iPhone 6s/6s PlusのRAM(メモリ)は2GB!中古スマホ人気No.1の秘密は安定感

iPhone 6s
SPONSORED LINK

iPhone 6sはプロセッサ(CPU)や、LTE通信速度がUPするなど内部面のブラッシュアップが中心となっている。

ただ、僕は正直こういう部分にはあまり興味が無い。なぜなら、プロセッサの性能差が顕著なのはゲームだが僕はほぼやらないし、理論値上のLTE通信速度がUPしても実測的にそれほど大きくは変らないと思うからだ。

ただ、RAM(メモリ)だけは違う

前モデルに該当するiPhone 6では『1GB』で、これが原因で遅いのではないかと感じることが多かった。

そして、iPhone 6sでは2GBになり、一般的な操作において「遅い」と感じることがほぼなくなった。

iPhone 6sは2015年に発売したモデルだが、発売から2年以上経過した2018年時点においても、格安SIMにおいて主力モデルで、中古スマホとしても人気が高い。

RAM(メモリ)2GBの恩恵を感じたシーンを紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

iPhoneのRAM(メモリ)容量の歴史

まず、参考までに2017年末までに発売したiPhoneの、メモリ(RAM)搭載容量をまとめると以下のようになる。

モデルメモリ(RAM)容量
iPhone 3G128MB
iPhone 3GS256MB
iPhone 4・iPhone 4S512MB
iPhone 5・iPhone 5s・5c1GB
iPhone 6・iPhone 6 Plus1GB
iPhone 6s・iPhone 6s Plus2GB
iPhone SE2GB
iPhone 72GB
iPhone 7 Plus3GB
iPhone 82GB
iPhone 8 Plus3GB
iPhone X3GB

この記事で話題にしている、iPhone 6sが発売した2015年モデルから『2GB』が標準となっている

以来、デュアルカメラ搭載モデルであるPlus系を除き、2GBが継続しており、逆に言えばiPhone 6sのスペックがいかに優れているかが分かるかと思う。

iPhoneとiPadのRAM(メモリ)容量は何GB?2GBじゃ足りない?歴代モデルを比較しました

2015.08.07

RAMが1GBでは文字入力(IME)が遅かった

メモリ(RAM)が1GBだった最終モデルは、iPhone 6シリーズだ。

僕は毎年iPhoneを買換えているが、過去を振り返って一番酷かったモデルは『iPhone 6』だと思っている

iPhone 6では、日本語入力するとこちらの操作に付いてこないことが多々発生する。特にフリック入力での遅延が顕著。

このストレスはかなり大きかった。正直あまり文字を打つ気がなくなるんですよね。

で、解消方法としては、

  • 学習履歴をクリアする
  • サード-パーティーのIME(ATOKなど)を使うとか

色々な方法が出てきたが、どれも決め手にはならなかった。

この当時から、iPhone 6ではメモリ不足が発生していると言われていたが、決定打はiPhone 6sのリリースだった。

iPhone 6sでは文字入力の遅延など一切発生しなかった

Appleも公式には認めていないし、こんな細かいことを気にする人も少なかったとは思うが、間違いなく変わった。

中古iPhoneを買うならRAMが2GB搭載モデルがおすすめ

このことから、

iPhoneはRAMが2GBあると快適になる

ということが言える。

2018年時点でも日本におけるスマートフォン市場は、iPhoneが一番人気だが、人気の傾向は若干変わりつつある。

何かと言えば、最新モデルのiPhoneが売れるだけでなく、

旧モデルや中古モデルとして、安くなったiPhoneの人気が高まる傾向

が間違いなくある。

そんな時、気を付けて欲しいのはRAMの搭載容量だ。

前述のように2GBあるとかなり快適なので、

iPhone 6s以降のモデルを選択するのがおすすめ

ということになる。

余談だが、iPhone 6s移行はSIMロック解除にも対応しているため、利便性は非常に高い。

終わりに

iPhoneは毎年新モデルを発売するが、年によって人気の傾向は若干異なる。

よく売れるのは、デザインが変わるモデル(iPhone 4、5、6など)だが、完成度が高いのはセカンドモデル(iPhone 4S、5s、6sなど)なので、特に中古iPhoneを探している場合は参考にしていただけたらと思う。

iPhoneとiPadのRAM(メモリ)容量は何GB?2GBじゃ足りない?歴代モデルを比較しました

2015.08.07

格安SIMの人気モデル「iPhone 6s」

2015年9月に発売したiPhone 6sは、発売から2年以上経過していますが、格安SIMで幅広く販売されています。

docomoなど大手キャリアで購入していても、SIMロック解除可能となった初めてのモデルであるため、2018年現在も利用者が非常に多い人気モデルです。

格安SIMの人気機種「iPhone 6s」の評価とおすすめポイントは?メリット・デメリットのまとめ

2015.12.26

iPhone 6sはAppleやUQ mobile・Y!mobileなどサブブランドを中心とした、格安SIMで幅広く販売されています(大手キャリアはdocomoを除き完売です)。

docomo版および格安SIMではSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です(Appleは販売終了)。

契約はオンラインショップがお手軽です!

節約だけで格安SIMを選んで大丈夫?主婦/主夫目線で、安さNo.1でない「UQ mobile」を選択した5つの理由

2018.02.15

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

あわせて読みたい

SPONSORED LINK