運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

【2021年版】iPhone 6s・SE(第1世代)から機種変更するならどれがいい?ドコモ・au・SoftBank・格安SIM別におすすめiPhoneの選び方を解説

iPhone 6s・iPhone SEからの機種変更
SPONSORED LINK

近年は「Y!mobile」などサブブランドの主力機として販売されていた、iPhone 6siPhone SE(第1世代)

まだまだユーザーが多いが、2018年9月に販売終了となり2年以上経つので、そろそろ機種変更を考える方も増えただろう。

iPhone 6sを機種変更する場合、次は何を買うのがおすすめ?

この記事では、

iPhone 6s・iPhone SE(第1世代)から機種変更する際の、おすすめiPhone

を紹介しようと思う。

チー
2020年4月に発売した、iPhone SE(第2世代)が圧倒的に高コスパ!

だけど、僕は新しいiPhoneである「iPhone XR」もおすすめしたい!

また、ただおすすめを紹介するのではなく、現在利用しているキャリアごとに最適なiPhoneを紹介するので、要点だけ知りたい方は、下記リンクをタップして目的の情報だけ読んでくださいね

この記事はiPhone 6s・SEからの機種変更候補を紹介しています。

他モデルをお使いの方は、以下の記事をご覧ください。

SPONSORED LINK

2021年時点のiPhone 6s・SEユーザーの傾向

iPhone6s.jpg 2021年時点でiPhone 6s・SEを使っているのは、主に以下の方だろう。

  • 大手キャリア(docomo・au・SoftBank)でiPhone 6sを使っている
  • UQ mobile・Y!mobile(サブブランド))iPhone 6sを使っている
  • その他の格安SIMでiPhone 6sを使っている

iPhone 6sは2015年9月に発売されたモデルだが、スマホとしては恐ろしく息の長い製品だった

しかも、特筆すべき点は2021年時点でも「特に不満無く使える」こと

僕も、自宅用として未だに手元に残しているし、僕の母親がiPhone 6sユーザーだが、グラフィックが凝っている最新ゲームでもプレイしない限り、普通に使える。

iPhone 6sユーザー
最新モデルとか興味もないし、今のままでいいけど、そろそろ古くなったので機種変更したい。
2021年時点のiPhone 6sユーザーはそんな方が多いと思う。

iPhone 6s・SEから機種変更候補となるiPhone

iPhone XRがおすすめ

このため、僕がおすすめしたいiPhone 6sから機種変更候補とするiPhoneは、以下の条件を設定する。

  • 値段が安いこと(=コスパが高いモデルであること)
  • 長く使えること
2021年8月現在、販売されているiPhoneとキャリア毎の販売状況をまとめると以下のような感じ。

モデル名 発売年月 Apple 大手キャリア 格安SIM 実勢価格
iPhone 7 2016年9月 × ×
※在庫限り
3万円程度
iPhone 8 2017年9月 ×
※在庫限り
× 4万円程度
iPhone X 2017年11月 × × × 販売終了
iPhone XS 2018年9月 × × × 販売終了
iPhone XR 2018年10月 × 60,280円〜
iPhone 11 2019年9月 × 71,280円〜
iPhone 11 Pro 2019年9月 × × 115,344円〜
iPhone SE(第2世代) 2020年4月 49,280円〜
iPhone 12 2020年10月 × 82,280円〜
iPhone 12 Pro 2020年10月 × 117,480円〜

下に行くにつれて、新しいモデルでつまり価格も高くなって行く。

また、最新モデルは2020年10月14日に発表された。

iPhone 12 Pro/iPhone 12発表

最新モデルが欲しい方はそちらを狙えばよいと思うが、同時に旧モデルとして値下げされたiPhoneを狙うのもよいと思うiPhone 12発表に伴う、旧モデルの動きは以下。

