【2019年版】iPhone 8とiPhone XSを今買うならどれがいい?違いを比較してみた。コスパが高いお勧めは「8」だが、大幅値下げされた「iPhone XR」も狙い目

iphone8kai iPhone 8
SPONSORED LINK

2018年モデルのiPhoneは、大きく分けると以下の3機種体制で販売されていた。

  • iPhone Xの後継モデルとなる、フラグシップ機「iPhone XS
  • iPhone Xの廉価版と言える、「iPhone XR
  • 2017年モデルで値下げされて安価な、「iPhone 8

しかし、2019年9月に後継モデル「iPhone 11シリーズ」が発表され、大きく変わった。

という感じで、iPhone XSはあっさり販売終了となったのだが、「2019年10月の今」iPhoneを購入する場合、値下げされた在庫限りの「iPhone XS」が狙い目とも言える。

  • iPhone XSとiPhone XRのどちらにするか
  • iPhone XS・iPhone XRとiPhone 8のどちらにするか

で悩む方が多いと思う。
この記事では、

iPhone XS」と「iPhone 8」ならどちらがおすすめか?

という疑問に対して、「iPhoneヘビーユーザー目線でおすすめモデル」を紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

iPhone XSと比較して、コスパが高いのは「iPhone 8」

コスパが高いのは「iPhone 8」

いきなり結論から書くが、

iPhone XSとiPhone 8のどちらにするか

で悩んでいる地点で、もっとも大きな機種選定ポイントは「価格」ではないかと思う。

価格面(コスパ)で言えば、おすすめは「iPhone 8」だ

iPhone 8シリーズ、iPhone XSシリーズ共に、コンパクトモデルと大画面モデルが存在するのだが、両者の価格を比較してみる。

2019年10月時点のAppleストアにおける、税抜販売価格です
※iPhone XSは2019年9月10日までの販売当時
モデル名画面サイズ64GB128GB256GB512GB
iPhone 84.7インチ52,800円57,800円××
iPhone 8 Plus5.5インチ62,800円67,800円××
iPhone XS5.8インチ112,800円×129,800円152,800円
iPhone XS Max6.5インチ124,800円×141,800円164,800円

関係性としては、以下のように感じると思う。

  • iPhone 8とiPhone XS
  • iPhone 8 PlusとiPhone XS Max

しかし、画面サイズに注目して欲しい

iPhone XSとiPhone 8 Plusを比較すると、iPhone XSの方が画面サイズは大きい

このため、iPhone 8 Plusの購入を検討している方が、iPhone XSを選択しても画面サイズに起因して不満を感じることはない。

僕は、iPhone 8 PlusからiPhone Xにスイッチしたが、画面が小さいと感じることはなかった

とはいえ、価格差はかなり大きい

iPhone 8でもiPhone XSの主要機能は対応している

iPhone Xsは「Max」が目玉

もちろん、iPhone XSはiPhone 8にない優位点がある。

iPhone XSの優れている点
  • 全面ディスプレイを採用
  • 有機ELディスプレイ(OLED)を採用し美しい
  • デュアルカメラが進化している(望遠レンズの手ぶれ補正対応)
  • 顔認証「Face ID」に対応

「未来」を感じられるデザイン・スペックであり、長い目で見ればiPhone 8のデザインは消え、全てiPhone XSのデザインに収束すると思う

だが、2019年時点としては割高感は否めない。

iPhoneが好きで、毎年買い換えている僕でも(2019年10月時点では、「iPhone 11 Pro」を利用中)、

チー
最低価格で、10万オーバーのスマホはさすがに高いと言わざるを得ない

と思っている。

iPhone 8 PlusとiPhone XS Maxを比較(正面)

なので、特に価格を重視する方に、iPhone XSを強くおすすめするのは難しいと思っているし、価格差を埋めるほどの魅力はない。

iPhone 8でも、iPhone X以降のモデルが対応している以下のような機能は対応している。

なので、発売から2年経つ2019年10月時点でも、スペック的に見劣りする部分はほとんどない

さらに、iPhone 8は2017年モデルで、2019年9月の「iPhone 11シリーズ」発表に伴い2度目の値下げが行われ、底値となった

このため、iPhone 8は最もコスパが高いモデルと言える

2019年10月時点でのiPhone販売状況

iPhoneのモデル比較

iPhone 8のコスパが高い

これは間違いないのだが、2019年9月からは少し状況が変わった

という感じで、販売状況を簡単にまとめると以下のようになる。

モデル名発売年月Apple大手キャリア格安SIM実勢価格
iPhone 6s2015年9月××▲(在庫限り)42,768円〜
iPhone 72016年9月×docomoのみ42,768円〜
iPhone 82017年9月×57,024円〜
iPhone X2017年11月×××販売終了
iPhone XS2018年9月×▲(在庫限り)×110,808円〜
iPhone XR2018年10月×69,984円〜
iPhone 112019年9月×80,784円〜
iPhone 11 Pro2019年9月×115,344円〜

長らくiPhoneの最安モデルとして売れまくったiPhone 7が販売終了となり、最安モデルの位置に「iPhone 8」がついた

このことで一つ明確に言えることがある。

  • 大手キャリアのiPhone 8販売は、ドコモ以外徐々に収束する
  • 2019年12月頃からは、Y!mobile・UQ mobileなどのサブブランドでiPhone 8が販売される

iPhone XSの購入を考える方は、大手キャリアユーザーが多いと思う。

大手キャリアが今後力を入れて売っていくのは、「iPhone XR」になると予想される。

2019年9月からiPhone XRは2万円値下げ

iPhone XRは注目モデル

僕は2019年9月以降最もコスパが高いモデルは、「iPhone XR」になったと思う。

正直2018年10月の発売時は高すぎたし、売れなかったのだが、2万円値下げされて、iPhone 8との価格差も縮まった

AppleのSIMフリー版では、以下のような価格改定が行われている。

ストレージ新価格(税抜)旧価格(税抜)値下げ額
64GB64,800円84,800円20,000円
128GB69,800円90,800円21,000円
256GB販売終了101,800円

新モデル発売に伴い、旧モデルが値下げされるのは珍しくないが「2万円」も値下げされるのは稀だ。

Appleとしても売り込んでいくと考えているのだろう。

チー
iPhone XRは画面が有機ELじゃないとか、カメラがシングルカメラとか、多少スペックは落ちるけど、ほぼiPhone XS
iPhone XR徹底レビュー

iPhone XR長期利用レビュー。不人気・売れてないと言われる理由は?iPhoneを初めて買う中高生におすすめしたいモデル

2019年2月16日

2019年最安モデル「iPhone 8」の特徴(iPhone 7との比較)

筐体がガラス製となったのはiPhone 8のと特徴

iPhone 8を前モデルとなるiPhone 7と比較した場合、主な特徴は以下となる。

iPhone 8の特徴

iPhone 8が発表された2017年9月は、iPhone X」も同時に発表された

iPhone Xが「iPhone 10周年モデル」という位置付けで、見た目も含めて大きく変わったことと比較すれば、

Appleファン
進化も乏しく地味……。

という声が多かったのは事実。

実際、売上げは芳しくなかったようだ。

しかし、地味だから製品としての完成度が低いかと問われたら、むしろ逆と思う

前モデルである「iPhone 7」は、防水対応・Apple Pay対応(Suicaなど)など、見た目のわりに大きく進化したモデルだった。

僕の印象では、特に防水対応の影響か、

かなり熱くなりやすい端末

という印象がある。
逆に、iPhone 8シリーズはそのような印象が全くなかった(iPhone Xはものすごく熱かった)。

地味だが、前モデルの欠点を解消したモデル

だと感じた。

iphone7

iPhone 7と8を今買うならどっちがいい?違いを比較してみた。販売終了間近なのでキャリアもSIMフリーも「8」が無難です

2018年1月6日
2018年モデルのiPhoneは2018年9月12日発表

iPhone Xの不満点から、iPhone 2018年モデル(iPhone Xs)で改善して欲しいこと

2018年9月8日

iPhone 8・Xと比較したiPhone XSの特徴

左がiPhone XS Max、右がiPhone 8 Plus

では、2018年モデルのiPhone XSと比較した場合、何が変わるのか。

基本的に2017年モデルのiPhone Xと全く同じだが、以下がiPhone XSの進化ポイントだ。

iPhone XSの優れている点
  • 全面ディスプレイを採用
  • 有機ELディスプレイ(OLED)を採用し美しい
  • デュアルカメラが進化している(望遠レンズの手ぶれ補正対応)
  • 顔認証「Face ID」に対応
  • デュアルSIMに対応し、2枚目に「eSIM」が使える

