SIMフリーのAndroid端末はAPN設定が必要な場合あり!DIGNO Eに他社のSIMをさして通信してみた

AndroidのAPN設定
SPONSORED LINK

SIMロックを解除した端末を見ると、他社のSIMをさしたくなるパパンダ(@papanda_life)です。 (´・ω・`)どうも。

なんか、変態みたいなこと言ってますよね。

チー
いいぞ!!

だんだん、ガジェッターっぽくなってきたね

パパンダ
やっぱりガジェッターって変態だわ

先日、妻のママンダが所有するY!mobileのAndroid端末「DIGNO E」のSIMロック解除作業をしました。

【Y!mobile】SIMロック解除を無料でやる方法は?自分でAndroid(DIGNO E)のロックを解除したよ

2017.11.21

SIMの交換とか、少しだけ楽しくなってきたんですよねぇ。そうするとですね、

パパンダ
SIM交換すると、どうなるのかなぁ

とか思うわけですよ。
きっとこれは自然の流れ、自然の摂理なんだよ!!

チー
いたって『普通』だよ!!!!
ぱんさん
パパンダちゃん、かっこいい!
チー
はいっ、じゃ~Android端末(DIGNO E)用意して!
ママンダ
わたしのスマホをおもちゃにしないでっっ

今回はSIMフリーになったAndroid端末に、他社SIMをさしていくお話しですよ。

使用中のDIGNO E、Androidのバージョンは、6.0.1です

AndroidにSIMを挿しても通信出来ない理由

これは先日のおさらいでもあります。

そもそもDIGNO EのSIMロック解除をするため、他社のSIMをさす必要がありました。

UB mobileのSIMをさしこみました

UB mobileのSIMをさしこみました

あ、ちなみにSIMロック解除する前にUQ mobileのSIMをさすと

有効なSIMカードを挿入してください

有効なSIMカードを挿入してください、と出る

『有効なSIMカードを挿入してください』という文字が、アンテナ表示が出るところに表示されましたよ。

さて、無事にSIMロックは解除できたわけですが、その結果はわかっています。

KDDIのアンテナが立ったよ

KDDIのアンテナが立ったよ

チー
そうそう、KDDIになったんだよね
パパンダ
僕はUQ mobileって出るのを楽しみにしていましたぁ

僕が普段使っているiPhone 6sをSIMロック解除したときも、『UQ mobile』表示ではなく『KDDI』表示だったので、少し展開は読めていたかも(;’∀’)

ぱんさん
なんだか、いまいちパッとしないね
パパンダ
・・・あれ、ネットが使えない
圏外のお知らせ

圏外のお知らせ

ママンダ
ちょっと~、わたしのスマホ壊さないでよ~~

そういえばチーさんが言っていた気がする。

チー
それはね、APN設定が必要だからだよ。

iPhoneでも基本は必要なんです。
ただ、iPhoneはプロファイルって言う設定ファイルを入れて設定するのが普通です。

あと、UQ mobileのようにSIMを挿せばそのまま使えるものもがあるので、あまり意識することないんですよ。

Android端末でも一部の格安SIMならそのまま使えるものもあるけど、今回のはダメだったみたいだね。

パパンダ
エーピーエヌ設定??

あぁ、これだこれ。このAPN設定が必要なんです(´・ω・`)

APN設定とは

ぱんさん
あれよあれ。顔の中にあんこが詰まっている正義感あふれるアンパンヒーローの略
チー
・・・・

APNとは『Access Point Name(アクセスポイントネーム)』の頭文字をとったものです。

ネットワーク名などをスマホに設定して接続。そして通信ができるようにすることですよ。

APN設定の方法を探す

ちょっと思ったんです(´・ω・`)。SIMロック解除までは、Y!mobileのホームページに情報が載ってたんです。

でもね『SIMロック解除したあとはAPN設定が必要だから、やってね』なんてひと言もないんですよ。

ぱんさん
なんて不親切なのかしらっ

格安SIMとかに詳しいひとには当たり前のことかもしれないけど、僕のようなド素人にはなきゃいけない情報です!

チーさんがいなかったら、

「通信できない(´;ω;`)ウゥゥ」

といつまでも悩んでいたことでしょう~。

では気を取り直して、APN設定に挑んでみますぞ~。本当にな~~~んにもわからないので、まずはY!mobileの「よくある質問」で探してみようっと。

Y!mobileよくある質問画面

Y!mobileよくある質問画面

パパンダ
あったぁ、これだぁ
ぱんさん
パパンダちゃん、しっかりして。

ワイモバイルのスマホでは、この設定は必要ありません』って書いてるわよ

ママンダ
あなたっ、あと『他社が販売する携帯電話』って書いてるでしょ。

手元にあるのはY!mobileの端末よ!

