iPhoneはホワイトとブラックどっちがいい?久しぶりにブラックを使った感想

2016年10月にiPhone 7ジェットブラックを購入して、約8ヶ月。

これらiPhone 7シリーズの目玉機能は本当に便利で、満足してる。

なのだが、ちょっとした不満がある。

ブラックに飽きた

というものだ。
僕はiPhone 4S以来毎年iPhoneを購入し、ホワイト系ばかりを選んできた

iPhone 7では品薄になったジェットブラックが目玉カラーだったのだが、これはやはり目玉だったから。基本はホワイト系が好きなので、実は購入時は結構悩んだ。

  • ガジェットブロガー的にジェットブラック
  • 自分の主観重視でホワイト系にするか

だったが、前者にした。
ただ、今回はちょっと失敗したな、と思っている。

iPhoneはカラーバリエーションの歴史

iPhone 6sのカラバリは4色

iPhone 6sのカラバリは4色

iPhoneのカラーバリエーションの歴史は以下のような感じだ。

モデル名 カラー フロントパネル
iPhone シルバー ブラック
iPhone 3G ブラック
ホワイト
ブラック
iPhone 3GS ブラック
ホワイト
ブラック
iPhone 4 ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
iPhone 4S ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
iPhone 5 ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
iPhone 5s スペースグレイ
シルバー
ゴールド
ブラック
ホワイト
ホワイト
iPhone 6 スペースグレイ
シルバー
ゴールド
ブラック
ホワイト
ホワイト
iPhone 6s スペースグレイ
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
ブラック
ホワイト
ホワイト
ホワイト
iPhone 7 ブラック
ジェットブラック
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
ブラック
ブラック
ホワイト
ホワイト
ホワイト

基本的に新カラーはホワイト系というのが定番で、iPhone 6sまでは男女問わずフロントパネルがホワイトのモデルが圧倒的に多かったと思う。

Appleはカラー毎の販売数を公表していないが、明らかに、

ホワイト>>ブラック

だった。

ブラックとホワイトの特徴

iPhone 5sゴールドの化粧箱

2013年に発売し入手困難となったiPhone 5sゴールドの化粧箱

ブラックとホワイトは相対する色だが、特にブラックが好きという人がよく言うのが、

動画を見るときの没入感

だ。
ホワイトだと白い額縁がついているように見えるので画面が小さく見えてしまう。

ただ、逆に言えば没個性的とも言える。ブラックは液晶パネルの色そのものなので。

僕は元々スマホでそんなに動画は見ない。
それでも長年ホワイト系を使い続けていたのは、メリハリがある色使いだからだ。

僕のイメージではブラック系の方が飽きにくいと思っていた。だが、どうも僕はホワイトを使う期間が長すぎたのか、ブラックの代わり映えのしない見た目に飽きたようだ。

僕は30代のオッサンなので、ホワイトの方がかわいいとかはないですけどねw

ただ、現実としてはそう言う人の方が多いのかもしれない。

それくらいiPhoneユーザーはホワイト系が多い。

SPONSORED LINK

ブラック系が脚色を浴びたiPhone 7

iPhone 7ジェットブラックの化粧箱

iPhone 7ジェットブラックの化粧箱

まあ、ブラック系とは言っても、カラー名としては『スペースグレイ』ということで、ブラックなのかグレイなのかハッキリしない感じはあった。

これの流れが変わったのはiPhone 7。
初めてブラック系の新色が登場した。iPhone 7は色々珍しくて、

  • 2年連続の新色追加
  • ブラック系の新色追加

という異例の展開だった。
両方とも明確にブラックと言える色使いで、主に男性が飛びついた。

ただ、ブラックモデルを強化したのは、今思うと『iPhone 8』と呼ばれている10周年の2017年モデルへの布石なのかなと思う。

ついに入荷!iPhone 7ジェットブラック開封レビュー。スペースグレイとの違いは?

2016.10.03

全面ディスプレイのiPhone 8との関係

ほぼ全面ディスプレイのGalaxy S8

ほぼ全面ディスプレイのGalaxy S8

2017年9月に発表されるであろう、iPhone 8と言われる、10周年モデルの見た目上の特徴は以下と言われている。

  • ホームボタンを撤廃し、全面ディスプレイとなる
  • 有機ELディスプレイ

2017年6月に発売された、Galaxy S8をイメージすれば分かり易いと思う。

ベゼルと呼ばれるディスプレイと本体の境界線がほぼないため、ディスプレイの黒色が前面を覆い尽くす形になる。

こうなると、ホワイトモデルが登場したとしても、背面だけなわけで、その場合ほぼケースで覆い隠されるため、実感する機会は少ない。

そう考えると、全体的に締まった感じになるのはブラックモデルだろうなって思う。

終わりに

ガラケーの時代と異なり、スマホはデザインの差別化が難しい

基本は画面だけであり、近年は狭額縁化が進み、全面ディスプレイが主流になれば、益々見た目で差別化できなくなる。

今ままではホームボタンの有無で、iPhoneかAndroidかくらいはパッと分かったが、今後はそれすらも分かりづらくなるかもしれない。

次のiPhoneはホワイト系にしたいと思っているが、iPhone 8ではどんなカラーバリエーションになるのか気が気じゃない。

ブラック系だけはちょっと嫌なんですけどね、、、

iPhone 7の感圧式ホームボタンはすぐ慣れる?使ってわかった感圧式のメリット

2016.10.13

iPhone 7のApple PayでSuicaを設定し、ICOCAエリアの岡山で使ってみた

2016.11.05

スマホ画面の汚れ・皮脂対策は『洗う』のがおすすめ!iPhone 7防水機能対応の隠れたメリット

2016.11.12
SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)