iPhone 5sの魅力とは。お勧め機能はTouch IDとスピードです

SPONSORED LINK

iPhone 5s 32GB ゴールド(au)を購入して3週間ほど経過した。

ここ数年はiPhoneを毎年買替えていて、4S(SoftBank)→5(au)→5s(au)と使っている。

特にiPhone 5から買替える価値はあるのか、という観点で簡単に感想をまとめてみようと思う。

SPONSORED LINK

iPhone 5sの良いところ

64bitに対応したA7プロセッサなど、内部の高速化をAppleはアピールしているが正直そのメリットを体感する機会はあまりない。

特にiOS 7で使うと、5より若干早い印象はあるが、「めっちゃ早い!」という程のものではない。

性能差を一番実感できるのは、カメラの部分だろうか。

カメラ性能の凄さ

iOS 7の新機能として写真撮影時のバーストモードがある。

このバーストモードはiOS 7の機能なのでiPhone 5でも使えるが、この連写スピードは圧倒的に違う。

特に動く被写体を撮影する時には便利な機能だ。また、5s専用のスローモーションも使える。利用シーンはかなり限定されるが、A7プロセッサと新しいイメージセンサーの威力は強力だ。

だが、最近流行の高級コンデジやデジタル一眼(ミラーレス含む)を、普段から持ち歩くような人にはあまり関係ないと思う。

どこまで行っても専用機には勝てないので。

指紋認証「Touch ID」の超絶便利さ

もう一つは何と言っても「Touch ID」という指紋認証機能

この機能にどれだけの価値を求めるか次第で、5sの価値は変わると思う。個人的にはこの機能はめちゃくちゃ便利で、お勧め。

指紋認証「Touch ID」のメリットとお勧め設定内容。iPhoneユーザーは必ず設定しておこう!

2013.10.19

「指紋認証は何となく面倒くさそうで、、、」と思っている人も、「Touch ID」は1度使ってみることを激しくお勧めする。

スマートフォンは手のひらに収まる小型パソコンと言える。

連絡先などの個人情報から、ID・パスワードみたいなセンシティブな情報も沢山格納される。

「Touch ID」は比較的緩い指紋認証なので、絶対的な信頼は出来ないが、パスコードロックよりははるかにセキュアなので、その1点で5sを購入する価値はある。

5cとの価格差が定価だと1万円程度である事もあり、MNPの高額キャッシュバックなど関係無しで購入するならやはり5cよりは5sがお勧めだ。

iPhone 5sのイマイチなところ

正直なところあまりない。

iPhone 5からは確実にブラッシュアップされているし、iPhone 4Sと比べたら相当な進化を感じられる。

細かい不満はあるが、それはどちらかと言えばiOS 7に対する不満であってiPhone 5sに対する不満ではない

敢えて言えば、やはり本体の形状だろうか(5も共通)
iPhone 5を裸で使って感じたが、どうも角張った感じが強く手にしっくりと収まらない。

裸で使うなら5cの方が絶対いいと思ってしまう。高級感はあるが、使いやすいかと言うと正直微妙な部分。

ところが、それは今使っているApple純正ケースが解決してしまった。

汚れが付きやすい、剥げやすいなど問題はあるのだが、純正ケースとiPhoneの組み合わせはものすごく使い勝手が良い。

まるで最初からそうだったかのような感覚を持ってしまう。

Apple純正iPhone 5/5s用ケースをチェック。純正ならではの高い質感が魅力

2013.09.23

軽さと持ちやすさのバランスを考えたら、裸が最強と思っていたが、純正ケースを使ったら裸より純正ケースと思ってしまった。

iPhone 5sは買いか?

指紋認証を使いたい、または興味があるという人は間違いなく買い!

またau版iPhone 5を使っていて、LTEの電波に不満を持っている人は買替えても間違いない(ただしここは5sと5cはどちらも一緒)。

800MHz帯のau 4G LTEは本当に「ダントツ田中」だった!iPhone 5とのあまりの差に絶句

2013.10.12

逆にSoftBankのiPhone 5ユーザーはそこまで積極的に買替える必要はないと思う。ざっくり分ければ、

iPhone 4Sユーザー買替えて後悔することはない
iPhone 5ユーザー(au)電波に不満があれば、5cまたは5sに買替えれば劇的に改善
iPhone 5ユーザー(SoftBank)「Touch ID」を使いたいなら、買換の価値あり
docomoユーザーiPhoneを待っていたならいつでも買替えて良いが、インフラやサービス面の整備を末なら年明けが無難

こんな感じだろうか。

終わりに

スマートフォンの進化も落ち着いて、一時期よくあったいわゆる「ゴミ端末」はほとんど無くなった。

ユーザーも増えてすっかり一般化した印象がある。

また、iPhoneについては基本的に4Sで完成した印象が強く、自分で言うのも何だがもはや毎年買替えるようなものではなくなっていると思う。

「Touch ID」のようなハード的な新機能を求めなければ、OSは最新のものが使えるし2年毎ですら買替える必然性が薄くなっている。

「壊れたから買替える」

スマートフォンにもそんな時代が近づきつつある事を感じてしまう。

今回は「買いとか」・「待ち」とかそういうものではもうない気がする。

iPhone 5sを購入したことに後悔はない。でも、「絶対買うべき!!」と強く勧められる程の、革新性はもう無くなってきた感じがしますね。

でも、少なくとも4S以前のユーザーが買替えたら、こんなに変わったのか!!と驚くくらいの、革新性はまだ残っていると思う。

iPhone 5s後継となる、4インチiPhoneの最新モデル「iPhone SE」はAppleやUQ mobile・Y!mobileなどサブブランドを中心とした、格安SIMで幅広く販売されています(大手キャリアはdocomoを除き完売です)。

AppleではSIMフリー版が、格安SIMではSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

格安SIMの契約は、オンラインショップがお手軽です!

iPhone SEレビュー。4インチiPhoneの魅力は手のひらに収まる「機動力」

2017.04.19

節約だけで格安SIMを選んで大丈夫?主婦/主夫目線で、安さNo.1でない「UQ mobile」を選択した5つの理由

2018.02.15
SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)