iPad・iPad Air・iPad Proで仕事をしたい方に伝えたい、無料で使えるアプリ・テクニックのまとめ【iPad仕事術〜基礎編 iPadOS対応版〜】

iPad Proで仕事をしたい方に伝えたい、無料で使えるアプリ・テクニックのまとめ【iPad仕事術〜基礎編〜】 iPadOS
SPONSORED LINK

iPad仕事術のゆうたです。

  • iPadは仕事で使うことなんて出来ない
  • iPadは「でかいiPhone」にすぎない

って思ってませんか?

ゆうた
僕も昔はそう思ってました

iPadが発売された当初、多くの人がその大きさと形から「これが新たなモバイルPCの形か?」と感じ、試行錯誤を繰り返して来ました

しかし、発売当初のiPadに搭載されていたiOSはiPhoneのiOSとの違いはなく、iPadは事実上

でかいiPhone

に過ぎませんでした。

そして、多くの人がiPadを仕事で活用するのを、諦めてしまいました(僕もそのうちの一人です)。

そんなiPadが本気で仕事で使えるようになった節目は、2017年にリリースされたiOS 11からです

僕もその頃から仕事で再び使うようになったんですが、その後2019年9月にはOSが「iPadOS」となり、iPhoneとは別の道を歩み始めます。

この記事では「iPad仕事術〜基礎編〜」と称し、以下の内容を紹介します。

iPad仕事術〜基礎編〜
  1. iPadしか使えない機能「Slide Over・Split View」
  2. iPadのタッチパネルを活かした「ドラッグ&ドロップ」
  3. MacやWindowsと同じような操作ができる「ファイルアプリ」
  4. 「AirPrint」を使ったiPadから書類をキレイに印刷する方法
  5. iPad Pro・AirのSmart Keyboardは必要なのか?
  6. Apple Pencilは必要なのか?手書き・お絵かきツールじゃないの?
  7. iPadに画面保護シートは必要か?
ゆうた
無理しなくても、ちゃんと使えるから活用して欲しい!

解説動画もあるよ

この記事で紹介するiPad仕事術はiOS 12までの操作方法です。

iPadOSでは若干変わっているため、詳しくは以下の記事をご覧ください。

iPadOSは仕事で使えるか?

iPadOSにアップデートする価値はあるか?仕事で使いまくって感じた率直な感想、便利になった機能をまとめて紹介!

2019年11月4日

SPONSORED LINK

iPadを仕事で使うためにはProでなくてよいが、iPadOSは必須

iPadOS

僕を含む多くの方が、iPadをパソコンのように使い、仕事でも活用しようとして挫折したのは、端末よりもOSのせいだと思います。

iPadが「でかいiPhone」でなくなったのは、iPad独自機能が多数搭載された、2017年リリースの「iOS 11」からです

iOS 11以降はiPhoneと共通のアップデートの他に、「iPad用の機能」も追加されました。

iPad用機能
  • 新しいDOCK
  • 拡張されたSplit ViewとSlide Over
  • ドラッグ&ドロップ
  • マークアップ(Apple Pencilとの連携強化)
  • メモ(Apple Pencilとの連携強化)
  • ファイルアプリの追加(アプリはiPhoneにも追加)

iOS 11から追加されたこれらの「iPad用の機能」は、iPadを本気で仕事で使えるデバイスとして思わせるのに、十分な魅力を持っていました。

僕が本気でiPadを活用した仕事を始めたのも、iOS 11がリリースされてからです。

僕は最初「第1世代12.9インチiPad Pro」を使い、2020年現在は「第3世代iPad Pro」にスイッチしています

その後、iOS 12で仕事に使えるOSとしてパワーアップしましたが、2019年には「 iPadOS」として、iPhoneとは別の道を歩むようになり、さらに独自機能が増えていきます

