運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

iPhone XS長期利用レビュー。高いけど何が変わった?iPhone Xの正統進化モデルで安定感抜群であることが魅力

iPhone XS長期利用レビュー
SPONSORED LINK

2018年9月にiPhone XS Maxを購入した。

ドコモ版iPhone XS Maxゴールド 256GB

僕は2017年モデルとなる「iPhone X」からの機種変更となったのだが、さすがに購入を躊躇してしまった…。

チー
目立った進化ポイントが、普段使いにはメリットを感じづらい「DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)」くらいしかない……。

とはいえ、ガジェットヲタクの端くれとしては、使わずに文句を言うのも気が引ける。

このため、ある意味目玉だった、ディスプレイが大型化されただけの「iPhone XS Max」を購入した

この記事では、以下を紹介しようと思う。

  • iPhone XS Maxを使った感想
  • iPhone XSの魅力
チー
2年縛りが終わる頃に、iPhoneを2年程度でキッチリ機種変更しているような、正統派のiPhoneユーザーなら買っといて間違いないよ
この記事はiPhone XS・XS Maxの長期利用レビューです。

他モデルが気になる方は、以下の記事をご覧ください。

SPONSORED LINK

2021年10月時点でのiPhone販売状況

この記事では、主にiPhone XSを紹介するがすでに販売終了となっているため、2021年10月現在の販売状況を、簡単にまとめてみた。

モデル名発売年月Apple大手キャリア格安SIM実勢価格
iPhone XS2018年9月×××販売終了
iPhone XR2018年10月×
※在庫限り
×販売終了
iPhone 112019年9月61,800円〜
iPhone 11 Pro2019年9月×××販売終了
iPhone SE(第2世代)2020年4月49,800円〜
iPhone 12 / 12 mini2020年10月69,800円〜
iPhone 12 Pro / Pro Max2020年10月×
※在庫限り
×販売終了
iPhone 13 / 13 mini2021年9月×86,800円〜
iPhone 13 Pro / Pro Max2021年9月×122,800円〜

iPhone XSからの機種変更を考えている方いるだろうが、そんな方は以下の記事を参考にして欲しい。

iPhone XSを機種変更

iPhone XS Maxファーストインプレッション

ドコモ版iPhone XS Maxゴールド 256GB

iPhone X」の時は予約開始時点で争奪戦となり、入手に若干苦労したが、iPhone XS Maxはあっさり発売日に入手した

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

今回は、iPhone XSとiPhone XS Maxの2モデルがあり、Maxの方が新モデルという位置付けになるため、こちらを購入した。

容量については、最近子供の動画を撮影するシーンが増えてきたので、256GBをモデルを選択した。

手に取って最初に思ったのは、

チー
デカいし重い!

「208グラム」という重さは伊達じゃないと言う感じで、ずっしりとした重量感に驚いた。

ドコモ版iPhone XS Maxゴールド 256GB

iPhone XSとiPhone XS Maxを比較してどちらが「買い」?

iPhone史上最大の6.5インチディスプレイ

今回僕は「iPhone XS Max」を購入した。

  • コンパクトな「iPhone XS」
  • 大型な「iPhone XS Max」

この違いは、iPhone 8とiPhone 8 Plusのように、カメラ機能に差があるなど、機能的な差異を連想させるが、大きさ重さ以外スペックの違いはない

iPhone X系の大きさ・重さを比較すると以下のようになる。

モデル名高さ厚さ重量
iPhone X143.6 mm70.9 mm7.7 mm174 g
iPhone XS143.6 mm70.9 mm7.7 mm177 g
iPhone XS Max157.5 mm77.4 mm7.7 mm208 g
iPhone XR150.9 mm75.7 mm8.3 mm194 g
iPhone 11150.9 mm75.7 mm8.3 mm194 g
iPhone 11 Pro144.0 mm71.4 mm8.1 mm188 g
iPhone 11 Pro Max158.0 mm77.8 mm8.1 mm226 g
チー
Maxは文字通り、大きさも重さもMax

