新モデルiPhone X or XSが候補になるかと思うので、以下の記事をご覧いただけたらと思う。

iPhone XSと8を今買うならどっちがいい?違いを比較してみた。コスパが高いお勧めは「8」

2018.11.24

iPhone 7の特徴(iPhone 6sとの比較)

iPhone 7はブラックが基調カラー

iPhone 7はブラックが基調カラー

iPhone 7を前モデルとなるiPhone 6sと比較した場合、主な特徴は以下となる。

iPhone 7の特徴
  • Suica・iDなどのFeliCaサービスに、Apple Payが対応(日本モデルのみ)
  • 防水対応
  • イヤフォンジャックが廃止される
  • ホームボタンが感圧式に
  • カラーバリエーションに、ブラックとジェットブラックが追加
  • iPhone 7 Plusはデュアルカメラとなり、光学2倍ズームを搭載

どの特徴も、無いなら無いで困らない。

iPhoneでネット・メール・SNS・電話をする程度なら、確かに関係ないのだが、特にApple Payと防水対応は生活を大きく変える可能性がある

iPhone 6sは主に格安SIMで2018年現在でも積極的に販売されているが、どうせ買うならiPhone 7の方が良いと思う。

理由は大きく分けて2つある。

  • Apple Pay(おサイフケータイ)が便利
  • 防水対応で壊れにくくなった

iPhone 7ジェットブラック開封レビュー。スペースグレイとの違いは?