一般ユーザー
iPadを仕事で使うためには、「Pro」じゃないとだめなの?
ちょっと高いんだけど……。
ゆうた
本気で使うなら、Proを推奨

そういう方は多いですし、僕もそう思います。

しかし、2020年現在販売されている、以下のiPadであればほぼ不自由なく使えます。

不便を感じるとしたら、「画面サイズ」でしょう。

やはり仕事で使うと考えた時、「広い画面」は生産性に直結するので。

しかし、少なくともこの記事で紹介する仕事術は、9.7インチのiPadはもちろん、iPadOSに対応するとiPad Air 2・iPad mini 4以降のiPadであれば使えます

また、iOS 11から追加されたApple純正の機能を使ったアプリ・テクニックなので、全て無料機能です

では、以降「機能」に着目して詳しく解説していきます。

iPad仕事術に便利な「機能」
  1. iPadしか使えない機能「Slide Over・Split View」
  2. iPadのタッチパネルを活かした「ドラッグ&ドロップ」
  3. MacやWindowsと同じような操作ができる「ファイルアプリ」
  4. 「AirPrint」を使ったiPadから書類をキレイに印刷する方法
ゆうた
文章と写真だけ分かりづらいこともあるので、解説動画も作成しています。分からない場合は、見てくださいね。

iPadしか使えない機能「Slide Over・Split View」

Split Viewの表示のやり方

iPadとiPhoneを大きく分ける特徴的な機能の一つが、「Slide Over・Split View」の2つです。

iOS 11以前もSafariなどを中心に利用することが出来ましたが、iOS 11からその機能が大幅に拡張されました

同じく、iOS 11から追加された「DOCK」を使い、簡単に複数のアプリを開いて、マルチタスクを行うことができるようになったんです。

  • メールとカレンダーをSplit Viewで同時に表示し
  • カレンダーで予定を見ながらメールを書く

というような、パソコンでは当たり前ですが、シングルタスクで一つずつしかアプリを起動できないiPhoneでは不可能な運用ができる、というのが大きな特徴です。

近年iPhoneをはじめとしたスマートフォンは大型化し、スクリーンサイズはどんどん大きくなって来ています。

しかし、電話がiPad並みの大きさになることはまずあり得ませんし、iPhoneにこの機能は搭載されていません。

だからこそ、いくらスクリーンが大きくなって来たからと言ってもシングルタスクのiPhoneでアプリを切り替えながら仕事をするよりも、マルチタスクで複数のアプリを起動させることが可能なiPadを使って効率よく仕事をすることが、iPad仕事術の第一歩になります

マルチタスク機能「Slide Over」と「Split View」の使い方

マルチタスク機能「Slide Over」と「Split View」の使い方。iPadOSになって変わったことを徹底解説

2019年11月10日

操作方法の解説動画

iPadのタッチパネルを活かした「ドラッグ&ドロップ」

ドラッグ&ドロップを使いこなすべし

ドラッグ&ドロップを使うと、アプリ内でテキストや項目を指で移動したり、アプリ間で項目をコピーすることが可能になります。

この機能もiOS 11から追加されたiPadのみの機能で、前述の「Slide Over・Split View」と併用することで使い勝手が大幅に向上しました。

ドラッグ&ドロップを活用した仕事術で、一番よく利用するシーンが「ファイルのメールへの添付」です

iPhoneではテキストボックスを長押しして表示される、「添付」ボタンをタップしないと、メールへのファイル添付は出来ません。

しかし、iPadではSlide Overさせたアプリから、画像・ファイルをドラッグ&ドロップするだけでファイル添付が完了します

この操作法は、WindowsやMacでファイルエクスプローラやFinderからファイルを選択して、メールにドラッグ&ドロップするのと同じ操作性です。

iPadを仕事で活用するために必須スキルの1つ「ドラッグ&ドロップ」

iPadは大画面のタッチパネルUIだからこそ、ドラッグ&ドロップを使いこなすべし

2019年3月17日

操作方法の解説動画

MacやWindowsと同じような操作ができる「ファイルアプリ」

MacやWindowsと同じような操作ができるiOSファイルアプリ

iOS 11から純正アプリとしてリリースされた「ファイルアプリ」では、iOS端末内、またはクラウドサービスに保存している書類やイメージなどのファイルを管理することができます。

iOS端末やApple社のクラウドサービス(iCloud Drive)だけでなく、他社のクラウドサービス(DropboxやBox等)もまとめて管理できるのが大きな特徴です