パパンダ
あ“~~~

最初はこの方法でいけると思ったんですよ(;’∀’)。もう余裕!ってくらい楽勝モードでした。

でもね、よ~く見ると登録の方法は基本的に上記であっていることに気づきました。

チー
よく気づいたねっ。

そう、Y!mobileのAPN設定じゃなくて、UQ mobileのAPN設定をしなきゃいけないんだよ

UQ mobileのAPN設定

上記ページの設定でやっていきますよ~(`・ω・´)ゞ

DIGNO Eの設定欄に入力する数値などは、これですっ。

代表的な設定項目名設定値</tdth
APN名、アクセスポイント名uqmobile.jp
APN、APN設定uqmobile.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名uq@uqmobile.jp
Password、パスワードuq
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプCHAP
APNプロトコルIPv4v6、IPv4/IPv6
APNタイプdefault,mms,supl,hipri,dun
パパンダ
もう頭が痛くなってきた

では設定してみましょう。

ちなみに、Androidのバージョンは「6.0.1」です。

まず『設定』→『その他』→『モバイルネットワーク』と進みます。

『設定』→『その他』→『モバイルネットワーク』

『設定』→『その他』→『モバイルネットワーク』

アクセスポイント名』をタップ!これがAPNですね。

アクセスポイント名=APN

アクセスポイント名=APN

右上の「+」をタップしUQ mbileの設定しを入力していきますぞ。

右上の「+」をタップ

右上の「+」をタップ

このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません』とか書いてますが、無視しました(;’∀’)

それぞれの項目に入力していくぞ

それぞれの項目に入力していくぞ

実際に入力した画面は、こんな感じです(/・ω・)/

APN設定、各項目の入力はこんな感じ

APN設定、各項目の入力はこんな感じ(1)

『パスワード』から下側は、

APN設定、各項目の入力はこんな感じ(1)

APN設定、各項目の入力はこんな感じ(2)

表にしてまとめてみます。

項目名設定値
APNuqmobile.jp
ユーザー名uq@mobile.jp
パスワードuq(表示上は**)
認証タイプCHAP
APNプロトコルIPv4/IPv6

さぁて、入力が終わったら右上の「…」が縦になった記号をタップ→「保存」と進みます。

入力が完了したら保存しよう~

入力が完了したら保存しよう~

よし、UQ mobileの設定が完了しましたよ。

UQ mobileのAPN設定完了!

UQ mobileのAPN設定完了!

ぱんさん
通信できるかなぁ
チー
ドキドキものだよね!!
パパンダ
僕もです~~!!
ぱんさん
パパンダちゃんまで、すっかりガジェッター気取りね
無事に通信できた。「4G」の表示確認

無事に通信できた。「4G」の表示確認

パパンダ
やった!つながった!!

実は1回の入力ですぐにつながったのではなく、微調整を繰り返してやっとのことでつながりました(;’∀’)

問題なく使えますが、

『ちょっと表示が遅いかなぁ』

って感じでしたよ。

ちなみに『UQ mobile』→『Y!mobile』に戻すと、UQ mobileのAPN設定は画面上なくなります。

ApplicationがY!mobileの状態

ApplicationがY!mobileの状態

そしてもう1度『UQ mobile』のSIMをさしたんですけど、機種に記憶されていたのか再度の設定は必要ありませんでした

UQ mobileの状態ね

UQ mobileの状態ね

ママンダ
この際、やっぱりUQ mobileのSIMを使って通信費を節約するしかないわねっ。

それはともかく、はやくスマホを返してちょうだいっ

チー
今度はパパンダさんの、SoftBankのSIMをさしてみようよ
ママンダ
キーーーーー!!!