2016.10.03

Apple Pay(おサイフケータイ)が便利

Apple Pay

Apple Payが便利

Apple Payと聞くと、あまり馴染みが無いかもしれないが、

おサイフケータイ

と聞けば、使ったことは無くても、どんなサービスか想像出来る方は多いのでは無いかと思う。

そして同時に、使ったことがある人ほど、

面倒くさかった

という印象を持つかもしれない。
僕もガラケー(フィーチャーフォン)時代にかなり使っていたが、確かに便利なものの、

  • 登録手続き
  • 機種変更などに伴う移行手続き

が、とにかく煩雑だ。

だが、Apple PayではWEBフォームでの申込み手続きなどは基本不要で、

Apple Payの登録手続きは楽

Apple Payの登録手続きは楽

手持ちのクレジットカードを、カメラで読み取るのみ

で利用可能となり、1度登録すれば機種変更時もiCloudから復元してくれる

Suicaに関しては一手間かかるのだが、それでもガラケー時代のことを考えたら各段に楽だ。

そして、Suicaを使うメリットは、在来線に乗れることもあるが、2018年現在は新幹線にも乗ることができるので、試す価値は十分ある。

iPhone 7・8のApple PayでSuicaを設定し、モバイルICOCA的に岡山で使ってみた

2016.11.05

iPhone・Apple WatchのSuicaで東海道・山陽新幹線に乗れた!エクスプレス予約の設定手順と利用方法

2017.11.04

防水対応で壊れにくくなった

防水対応

防水対応

iPhone 7における、もう1つの目玉機能は、

防水対応

だと思う。

防水対応の代償として、

  • ホームボタンが感圧式に(物理ボタンでは無くなる)
  • 3.5mmイヤフォンジャックが廃止される

という変更が行われた。

特にイヤフォンジャックの廃止については、未だに批判も多いが、防水対応の恩恵はやはり大きいと思う。

イヤフォンジャックが廃止され、感圧式に変わったホームボタン

イヤフォンジャックが廃止され、感圧式に変わったホームボタン

iPhoneの修理事例として一番多いのは、落下によるガラス割れと水没だろう。

防水対応することで、後者のリスクがかなり下がったのは事実で、iPhone 7ユーザーで水没故障はほぼ聞いたことがない。

むしろ、防水に対する過信の方が問題かもしれない。

  • お風呂で使った直後に、Lightningケーブルを接続して充電
  • お湯の中につける

いずれも公式には推奨されていないが、防水ならなんでも良いと思っている人は多い

上記事例は、ショートや液晶表示乱れに繋がるのでやってはいけない事だが、全体的に壊れにくくなったと思う。

iPhone 7・iPhone 8感圧式ホームボタンの仕組みは?押しにくい? → 違和感あるけどすぐ慣れます

2016.10.13

iPhoneの画面が汚れ・皮脂・指紋できたないなら丸洗い!水で洗うとキレイになるよ

2016.11.12

iPhone 7が「イマイチ」という評価だった理由

ブラックに愛着が持てなかった

ブラックに愛着が持てなかった

そんなiPhone 7に対して、僕はイマイチ愛着を持てなかった。

理由はハッキリしている。

当時の新色ジェットブラックを選んだこと

これが理由の全てと言ってよく、要するに極めて個人的な理由だ。

だが、これも1つのメッセージとしては書き記しておきたいと思う。

特に、2018年時点としては型落ちとなったiPhone 7に興味を持つ方は、

  • iPhoneが好き
  • 最新ガジェットを使うことに意義がある

という人は少なく、

  • 2年経ったし
  • 壊れたから
  • 安いから

という理由で購入する人の方が多いと思う。
なので、僕が声を大にして言いたいのは、

流行や周りに流されず、好きな色を選択して欲しい

ということだ。

僕は、基本的にホワイト系のiPhoneが好きで、ずっと選択してきたが、iPhone 7の時は、新色だからということでブラック系を選択した

それが間違っていたということだ。

iPhoneはベゼルがホワイトとブラックどっちがいい?両方使った感想

2017.06.17

iPhone 7を使って感じた「飽き」と、iPhone 8でのデザイン変更に対する期待

2017.07.24

iPhone 7とiPhone 7 Plusはどちらが良いか?

iPhone 7 Plusは光学ズーム搭載

iPhone 7 Plusは光学ズーム搭載

iPhone 7を購入する場合、カラー以外にもう1つ悩むのが、

  • コンパクトなiPhone 7
  • 高性能カメラがあるiPhone 7 Plus

のどちらにするかということだ。

これに関しては、基本的に好みで良いとは思うが、1つだけ伝えたいことは、

写真を重視するなら、絶対Plusを選択するべき

ということだ。

iPhone 7 Plusのデュアルカメラのみが搭載する、光学2倍ズームと背景ぼかしができる『ポートレートモード』は唯一無二の機能だ。

僕はライブ・イベントでスマホ撮影可能なアイドル「わーすた」のファンだが、ポートレートモードの威力は絶大だった

笑顔の松田美里 坂元葉月

こんな写真がスマホで撮れてしまう

コンデジや一眼レフを持ち歩いている方は不要かもしれないが、

カメラはスマホのみ

という方ならきっと満足出来ると思う。

カメラ重視ならPlusの性能を是非体験して欲しい。

スマホ撮影可能なアイドル現場のおすすめガジェットは?実戦投入レポート

2016.05.18

iPhone 7とiPhone 8はどちらが良いか?

iPhone 8 Plus 64GB

iPhone 8 Plus 64GB

2018年12月時点では、

  • iPhone 8は1世代前の型落ちモデル
  • iPhone 7は2世代前の型落ちモデル

ということで、この記事をご覧の方は、iPhone 8も比較検討しているかと思う。

Appleストアで販売する、SIMフリー版の価格は以下の通り。

税抜価格です
ストレージiPhone 7iPhone 8
32GB50,800円×
64GB×67,800円
128GB61,800円×
256GB×84,800円

