運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

iPhone機種変更で確実にデータ移行するために、必要な準備・やることチェックリスト(写真・Suica・Apple Watch・LINE・銀行ワンタイムパスワード)

iPhoneの機種変更作業チェックリスト
SPONSORED LINK

iPhoneユーザの方は、1度くらい機種変更を経験したことがあると思う。

僕はといえば、毎年買い替えているので、最低1年に1回は機種変更している

その時必要になるのは、データのバックアップと復元なのだが、毎回何か1つ忘れてしまい困っている……。

というわけで、僕自身の備忘録を兼ねて、

iPhone機種変更時に、やることのチェックリスト

を記事としてまとめようと思う。

SPONSORED LINK

データ移行前の前提条件

iPhoneの機種変更

この記事は、基本スタンスが記事を書いている僕自身の備忘録なので、まず僕の利用スタイルを紹介しておこうと思う。

データ移行で最も苦戦するのは、以下ではないかと思う。

  • Apple Pay(主にSuica)
  • Apple Watch
  • LINEのトーク履歴
  • 銀行のワンタイムパスワード
  • 写真
  • メールデータ

Apple Pay・Apple Watch・LINEトーク履歴などは、個別の作業が必要になるため、この記事で手順を解説する。

しかし、写真とメールデータのバックアップ方法については解説しない

  • メールはGmail
  • 写真はiCloudフォトライブラリ

を利用しているので、重要なデータは全てクラウド化している

詳しくは後述するが、iTunesの暗号化バックアップを利用すれば、これらのデータは引き継げるのだが、新しいiPhoneとしてセットアップしても、特別な操作なしで復元できる

写真データの移行は「iCloudフォトライブラリ」の利用が簡単

iCloud写真

特に、写真データの移行方法については、多くの方から問合せを受ける。

iPhoneユーザー
写真データが多いので、容量の大きなiPhoneが必要か?

という質問と同時に受けることが多いのだが、僕は毎回このように回答する。

チー
データ移行も楽になるし、何より安いのでiCloudに課金してください

どうも「月額課金」と言われると難色を示す方も多いのだが、2019年時点のiCloudストレージの価格は以下のような感じ。

容量月額料金(税込)ファミリー共有
5GB無料×
50GB130円×
200GB400円
2TB1,300円
チー
200GBを1年間契約しても、年額4,800円なので、大容量のiPhoneを買うより安くないですか?

iCloudの空き容量があれば、写真データは優先的にiCloudに保存される

つまり、iPhoneの容量を消費しない(全くではないが)ので、データ移行の利便性を含めて便利になると思う。

写真データの移行に苦戦する方は、iCloudフォトライブラリの利用を検討して欲しい

64GBと256GB

iPhone機種変更時のデータ移行&復旧手順(Apple Watchなし)

iPhoneのバックアップ

iPhoneを機種変更した場合の、データ移行&復旧手順は、主に2パターンある。

  • iPhoneのみのデータ移行
  • Apple Watchを使っており、ペアリングするiPhoneも切り替える

iPhoneのみのデータ移行の場合、以下のような流れになる。

iPhoneのデータ移行手順
  1. 旧iPhoneのデータをバックアップする(iTunes or iCloud)
  2. 旧iPhoneのApple PayからSuicaを削除する
  3. 新iPhoneに旧iPhoneを近づけ「クイックスタート」
  4. 新iPhoneにバックアップデータを復元する
  5. 新iPhoneのApple PayにSuicaを追加する
  6. エクスプレス予約・スマートEX利用時は、Suicaを再登録する
  7. ドコモユーザーは、プロファイルを再インストールする
  8. LINEトーク履歴・銀行のワンタイムパスワードなど、アプリ毎の移行を行う
  9. メディカルIDの再設定

iPhone機種変更時のデータ移行&復旧手順(Apple Watchあり)