仕事をしていると決して逃れることのできない、ファイル管理ですが、iOS 11以降のiPadではそれが簡単になりました。

「ファイルアプリ」はiPhoneでも使用することが出来ます。

しかし、前述の「Slide Over・Split View」と「ドラッグ&ドロップ」を組み合わせて使うことで、WindowsのファイルエクスプローラやMacのFinderとほぼ変わらない操作をすることが可能となり、これがiPadだけの強みです。

そして、iPadOSになって、最も分かりやすくパワーアップしたのも「ファイルアプリ」です。

iPadOSファイルアプリの新機能
  • ファイルアプリのカラム(階層)表示
  • クイックルック機能
  • ZIP圧縮機能
  • 外部ストレージのサポートで、PCやMacのようにファイルへアクセス可能に
  • SMBサポートで勤務先や自宅のPC、外付けサーバーへの接続可能
  • ダウンロードフォルダが追加された
  • キーボードショートカットがさらに増えて便利になった

これらはMac・パソコンとほぼ同じで、制限がほぼなくなったんです!

ゆうた
iPhoneでも使えるけど、iPad独自機能と組み合わせて、真価を発揮するのがファイルアプリ!
iPadOSのファイルアプリはもはやパソコンと同等の機能だ

iPadOS「ファイルアプリ」の使い方。超絶進化でこれはもうパソコンのファイル管理(Finder・Explorer)と同等だ!

2019年12月7日

操作方法の解説動画

「AirPrint」を使ったiPadから書類をキレイに印刷する方法

iPadからキレイに書類を印刷するならAirPrint

iPhoneやiPadを中心としたデジタルデバイスが増え、書類管理も電子で行うことが増えた現代ですが、やはり紙書類への印刷は、仕事によっては避けて通れません。

そんな時に便利なのがiOSに搭載されている「AirPrint(エアープリント)」機能です。

しかしこの機能は、AppleのAirPrintをサポートしているワイヤレスのプリンターでしか、プリントアウトできません。

このため、サードパーティーの固有アプリではキレイに印刷できないことも多々あるんです。

そんな時には、AirPrintを「PDF出力機能」として活用することで、キレイに印刷出来るようになります

また、アプリによっては共有一覧に出てこない「PDF出力」ですが、「プリント」はどのアプリを利用していても共有一覧に必ず出てくるんです

だから僕は、「プリント」を「PDF出力」として使うことで、iPad内で作成したテキストや画像を簡単にPDFに変換します。

その後、前述した「Slide Over・Split View」、「ドラッグ&ドロップ」、「ファイルアプリ」を組み合わせて、以下のような仕事をiPad一台で完結することができました。

  1. 書類作成
  2. PDF出力
  3. ファイル保存
  4. メールへの添付
iPadから書類をキレイに印刷する方法

iPadから書類をキレイに印刷する方法。対応プリンタが無くても「AirPrint」でPDF出力すれば印刷できます

2019年3月31日

操作方法の解説動画

iPadで仕事をするためには「アクセサリ」も重要

SmartKeyboard Folio JIS and US

ここまでは「機能」に着目して紹介してきましたが、アクセサリも重要です。

iPad Proのアクセサリと言えば、以下が有名ですよね。

「仕事で使う場合、キーボードは必要」と考える方は多いでしょう。しかし、Apple Pencilは必要かどうか悩む傾向にあります。

僕なりの考えを紹介しますね。

iPad仕事術に便利な「アクセサリ」
  1. iPad Pro・AirのSmart Keyboardは必要なのか?
  2. Apple Pencilは必要なのか?手書き・お絵かきツールじゃないの?
  3. iPadに画面保護シートは必要か?

iPad Pro・AirのSmart Keyboardは必要なのか?

