iPhoneとiPadのRAM(メモリ)容量は何GB?2GBじゃ足りない?歴代モデルを比較しました

iPhoneの選び方
SPONSORED LINK

パソコンを購入する場合、スペックとして気にするのは、

  • CPU
  • メモリ(RAM)
  • HDD or SSD
  • ディスプレイサイズ

この辺りが代表かと思う。

スマホの動作速度、快適さに繋がるのはメモリ(RAM)なのだが、iPhone・iPadでは実は公式には発表されていない。

かつてのiPhoneは、メモリ不足で動作が遅くなることがあると言われたりもしたが、2016年以降はほぼ聞かなくなっている。

2GBのメモリを搭載している、iPhone 6s以降なら大丈夫

と覚えておけば良いかと思うが、この記事ではiPhone・iPad各モデルで搭載している、メモリ(RAM)容量を紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

iPhoneメモリ(RAM)容量の歴史

iPhoneは初代モデルの発売以来、新モデル毎にRAM容量がアップしていたが、

  • 1GBになったiPhone 5
  • 2GBになったiPhone 6s

ここで容量アップがストップしている。

モデルメモリ(RAM)容量
iPhone 3G128MB
iPhone 3GS256MB
iPhone 4・iPhone 4S512MB
iPhone 5・iPhone 5s・5c1GB
iPhone 6・iPhone 6 Plus1GB
iPhone 6s・iPhone 6s Plus2GB
iPhone SE2GB
iPhone 72GB
iPhone 7 Plus3GB
iPhone 82GB
iPhone 8 Plus3GB
iPhone X3GB

iPadのメモリ(RAM)容量の歴史

iPadについても、2GB搭載がターニングポイントとなり容量アップが鈍化している

モデルメモリ(RAM)容量備考
iPad(初代)256MB
iPad 2256MB
iPad(第3世代)1GB
iPad(第4世代)1GB
iPad(第5世代)2GB
iPad(第6世代)2GB
iPad mini512MB
iPad mini 21GB
iPad mini 31GB
iPad mini 42GB
iPad Air1GB
iPad Air 22GB
iPad Pro(12.9インチ)4GB2015年モデル
iPad Pro(9.7インチ)2GB2016年モデル
iPad Pro(10.5・12.9インチ)4GB

iPad Proシリーズは、その名の通りPro向けとして、スペックが大幅に上がっているし、実際僕もiPad Pro 10.5インチを使っているが、ものすごくサクサク動作する。

iPad Proの容量(ギガ数)はどれがおすすめ?私が256GBのCellular版(LTE対応)を購入した理由

2018.03.17

iPhone・iPadのRAMが1GB以下は「遅い」

これは歴代モデルのほとんどを使っていると感じたことだが、

RAMが1GBしかないiPhone 6が一番酷かった

と思っている。

iPhone 6/6 Plusではディスプレイの大型化と共に、解像度も広くなった。

その割にRAM(メモリ)は、全モデル(iPhone 5s)と同じ1GBしか搭載していなかったからだ。

このことで、

  • Safariのタブが増えた場合
  • サードパーティーのIME(ATOKなど)が起動しない
  • 標準のIMEも動作が遅くなる

という感じで、特に文字入力が非常にもっさりしていた

RAMが2GB以上になると、iPhoneもiPadも一気に快適に

iPhone・iPad(iOS)はメモリ管理をOSがかなり上手くやると言われており、少ないRAMでもわりと快適に動く。

そう思っていたが、やはり1GBでは厳しかったようだ。

RAMが2GBになって触った最初の端末は、iPad Air 2だった。

iPad Air 2(SIMフリー)開封レポート。タブレットで軽くて薄いのは最大のメリットと実感

2014.10.30

【まとめ】iPad Air 2を使いこなす為に購入したおすすめアクセサリ5選

2015.02.01

これがもうビックリするくらい早かった(2015年当時)

iOSを使っていて「速い!」って思う事は過去にそんなに無かったが、iPad Air 2は使う度にそう感じた。

その流れで、iPhone 6sは2GBとなったが、実際に快適だった。

以来発売したiPhoneはほとんどのRAMが2GBとなっているが、iPhone 6時代のような遅さは感じたことがない

このため、2GBになったiPhone 6s以降は、確かにRAM容量が増えているモデルもあるが、あまり恩恵を感じたことがない

iPhone 7 Plus以降でRAM容量が増えたのは、恐らくデュアルカメラを搭載した影響だろう。

iPhoneのデュアルカメラの使い方は?「ポートレートモード」の仕組みと作例を解説

2018.04.14

じゃあ2GBのままとなっている、iPhone 8がもっさりかと言えば、全くない。

終わりに

ここまでこの記事を読んでいただいた方には、

iPhoneもiPadもRAMは2GBあれば十分

このことを覚えておいて欲しいと思う。

その端末は何かと言えば、

  • iPhoneならiPhone 6s以降
  • iPadならiPad Air 2以降

となる。

中古端末などを購入する場合、このことを頭にいれて選択いただけたらと思う。

なお、新品で購入する場合、2018年時点で販売されている端末は、全てRAMは2GBです

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

iPhoneはAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー版が、キャリア版はSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

スマホをネットで買うメリットは?ドコモオンラインショップは新規契約・MNP・機種変更の事務手数料が無料!

2014.09.27

ドコモでiPhoneを買うのは安い?「SIMフリー+格安SIM」とどっちがお得かを料金比較

2017.11.14

あわせて読みたい

SPONSORED LINK