SoftBankのSIMをさしてみよう

DIGNO EにSoftBankのSIMをさす

DIGNO EにSoftBankのSIMをさす

今度は、DIGNO EにSoftBankのSIMをさしてみますよ。さて、どうなるかぁ。

アンテナはSoftBankの表示

アンテナはSoftBankの表示

アンテナ表示は『SoftBank』になっていますね。問題は通信できるかどうか。

つながらない

つながらない

あぁ、UQ mobileのときと同じようにやっぱり通信できないですねぇ。

ぱんさん
ここまでは予想済みよね、パパンダちゃん
パパンダ
うん。今度はSoftBankのAPN設定をしていくんだね(めんどくせ)
チー
やっぱり心の声がダダ漏れ

SoftBankのAPN設定

上記ページの設定でやっていきますよ~(`・ω・´)ゞ

DIGNO Eの設定欄に入力する数値などは、これですっ。

項目名設定値
APNplus.4g
ユーザー名plus
パスワード4g

UQ mobileのものと比べると、入力が少ないねぇ。だからあっという間に作業完了!!

つながらない

つながらない

…あれぇ、つながらない(´・ω・`)

もう一度『他社が販売する携帯電話をソフトバンクで利用する』を読んでみようっと。

機種変更・契約変更が必要ですとっっ

機種変更・契約変更が必要ですとっっ

そこには『ソフトバンクの回線契約があるお客さまの場合は、機種変更・契約変更が必要となります』と書いてありました

パパンダ
SoftBankから、どこかの格安SIMに移って節約しようと考えているのに、今のタイミングで機種変更なんてしないよ~~

この先は試せないので、実際に手続きをやっているひとのブログを確認してみました。

このブログ筆者のエンルックさんによると、ザックリ下記のようになるそうです。

  1. SoftBankショップに行って機種変更手続きをする
  2. 事務手数料3,000円(税別)を支払う
  3. USIMカード(F)というSIMが約1週間ほどで届くのでさす
  4. APN設定をするとつながる

な~んとも、面倒な手続きになっているようです。

パパンダ
残念でしたぁ
チー
よし、今度はdocomo系のSIMをさそうよ!
パパンダ
いいっすねぇ
ママンダ
わたしのスマホちゃん、いつになったら開放されるの……

docomoのSIMをさしてみよう

DIGNO EにdocomoのSIMをさす

DIGNO EにdocomoのSIMをさす

DIGNO EにdocomoのSIMをさしてみますよ。さて、どうなるかぁ。

アンテナはNTT DOCOMOの表示

アンテナはNTT DOCOMOの表示

アンテナ表示は『NTT DOCOMO』になっていますね。問題は通信できるかどうか。

やっぱりつながらない

やっぱりつながらない

SoftBankのときと同じようにやっぱり通信できないですねぇ。

パパンダ
いやな予感しかしない

上記ページでAPN設定を確認してみます(`・ω・´)ゞ

DIGNO Eの設定欄に入力する数値などは、これっ・・・・。

・・・・と言いたいところですが、上記ページを見るとAPN設定をしてもつながらないことがすぐにわかります。

docomo回線がないとダメ

docomo回線がないとダメ

SoftBankと基本同じですね。

回線契約がないのであれば、新規契約が必要です。その事務手数料は3,000円(税別)。

パパンダ
あぁ、やっぱりね。確認するだけだから、契約しないもんっ
ママンダ
やっと解放される!!早くY!mobileのSIMに戻してちょうだい!!

ただSoftBankと違ったのは、docomoからメールが届いたことです。

docomoからメールが届いた

docomoからメールが届いた

メールに記載されているURLは、

結局ここにたどり着きます。

チー
無難にまとめて、なんで終わろうとしてんの?

あのSIMは僕が契約してるので、APNに「spmode.ne.jp」を設定したら多分繋がるはずですよ。SPモードは契約してますし

パパンダ
なんですと~~

上記のページをもう一度確認してみます。

「spmode.ne.jp」に設定してください

「spmode.ne.jp」に設定してください

spモードをご利用される場合は、アクセスポイント(APN)を「spmode.ne.jp」に設定してください。

ぱんさん
これだけじゃわからないわよ!
パパンダ
天下のdocomoさまが、天狗になってるわ

『よくある質問』で調べても、さっぱりわからない。こんなときは、Googleで検索だ!