SmartKeyboard(Folio)の魅力

Apple社がiPadのために作った専用キーボード「Smart Keyboard」は、もしiPadを本気で仕事で使うならぜひ使ってほしいオススメの一品です

僕はもちろん使っていますし、これがあることで現代の仕事の大半を占める「タイピング」をかなり効率的に行うことが可能です。

2015年の発売以来、地味にアップデートを重ねてきている「Smart Keyboard(Folio)」ですが、元Macユーザーで「iPadでもMacのようにタイピングしたい!」という方にはJISキーボードがオススメです。

ゆうた
仕事で使うなら、効率面で考えても「キーボード」は必須です!
Smart KeyboardはiPad Proの必携アクセサリ

iPad Pro・AirのSmart Keyboardは必要?高いけど仕事で使うなら必携!JISキーボードがおすすめの選択です

2019年5月26日

Apple Pencilは必要なのか?手書き・お絵かきツールじゃないの?

Apple Pencilを使うゆうた

SmartKeyboardと同様にiPadには欠かせないツール、それが「Apple Pencil」です。

「Apple Pencil」は絵を描いたり、イラストを描いたりするクリエイティブな職業の人にはそのメリットを感じやすいツール。

iPadとApple Pencilの登場によりペンタブをわざわざ別途買わなくても、iPad上で完結できるようになりました。

しかし、そういった職業ではない一般のビジネスマンとって「Apple Pencil」は必要なものでしょうか?

個人的な意見にはなりますが、一般のビジネスマンであっても「Apple Pencil」はかなり使えます

例えば、Wordやパワーポイントで作られた資料への「添削」。

最新のWord、Excel、PowerPoint、Pages、Numbers、Keynoteアプリでは、「Apple Pencil」でタッチするだけで直接手書きモードに移行し、自由に文字などを書いて入力することが可能です

仮にこういった添削をタイピングで行おうとすると、一手間もふた手間もかかります。

ゆうた
「Apple Pencil」でiPad上の資料をタップするだけで、「手書きモード」に移行する便利さは感動的!
Apple(アップル)
¥15,950 (2020/04/08 22:31:53時点 Amazon調べ-詳細)
Apple Pencilは必要か

iPadの仕事にApple Pencilは必要?手書き・お絵かきツールじゃないの?僕の仕事活用術を紹介します

2019年6月2日

iPadに画面保護シートは必要か?

iPadを仕事で使うなら常にスクリーンは綺麗に

僕はiPhoneだけでなく、iPadにも画面保護シートを貼り付けています。

画面保護シートをiPadに貼り付ける理由は様々ですが、一番の理由は以下。

自分(または会社支給)の仕事道具を、取引先やこれから取引しようとしている相手に見せるのにスクリーン画面を綺麗に保っておきたい

iPadを本気でビジネスの場に持ち込むのであれば、画面保護シートを貼るメリットはあると思います。

iPadに画面保護シートは必要か?

iPadに画面保護シートは必要か?毎日iPadのみで仕事する男が、保護フィルムを使う3つの理由

2019年7月21日

終わりに

iPadを仕事で使う最大の魅力はなんだと思いますか?

長年iPadのみを使って仕事をして来た僕が思うにそれは、

常にネットワークに繋がっていること

です。

Wi-Fiが巷に溢れたり、iPhoneで手軽にテザリング出来るようになったと言っても、やはり速度や繋げる手間を解消するのは難しいと思います。

そういう意味で、iPadはどのモデルでもWi-Fi版の方が安価で売れ筋らしいですが、

ゆうた
iPadを仕事で使うなら、「Wi-Fi + Cellularモデル」を購入して欲しい

仕事の大部分をネットワークに繋げて行うようになった今だからこそ、iPad仕事術を覚えると毎日の仕事が快適になるんです。

あなたの今やってる仕事、本当にパソコンじゃないとできないですか?

「iPad Pro」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

Wi-Fi+Cellular版はAppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、契約事務手数料が「無料」のオンラインショップがおすすめです!

取り扱い店舗 Wi-Fi版 Wi-Fi+Cellular版
Apple Store
大手キャリア ×
Amazon ×
家電量販店 ×

iPadはどこで買うのが安いのか?