2020年に値下げされたiPhone

コスパの高いモデルは、値下げされた「旧モデル」

これがセオリーなので、僕は以下2モデルを機種変更候補としておすすめする。

おすすめモデル
  • iPhone 6sとほぼ同じ見た目で、スペックが大幅に向上した「iPhone SE(第2世代)
  • 1万円高くなるが、iPhone X系の操作体系で新しく、画面も大きい「iPhone XR
型落ち(旧モデル)iPhoneの狙い目を解説

本命となるおすすめモデルは「iPhone SE(第2世代)」

iPhone SE(第2世代) (PRODUCT)RED開封フォトレポート

まず、iPhone SE 第2世代のおすすめ理由を紹介しよう。

ちなみに、同タイプのモデルとして、、iPhone 7・8を除外した理由は、Appleが販売終了したこと。

2021年8月時点では格安SIMでまだ販売されているが、iPhone 6sから見た場合、「1世代か2世代新しいだけ」なので長く使えそうになく、機種変更候補としての魅力も薄い

このため、iPhone 6s・SEからの機種変更先として、イチオシモデルは何かと問われたら、以下のように答える。

チー
無難な選択肢は「iPhone SE(第2世代)」。

個人的なおすすめは「iPhone XR」!

iPhone SE(第2世代)はとにかくコスパが高い。

iPhone SE(第2世代)のおすすめポイント
  • プロセッサが「A13 Bionicチップ」に最新化
  • 「ポートレートモード」対応などカメラ機能が進化
  • USB-PD急速充電・ワイヤレス充電
  • デュアルSIM対応(2枚目は「eSIM」)
  • マスクをつけても使える指紋認証「Touch ID」採用
  • 価格が「税込5万円以下」と圧倒的に安い

iPhone 7・8が時間をかけて、5万円程度に値下げされたのに対して、iPhone SE(第2世代)はSIMフリーでも「税込5万円以下〜」と圧倒的に安いことが最大の魅力

ホームボタンと指紋認証「Touch ID」を採用しており、iPhone 6sとほとんど見た目が変わらないことが、メリットでありデメリット。

操作性が変わらないことによる「安心感」を重視するなら、iPhone SE(第2世代)を選択するのがよいだろう。

iPhone SE 第2世代長期利用レビュー

変化を求めるなら「iPhone XR」

iPhone XRコーラル開封レビュー
せっかく機種変更するのに、代わり映えがしない……。

そう思う方も多いだろう。

そんな方におすすめするのは「iPhone XR」だ。

理由は大きく分けると4点ある。

iPhone XRをおすすめする理由
  • 大手キャリアでも購入できる
  • AppleのSIMフリー版でも「60,280円(税込)〜」と安くなった
  • 2018年モデルのため、2世代前のモデルに該当し「底値でコスパが高い」
  • 2021年現在の主力である、ホームボタンを廃止し全面ディスプレイ化した「iPhone X系」であること

さらに上位モデルが気になる方もいるだろうが、1万円ずつ高くなって行く仕組みになっているので、予算感にあわせて選択してほしい。

2021年8月時点でApple Storeで販売されているiPhoneの最低価格です。
モデル名 発売年 ストレージ 価格(税込)
iPhone 12 Pro 2020年 128GB 117,480円〜
iPhone 12 2020年 64GB 82,280円〜
iPhone 11 2019年 64GB 71,280円〜
iPhone XR 2018年 64GB 60,280円〜
iPhone SE 第2世代 2020年 64GB 49,280円〜

iPhone 12」あたりまでは、購入候補にいれてもよいかと思う。

チー
iPhone XRは2020年10月から「1万円」値下げされ、SIMフリー版も「60,280円(税込)〜」と底値になったので、コスパ重視の方にはおすすめ!
iPhone XR徹底レビュー