もし、予算に余裕があるのなら、iPhone 8を選択してももちろん問題ない。

後継モデルなので、iPhone 7で出来ることが、iPhone 8でできないってことはないからだ。

などはiPhone 8にしかない特徴であり、プロセッサも進化している。

だが、iPhone 8にはiPhone 7と比較して欠点もある。

iPhone 7と比較した、iPhone 8の欠点

筐体はガラス製

筐体はガラス製

iPhone 8の欠点とは、iPhone 8が採用した素材にある

iPhone 8シリーズは、iPhone 5シリーズ以来続いた、アルミニウム素材の比率が大きく減った。

具体的には、

背面がアルミニウムからガラス素材に変わった

このことで、「ダサいと言われたDライン」は姿を消したが、

iPhone 6 PlusとiPhone 8 Plusは同じゴールドでも色が全く違う

iPhone 6 PlusとiPhone 8 Plusは同じゴールドでも色が全く違う

欠点も生まれた。

  • 重くなった
  • 修理費用が高くなった

とうことだ。

また、ストレージ構成も64GBと256GBということで、大容量ストレージは不要という人にはオーバースペックになった

iPhone 8/iPhone Xのストレージ(ギガ)は64GBと256GBのどっちがいい?64GBで十分足りた理由

2017.09.30

iPhone 8 Plusの短所は「大きさと重さ」、長所は「カメラと急速充電」。長期利用レビュー

2017.10.21

重くなった

iPhone 8 Plusの欠点は重さ

iPhone 8 Plusの欠点は重さ

また、iPhone 8はガラスを採用した代償で、かなり重くなった

重量を比較すると以下のような感じだ。

iPhone 8シリーズiPhone 7シリーズ
無印(4.7インチ)の重量148g138g
Plus(5.5インチ)の重量202g188g

僕はiPhone 7からiPhone 8 Plusにスイッチしたのだが、50g以上の重量増は頭で分かっていても、手に持った時の『ずっしりした重さ』にはかなり驚いた

持ってて疲れを感じたのは、初めてだw

だが、それはいずれ慣れる。僕は2週間もすれば慣れた。

修理費用が高くなった

ガラス製で質感は高いが『重い』

割れたら終わり

そして、質感は確かに高くなったのだが、ガラス素材と言うことで、

落下時に『背面も割れるリスク』が発生した

従来はアルミニウム素材なので、液晶側のガラスが割れることがあっても、背面が割れることはまずなかった。

いわゆる『バキフォン』は、表面のガラスが割れることを意味する。

だが、iPhone 8以降は背面のガラスも割れる。

そして、この修理費用が非常に高い。

画面の損傷のみその他の損傷
iPhone 8 Plus19,800 円43,800 円
iPhone 817,800 円38,800 円
iPhone 7 Plus19,800 円38,800 円
iPhone 717,800 円35,800 円

一見ほとんど変わらないと思うだろうが、iPhone 7までその他の損傷はレアケースだった

だが、iPhone 8以降は背面のガラス割れは『その他の損傷』に分類されるため、修理費用が非常に高くなる。

AppleCare+に加入しない場合、少なくとも背面のガラスだけは割らないような考慮が必要になる。

製品としての頑丈さを重視するなら、iPhone 7の方が良いと僕は思う。

AppleCare+は必要?iPhone・iPadの延長保証加入メリットは「エクスプレス交換サービス」

2015.09.08

終わりに

IMG_3605

iPhone 7とiPhone 8とは『一括0円』販売されることがある

iPhoneの場合旧モデルになっても、併売されることが多い。

  • 安価
  • ハードウェア的差異が大きい

ことが理由で、ここまで紹介してきたように、見た目は似ているがiPhone 7と後継モデルのiPhone 8は結構違う

だからこそ、旧モデルでも人によって価格が安いこと以外の魅力もある。

アルミニウムの質感が好き

という人なら、断然iPhone 7だろう。

とはいえ、iPhone 7シリーズはAppleストアであればほぼ確実に入手出来るが、大手キャリアにおいてはほぼ入手できない

探すのもありだが、手に入らない場合は、iPhone 8を購入してもきっと後悔しない選択になると思う。

iPhone 7はAppleでの販売が中心です。
大手キャリアでの取り扱いは少なくなっているため、型落ち品として値下げされているiPhone 8の購入をおすすめします。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

スマホをネットで買うメリットは?ドコモオンラインショップは新規契約・MNP・機種変更の事務手数料が無料!

2014.09.27

ドコモでiPhoneを買うのは安い?「SIMフリー+格安SIM」とどっちがお得かを料金比較

2017.11.14

【docomoユーザー必携】「dカード GOLD」でdポイントが高還元率に!

docomoでiPhoneを買うなら、利用料金の10%がポイント還元される、「dカード GOLD」の契約をおすすめします。

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元で年会費の元がとれます

2016.08.22

今一番コスパの高いモデルは「iPhone 8」

iPhoneの最新モデルは、iPhone XS・iPhone XRですが、10万円程度と値段が高くなっています。

2017年モデルのiPhone 8は値下げされ、コスパが良いので、最新モデルにこだわりが無い方にはおすすめです!

iPhone XSと8を今買うならどっちがいい?違いを比較してみた。コスパが高いお勧めは「8」

2018.11.24

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

あわせて読みたい

SPONSORED LINK