Apple Watch Series 4 Apple Watchを使っている場合、前述の手順に加えて、以下の操作が必要となる。

新iPhoneにバックアップデータを復元し、セットアップ完了後に移行ダイアログが表示されます
Apple Watchのデータ移行手順
  1. Apple Watchを身につけ、旧iPhone・新iPhoneを近くに置く
  2. バックアップから復元した新iPhoneで、移行ダイアログが表示される
  3. データ移行完了まで待つ

iPhoneのデータ復旧手順

以降は、実際の復旧手順を簡単に紹介する。

旧iPhoneのデータをバックアップする(iTunes or iCloud)

iTunes完全バックアップ

iPhoneのバックアップ方法は、長年変わっていない。

  • iPhoneからの直接転送
  • iTunesへのバックアップ
  • iCloudへのバックアップ

大きく分けると、2種類あるのだが、若干目的が異なっている。

バックアップ種別内容復元スピード
iTunes(暗号化バックアップ)アカウント情報・ヘルスケアデータなど、全データを完全バックアップ早い
iTunes(非暗号化バックアップ)アプリインストール情報やデバイスデータのみ早い
iCloud遅い
直接転送遅い

僕の場合、以下のように使い分けている。

  • 普段のバックアップは「iCloud」
  • 機種変更時は「iTunes(暗号化バックアップ)」

iTunesのバックアップは、基本PC・MacとUSB接続するのが前提なので、さすがに毎日実施する気にならない。

機種変更によるデータ移行は、なるべく早く・楽に行い方が多いと思う。

なので、「iTunes(暗号化バックアップ)」を使うのがおすすめだ。

旧iPhoneのApple PayからSuicaを削除する

旧機種のApple PayからSuicaを「削除」する

iPhone 6s」までは、iTunesバックアップからのデータ復元だけでおしまいだったのだが、「iPhone 7」以降はApple Payのデータ移行が必要になる。

Apple Payを使っていない方は関係無いのだが、Suicaについてはデータ移行作業が必要なので注意して欲しい

旧iPhone側での移行作業が必要かどうかは、カード種別によって異なっており、簡単にまとめると以下のようになる。

カード種別移行作業の有無作業内容
iD
QUICPay
不要
Suica必要旧iPhone上で「削除」

移行作業が必要なのはSuicaのみで、実施する作業としては「Suicaを削除する」だけ

簡単ではあるが、忘れると新iPhoneでSuicaが使えないので注意して欲しい。

iPhoneの機種変更に伴い、Apple Payデータ移行方法

新iPhoneに旧iPhoneを近づけ「クイックスタート」

iOS 11のクイックスタート機能でセットアップ

ここまでの作業が完了したら、旧iPhoneの電源を入れたまま、新iPhoneも電源を入れて、近づけてみよう。

iOS 11以降は「クイックスタート」という機能が搭載されており、Wi-Fiの接続情報など最低限の情報を旧iPhoneから簡単に転送できる

チー
Wi-Fiのパスワードなんだったっけ?

などと慌てる必要がないので、是非活用して欲しい。

新iPhoneにバックアップデータを復元する

バックアップから復元する(iCloudでもiTunesでもよい)