契約種別毎におすすめするiPhone 6sからの機種変更候補

iPhone 6sはうれまくったモデル

iPhone 6sユーザーは本当に多い。

僕の周りでも、まだ使っている人が沢山おり、通信契約は多岐に渡っている。

大きく分けると、以下のパターンだ。

  • docomoでiPhone 6sを使っている
  • au・SoftBankでiPhone 6sを使っている
  • UQ mobile・Y!mobile(サブブランド)でiPhone 6sを使っている
  • その他の格安SIMでiPhone 6sを使っている

以降はタイプ別で、おすすめの購入方法と対象機種を紹介しようと思う。

docomoユーザーは「iPhone SE(第2世代)」か「iPhone XR」

iPhone SE(第2世代)発売

docomoのiPhone 6sユーザーは、主に2種類に分かれる。

  • 月々サポート契約で購入
  • docomo withで購入

どちらのユーザーでも、購入は以下のどれかになるだろう。

ドコモオンラインショップで「iPhone XR」は販売終了しました

スマホおかえしプログラムに関しては、以下の記事で詳しく解説しているが、36回分割払いで、24回支払後に「返却」すると残債が免除されるという仕組み。つまり「リース」の考え方だ。

スマホおかえしプログラムを徹底解説

一見安く見えるが、「注意点」もある。ドコモとAppleのiPhone SE 第2世代を例に価格をみて欲しい。

容量 価格
Apple docomo
定価 スマホおかえしプログラム
実質負担額
64GB 49,280円 57,024円 38,016円
128GB 54,780円 62,568円 41,712円
256GB 66,880円 75,240円 50,160円
チー
「定価」はドコモの方が高いんだ!

「2年間の実質価格」は確かに安いが、2年を超えて使えば損する仕組み。しかも、返却が条件なので手元にも残らない。

つまり、

2年毎にキッチリ機種変更する

という使い方で、ある程度新しいモデルを使い続けたい方に限り、従来の24回払いに比べ、1ヶ月あたりの負担も減るため購入しやすくなる仕組みだ

チー
スマホおかえしプログラム」では、同じ機種を3年使うのは損です。

同じ機種を長く大事に使うのは、「美徳」にはならないですよ。

\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

同じ端末を長く使いたいなら、SIMフリーの「iPhone SE(第2世代)」か「iPhone XR」

iPhone SE(第2世代) (PRODUCT)RED開封フォトレポート 2021年現在のiPhone 6sユーザーには、同じスマホをなるべく長く使いたい・iPhoneしか使えないという方も多いだろう。

そんな方に、2年で返却が前提の「スマホおかえしプログラム」はおすすめできない。

3年以上使えば、ドコモの方が高くなる

というのが最大の理由。
なので、iPhoneを使いたいなら、AppleのSIMフリー版をおすすめする。

ドコモのiPhoneじゃなくても使えるの?

という質問はよく受けるが、ドコモ版と同じようにSIMカードを差し替えるだけで使える

iPhone SEはもちろん、ドコモでは販売終了となった「iPhone XR」も購入できることも魅力なので、これを機会に購入してみてはいかがだろうか。

\ SIMフリーが送料無料で買える /

Apple StoreのiPhone SEをチェック

  • 49,280円(税込)と安い!
  • プロセッサはiPhone 11 Proと同じ
  • ストレージも最低64GBと十分
SIMフリーiPhoneの魅力とおすすめのキャリア

docomo withのiPhone 6sユーザーは、権利を維持するのが無難

docomo withにiPhone 7が追加

また、「docomo withのiPhone 6sユーザー」もいると思う。

docomo with」は、「税込1,650円割引きが永年続く」というプランだったのだが、2019年5月31日で新規受付を停止した。

少なくとも、旧プランを契約し続ける限りは、docomo withの権利を維持した方がお得だと思う。

ちなみに、定価で端末を購入すれば、「スマホおかえしプログラム」で端末を購入しても、docomo withの権利は維持できる

端末購入 分離プランの契約 クーポン値引き スマホおかえしプログラム加入 docomo withの扱い
ハイスペックモデルを購入 あり - - 不可
なし あり あり
なし
なし あり
なし
スタンダードモデルを購入 あり - - 不可
なし あり -
あり -

