iPad Proの容量(ギガ数)はどれがおすすめ?私が256GBのCellular版(LTE対応)を購入した理由

iPad Proのおすすめ容量は? iPad Pro
SPONSORED LINK

2017年10月に購入したiPad Pro。

ドコモオンラインショップの新規契約で受取にかかる日数は?申し込みから開通手続きまでの流れ

2018.03.07

docomo版を新規契約で購入したので、Wi-Fi+Cellular版(=LTE通信対応)となるが、この時悩んだのは、

  • 容量は何GBにするか
  • Wi-Fi版にするかCellular版にするか

の2つだった。

最終的に、256GBのWi-Fi+Cellular版を購入したのだが理由などを紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

iPad Proのラインアップ

iPad Proは種類が非常に多い

iPad Proはカラーバリエーションと容量の種類が多い。

容量は、

  • 64GB
  • 256GB
  • 512GB

の3種類で、カラーは

  • スペースグレイ
  • シルバー
  • ゴールド
  • ローズゴールド

の4種類。さらに、

  • LTE通信可能なWi-Fi+Cellular版
  • Wi-Fi版

まである。組み合わせは数十種類に上り、2018年現在のiOS端末としてはかなりバリエーションが多いと思う。

カラーについては好みの問題なので、お好きなものを選べばよいと思うが、容量と通信対応についてはよく考えた方がよいと思う

iPad Proの容量は基本的に『64GB』で十分

iPad Proのカラーバリエーションは4色

iPad Proは最低容量が64GBということで、もはやMacと比較しても遜色ない容量だ。

基本的には64GBで十分だと思う。

僕はiPhone Xでは64GBを使用しているが、iCloud Driveを利用していれば、大容量ストレージは基本的に不要だと思っているからだ。

iPhone 8/iPhone Xのストレージ(ギガ)は64GBと256GBのどっちがいい?64GBで十分足りた理由

2017.09.30

スマホ・タブレットで一番容量を使うのは、動画撮影だ。
動画撮影はスマホでならよく行うだろうが、例えば、

タブレットで4K動画を長時間撮影するか?

と問われたら、ほとんどの人が「No」と答えるだろう。

『256GB』を購入した理由は利用期間の長さ

購入価格は『103,680円』

購入価格は『103,680円』

だが、僕は今回256GBを購入した。
これはある意味僕ならではの理由がある。

iPad Proは手書きデバイスとして便利

1つは以下の記事でも紹介したが、記事の校正や取材(録音など)に利用するため、安心して使える容量が欲しかったことだ。

遂に見つけたiPad Pro+Apple Pencilの活用術。PDF化して校正・手書きノートとして使うのが便利!

2018.03.11

そして、もう1つは、

不要または買い替えるであろう数年後に、子供に譲ろう

と思っているからだ。
物理的に壊れない限り、利用期間は恐らく5年以上になるだろうし、子供は僕が想像しない使い方をすると思う。

また、フリーにインターネット接続できないようにするから、自然とファイルをダウロードして保存するシーンが増えるはずだ。

なので、普通に使うには少し持てあますかもしれない容量を選択した。

子供のICT教育にiPad Proは使えるか?専用機か本物のタブレットかの悩み

2017.06.10

通信はWi-FiのみかLTEも必要か

iPad Pro 10.5インチシルバー

iPad Pro 10.5インチシルバー

そして、iPadで一番悩むのは1万円程度安価なWi-Fi版が存在することだと思う。

僕の印象では、iPadユーザーの7割くらいはWi-Fi版だ。

だが、僕はiPad ProならLTE版を購入した方が良いと思う。

僕のiPad Proは手書きノートとして使用することが多い。なので、iPad Proだけ持ち歩くことも当然あって、

  • Wi-Fiアクセスポイントを探す
  • テザリングを開始する

なんて操作をしていると、スピード感に欠ける

iPadは動画や電子書籍のビューアーとして使っている人も多いので、そう言う人はWi-Fiモデルで十分と思うが、iPad Proはまさに仕事に使っている人が多い。

iPad Proを仕事で使おうとしている人は、何らかの効率化を求めているはずなので、Wi-Fi版ではそれを損なってしまうと僕は思う。

さらに言えば、今は格安SIMなど安価な通信手段は沢山ある。

iPad Proを買うならCellular版がおすすめだ

iPad Pro シルバー256GB(docomo版)を購入

iPad Pro10.5インチdocomo版

iPad Pro10.5インチdocomo版

というわけで、僕は今回docomoでiPad Pro シルバー256GB Cellular版を購入した。

ドコモオンラインショップの新規契約で受取にかかる日数は?申し込みから開通手続きまでの流れ

2018.03.07

もう見慣れた感じもするが、高級感あふれる佇まいは、所有欲を満たしてくれる。

ちなみに、AppleのSIMフリー版ではなく、docomoで購入した理由だが、

  • 僕は元々ドコモユーザー
  • シェアパック(家族でパケットをシェアする契約)導入済

ということで、維持費が安いことが理由だ

一応2年以上使う予定なので、AppleCare+を付けて、月額の維持費は『673円』となっている。

docomoの月額利用料金

docomoの月額利用料金

初月は新規契約手数料などが発生するが、ざっくりした2年間の維持費を算出すると、

種別価格
端末価格103,680円
初月支払5,666円
2ヶ月目〜25ヶ月目支払い673×24=16,152絵円
2年間合計124,498円

となる。

2017年10月購入時点の価格です

これが、AppleでのSIMフリー版で、同一端末&AppleCare+の契約だと、

Apple StoreでSIMフリー版を購入する

Apple StoreでSIMフリー版を購入する

120,096円となる

2年間維持費の違いは、わずか『4,402円』

SIMフリー版の場合これに、格安SIM契約などによる通信費が上乗せされるので、「これならdocomo版にするわ」と思ったのが購入理由だ。

なお、ドコモのSIMロック付きバージョンになるが、一括購入しているので、購入直後からSIMロック解除しており、現在はSIMフリー版になっている

【全キャリア対応】SIMロック解除を自分でやる方法は?対象機種・手続・条件・料金のまとめ

2017.12.05

終わりに

iPad Proは種類が非常に多い

iPad ProはPCを上回る性能を持っている

なんて宣伝をAppleがしているが、実際触ってみると、それはあながち嘘でも無いなって思う。

滑らかすぎる画面表示

は「リフレッシュレートが向上しました」とか言われても実感が湧かないが、触ると明らかに違う。

それなのに、何をやってもサクサク動くので、iOS 11の使い勝手とセットで下手なPCよりはよっぽど使いやすい。

iPad Proを買うなら、

  • 使う場所を気にしないで良い、Cellular版
  • 容量もなるべく余裕を持つ

その方が性能を活かせるのではないかと感じた。

スペック選定で迷っている方の、参考になればと思う。

iPadの容量(ストレージ)は32GBか64GBで十分足りる?私の選び方は「最小容量」

2015.09.21

遂に見つけたiPad Pro+Apple Pencilの活用術。PDF化して校正・手書きノートとして使うのが便利!

2018.03.11

iPad ProはAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではWi-Fi版およびSIMフリー版が、キャリア版はSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

スマホをネットで買うメリットは?ドコモオンラインショップは新規契約・MNP・機種変更の事務手数料が無料!

2014.09.27

ドコモオンラインショップの新規契約で受取にかかる日数は?申し込みから開通手続きまでの流れ

2018.03.07

あわせて読みたい

SPONSORED LINK