docomoのAPN設定

では改めて、DIGNO Eの設定欄に入力する数値などは、これですっ。

項目名設定値
APNspmode.ne.jp
認証タイプCHAP

では設定してみましょう。

使用中のDIGNO E、Androidのバージョンは、6.0.1です

基本的な流れは、UQ mobileで設定したときと同じです。

まず『設定』→『その他』→『モバイルネットワーク』と進みます。

『設定』→『その他』→『モバイルネットワーク』

『設定』→『その他』→『モバイルネットワーク』

アクセスポイント名』をタップ。

アクセスポイント名=APN

アクセスポイント名=APN

右上の「+」をタップしdocomoの設定しを入力していきますよ。

右上の「+」をタップ

右上の「+」をタップ

今回の入力は3ヶ所だけなので、楽チンですよ。

それぞれの項目に入力していくぞ

それぞれの項目に入力していくぞ

他、実際に入力した画面はこんな感じです。

APN設定、各項目の入力はこんな感じ(1)

APN設定、各項目の入力はこんな感じ(1)

『パスワード』から下側は、

APN設定、各項目の入力はこんな感じ(2)

APN設定、各項目の入力はこんな感じ(2)

表にしてまとめてみます。

項目名設定値
名前docomo
APNspmode.ne.jp
認証タイプCHAP

入力が終わったら右上の「…」が縦になった記号をタップ→「保存」と進みます。

入力が完了したら保存

入力が完了したら保存

はい、docomoの設定が完了しましたよ。

docomoのAPN設定完了

docomoのAPN設定完了

パパンダ
今度こそ!!
無事に通信できた。「4G」の表示確認

無事に通信できた。「4G」の表示確認

ぱんさん
わ~い、つながったぁ
チー
ね、設定すれば大丈夫だったでしょ

もちろん、問題なく通信ができます。速度的なものは、いたって普通です。

UQ mobileのときと同じように、『docomo』→『Y!mobile』に戻すと、docomoのAPN設定は画面上なくなります。

ApplicationがY!mobileの状態

ApplicationがY!mobileの状態

そしてもう1度『docomo』のSIMをさしたんですけど、機種に記憶されていたのか再度の設定は必要ありませんでした

機種がdocomoを覚えている

機種がdocomoを覚えている

ママンダ
この際、UQ mobileより安定感のあるdocomoをいただいちゃいましょう
チー
ダメ、絶対

APN設定を終えて

SIMロック解除をしてSIMフリーになったAndroid端末(DIGNO E)。

ただこれに格安SIM(UQ mobile)のSIMをさせてば、すぐに通信ができるものかと思っていました。

甘いっ!甘すぎる!
世の中、そうはいきませんねっ(´・ω・`)

APN設定は難しい印象でしたが、やってみるとそこまでではありません。

まぁ簡単かなぁ~。

自宅でインターネットを引いたときに、プロバイダの設定とかするでしょ~。あれと同じ感覚だと思いました

ママンダ
なんかそれっぽいこと言ってるけどね、あたなっ、いい加減にしてちょうだい!!

対価として、ケーキを買ってきなさいよ!

ぱんさん
そんなことすることないよ~~
パパンダ
もう、仕方ないなぁ
チー
パパンダさんって、奥さんに甘いよね…

お読みいただきありがとうございました。それでは(´・ω・`)ノシ☆

SIMロック解除まとめと確認方法

SIMロック解除方法は、キャリアや端末(iPhone・Android)によって違います。

その違いや、SIMロック解除後のSIMフリーになったかどうかの確認方法は以下の記事をご覧ください。

【全キャリア対応】SIMロック解除を自分でやる方法は?対象機種・手続・条件・料金のまとめ

2017.12.05

SIMフリーになるとどうなる?iPhoneをSIMロック解除して他社SIMをさしてみた

2017.11.07

SIMフリーのAndroid端末はAPN設定が必要な場合あり!DIGNO Eに他社のSIMをさして通信してみた

2017.11.28

格安SIM連載のまとめ

これまで書いて来た、格安SIM契約までのまとめ記事です。

格安SIMを契約する前に、必要なもの・手続き「いつでもできる作業」のまとめ

2017.12.12

連載【スマホ初心者パパンダ、格安SIMへの道】目次

スマホ初心者パパンダ、格安SIMへの道

SoftBankのiPhone 6sを使っている、スマホ初心者パパンダが格安SIMに移行するまでの出来事を紹介しています。

2017年10月から週1ペースで記事を更新中!
※今後更新予定の記事のテーマも記載しています

MVNO(格安SIM)のまとめページ

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、パパンダです(´・ω・`)。岡山県在住、38歳。
娘(2歳)と息子(3歳)の年子を持つパパです。『1年間のリモートワーク』さらに『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。そして、現在フリーランス。
育児系を中心としたブログを運営しています。

ブログ名:パパンダの年子育児ライフ←クリックで移動できます。