チー
iPadを買うなら、どこで買うのが一番いいかなぁ?
ゆうた
iPad仕事術」で推奨するのは、「Wi-Fi+Cellular版のiPad Pro」だけど、一般的には一番売れ筋の「Wi-Fi版第7世代iPad」で十分だと思いますよ。
チー
だったら、ビックカメラAmazonで買うのが無難かな。

あと、SoftBank・Y!mobileユーザーは条件を満たせば、Yahoo!ショッピングで買うと「最大20%還元」なのでお得!
2020年4月時点の第7世代iPad 32GB販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗 タイプ 定価(税込) 値引き 実質価格
Apple Store Wi-Fi 38,280円 - 38,280円
Wi-Fi + Cellular 54,780円 - 54,780円
Amazon Wi-Fi 38,280円 383ポイント 37,897円
Wi-Fi + Cellular - - -
ビックカメラ.com Wi-Fi 38,280円 383ポイント 37,897円
Wi-Fi + Cellular - - -
ドコモオンラインショップ Wi-Fi - - -
Wi-Fi + Cellular 55,440円 - 55,440円
auオンラインショップ Wi-Fi - - -
Wi-Fi + Cellular 55,440円 - 55,440円
SoftBankオンラインショップ Wi-Fi - - -
Wi-Fi + Cellular 54,720円 - 54,720円
iPadはどこで買うのが安い

iPadはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazon・キャリアのオンラインショップで比較してみた

2020年3月8日
iPadを比較する

iPad・iPad Proの容量(ストレージ)は32GBか64GBで十分足りる?私の選び方は「最小容量」

2015年9月21日

現役社長ゆうたのiPad仕事術

現役社長ゆうたのiPad仕事術

iPad Proを仕事で使いまくる「ガチiPadユーザー」で、「株式会社松本鉄工 代表取締役」のゆうたさんが、仕事に役立つiPad活用術を紹介する連載記事を、2019年3月公開しています。

ゆうた
iPadは「でかいiPhone」と思ってませんか?

iOS 11以降のiPadは、パソコン無しで仕事できるポテンシャルがあります。以下の3機能を覚えるだけでも、凄く便利になりますよ!

iPadOS編スタート!

2019年9月にリリースされた「iPadOS」では、PC・Macに近い操作性になり、より仕事で使いやすくなりました。iOS 12までの操作と何が変わったのかなど、解説記事の作成を進めています。

ゆうた
iPadOS」はまだまだ不具合も多く、欠点もあります。

しかし、「仕事で使う端末」と考えた場合、デメリットよりメリットの方が大きいので、アップデートするのがおすすめ!
iPadOSは仕事で使えるか?

iPadOSにアップデートする価値はあるか?仕事で使いまくって感じた率直な感想、便利になった機能をまとめて紹介!

2019年11月4日
マルチタスク機能「Slide Over」と「Split View」の使い方

マルチタスク機能「Slide Over」と「Split View」の使い方。iPadOSになって変わったことを徹底解説

2019年11月10日

iPadのおすすめアクセサリ

ゆうた
iPad仕事術で必須となる、アクセサリは以下です。

あるとないとでは大違いなので、是非合わせて購入してみてください!
iPad仕事術の推奨アクセサリ
Apple Pencilは必要か

iPadの仕事にApple Pencilは必要?手書き・お絵かきツールじゃないの?僕の仕事活用術を紹介します

2019年6月2日
iPadはアウトプットにつかえるか?

iPadはアウトプットに使える?文字入力を効率化するために覚えたい、キーボード活用テクニックのまとめ

2019年6月23日
iPad画面保護シートのおすすめは

iPad画面保護シートのおすすめと選び方は?貼り付けガイドツール付きを選ぼう。4種類試した感想のまとめ(ガラス・アンチグレア・のぞき見防止・ペーパーライクフィルム)

2019年10月21日
\ 毎週日曜日に更新中 /

iPad連載を最初から読む

ゆうた
正直iPad仕事術は、文章だけで伝えるのが難しい機能もあるので、操作している様子を撮影して、動画で解説も行ってます。よかったらチャンネル登録しておいてくださいね。
記事の公開より早くチェックできるよ

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年3月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK