指紋認証センサー「Touch ID(第2世代)」のメリットはスピード。iPhone 6s以降に採用された新センサーの魅力とは

iPhoneの選び方
SPONSORED LINK

iPhoneでは、2013年発売のiPhone 5sから採用された、指紋認証「Touch ID」。

あまり大々的にアピールされていないが、「Touch ID」は2種類ある

大きく分けると、

  • iPhone 6まで採用された、「Touch ID第1世代」
  • iPhone 6s以降で採用されている、「Touch ID第2世代」

だ。

見た目上の違いはなく、違いは「センサー」なのだが、この記事では「Touch ID第2世代」について紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

Touch ID第1世代の不満

指紋認証Touch IDはiPhone 5sから

2013年発売のiPhone 5sから採用された、指紋認証「Touch ID」は僕には非常に便利だった。

指紋認証技術そのものは、当時も特別真新しいものではなく、

  • 主に富士通製のガラケーやスマートフォン
  • 銀行のATM

などで見かけており、一般的とまでは言わないが、珍しいものでもなかった

なので、iPhoneに採用されたTouch IDの凄さは、指紋認証技術というより、使い勝手にあったと僕は思う

具体的には、

  • 操作の起点となる、ホームボタンに指紋認証を埋め込む
  • アプリ購入などでも利用可能となるなど、iOS全体で利用できるようにした

といった辺りだろうか。

これまでは、

指紋認証の存在は知っているけど、使っていない

という人が多かったが、Touch IDは『生体認証を使いやすくした』という意味で革新的だったと思う。

ただ、不満もあった。

  • 汗ばんだり、手洗い直後の湿った手(指)
  • 手荒れ乾燥などでカサカサの手(指)

これらのシーンでは、使い物にならない。

これはTouch IDというより、指紋認証の宿命と思っているので、分かる人には分かっている話だった。

なので、

「やっぱりだめか」

と言っている人も多かったが、特に女性の不満は強かったようだ。

iPhoneのセキュリティ対策「指紋認証Touch ID(第1世代)」の欠点とは

2015.09.11

「Touch ID」第1世代・第2世代比較で分かりやすいのは「スピード」

第2世代のTouch IDセンサー

iPhone 5sから搭載された指紋認証「Touch ID」は、iPhone 6sから第2世代のセンサーを搭載して進化した。

スペック上の表記では

センサーを強化

という程度の記載しかされていないが、これがびっくりするほど進化している。

とにかく認識スピードが速くなっているのだ。参考に比較動画をUPしたので参考にして欲しい。

右側が圧倒的に早いことが分かると思う。

  • 左側が、第1世代の「iPhone 6 Plus」
  • 右側が、第2世代の「iPhone 6s」

だ。

「認識スピードの速さって重要?」

そういう意見はあるだろうが、これを体感すると快適さが全く違う。

iPhone 6までのセンサーが遅いとは思っていなかったが、これを体験してしまうともう戻れないレベル。

ただ、「Touch ID第2世代」の進化はスピードだけではない。

湿った手やカサカサの手など「Touch ID」が苦手だった指も高精度で認識

指紋認証はスマホセキュリティ対策の基本

それは、

  • 汗ばんだり、手洗い直後の湿った手(指)
  • 手荒れ乾燥などでカサカサの手(指)

など、「Touch ID第1世代」が苦手だった指の認識率も改善したことだ。

トイレに行って手を洗った直後とかは、今までTouch IDが認識しないことの方が多かった。

だが、iPhone 6sからはそういう事がほとんど無い。

カサカサの手での認識については実体験としては分からないのだが、そういう理由で今までTouch IDを使ってこなかった友人が、「今回はいける」と絶賛していたので、乾燥肌にも強くなったのだと思う。

もちろん『絶対に正しく認識する』わけではない

ただ、従来はわりと多かった認証失敗が大幅に減り、認証失敗するシーンが大幅に減ったことは大きい。

これはTouch IDを使っていた人にとってはものすごく嬉しいこと。

「Touch ID第2世代」を採用しているiPhone

このように悪いことは全く無い「Touch ID第2世代」だが、搭載しているiPhoneをまとめると以下のようになる。

2018年6月時点のiPhoneです
モデルTouch ID搭載有無センサー種類
iPhone 5s
iPhone 6・iPhone 6 Plus
iPhone 6s・iPhone 6s Plus第2世代
iPhone SE
iPhone 7第2世代
iPhone 7 Plus第2世代
iPhone 8第2世代
iPhone 8 Plus第2世代
iPhone X×

基本的には、2014年9月発売のiPhone 6s・iPhone 6s Plus以降は第2世代と覚えておけばよいと思う。

唯一の注意点は、iPhone SEは第2世代ではないということだろうか。

終わりに

「Touch ID」は便利そうだけど使っていない

という声は、登場から5年経過しても未だに耳にする。

確かに肌質などで合う合わないがあるのは事実だが、とりあえず設定して使ってみる価値はある

特に、この記事で紹介した「Touch ID第2世代」はかなり進化しているので、快適に利用できると思う

iPhoneのセキュリティ対策「指紋認証Touch ID(第1世代)」の欠点とは

2015.09.11

Face ID(顔認証)は使える?暗闇・マスクを着けていたら認識しないので不便です

2017.11.26

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

iPhoneはAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー版が、キャリア版はSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

スマホをネットで買うメリットは?ドコモオンラインショップは新規契約・MNP・機種変更の事務手数料が無料!

2014.09.27

ドコモでiPhoneを買うのは安い?「SIMフリー+格安SIM」とどっちがお得かを料金比較

2017.11.14

あわせて読みたい

SPONSORED LINK