クイックスタートが完了すると、iPhoneの機種変更を1度でも行った方なら、お馴染みの画面が表示される。

  • iCloudバックアップから復元
  • iTunesバックアップから復元
  • 新しいiPhoneとして設定

などのメニューが表示されるのだが、今回は「iTunesバックアップから復元」を選択する

ここからはバックアップデータの容量次第だが、おおむね30〜60分もあれば完了するかと思う。

復元が完了したら、画面のダイアログに従い残る作業を行って、ホーム画面が表示されれば復元は完了だ。

新iPhoneのApple Payをセットアップ

すぐに利用可能となる

続いて、Apple Payの再セットアップを行う。

前述の通り、iD・QUICPayなどのクレジットカード系はデータ移行不要。しかし、新iPhoneでのセットアップは必要となる

カード情報はiCloud上に保管されているが、使用にあたってはセキュリティコードの入力やSMS認証が再度必要になるからだ。

また、SuicaについてはSuicaを追加する操作をすれば、旧iPhoneで削除したSuicaが表示される

再度追加すれば、セットアップ完了だ。

ただ、この時注意点として、Suicaカード番号が変更になっている

通常利用上は何も問題がないのだが、Suicaカード番号に依存したサービスを利用してる場合、不都合が生じる。

具体的には、東海道・山陽新幹線にApple PayのSuicaで乗車できる「エクスプレス予約」・「スマートEX」だ

iPhoneの機種変更に伴い、Apple Payデータ移行方法

エクスプレス予約・スマートEX利用時は、Suicaを再登録する

新しいSuica ID番号をエクスプレス予約・スマートEXに登録する

エクスプレス予約・スマートEXを利用している場合は、初回登録時と同様、Suicaアプリから再度Suicaの利用登録を行っておこう。

上書き確認など、何も言ってこないが、登録完了すればこれでApple Payの移行は完了となる。

東海道新幹線に乗る

ドコモユーザーは、プロファイルを再インストールする

ドコモはプロファイルを再インストールする

最後に、これはドコモユーザーに特化した話だが、ドコモメール・メッセージR・メッセージSの受信にあたり、プロファイルのインストールが必要となる。

iTunesの暗号化バックアップでは、プロファイル情報に関しては移行されないため、忘れずに再インストールしておこう。

これをやらないと、ドコモから届く重要なメールを見逃すことになってしまう。

LINEトーク履歴を移行する

LINEのデータ移行は難しい

メッセンジャーアプリとして、日本で最も利用者が多いのが「LINE」。

しかし、LINEは制限が多いことでも有名だ。

1アカウントで1台のスマホにしかログインできない

という制限があるため。

  • スマホ1台
  • タブレットかパソコンのどちらか1台

正確には「2台」からログインできるのだが、正直不便……。

また、この制限により機種変更時にLINEトーク履歴が消えてしまう事象が多発している

僕が個別に相談を受ける、iPhone機種変更時のトラブルとして最も多いのは、トーク履歴の移行方法なので、LINEユーザーは慎重に行って欲しい。

チー
以下の手順でやれば確実に移行できるんだけど、「チャンスは1回」しかないので、慎重に作業をしてください
LINEトーク履歴移行方法
  • 新端末をiTunesかiCloudのバックアップから復元する
  • 旧端末のLINEで、トーク履歴をiCloudにバックアップする
  • 新端末でLINEを起動し、「初期化」する
  • 新端末でLINEにログインする(この地点で旧端末のLINEはロックされる)
  • 新端末でiCloudからトーク履歴を復元する
iPhoneの機種変更時にLINEモバイルトーク履歴を確実に移行する方法

インターネットバンキングの「ワンタイムパスワード」の移行

LINEのデータ移行は難しい

次は、盲点といえるインターネットバンキングの「ワンタイムパスワードアプリ」。

まず、この手続きのややこしさは、「ワンタイムパスワード」の発行手続き・機種変更による移行方法が銀行によってバラバラであることが大きな原因。

ワンタイムパスワードへの対応は、ざっくり以下のパターンになると思う。

銀行のタイプ代表的な銀行ワインタイムパスワード
都市銀行みずほ銀行など独自アプリ
地方銀行中国銀行など独自アプリ
ゆうちょ銀行独自アプリ
信用金庫おかやま信用金庫など信金共通アプリが多い
ネット銀行ジャパンネット銀行など独自アプリ
チー
見事に「独自アプリ」が多い……。

このため、対応も銀行によって異なるのだが、特にみずほ銀行と信用金庫を使っている方は注意

みずほ銀行は毎回パスワードが「郵送」されるので時間がかかるし、信用金庫は事前に旧端末で利用停止手続きをしないと、再利用には銀行窓口での手続きが必要になったりする。

チー
自分が使っている銀行で、必要な手続きを把握しておかないと、必要なとき使えなくて慌てることになる可能性がある

この点を認識して、自分が使っている銀行の手続きはどんな感じなのか、機種変更前に調べておこう

以下の記事では、僕が利用している、みずほ銀行・住信SBIネット銀行・新生銀行を中心に、その他の銀行も簡単に紹介しているので、参考にして欲しい。

インターネットバンキングの「ワンタイムパスワードアプリ」移行を忘れずに!