このため、選び方としてはシンプルだ。

より大画面が好きかどうか

誤解のないように言えば、「iPhone XS」もディスプレイサイズは十分大きい。

  • iPhone XSは5.8インチ
  • iPhone 8 Plusは5.5インチ

大型液晶の象徴のように感じるPlus系と比較しても、iPhone XSの方がディスプレイは大きい。

ケースと保護ガラスを合わせると250グラム以上

解像度は上がったがアプリ側の対応が遅い

iPhone XS Maxの「2,688 x 1,242ピクセル解像度」

ちなみに、iPhone XS Maxの「2,688 x 1,242ピクセル解像度」は、はじめて登場した。

この時何が起こるかと言えば、非対応アプリでは拡大表示になってしまう

  • iPhone 5の4インチ
  • iPhone 6の4.7インチ
  • iPhone 6 Plusの5.5インチ
  • iPhone Xの5.8インチ

これまで、ディスプレイサイズが拡大する度に発生した問題だが、僕の印象ではiPhone XS Maxへの対応はかなり遅かった

iPhone Xの時は、Appleが開発者に対応を強く促したこともあり、比較的早く対応された。

しかし、iPhone XS Maxは発売から5ヶ月ほど経過した、2019年2月くらいになって、僕が使っているアプリはほぼすべて対応したという印象だ

「S」を冠するセカンドモデルなので、iPhone Xから変わったのは「安定感」

iPhone XSとiPhone XS Maxは安定感抜群

冒頭にも記載したが、iPhone XとiPhone XSを比較したとき、ほとんど違いがない。

高い高いと言われるiPhone XSだが、価格はiPhone Xと同じ

iPhone XSの発表に伴い、iPhone Xは販売終了となったが、ある意味それも当然と思う。

チー
iPhone Xの時に感じた、「すべてが変わった感」はiPhone XSにはない

今回、iPhone 6s以来3年振りに「S」と名の付くセカンドモデルとしてリリースされた。

  • iPhone 3GS
  • iPhone 4S
  • iPhone 5s
  • iPhone 6s

過去にリリースされた「S」が付くモデルは、いずれも名機として、多くのユーザーに長く愛された

iPhone 6s」に至っては、2021年時点でも格安SIMで販売される主力モデルだ。

では、これらのモデルが発売当初から評価が高かったかと問われたら、そうでもない。

とくに、iPhone 6sはiPhone XSの発売当時とよく似ており、円安が進んでいた時期で、10万円近い価格になったため「高すぎる」と批判された

iPhone 6sローズゴールド

恐らくだが、iPhone XSはiPhone Xの問題を内部的にかなり改善した、ブラッシュアップモデルと思われる。

僕が使ってみて、感じたのは熱くなりにくいということだ。

iPhone Xは動画撮影・ポートレートモードでの写真撮影時に、ものすごく熱かった。

iPhone XSではそれがなくなったので、安定感は確実に向上していると思う

iPhone XS Maxは熱いのか?

ディスプレイの不具合はなく安定している

iPhone Xを使っていた時一番困ったのは。画面を操作しなくても勝手に動いてしまう「ゴーストタッチ」と呼ばれる現象が発生したことだ。

この時は、電話サポートではらちがあかず、店頭に駆け込んでなんとか解決してもらった。

最終的に、ディスプレイユニットの交換で解消したが、後日交換プログラムが発表された。

チー
電話では「そのような事象は確認されていません」なんて言ってたけど、めっちゃ多かったってことだよね……。

正直、この時Appleがとった対応については、未だに不信感が残っている。

iPhone Xの不具合

Face IDのスピードアップ・認識精度向上は実感できず

iPhone XSではFace IDが進化した

iPhone XSにおける、進化ポイントとして僕が期待したのは、「Face ID」の認識精度向上だった。

iPhone Xの時から僕はどうも相性が悪く、以下のようなシーンでの認識精度がかなり低いので不満だった。

  • 暗闇での利用
  • ライブ会場などライトがまぶしいシーン
Face ID

iPhone XSではスピードアップなどの進化がアナウンスされていたので、ある意味一番期待していた機能だったのだが、

チー
何が変わったのか分からなかった……。

ただ、僕以外の多くの方は、普通に使えているという話を聞くので、僕の顔との相性が悪いのだろうと思うことにしている

iPhone XSのFace IDは何が変わった?

