運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

iPhoneはDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応している?日本でもついに使えるように。個人と仕事の電話を1台で待受できるのが便利!

個人と会社の回線でデュアルSIM
SPONSORED LINK

Androidの世界では日本においても、わりと一般的になってきたDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)。

2枚のSIMカードを同時に使用して、使い分けができる機能

一般ユーザー
何が便利なのか、よく分からない……。

スマホや通信サービスにあまり詳しくない方はよく分からないと思うが、ガジェット好きなら「ワクワクする」マニアックな機能だ

グローバルスマホの代表格である「AppleのiPhone」も、2018年9月に発表した「iPhone XS」および「iPhone XR」以降、iPadもほぼ全モデルがデュアルSIMに対応している

しかし、2つ目のSIMが「eSIM」で、日本ではほぼサービス提供されていなかったため、実質的には使えない状況が続いていた。

しかし、2021年9月にドコモもサービスを提供し、これでサブブランド含む主要キャリアにおいて、eSIMが使えるようになった

この記事では、以下を紹介しようと思う。

  • iPhone・iPadのデュアルSIM対応状況
  • 日本の「eSIM」サービス対応状況
  • iPhoneでeSIMでのDSDSを使った感想
チー
プライベートと会社の回線を、1台のスマホで待ち受ける。電話とデータ回線を分けるなんて用途におすすめです!

SPONSORED LINK

「eSIM」ってなに?

eSIMではなくSIMカードが主流の日本

本題の前に、「eSIM」というサービスについて簡単に解説しようと思う。

「eSIM」とは、携帯通信事業者の業界団体「GSM Association(GSMA)」が仕様を策定した、SIMカードをソフトウェア化し、端末画面上で複数のキャリアを選択できる規格

簡単にいえば、

物理的なSIMカードなしで、モバイルデータ通信できるようになるサービス

という感じだろうか。

iPhone・iPadのデュアルSIM対応状況

iPhone XS Maxゴールド 256GB

iPhone・iPadのデュアルSIM対応はわりと早く、2018年モデルから。

ただし、とくにHUAWEIなど中国製スマホは「SIMカード2枚差しのデュアルSIM」であったことに対して、日本のiPhoneは「SIMカードとeSIMのデュアルSIM」だった。

にもかかわらず、日本ではeSIMサービスがまったく提供されていないという……。

ではなぜ今になって「eSIM」が盛り上がりつつあるのか。

それは2020年に誕生した、菅内閣が携帯料金値下げ・乗り換えの促進を目指し、各キャリアに対して「eSIM」の導入を強く要望したため

結果、iPhoneの対応から2年たっても一部キャリアが採用するだけだったのに、2021年9月には全キャリアが導入した

eSIMで乗り換えが促進されるとは思わないが、日本でも普通に使えるようになったことが最大のトピックだ

モデル毎の対応状況を簡単にまとめてみる。

iPhoneのデュアルSIM対応

モデル名モデル番号デュアルSIM対応備考
nano-SIM
eSIM
nano-SIM
nano-SIM
eSIM
eSIM
iPhone 6s-×××
iPhone 7-×××
iPhone 8-×××
iPhone X-×××
iPhone XS全モデル××
iPhone XS MaxA2104××中国大陸(香港版)
上記以外××日本版を含む
iPhone XRA2108××中国大陸(香港版)
上記以外××日本版を含む
iPhone 11A2223××中国本土・香港版
上記以外××日本版を含む
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
A2217
A2220
××中国本土・香港版
上記以外××日本版を含む
iPhone SE(第2世代)A2298×××中国本土版
全モデル××日本版を含む
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
A2408
A2412
××中国本土・香港版
上記以外××日本版を含む
iPhone 12A2404××中国本土・香港版
上記以外××日本版を含む
iPhone 12 mini全モデル××
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
A2639
A2644
×中国本土・香港版
上記以外×日本版を含む
iPhone 13A2634×中国本土・香港版
上記以外×日本版を含む
iPhone 13 mini全モデル×

一般的な「デュアルSIM対応」とは、スマホ内にSIMカードを2枚挿入できる状態を意味する

日本では長らく「eSIM」は提供されなかったので、SIMカード2枚刺しできる、「中国本土版・香港版」をわざわざ購入する人も多かった

しかし、2021年10月現在はdocomoなどの大手キャリア、Y!mobileなどのサブブランドを含め、ほぼ全キャリアがeSIMに対応している。

わざわざ海外版を購入するメリットは薄い

そう言いきってよいかと思う。

iPadのデュアルSIM対応(Wi-Fi + Cellular版のみ)

モデル名モデル番号デュアルSIM対応備考
nano-SIM
eSIM
nano-SIM
nano-SIM
iPad(iPad 2および第6世代まで)-××
iPad(第7世代以降)-×
iPad mini 4まで-××
iPad mini(第5世代以降)-×
iPad Air 2まで-××
iPad Air(第3世代以降)-×
iPad Pro(第2世代まで)-××Apple SIMには対応
iPad Pro(第3世代以降)-×

iPadのデュアルSIM対応は「Wi-Fi + Cellular版」のみとなる(=Wi-Fi版は対象外)。

デュアルSIMにも近年のモデルは対応しているが、電話機能がないため、海外渡航などのケースを除き、活用している人をみかけたことがない(笑)

AndroidのデュアルSIM対応

OPPO「Reno A」

最後は余談だが、iPhoneのライバルとも言える、Androidの対応状況を簡単に。

日本国内で流通している、Androidは大きく分けて2種類だ。

  • ドコモなどのキャリアが販売するAndroid
  • SIMフリーで流通するAndroid

前者はiPhoneと同じような対応で、ほぼデュアルSIMには対応していない。例外と言えるのは、Google「Pixel」だけ。

iPhoneと同じく2枚目は「eSIMなので、ようやく活躍の機会がうまれている。

後者は「中国メーカーのスマホ」が主に対応をしている状況で、日本でも比較的安価に入手が可能。

HUAWEI・OPPOなどが販売するSIMフリー版なら、SIMカード2枚のデュアルSIMが利用できる。

iPhoneでeSIMによるDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)を使った感想

個人と会社の回線でデュアルSIM

実際のところ、eSIMを使っているのかと問われたら使っている。

僕は「一般社団法人はれとこ」という会社を経営しているのだが、個人用回線と法人用回線は分けている

具体的には個人はdocomo、法人はY!mobileを利用しているのだが、どちらもSIMカードしかなかったのでスマホ2台を持ち歩いていた。

しかし、今はeSIMが使えるので以下のようにわけることで、iPhoneを1台持っておけばよくなった

  • 個人回線のdocomoは「eSIM」
  • 法人回線のY!mobileは「nano-SIM」

一般的なデュアルSIMの用途は、データ専用回線だろうが、会社員の人は、会社スマホを持ち歩く手間が減るというメリットがある

チー
これはめっちゃ便利!!

セットアップ手順はキャリアによるが、基本的には契約手続きが終われば、アクティベーションコードをカメラで読み込むだけですぐに使えるようになる

思った以上に柔軟な仕組みだ。

具体的には以下の3点。

iPhoneのDSDSで便利な点
  • 電話は同時に待受できる(個人用・仕事用の使い分けが簡単)
  • 電話の発信・着信時に、どちらの番号を使っているかが分かる
  • モバイルデータ通信を利用する回線を選べる

電話は同時に待受できる(個人用・仕事用の使い分けが簡単)

IIJmioがメイン回線

iPhoneでDSDSが使えるようになったことを、「めっちゃ便利」と思えた理由として一番大きいのは、個人(プライベート)と仕事用の電話番号を、1台のスマホで使いわけられるからだ

今や、会社用の携帯・スマホを貸与されることは珍しくなく、僕も会社員時代はよく使っていた(今はフリーランス)。

ただ、「携帯を2台持ち歩く」というのは面倒だし邪魔だ。

かつてドコモが「2in1」というサービスを提供していたが、あんなサービスが欲しいと常々思っていた。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)であれば、それが実現できる。

電話の発信・着信時に、どちらの番号を使っているかが分かる

任意の回線名称を設定する

ただ、2つの電話番号で電話が受けられるといっても、どちらの電話番号にかかったのか分からないと、着信時に迷ってしまう。

このあたりも、iOSはちゃんと考慮してくれていた。

着信した回線名がわかる

DSDSのセットアップ時に、任意の回線名を設定できるのだが、その名前が以下に表示される。

  • 着信画面
  • 発信画面
  • 発着信履歴画面

なので、たとえば個人用・仕事用みたいな名前を付けておけば、知らない番号からの着信でも、「どちらの番号にかかってたんだろう?」と悩むこともない。

モバイルデータ通信を利用する回線を選べる

任意の通信サービスに切り替えられる

そして、DSDSのある意味メインといえる、モバイルデータ通信の使い分けだ。

使ってみて、大手キャリアは積極的に導入しなかった理由がよく分かった

DSDSを設定すると、モバイルデータ通信をデフォルト利用する回線を選択できる。

デフォルト回線の選択

つまり、以下のような使い方が簡単に設定できる。

  • 音声通話は「ドコモ」を使う
  • モバイルデータ通信は格安SIMを使う
チー
これを使う人が増えたら、大手キャリアはたまったものじゃないだろうな……。

総務省がやっきになって通信料を下げようと、格安SIMへの移行を促進しているが、思いのほか動かない理由の1つは「家族縛り」だ。

LINEなど音声通話手段が増えたとはいえ、「家族間通話無料」のインパクトは大きく、これがあるから携帯キャリアを変えないという人は多い。

しかし、DSDSを使えば、音声通話は大手キャリアにしたまま、データ通信は安価な格安SIMという使い方ができてしまう

チー
設定ハードルがちょっと高く、まだまだ「詳しい人向け」だけど、メリットを理解する人が増えれば一気に普及しそう

欠点は機種変更など端末が変わった時の移行とSIMロック解除必須なこと

iPhoneでQRコードを読みこむ

ただ、eSIM利用にも欠点がある。

契約情報を端末内に保存するため、SIMカードと違い、機種変更などで端末が変わった場合に、抜き差しで移動なんてことができない。

毎回オンラインでの手続きが必要で、これはある意味面倒かもしれない。

また、他社回線を使用するという意味で、Appleで購入したSIMフリーiPhoneを利用しているケースを除き、「SIMロック解除」が必須となる。

チー
まだまだ「詳しい人」向けのサービスだとは思います…。

終わりに

個人と会社の回線でデュアルSIM

iPhoneで夢のDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)

「夢の」と敢えて表現したが、それくらい便利なサービスだと思う。

是非活用して見て欲しい。

2018年9月以降に発売した、iPhone・iPadは「eSIM」に対応し、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)ができます。

eSIM利用時の注意点
チー
2021年9月についにdocomoも対応!

これで、大手キャリア(サブブランド含む)を含めて、主要キャリアでeSIMが使えるようになりました

iPhoneの対応モデルとおすすめ

とりあえずeSIMを体験するなら、iPhone SE(第2世代)かiPhone 11がおすすめです。

チー
eSIMはモデルによって機能の違いはないので、対応モデルを使っているならまずは使ってみましょう。

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!