iPadは大画面のタッチパネルUIだからこそ、ドラッグ&ドロップを使いこなすべし

iPadを仕事で活用するために必須スキルの1つ「ドラッグ&ドロップ」 iOS 12まで
SPONSORED LINK

iPadを仕事で使い始めて2年が過ぎようとしています、ゆうたです。

iPhoneとiPad、共にタッチパネルUIを主としたデバイスですが、この2つには大きな違いがあります。
それは、「ドラッグ&ドロップ」。

ゆうた
iPadでは「ドラッグ&ドロップ」することを前提に設計されている

試しにiPhoneで「写真」アプリを起動し、写真を選択して長押ししてみてください。

何も起こりませんね?

では次にiPadで同じように「写真」アプリを起動し、写真を選択して長押ししてみてください。

選んだ写真が少し浮いて自由に動かせるようになると思います。

これはiPadのUI設計が「ドラッグ&ドロップ」することを前提に設計されているいい例です。

この「ドラッグ&ドロップ」を使いこなすことで、iPadは一気に仕事で使えるデバイスへと進化します。

この記事では、

  • ドラッグ&ドロップの使い方
  • 実際にどのようなシチュエーションで使用しているのか

を紹介していこうと思います。

SPONSORED LINK

「ドラッグ&ドロップ」についてまずは動画で解説

詳しくはこの後に文章で解説しますが、動画も制作しているのでよろしけばご覧ください。

iPadでの「ドラッグ&ドロップ」の使い方、活用のコツ

iPadでドラッグ&ドロップを使用する

ドラッグ&ドロップの使い方

iPadでドラッグ&ドロップを使うと、App内でテキストや項目を指で移動したり、App間で項目をコピーできたりします。

Appによってはドラッグ&ドロップをサポートしていなかったり、挙動が純正Appとは異なっていたりしますが、2019年現在は実装されてから月日が経っているのでほとんどのAppで使用することが出来ます。

ドラッグ&ドロップのやり方はとても簡単です。

ドラッグ&ドロップしたいテキスト、項目を指で長押しして移動させるだけ。

とても直感的で、慣れてしまえばパソコンの、

  1. カーソルで選択
  2. マウスをクリックし
  3. クリックしたままマウスを動かす……

という操作よりも格段に早く出来ます。

活用のコツ

上記で挙動が純正AppとサードパーティーAppでは若干異なると書きましたが、iPadのドラッグ&ドロップは基本以下の2つのルールで動きます。

利用シーン 動作
異なるApp間で使用
例:写真Appから写真をメールに添付
選ばれた項目はコピーされる
同一App内で使用
例:例えばファイルApp内で項目を移動
選ばれた項目はコピーではなく「移動」される

ですが、サードパーティーApp、例えばEvernoteでは、Evernote内でテキストや画像をドラッグ&ドロップすると、その選ばれた項目は移動ではなくコピーされます。

ゆうた
普段自分が使用しているAppがどのような挙動をするのか、試して把握しておくことが重要!

そしてもう一つ、これは結構知らない人が多いですが、ドラッグ&ドロップをする際に選んだ項目を保持したままAppを切り替えることが可能です

こちらは写真や文章では説明しにくいので、記事に内に掲載している動画を見てもらえるとよくわかると思います。

「ドラッグ&ドロップ」が一番仕事で役立つのはメールへのファイル添付

ドラッグ&ドロップで一番使えるのはメールへのファイル添付

実際にどのようなシーンでドラッグ&ドロップを活用しているのか、いくつかの事例を紹介します。

僕が個人的に一番便利だと思っているのが、

メールにファイルを添付する時

です。

最近巷では、チャット(LINEとかFacebookメッセンジャー等)を仕事で活用するケースが増えてきています。

しかし、ビジネスシーンではまだまだメールを使ってのやりとりが多いです。

メールって公文書的な扱いですからね。

その際、メールにファイル(PDFや写真等)を添付して送るケースがあると思いますが、iPadなら簡単にドラッグ&ドロップで行うことが出来ます。

  1. メールアプリを立ち上げて
  2. Slide Overを使い写真やファイルAppを表示
  3. 添付したいファイルをメールにドラッグ&ドロップする

これで簡単にメールにファイルを添付することが可能です。

iPadしか使えない機能「Slide Over・Split View」について

iPadしか使えない機能「Slide Over・Split View」。違いを理解して使いこなして、広い画面を無駄なく使おう

2019年3月9日

その他の仕事で使える実用例

ゆうた社長iPad Proで図面描く

もちろんメールへのファイル添付だけでなく、その他の仕事でもドラッグ&ドロップは活用することが出来ます。

例えば以下のようなものです。

iPadのドラッグ&ドロップが役立つシーン
  • 純正メモAppの中でテキストを移動させる
  • Safariからメールにテキストをドラッグしてコピー
  • カレンダーのイベントをテキストメッセージにドラッグして予定を相手に伝える
  • 写真からメモにイメージをドラッグしてコピー

他にもApp内、App間を問わず様々なケースで使用することが出来ます。

ドラッグ&ドロップの使い方とその活用例(動画)

ゆうた
今後の記事も動画解説は必ず入れるので、よかったらチャンネル登録してくださいね

終わりに

iPad ProとAndroid Tablet

ドラッグ&ドロップについて理解できましたか?