分離プラン「ギガホ・ギガライト」に加入すると、docomo withの権利は失われてしまうのだが、分離プランにも当然メリットはある。

ギガホ・ギガライト

ドコモユーザーは、家族で通信量をシェアしている人が多いため、家族の回線と合わせて検討するのが良いかと思う

ドコモ回線を7回線保有している、我が家のシュミレーションは以下の記事を参考にして欲しい。

docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

au・SoftBankユーザーは「iPhone SE(第2世代)」か「iPhone XR」

au・SoftBank

では、残る大手キャリアのau・SoftBankユーザーはどうするか?

docomoになくて、au・SoftBankにあるのは、「格安SIMとして展開するサブブランド」だ

があり、最も価格が安い「iPhone SE(第2世代)」はこちらでも販売している。

安価なiPhoneを使いたいなら、サブブランドに乗り換える

これが王道になるだろう。

なお、公式に販売していないが、サブブランドでも「iPhone XR」などは利用可能。

端末の購入方法は、ドコモと異なり名称がコロコロ変わるのだが、36回 or 48回の分割払いで、24回支払後に「返却」すると残債が免除されるという仕組みである点は同様。

なので、おすすめモデルも同様となる。

  • 2年程度での機種変更するなら、au・SoftBankで「iPhone SE(第2世代)」
  • 長く使うなら、SIMフリーの「iPhone SE(第2世代)」か「iPhone XR」

通信契約については、大手キャリアに残るか、サブブランドへ乗り換えるか含めて任意で選べばよいと思う。

ただ、同一ブランド内での、MNPは優遇されないため、乗り換えるのであれば基本方針は以下となる。

両社の料金プラン、端末価格はほぼ横並びなので、大きな違いは無い。

UQ mobile Y!mobile 比較 ゆりちぇるアイキャッチ

格安SIMユーザーは「iPhone SE(第2世代)」

サブブランドでiPhone SE第2世代の販売開始
サブブランドのUQ mobileY!mobileはiPhone 6sを、大手キャリアと同じような形で販売していた。

このため、UQ mobile・Y!mobileのiPhone 6sユーザーは、大きく2パターンに分かれる。

  • docomoなどで購入したiPhone 6sをSIMロック解除して使っている
  • UQ mobile・Y!mobileで購入したiPhone 6sを使っている

その後、長らくiPhone 7を販売し、機種変更候補がなかったのだが、2020年8月27日からついに状況が変わった

チー
大本命となる、「iPhone SE 第2世代」がUQ mobile・Y!mobileで販売開始!

機種変更の場合、AppleのSIMフリー版より高くなるが、大手キャリアと異なり「買い切り」であることが最大の魅力

サブブランドiPhone SEの特徴
  • 新規・MNPではAppleのSIMフリー版より安い
  • 2年後に機種変更したら安くなるなどの条件はなく「買い切り」

元々、iPhone SE 第2世代は価格を重視するユーザー向けの端末で、格安SIM向けと考える人は多かったので、サブブランド各社はかなり気合いを入れて投入してきたようだ

特にUQ mobileは、機種変更でもAppleのSIMフリーより安くなっている。

iPhone SE 第2世代 64GBでの価格比較です
Apple UQ mobile Y!mobile
新規 機種変更 新規 機種変更
49,280円 35,640円 43,560円 39,600円 50,400円
チー
ほっといても売れるiPhone SE 第2世代が、サブブランドでの販売開始で、さらに売れまくると思う!
Y!mobile最新キャンペーン情報ゆりちぇるアイキャッチ
UQ mobile キャンペーン情報 ゆりちぇるアイキャッチ

安く買う方法は下取りの活用(Appleの下取りがおすすめ)