まず、とにかく目に付くのは「見た目」だと思う。

ホームボタンが廃止され、前面が全てディスプレイになった

これが最大の特徴だ。

iPhone Xレビュー

iPhone X長期利用レビュー。不満はあるが高評価!10年先の未来を『体験』できる、新しいiPhoneの始まり

2018年9月1日

画面の広さ・美しさは「圧倒的」にiPhone XSが上

左:iPhone 8 Plus、右:iPhone X

左:iPhone 8 Plus
右:iPhone X

  • 大きな画面
  • 美しい画面

これらは、iPhone 8と比較すると、iPhone XSが圧倒的に優れていると感じるポイントだ。

写真だと分かりづらいが、見比べるとかなり違う

とはいえ、誤解しないで欲しいが、iPhone 8の画質が低いわけじゃない

比較すると、iPhone XSの方が優れているというだけの話だ。

iPhone X

iPhone Xの有機EL(OLED)と液晶の画質比較。有機ELの美しさはメリットだが、寿命が心配

2018年1月8日

iPhone XSでは操作性が大きく変わった

iPhone XとiPhone 8 Plusの比較(並べた)

iPhone XSで画面が大きく・美しくなっただけで無く、一部の操作性が変わった。

一番大きなものは、「ホームボタンに戻る」操作が変わったことだろうか

モデル操作方法
iPhone 8までホームボタンを押す
iPhone X以降画面下部からスワイプ

このような感じだ。
かなり大きな変化と感じるだろうが、ホームボタンがなくなったことによる、デメリットはほとんど感じなかった

思った以上にすぐ慣れる。

iPhone Xがおしえてくれたこと

ホームボタンはいらない。iPhone Xが教えてくれた、『やめる勇気』を持つ大切さ

2017年12月23日

だが、「ホームボタンに戻る」以外も、様々な操作が変わっている。

  • Apple Payの起動
  • 通知センターの起動
  • コントロールセンターの起動
  • 電源OFFの方法

これらは正直、かなり戸惑った。

慣れ親しんだ操作が変わる

というのは、大きいのでそういうことに抵抗がある方(高齢者など)は、iPhone XSの選択は避けた方が無難かと思う。

iPhone 8の魅力は、今までと変わらない操作性が保証されている

というのも、ポイントになるかと思う。

デュアルSIMに対応し通信費節約に「eSIM」が活用できそう

iPhoneでDSDS

正直「iPhone XSのここがおすすめ!」といえる機能に乏しいため、コスパが高い旧モデルをおすすめしたくなる面があるのだが、最新モデル(iPhone XSとiPhone XR)にしかない特徴が1つある

それは、デュアルSIM対応

Apple製品は2018年9月以降に発売した製品は、iPhone・iPadともにDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応を進めている。

iPhoneのDSDSで便利な点
  • 電話は同時に待受できる(個人用・仕事用の使い分けが簡単)
  • 電話の発信・着信時に、どちらの番号を使っているかが分かる
  • モバイルデータ通信を利用する回線を選べる

2つのSIMを組み合わせることで、今までにない使い方ができるようになるのだが、まだまだ対応機種もサービスも少ない状況だ

2019年10月時点のiPhone対応モデルは以下。

モデル名モデル番号デュアルSIM対応備考
nano-SIM
eSIM
nano-SIM
nano-SIM
iPhone 6s-××
iPhone 7-××
iPhone 8-××
iPhone X-××
iPhone XS全モデル×
iPhone XS MaxA2104×中国大陸(香港版)
上記以外×日本版を含む
iPhone XRA2108×中国大陸(香港版)
上記以外×日本版を含む
iPhone 11A2223×中国本土・香港版
上記以外×日本版を含む
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
A2217
A2220
×中国本土・香港版
上記以外×日本版を含む

ただ、1つ難点があり、一般的な「デュアルSIM対応」とは、スマホ内にSIMカードを2枚挿入できる状態を意味する

iPhoneにおけるデュアルSIM対応は、

「nano-SIM(SIMカード)」と「eSIM」の組み合わせ

が中心となっている。

IIJmio(みおふぉん)「データ通信専用SIM eSIMプラン」

このため、iPhoneが対応しても対応サービスがなく、使えない状況が長く続いていたのだが、格安SIM大手の「IIJmio」が「データ通信専用SIM eSIMプラン」をスタートして、ようやく日の目を見た。

データ通信専用であることなど、まだまだ「ベータ版サービス」という感じだが、iPhone本体の値段が10万円を超え、通品費の削減を考える人が増えている状況だ。

  • 電話は家族間通話無料の大手キャリア
  • データ通信は格安SIM

という使い分けをすれば、通信費の削減にも繋がると思われ、今後普及することを期待したいサービスだ。

2019年9月時点では「詳しい人向けのサービス」という印象はぬぐえないが、「eSIM」というキーワードは覚えてもらえたらと思う

iPhoneでDSDS

iPhoneはDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応している?日本版でドコモと格安SIM「eSIM」を同時に使った感想

2019年8月5日
\ 初期費用1円・3ヶ月間1,000円引き /

eSIMプランをチェック

IIJmioみおふぉん(eSIM)

iPhone 8のスペック選定ポイント

iPhone 8を購入

ここまでお読みいただいて、iPhone 8を購入することに決めたとして、カラー以外であと2つ悩むポイントがあると思う。

  • iPhone 8とiPhone 8 Plusは、どちらが良いか?
  • ストレージ(容量)は、64GBと128GBのどちらが良いか?

この2つについては、僕のなかではわりと明確な答えがあるので、参考までに紹介しようと思う。

カラーについては、個人的にガラス素材に変わって、ゴールドの色合いがかなり変わったのでおすすめです。

が、好みで決めれば良いと思います。

iPhone 8とiPhone 8 Plusはどちらが良いか?

iPhone 8とiPhone 8 Plusはどちらが良いか
  • コンパクトなiPhone 8
  • 高性能カメラがあるiPhone 8 Plus

のどちらにするかは、かなり悩むと思う。

これに関しては、基本的に好みで良いとは思うが、1つだけ伝えたいことは、

写真を重視するなら、絶対Plusを選択するべき

ということだ。

デュアルカメラのポートレートモードは強力

iPhone 8 Plusのデュアルカメラのみが搭載する、光学2倍ズームと背景ぼかしができる『ポートレートモード』は唯一無二の機能。

僕はライブ・イベントでスマホ撮影可能なアイドル「わーすた」のファンだが、ポートレートモードの威力は絶大だった

笑顔の松田美里 坂元葉月

こんな写真がスマホで撮れてしまう

コンデジや一眼レフを持ち歩いている方は不要かもしれないが、

カメラはスマホのみ

という方ならきっと満足出来ると思う。

Plusの欠点は以下の2点

  • サイズが大きい(片手持ちは厳しい)
  • 重い
iPhone 8 Plusの欠点は重さ

大きいことは使えば案外慣れるが、「重さ」には苦しむかもしれない。

iPhone 8シリーズiPhone 7シリーズ
無印(4.7インチ)の重量148g138g
Plus(5.5インチ)の重量202g188g

前モデルとなるiPhone 7から比較しても、かなり重くなった。

200グラムを超えるスマホは、長時間使用していると「腕が疲労してくる」

このような欠点はあるが、カメラ重視ならPlusの性能を是非体験して欲しい。

portlate

iPhoneのデュアルカメラの使い方は?「ポートレートモード」の仕組みと作例を解説

2018年4月14日

ストレージは64GBか128GBのどちらが良いか

ストレージは64GBが無難

iPhone 8シリーズのストレージ構成は、64GBと128GBのいずれかだ。

2019年9月の価格改定に伴い、256GBモデルが販売終了し128GBモデルが登場しました

価格差も大きいため、悩むかもしれないが、

基本的には64GBを選択しておけば十分

と思っている。

ストレージを最も多く消費するのは、写真・動画だと思う。

ここに関しては、iCloudの契約容量を増やすことで、ほぼ解決する。

iPhone X 64GBを約1年使ったのストレージ使用状況

上記画像は64GBのiPhone Xを約1年使った時の状況だが、容量はまだ余裕がある(僕はiCloudを200GBで契約)。

逆に言えば、iCloudの契約が無料の5GBの場合は厳しいかもしれない。

また、4K動画を長時間撮影するというケースでも厳しい。

最終的にはiCloudにアップされるにしても、撮影中はiPhone内のストレージを消費するためだ。

  • iCloudの契約容量が「無料の5GB」
  • 大容量のゲームを多くインストールしている
  • 長時間の動画撮影をすることがある(30分以上)

上記ケースに該当する場合、256GBを選択した方が無難かもしれない

逆に言えば、それ以外の方は64GBで十分と思う。

また、iCloudの契約容量は「50GBなら月130円」だ。

価格体系は以下の通りだが、200GBでもかなり安いと思う。

容量月額料金(税込)ファミリー共有
5GB無料×
50GB130円×
200GB400円
2TB1,300円

256GBを選択し、2万円近く高いiPhoneを買うより、iCloudの契約容量を増やす方が安価に付くケースが多いことは、申し添えておこうと思う。

64GBと256GB

iPhone 8・X・XR・XSのストレージのストレージ(容量/ギガ)は64GBで足りる?写真・動画を撮るならiCloudの容量アップの検討を

2017年9月30日

iPhone XRとiPhone 8ならどちらが買いか?

iPhone XRコーラル開封レビュー

最後に、2019年9月に大幅値下げされた「iPhone XR」について。

正直値下げ前まで高かったと思う。
しかし「2万円値下げ」効果は大きく、魅力が増したと思う。

iPhone XSとの価格差は4万円程になったのだが、機能的な違いはほとんどない(ディスプレイが液晶で、カメラがシングルカメラになるくらい)。

逆にiPhone 8との差は1万円程度に縮まった。

  • iPhone XSと悩むなら、iPhone XR
  • iPhone 8と悩むなら、価格で決める

そんな感じになるのだが、僕としてはiPhone XRをおすすめしたい気持ちではある。

チー
全てが変わった「iPhone X系」を体験して欲しいです

終わりに

iPhone 8 Plusと化粧箱

iPhoneの場合旧モデルになっても、併売されることが多い。

スマホの進化が緩やかになった結果、コスパが高いモデルは「1世代前」というのは、iPhoneに限らない鉄則となった

僕は、スマホ好きなので、どうせ買うなら「進化」を体感して欲しいと思っている。

なので、正直に言えば、旧モデルをすすめるというのは、本意ではない部分がある

だが、最新型iPhone(iPhone 11、iPhone 11 Pro)を見ると、

今まで通り「普通のiPhone」でいい

という方に、おすすめできるモデルが無くなってしまった。

iPhone 8は、「旧モデル」ではなく、ホームボタンを採用した「iPhoneの完成形」

ということで、恐らく2020年辺りまでおすすめできるモデルになるかと思う。

安くなったとは言え、5万円を超えるスマホなので、後悔のない選択をして欲しい。

逆に変化が欲しいと言うか、今後のスタンダーとなった「iPhone X系」に興味があるなら、iPhone XRを検討するのがよいかと思う。

iPhone 8はAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、契約事務手数料が「無料」のオンラインショップがおすすめです!

チー
2019年9月に2度目の値下げが行われ、iPhone 8は今が底値です!

一緒に使いたいおすすめアクセサリ・サービス

チー
僕がiPhone 8ユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!
iPhone 8・7対応のおすすめケース

【2019年版】iPhone 8・7ケースはどれがいい?ハード・ソフト・手帳型・レザーでシンプルなケースおすすめ3選(Plus対応)

2019年7月4日
iphone8screen

iPhone 8・7用(Plus対応)画面保護シートのおすすめ3選。フィルム・ガラス・コーティングで使いやすいのはどれ?

2019年6月17日
iPhone・Macで使いやすいUSB充電器のおすすめ

【2019年版】買ってよかったiPhone純正品以外のUSB充電器(USB-PD急速充電対応)10選。私のおすすめと選び方

2019年8月17日
完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ2019年版

【2019年版】買ってよかった完全ワイヤレスイヤホン6選。iPhoneで使うおすすめと私の選び方

2019年1月29日
ワイヤレス充電器の選び方を徹底解説

【2019年版】買ってよかったQi規格ワイヤレス充電器5選。スマホ(iPhone・Android)で使うおすすめと私の選び方

2019年2月6日
紛失防止タグは役に立つ?

紛失防止タグ「第3世代MAMORIO」レビュー。何が変わった?地方でも便利?使って分かった、日本に特化した製品の魅力を紹介【PR】

2019年6月19日
パパンダ
チーさん、多いよ……。
チー
あともう1つ!
Apple Payは本当に便利だから、「食わず嫌い」の方もだまされたと思って使ってみて欲しい!
パパンダ
Apple Payはチーさんに言われて使い始めたけど、確かに便利だった!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

2019年6月29日

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

オンラインショップのメリット
チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ。

そして、万一「在庫無し」でも、予約すれば必ず入荷することは覚えておこう!
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ドコモオンラインショップで在庫無しのiPhone Xを予約購入

ドコモオンラインショップで在庫無しのスマホを予約すると、どのくらいで入荷する?予約分は必ず入荷するよ

2018年12月12日

利用するメリット

ドコモオンラインショップはお得

ドコモオンラインショップでスマホ・携帯を買うのはお得?デメリットはある?使って感じた感想を本音で解説

2014年9月27日

お得なサービス

ドコモを新規契約したら使いたいお得なサービス

ドコモを新規契約したら使って欲しい、節約できるお得なサービス5選

2019年5月28日

契約手続きの流れと受取までの日数(新規契約・MNP)

ドコモオンラインショップでの新規契約手続きのまとめ

【まとめ】ドコモオンラインショップでのMNP新規契約手続きって面倒?気になる契約開始手順や初回請求分1円単位まで紹介

2019年2月10日
ドコモオンラインショップでMNP手続きする方法を徹底解説

ドコモオンラインショップのMNP契約手順・手数料・受取にかかる日数を解説

2018年12月12日

ドコモ新料金プラン(分離プラン)「ギガホ・ギガライト」・「スマホおかえしプログラム」の解説

ギガホ・ギガライト
チー
ドコモ新料金プラン「ギガホ・ギガライト」や「スマホおかえしプログラム」の開始で、旧プランの受付終了など(docomo withなど)色々変わるので、オトクなのかを考察しました
ドコモの分離プラン「ギガホ・ギガライト」を解説

ドコモ分離プラン(新料金プラン)「ギガホ・ギガライト」はお得?いつ変更する?契約するメリット・旧プランの比較を徹底検証

2019年5月14日
スマホおかえしプログラムを徹底解説

ドコモ「スマホおかえしプログラム」とは。購入ではなくリース?オトクになるパターンと注意点を解説

2019年5月30日

「ギガホ・ギガライト」はdカード・dカード GOLDで支払うと「dカードお支払割」が適用されます。

2年縛りがなくなり解約金不要で2年契約の料金になるので、この機会にカードを作ってみてはいかがでしょうか。

\ 年会費永年無料 /

dカードのキャンペーンをみる

docomoユーザー必携!dカード GOLD

docomoでiPhoneを買うなら、利用料金の10%がポイント還元される、「dカード GOLD」の契約をおすすめします。

dカード GOLDはドコモユーザー必携

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元で年会費の元がとれます

2016年8月22日
\ 入会キャンペーンあります /

dカード GOLDを申込む

パパンダ
え~。でも年会費が1万円もするし、高いじゃん。普通のdカードで充分だよ
チー
高いといっても、毎月の携帯利用料金の10%がポイント還元されるんだから、持ってて損はないカードだよ
パパンダ
確かにそうだけど、いきなり年会費1万円はハードル高いし、まずは年会費無料のdカードでいいや。

普通のクレジットカードとして十分使えるし
\ カード利用で年会費無料 /

dカードを申込む

iPhone 8のまとめ記事

人気No.1iPhone「iPhone 8」の選び方を解説

iPhone 8長期利用レビュー。今でも買い?2019年売上げNo.1モデルの選び方・他モデルとの比較結果を解説

2017年10月21日

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年9月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK