eSIMってなに?Apple WatchがLTE通信可能になるメリットを考える

SPONSORED LINK

2017年モデルのiPhone「iPhone 8」の噂が盛り上がっているが、同時に増えて来たのがiPhone専用アクセサリと言えるApple Watchの噂だ。

個人的には、「Apple Watch Series 3」と呼ばれるかはともかく、iPhoneが大幅に変わる以上、Apple Watchも絶対何か目玉機能を引っ提げてリニューアルすると思っているので、特に驚く話ではない。

ただ、その噂の中心はLTE通信に対応するというもので、僕が望む方向では全く無いという残念な感じではあるのだが、その中で気になるキーワードを目にした。

eSIM(イーシム)

というものだ。
調べてみた。

eSIMを採用した最新モデルApple Watch Series 3については以下もご覧ください

Apple Watch Series 3発表!初心者お勧めモデルと私がCellular版を購入する理由

2017.09.13

Apple Watch Series 3に望むのはバッテリーの長寿命化

Apple Watchで一番便利なのは『通知』機能

Apple Watchで一番便利なのは『通知』機能

僕が今使っているApple Watchは2015年4月に発売した初期モデル。

未だに毎日使っているのだが、2年以上経過して感じるのは、

バッテリーの持ちが悪くなってきた

ということで、2年前は概ね1日半くらいは充電無しでもなんとか持ったのだが、今は1日も持たない状況だ。

モバイルバッテリーで充電出来る環境は作っているし、

Apple Watch対応モバイルバッテリーはいらない!充電は純正ケーブルをおすすめする理由

2017.01.23

そもそも泊まりで出かけることが少ないので、1日持てば十分といえばそうなのだが、せめて3日持ってくれたらと思う事は多い。

2年間毎日使った感想として、

  • Apple Watchはあると確かに便利
  • だが、本体を操作する事は皆無

というのが僕の結論で、望むのはバッテリー駆動時間のみと言っても過言ではない。

逆に言えばバッテリー駆動時間が短くなるような機能は不要と思っていて、LTE通信に対応とか論外というのが僕の考えだった。

新型Apple Watch(Series 3)に望むたった1つの機能は、時計としてのスペック向上

2017.05.10

Apple製品では「Apple SIM」と呼ばれる、eSIMって何?

Google ChromeScreenSnapz163

Apple SIMはeSIMを活用した技術

そんな中、次期Apple Watchに搭載されると噂になっているのが、eSIMだ。

この名前だけ聞くと、初耳という人も多いかもしれないが、実はApple製品では既に採用されている技術だ。

Apple SIM

という名前で、2016年以降発売したiPad Proに内蔵されている。対象機種は以下。

  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro

2017年現在ではまたそれほど多くないが、今後もiPad Proシリーズでは採用されると思われる

SIMといえば、

SIMの種類

こういうものを想像すると思う。
ちなみに2017年現在iPhone・iPadはもちろん、Androidを含むほぼ全てのスマートフォン・タブレットで採用されているSIMはnanoSIMという一番コンパクトなSIMだ。

ただ、いくらコンパクトでも物理的なカードである以上、端末内に一定の場所が必要となる。

Apple Watchなどウェアラブル端末は端末そのものもコンパクトなので、その場所を確保するのも難しい。

そこで、ソフトウェア制御で契約者情報やオペレータ(キャリア)情報を書き換え可能にしたSIMがeSIMだ。

SIMカードアダプターの使い方とお勧めの購入先は?小は大を兼ねる便利な運用法

2012.03.01

eSIMの主要用途は組込機器

通常SIMとeSIMの比較

通常SIMとeSIMの比較
出典:M2M機器向けeSIMの提供を開始

このような紹介をすると、ウェアラブル端末など小型のガジェットでの利用を目的とした技術のように思えるかもしれない。

確かに一般利用(コンシューマー向け)としてはほぼその理解で間違いないが、本来の用途は車両や建設機械など、いわゆるM2M機器への組込SIMカードという位置付けだ。

今や通信機能を内蔵するのはスマートフォンなどの携帯電話だけではない。
家電製品・車などあらゆる製品がネットワークに繋がり、世界中で販売する時代となっており、通信機能の組込みもグローバル観点で考えなければならない時代だ。

この為、eSIMには1つ制限事項がある。それは、

データ通信専用

ということだ。
つまり、電話は出来ない

そして、このeSIMを使った通信としてはLTEカテゴリー1(LTE Cat.1)を利用するのではないかと言われている。

あまり聞き覚えのない単語だが、規格そのものとしては古いもので、東日本大震災のあとに話題になり始めた、電力メーター(スマートメーター)などIoT関連機器でも採用されると言われている。最大の特徴は、

  • 規格としては古いもので固められている(こなれているため価格も安い)
  • 通信速度が上り最大5Mbps、下り10Mbps
  • 低消費電力

であることだ。

【docomo】ワンナンバーサービスを契約したら、身に覚えのない新規契約ハガキが届いたので確認しました

2017.10.02
SPONSORED LINK

Apple WatchにLTE通信機能は必要か?

1日1回の充電が必須

1日1回の充電が必須

ただ、Apple WatchにLTE通信が必要かと問われたら、僕は「別にいらない」と答える。

何故なら、どんな形であれ通信モジュールを内蔵すれば、バッテリー駆動時間が悪くなるのは間違いないからだ。

1週間持つものが5日程度になる

という話なら、あった方が良いが、元々1日~2日しか持たないものだ。Series 3で仮に3日まで改善する程度なら、このままの方がよい。

とはいえ、唯一あった方が便利と思うのは、

iPhoneを探すがApple Watch上から実行できる機能

だろうか。
今のApple Watchにも、iPhoneを無くした時アラーム音を鳴らす機能がある。ただ、この機能はiPhoneとApple WatchがBluetooth通信可能な距離(せいぜい10M)でしか使えないという欠点がある。

結構あるんですよ。

  • iPhoneがない!
  • Apple Watchは腕に巻いてる!!
  • アラーム鳴らそう!!!
  • 圏外、、、

こういうシーン。
こういう時、Apple WatchがLTE通信可能だと、距離があっても音は鳴らせるだろうし、瞬時に検索とかも出来そうだ。

電話機能は別にいらないが(今でもほぼ使っていない)、iPhoneを探す機能であれば欲しいと思う。

終わりに

Apple Watchも2017年モデルが発売すれば3代目となる。

面白みはないが、製品として成熟するのは第3世代くらいからだと思う。LTE通信モジュールを内蔵するなんて話も、それでもバッテリー駆動時間が劇的に劣化しない目処がたった裏返しといえるので。

僕は購入する気満々なのでとても楽しみだ。

Apple Watch Series 3発表!初心者お勧めモデルと私がCellular版を購入する理由

2017.09.13

通信機能なんていらない?ウェアラブルの未来を感じるApple Watch Series 3 Cellular版の可能性

2017.09.16

Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)開封レポート!初代からの買い換えで意識したチェックポイント

2017.09.25

Apple Watch対応モバイルバッテリーはいらない!充電は純正ケーブルをおすすめする理由

2017.01.23

新型Apple Watch(Series 3)に望むたった1つの機能は、時計としてのスペック向上

2017.05.10

Apple Watchのまとめページ

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)