AppleのiPhone下取りプログラム

iPhoneを機種変更する場合、地味に大きいのが今使っているiPhoneの下取り

Androidと最大の差別化ポイントともいえる、リセール価値の高さは、2021年現在も健在。

iPhone 6sシリーズの下取り価格を、Apple公式・大手キャリアで比較すると以下のようになる。

Apple ドコモ au SoftBank
iPhone 6s 最大5,000 円 1,600〜3,900 円 3,300〜5,500 円 3,600 円
iPhone 6s Plus 最大8,000 円 7,400〜11,100 円 5,500〜9,900 円 3,600 円
還元方法 ギフト券・ポイント・PayPay
還元回数 一括
チー
4年以上前の機種が、未だに1万円ほどの価値があるなんて凄いね

金額だけみると魅力は薄いが、実はかなり使いやすいいのがAppleの下取りプログラム「Apple Trade In」。

キャリアの買取は基本的に、端末購入時や購入履歴のある端末に限定されるなど、条件が多い

しかし、Appleの場合はそのような条件もなく、キャリアの買取と同じく、本体だけ返送すれば、サクッと下取りが完了する(=Lightningケーブルや充電器の返却は不要)

Apple StoreでSIMフリー版を購入し同時申込みした場合を除き、Appleストアギフト券での還元となるが、iPhoneケース・ケーブルなどのアクセサリ購入に使えばよいかと思う。

同時申込みの場合は、現金キャッシュバックとなります
\ Apple Trade Inはサクッと下取り /

下取り価格をチェック

AppleのiPhone下取りプログラム

通信費を節約するなら楽天モバイルのeSIMを活用しよう

MNO楽天モバイルサービス開始

最後に、iPhoneを買い替えたら、ついでに通信契約も見直してみてはどうだろうか。

今回おすすめモデルとして紹介した、iPhone SE 第2世代とiPhone XRは、デュアルSIM」という仕組みに対応している

簡単にいえば、1つのスマホで2枚のSIMカードを挿入し、電話番号やデータ通信を使い分けることができる機能。

iPhoneでDSDS

2枚目のSIMは、カードではなく「eSIM」という仕組みで実現しているのだが、日本では導入するキャリアがなく使い物にならなかった。

しかし、2020年4月にサービス開始した「楽天モバイル」が、本格的にeSIMサービスを展開

かなり使いやすくなったので、この機会に使ってみてはいかがだろうか。

楽天モバイルeSIMの特徴
  • プラン利用料「3,278円(税込)」は1年間無料
  • 機種変更などにともなう、SIMの交換手数料は無料
  • Rakuten Link」を使えば、国内通話・SMSが全て無料

正直メイン回線として使うにはまだ不安があるのだが、2枚目の通信契約として1年間お試しするのはありだと思う

チー
僕も2つめの通信契約として、eSIMで楽天モバイルを使っているけど凄く簡単に設定できますよ!
\ 1GBまでなら無料 /

楽天モバイルをチェック

楽天モバイル iPhone iPad APN設定手順

終わりに

iPhone 6sはうれまくったモデル

というわけで、iPhone 6s・iPhone SE(第1世代)の機種変更候補を紹介してみた。

まとめると以下のような感じだ。

機種変更のポイント
  • iPhone SE(第2世代)」か「iPhone XR」がおすすめ
  • docomo・au・SoftBankの販売は「2年リース」で返却必須なので、強くおすすめしない
  • 「買い切り」のApple SIMフリー版が無難
  • デュアルSIM」に対応しているので、通信料金を節約したいなら「楽天モバイル」の検討を
チー
iPhoneの製品寿命は長くなっているので、安心して長く使えるモデルを選びましょう。
iPhoneの機種変更作業チェックリスト

この記事でおすすめした、iPhone 6s・SEからの機種変更候補としておすすめのiPhoneを紹介します。

▼一番のおすすめは圧倒的にコスパが高い「iPhone SE(第2世代)」

iPhone SE 第2世代長期利用レビュー

▼次点は底値のiPhone XR

iPhone XR徹底レビュー

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!