デュアルSIMに対応し通信費節約に「eSIM」が活用できそう

iPhoneでDSDS

最後に、2018年モデル以降にしかない特徴を1つ紹介しようと思う

それは、デュアルSIM対応

Apple製品は2018年9月以降に発売した製品は、iPhone・iPadともにDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応している。

iPhoneのDSDSで便利な点
  • 電話は同時に待受できる(個人用・仕事用の使い分けが簡単)
  • 電話の発信・着信時に、どちらの番号を使っているかが分かる
  • モバイルデータ通信を利用する回線を選べる

2つのSIMを組み合わせることで、今までにない使い方ができるようになる。

2021年10月時点のiPhone対応モデルは以下。

モデル名モデル番号デュアルSIM対応備考
nano-SIM
eSIM
nano-SIM
nano-SIM
eSIM
eSIM
iPhone 6s-×××
iPhone 7-×××
iPhone 8-×××
iPhone X-×××
iPhone XS全モデル××
iPhone XS MaxA2104××中国大陸(香港版)
上記以外××日本版を含む
iPhone XRA2108××中国大陸(香港版)
上記以外××日本版を含む
iPhone 11A2223××中国本土・香港版
上記以外××日本版を含む
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
A2217
A2220
××中国本土・香港版
上記以外××日本版を含む
iPhone SE(第2世代)A2298×××中国本土版
全モデル××日本版を含む
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
A2408
A2412
××中国本土・香港版
上記以外××日本版を含む
iPhone 12A2404××中国本土・香港版
上記以外××日本版を含む
iPhone 12 mini全モデル××
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
A2639
A2644
×中国本土・香港版
上記以外×日本版を含む
iPhone 13A2634×中国本土・香港版
上記以外×日本版を含む
iPhone 13 mini全モデル×

ほぼ全モデル対応しているといってよい状況になってきたが、1つ難点があった。

iPhoneにおけるデュアルSIM対応は、

「nano-SIM(SIMカード)」と「eSIM」の組み合わせ

が中心であること。

日本では「eSIM」がまったく普及しておらず宝の持ち腐れだったのだが、2021年9月にドコモも対応し、すべての大手キャリア・サブブランドがeSIMに対応した

eSIMという仕組みそのものがマイナーなので、普及には時間がかかるだろうが、これでかなり使いやすくなったといえる。

チー
僕は会社の回線はSIMカード、個人回線はeSIMにして使っています

1台のスマホにまとめられるので、すごく便利です!

個人と会社の回線でデュアルSIM

終わりに

iPhone XS Maxは着実に進化しているのでAppleファンには是非未来を感じて欲しい

iPhone Xは発表された当時「10周年記念モデル」と言われていた。

iPhone Xレビュー

同時に、これから10年のベースになるモデルとも言われていたのだが、その噂は本当だった。

  • Face ID
  • 有機EL(OLED)ディスプレイ
  • ベゼルがほぼない全面ディスプレイ

これらは今後iPadやMacにも広がっていくと思われ、実際第3世代iPad Proには展開された。

つまり、今後も広がっていき、最終的にはホームボタンを搭載した、従来型iPhoneは無くなるだろう。

その未来は少しずつ近づいている。

客観的にコスパで判断すれば「iPhone SE(第2世代)の方が買い」だと思う

しかし、Appleの考える未来のデバイスを、なるべくなら早めに体験して欲しいなと、Appleファンとしては思ってしまう。

iPhone XSは販売終了しました

2021年10月現在は後継モデルとして「iPhone 13シリーズ」が販売されています。

キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

買い方のポイント
  • 契約事務手数料が無料の、オンラインショップを活用する
  • ストレージは「128GB」がおすすめ
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。

定番のケース・保護フィルム(ガラス)については、以下のまとめ記事をご覧ください。

iPhone X/XS/XS Max対応ケースのおすすめ
iPhone X・XS・XR対応画面保護シートのおすすめ

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2021年10月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説
docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

iPhone XSのまとめ記事

Pixel 3で寄って撮影する

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!