メディカルIDの再設定

メディカルID

最後は、設定有無は人によるが「メディカルID」を設定している場合は、再設定を行う。

「メディカルID」は病気・事故などの緊急時に、以下の情報を設定しておけば、ロック画面・電源オフ画面から参照できる機能

メディカルIDで登録できる情報
  • 氏名
  • 生年月日
  • 病気/けがについて
  • 医療メモ
  • アレルギーと反応
  • 使用中の薬
  • 血液型
  • 臓器提供
  • 体重
  • 身長
  • 緊急連絡先

個人情報との兼ね合いは難しいので設定していなかったが、その考えが変わる出来事があった。

リアルに死を意識した

家族みんなが寝ている、早朝に自宅内で倒れた

以来、僕は命を守るために設定するようにしている。

iPhone・Apple WatchでメディカルIDを登録・参照する方法

Apple Watchのデータ復旧手順

Apple Watchのデータ移行

Apple Watchのデータ復旧に関しては、正確に言えば以下の2パターンがある。

  • Apple Watchのペアリング元になる、iPhoneが機種変更された
  • Apple Watchそのものが機種変更された

だが、この記事では前者のケースのみ解説する。

といっても、大してやることはない。

  • 旧iPhoneを近くに置く
  • iTunesからのデータ復元が完了した、新iPhoneを近くに置く
  • 旧iPhoneとペアリングしている、Apple Watchを身につける

この状態になると、新iPhone上に以下のようなダイアログが表示されるはずだ

iPhone表示された移行確認ダイアログ画面

あとは、「続ける」ボタンを押して、データ移行が完了するのを待てばよい。

15分もあれば、新iPhoneでApple Watchが使えるようになるはずだ。

Apple Watchは1台のiPhoneとしかペアリング出来ないため、旧iPhoneとのペアリングは自動的に解除されます
データ転送中

終わりに

機種変更に伴うiPhoneのデータ移行は、年々ややこしくなっている

従来はデータ移行だけで終わりだったが、「Apple Watch」・「Apple Payなど新たなサービスやデバイスが増えた結果、1回で全て完了というのが難しくなっている。

今後もこの記事は最新化していこうと思うので、機種変更で困った際の道しるべになればと思う。

iPhoneの最新モデルの「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」は、価格が高いです。

2019年モデルの「iPhone 11」は、2度目の値下げが実施され今が底値ですが、高コスパモデルとしては「iPhone 12」をオススメします。

iPhone 12は5G対応し、ディスプレイも有機ELになってキレイなので、長く使うならiPhone 11よりオススメです!
買い方のポイント
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。
iPhone 12 Pro・12 mini長期利用レビュー
型落ち(旧モデル)iPhoneの狙い目を解説

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2021年10月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説
docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

iPhoneで格安SIMを使うなら、Y!mobileは大半のモデルが「通信設定プロファイル」のインストール不要で便利です。

チー
その他にもY!mobileのメリットは以下のようなものがあるよ!
Y!mobileのおすすめポイント
ゆりちぇる
オンラインストアなら24時間受付可能で、最短翌日発送もできるので、手続きがすごく楽です。

2021年10月現在、オンラインストアはお得なキャンペーンが豊富なので、是非最新キャンペーン紹介記事も参考にしてくださいね!
Y!mobile最新キャンペーン情報ゆりちぇるアイキャッチ
\ スマホがおトク!手数料無料 /

最新キャンペーンをチェック

通話をあまり使わないなら、UQ mobileも視野に入れてみよう

ゆりちぇる
Y!mobileがいいのはわかったけど、通話はあんまり使わないんだよねえ。
やぶなお
UQ mobileも通信品質がau回線と同等で高速だから、比較しながら検討してみるといいかも!

UQ mobileは以下のような人におすすめです。

UQ mobileがオススメな人
\ MNPで10,000円キャッシュバック /

UQ mobileをチェック

UQ mobileとY!mobileの違いを、通話料金・データ通信・キャンペーンの観点から徹底比較し、それぞれに向いている人について解説しているので、以下の記事も合わせてご覧ください。

UQ mobile Y!mobile 比較 ゆりちぇるアイキャッチ

歴代iPhoneのレビュー記事

チー
iPhoneの最新モデルを毎年買っているので、モデル毎のまとめ記事を書いてます。
iPhoneは旧モデルになっても、3年程販売されるので参考になると思います!

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!