前回紹介したiPadしか使えない機能「Slide Over・Split View」に加えて、このドラッグ&ドロップもiPadを仕事で活用するためにはなくてはならない機能です。

ゆうた
Slide Over、Split View、そして今回紹介したドラッグ&ドロップ。これはiPad仕事術にとっての3種の神器みたいなものです。

「iPad Pro」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

Wi-Fi+Cellular版はAppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、契約事務手数料が「無料」のオンラインショップがおすすめです!

取り扱い店舗 Wi-Fi版 Wi-Fi+Cellular版
Apple Store
大手キャリア ×
Amazon ×
家電量販店 ×

iPadはどこで買うのが安いのか?

チー
iPadを買うなら、どこで買うのが一番いいかなぁ?
ゆうた
iPad仕事術」で推奨するのは、「Wi-Fi+Cellular版のiPad Pro」だけど、一般的には一番売れ筋の「Wi-Fi版第7世代iPad」で十分だと思いますよ。
チー
だったら、ビックカメラAmazonで買うのが無難かな。

あと、SoftBank・Y!mobileユーザーは条件を満たせば、Yahoo!ショッピングで買うと「最大20%還元」なのでお得!
2020年3月時点の第7世代iPad 32GB販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗 タイプ 定価(税込) 値引き 実質価格
Apple Store Wi-Fi 38,280円 - 38,280円
Wi-Fi + Cellular 54,780円 - 54,780円
Amazon Wi-Fi 38,280円 383ポイント 37,897円
Wi-Fi + Cellular - - -
ビックカメラ.com Wi-Fi 38,280円 383ポイント 37,897円
Wi-Fi + Cellular - - -
ドコモオンラインショップ Wi-Fi - - -
Wi-Fi + Cellular 55,440円 - 55,440円
auオンラインショップ Wi-Fi - - -
Wi-Fi + Cellular 55,440円 - 55,440円
SoftBankオンラインショップ Wi-Fi - - -
Wi-Fi + Cellular 54,720円 - 54,720円
iPadはどこで買うのが安い

iPadはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazon・キャリアのオンラインショップで比較してみた

2020年3月8日
iPadを比較する

iPad・iPad Proの容量(ストレージ)は32GBか64GBで十分足りる?私の選び方は「最小容量」

2015年9月21日

現役社長ゆうたのiPad仕事術

現役社長ゆうたのiPad仕事術

iPad Proを仕事で使いまくる「ガチiPadユーザー」で、「株式会社松本鉄工 代表取締役」のゆうたさんが、仕事に役立つiPad活用術を紹介する連載記事を、2019年3月公開しています。

ゆうた
iPadは「でかいiPhone」と思ってませんか?

iOS 11以降のiPadは、パソコン無しで仕事できるポテンシャルがあります。以下の3機能を覚えるだけでも、凄く便利になりますよ!
iPad Proで仕事をしたい方に伝えたい、無料で使えるアプリ・テクニックのまとめ【iPad仕事術〜基礎編〜】

iPad・iPad Air・iPad Proで仕事をしたい方に伝えたい、無料で使えるアプリ・テクニックのまとめ【iPad仕事術〜基礎編 iPadOS対応版〜】

2019年4月7日

iPadOS編スタート!

2019年9月にリリースされた「iPadOS」では、PC・Macに近い操作性になり、より仕事で使いやすくなりました。iOS 12までの操作と何が変わったのかなど、解説記事の作成を進めています。

ゆうた
iPadOS」はまだまだ不具合も多く、欠点もあります。

しかし、「仕事で使う端末」と考えた場合、デメリットよりメリットの方が大きいので、アップデートするのがおすすめ!
iPadOSは仕事で使えるか?

iPadOSにアップデートする価値はあるか?仕事で使いまくって感じた率直な感想、便利になった機能をまとめて紹介!

2019年11月4日
マルチタスク機能「Slide Over」と「Split View」の使い方

マルチタスク機能「Slide Over」と「Split View」の使い方。iPadOSになって変わったことを徹底解説

2019年11月10日

iPadのおすすめアクセサリ

ゆうた
iPad仕事術で必須となる、アクセサリは以下です。

あるとないとでは大違いなので、是非合わせて購入してみてください!
iPad仕事術の推奨アクセサリ
Apple Pencilは必要か

iPadの仕事にApple Pencilは必要?手書き・お絵かきツールじゃないの?僕の仕事活用術を紹介します

2019年6月2日
iPadはアウトプットにつかえるか?

iPadはアウトプットに使える?文字入力を効率化するために覚えたい、キーボード活用テクニックのまとめ

2019年6月23日
iPad画面保護シートのおすすめは

iPad画面保護シートのおすすめと選び方は?貼り付けガイドツール付きを選ぼう。4種類試した感想のまとめ(ガラス・アンチグレア・のぞき見防止・ペーパーライクフィルム)

2019年10月21日
\ 毎週日曜日に更新中 /

iPad連載を最初から読む

ゆうた
正直iPad仕事術は、文章だけで伝えるのが難しい機能もあるので、操作している様子を撮影して、動画で解説も行ってます。よかったらチャンネル登録しておいてくださいね。
記事の公開より早くチェックできるよ

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年3月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK