最強スマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K(ドコモ版)」レビュー。iPhone Xユーザーの不満を全て解消した、理想のスマホに欠点はあるのか?

HUAWEI P20 Pro HUAWEI
SPONSORED LINK

「最先端のフラグシップスマートフォン」と聞いて、どのメーカーを想像しますか?

  • Apple
  • Samsung
  • SONY

この辺りが2017年辺りまでは定番だろう。

だが、2017年後半から雰囲気が変わってきた。

中国のスマホメーカー「HUAWEI(ファーウェイ)」の台頭

中国メーカーのスマホと言えば、日本では「中華スマホ」などと呼ばれ、スペックは高いが品質はそれほど高くなく、安さが魅力(さらに言えば技術基準適合認定も取れていない)というものだった。

しかし、時代は変わった。

チー
今や、HUAWEIは世界最先端のスマホを販売している

2019年3月時点では、折りたたみスマホ「HUAWEI Mate X」などより新しいモデルも発表されているが、2018年時点では間違いなく最先端だった「HUAWEI P20 Pro」をレビューしようと思う。

SPONSORED LINK

「HUAWEI P20 Pro HW-01K」の概要

「HUAWEI P20 Pro HW-01K」

「HUAWEI P20 Pro HW-01K」は、ドコモ向けの型番でこの記事ではドコモ版を紹介するのだが、基本的にはSIMフリー版と同じと理解して欲しい。

そして、「HUAWEI P20シリーズ」として全てSIMフリーおよびキャリア向けに販売しているのだが、モデル毎に役割が分かれている。

モデル名分類主な販売方法
P20 liteエントリー格安SIM
P20ミドル格安SIM
P20 Proハイエンドドコモなど大手キャリア

名前は似ているが、スペックが全く異なるので、この記事でレビューするのは「ハイエンドのP20 Pro」ということはご認識いただきたい。

「HUAWEI P20 Pro HW-01K」の特徴は以下。

  • 有機EL(OLED)搭載
  • AIプロセッサでカメラや普段の操作を最適化
  • iPhone Xの「Face ID」相当となる、顔認証搭載
  • Leicaのトリプルカメラ(カラー、モノクロ、ズーム)

スペック概要としては以下のようになる。

ディスプレイ約6.1インチ(有機EL)
バッテリー容量3900mAh
内蔵メモリ(RAM)6GB
内蔵メモリ(ROM)128GB
アウトカメラカラー:約4000万画素
モノクロ:約2000万画素
望遠:約800万画素
インカメラ約2400万画素
サイズ155(高さ) × 約74(幅) × 約9.5(厚み) mm
重量180g
チー
2018年の発売から1年以上経過しても、全く型落ち感のない文句なしの「フラグシップ」モデル
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

HUAWEI P20 Proをチェック

「HUAWEI P20 Pro」のここが凄い!

HUAWEI P20 Pro

僕は10年来のiPhoneユーザーだ。

毎年iPhoneを買い替えているし、メインスマホはずっとiPhone。

僕が毎年iPhoneを買う理由

iPhone祭りは「文化」。僕が毎年最新版のiPhoneとApple Watchを買い続ける理由

2018年9月19日

ただ、AndroidスマホをXperiaを中心にいくつか触ってきたし、端末自体はいつも手元にある。

だが、以前当ブログでレビューしたことはあるものの、僕自身がHUAWEIのスマホを触るのは初めてだった

iPhone 6sとHUAWEI nova 2との比較

HUAWEI nova 2レビュー。UQ mobileとau専売スマホの評価を、iPhoneユーザー視点で比較したよ

2018年4月17日

そんな僕が触ってみて、HUAWEI P20 Proの良いなと思ったことは、以下の3点だ。

HUAWEI P20 Proのよいところ
  • 顔認証・指紋認証の両方に対応している
  • 何をしてもサクサク動くカメラ
  • 大画面なのに意外と軽い
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

HUAWEI P20 Proをチェック

顔認証・指紋認証の両方に対応している

指紋認証にも対応

「HUAWEI P20 Pro」の大きな特徴の1つが、生体認証が充実していることだ。

単に多いだけで使えないのが昔のAndroidだが、「HUAWEI P20 Pro」は実用的な生体認証であることがポイント

Galaxy S8 SC-02J

iPhone XはGalaxy S8のパクリ?Galaxyで有機ELや顔認証を使った感想と比較

2017年10月31日
  • iPhoneでいう「Face ID」相当の、高速に動作する顔認証
  • ディスプレイ前面に配置された、指紋認証(iPhoneのTouch IDと同じイメージ)

この2つを同時に採用している

ちなみにiPhoneに関して言うと、

  • ホームボタンを採用している、「iPhone 8」までは指紋認証の「Touch ID」
  • ホームボタンを廃止した、「iPhone X」以降は顔認証の「Face ID」

という感じで棲み分けられている。

この傾向は、Androidにおいても同じだ。なので、両方採用するのは珍しいのだが、僕としては待望のモデルと言えた

顔認証(Face ID)のみのiPhoneと比較した優位性

高速に動作する顔認証

iPhone X」以降、Face IDを使っていて感じるのが、

  • 睡眠中など暗い部屋
  • ライブ会場など、照明が激しい空間
  • マスクをつけている時

などでは顔認証は使いづらいということだ。

僕はどうもFace IDとは相性が悪いようで、認識率は大体7割程度という印象

指紋認証の時はもっと高かったと思うが、乾燥肌の方・手が濡れていると認識しないなど、指紋認証も万能ではなかった。

チー
どちらも完璧ではないけど、欠点を補完しあえるので、両方あるとほぼ完璧になる

と思う方はわりと多かったと思うのだが、「HUAWEI P20 Pro」を使ってよく分かった。

チー
完璧な生体認証!
Face ID

Face ID(顔認証)は使える?暗闇・マスクを着けていたら認識しないので不便です

2017年11月26日
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

HUAWEI P20 Proをチェック

指紋認証センサーを背面ではなく、前面に配備

左がHUAWEI P20 Pro、右がiPhone XS Max

左がHUAWEI P20 Pro、右がiPhone XS Max

「HUAWEI P20 Pro」の生体認証は完璧だ、と感じた理由はもう1つある。

それは、指紋認証センサーを前面に配備したこと。

指紋認証センサーは、富士通のARROWSのみが採用していた時代は、背面が主流だった。

しかし、iPhoneの「Touch ID」が、全ての操作起点となるホームボタンにセンサーを内蔵したことで、前面に配置するケースが増えた

Xperiaは伝統的に「側面」に配置していたが、わりと珍しいケースだったと思う。

この流れが、スマホのディスプレイが有機ELで薄型化し、全面ディスプレイとなることで変わってきた

ディスプレイをより大きくするためには、指紋認証用のボタンは邪魔だ。

結果、GalaxyやXperiaのように、背面に移動するケースが多い。「Xperia XZ3 SO-01L」はまさにそのケース。

Xperia XZ3レビュー

SONY「Xperia XZ3 SO-01L(ドコモ版)」レビュー。有機ELディスプレイの評価は?使った分かったことを本音で解説

2019年2月22日

ただ、正直使いづらい。

チー
使いにくい生体認証だったら、無い方がいい

僕はそう思っているので、「HUAWEI P20 Pro」が前面に指紋認証センサーを「敢えて」残したのは英断だと思う

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

HUAWEI P20 Proをチェック

何をしてもサクサク動くカメラ

トリプルカメラ

そして、「HUAWEI P20 Pro」の目玉機能と言えばなんと言ってもカメラだ。

  • カラー:約4000万画素
  • モノクロ:約2000万画素
  • 望遠:約800万画素

のLEICA製レンズを搭載するという、気合いの入りっぷり。

チー
カメラはそれほど詳しくないので、カメラが多いのはわかるけど、凄さはよく分からない

そのように思う方もいるのではなかろうか。

僕はまさにそのタイプで、カメラが増えて、同時に操作も複雑化したら意味がないと思っていた。

AIアシストで「いい感じ」の写真が簡単に撮れる

ところが、「HUAWEI P20 Pro」は「AIアシスト」という機能を搭載しており、基本的にフルオートで最適な撮影をしてくれる

AIで写真撮影というと、「Pixel 3」を想像する方もいるかもしれないが、少しアプローチが異なるようだ。

  • 「HUAWEI P20 Pro」は、モードや設定をAIで最適化
  • Pixel 3」は、撮影後の画像加工をAIで最適化

どちらが正しいという話ではなく、これはメーカーの思想の違いと言えるだろう。

Pixel 3のカメラ

Pixel 3のカメラ機能レビュー。驚異の「夜景モード」をシングルレンズ&ソフトウェアで実現する性能をチェック

2018年12月9日

実際撮影してみたが、小難しい設定は何もなく、被写体に応じてモードが自動的に選択され「いい感じ」の写真が撮影出来る

iPhone XS Maxで撮影1 HUAWEI P20 Proで撮影1 iPhone XS Maxで撮影2 HUAWEI P20 Proで撮影2

上記写真は、同じ場所で撮影した写真だが、青空・地面の表現はハッキリ違いがでて分かりやすい

ちなみに、1枚目と3枚目が「iPhone XS Max」、2枚目と4枚目が「HUAWEI P20 Pro」だ。

恐らく、「HUAWEI P20 Pro」の方がキレイと感じるかと思う。

しかし、肉眼で見た色合いに近いのは「iPhone XS Max」の写真

HUAWEI P20 Proの写真は「盛られている感じ」なのだが、そんなことは撮影した本人しか知らない話だ。

インスタ映えとかを考えたら、「HUAWEI P20 Pro」の写真の方が反応はよいのではないかと思う。

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

HUAWEI P20 Proをチェック

大画面なのに意外と軽い

意外とコンパクトで軽い
  • 6.1インチ(有機EL)ディスプレイ
  • トリプルカメラ

なんて聞くと、「重そう」って思う方は多いだろう。

「180g」という重量は確かに軽く無いが、大画面化が進むスマホ業界では、標準的な分類と感じた

2019年3月時点で僕が使っている「iPhone XS Max」の重量は「208g」。

200gを越えてくると、正直かなり重くて、腕が疲れる。

ケースと保護ガラスを合わせると250グラム以上

iPhone XSとXS Maxはどちらがおすすめ?Maxは「重い」。購入して感じた本音をレポート

2018年12月15日

その点、「HUAWEI P20 Pro」は大きいわりに案外軽い

非常にバランスのよいスマホだなと思った。

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

HUAWEI P20 Proをチェック

「HUAWEI P20 Pro」のここがイマイチ

ケースなどが付属しており、充実した付属品

「HUAWEI P20 Pro」は衝撃的なスマホだった。

チー
僕にとっては理想的なスマホ……。

見た目などは「iPhone X」に似ているのだが、iPhone Xで不満だったことが「HUAWEI P20 Pro」ではほぼ全て解消されている。

なので、不満らしい不満はないのだが、敢えて上げれば以下の2点だ。

HUAWEI P20 Proのよいところ
  • ワイヤレス充電に非対応
  • HUAWEIというメーカーそのものに対するリスク

ワイヤレス充電に非対応

iPhoneでは当たり前になったワイヤレス充電
2017年以降、Qi方式の「ワイヤレス充電」が普及している。

「HUAWEI P20 Pro」も対応しているのだろうと思っていたが、なんとワイヤレス充電には非対応。

大容量バッテリーを搭載するスマホで、5Wのワイヤレス充電では時間がかかりすぎるという理由は理解できるが、車載時には便利なので、搭載して欲しかったというのが本音だ

後継モデル的位置付けの「HUAWEI Mate 20 Pro」では対応しているので、今後のHUAWEI製品では採用事例が増えるのではないかと思う。

ワイヤレス充電器の選び方を徹底解説

【2019年版】買ってよかったQi規格ワイヤレス充電器5選。スマホ(iPhone・Android)で使うおすすめと私の選び方

2019年2月6日

HUAWEIというメーカーそのものに対するリスク

5Gの通信設備ではHUAWEIは世界的に排除されそうな雰囲気

このような感じで、「HUAWEI P20 Pro」はほとんど不満のない理想的なスマホだった。

正直、僕がAndroidユーザーだったら、迷わず購入すると思うくらいの完成度なのだが、致命的な欠点がある。

それは、デザインやスペック的なものではなく、HUAWEI(ファーウェイ)というメーカーそのものに対するリスク

主に通信設備の「基地局側」の話ではあるが、アメリカ政府がHUAWEI製品の使用中止を呼びかけ、日本も含めてそれに同調する動きがある

中国製スマホに関しては、かつてから中国政府がデータを収集しているなど、黒い噂が後を絶たない状況だ。

何もないと信じたいが、今やスマホは、

  • ライフラインであり
  • 個人情報など機密データの固まり

といっても過言ではない製品。

価格やスペック関係なく、安心して使いたい

というのは誰もが考えるはずで、僕もその点は気になっている。

なので、日本では最もシェアが高く、製品の納入要件も厳しいと言われる「NTTドコモ」がHUAWEIスマホを販売することに、実は驚いた。

逆に言えば「信頼度が上がった」とも言えるのだが、NTTドコモから今後もHUAWEI製品が販売されるのかが注目ポイントだと思う。

終わりに

HUAWEI P20 Pro

繰り返しになるが、「HUAWEI P20 Pro」の完成度は想像以上のものだった。

「中華スマホ」なんてちょっと馬鹿にしたような表現をするのが失礼に思うくらい、世界一高性能で、使いやすいスマホだと思う。

SamsungのGalaxyが、AppleのiPhoneを徹底的に研究したように、HUAWEIはiPhoneとGalaxyの影響をかなり受けており、完成度は本当に高い

チー
購入するかどうかは、あなた次第!

是非一度手に取ってみて欲しい。

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

HUAWEI P20 Proをチェック

ドコモでスマホを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

オンラインショップのメリット
チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ。

そして、万一「在庫無し」でも、予約すれば必ず入荷することは覚えておこう!
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

ドコモオンラインショップで在庫無しのiPhone Xを予約購入

ドコモオンラインショップで在庫無しのスマホを予約すると、どのくらいで入荷する?予約分は必ず入荷するよ

2018年12月12日

最新キャンペーン

ドコモオンラインショップキャンペーン
チー
2019年9月17日まで、ドコモオンラインショップで対象機種を購入すると、抽選で10人に1人dポイント3,000ポイントプレゼント!
\ 10人に1人3000ポイントがあたる /

最新キャンペーンをチェック

利用するメリット

ドコモオンラインショップはお得

ドコモオンラインショップでスマホ・携帯を買うのはお得?デメリットはある?使って感じた感想を本音で解説

2014年9月27日

お得なサービス

ドコモを新規契約したら使いたいお得なサービス

ドコモを新規契約したら使って欲しい、節約できるお得なサービス5選

2019年5月28日

契約手続きの流れと受取までの日数(新規契約・MNP)

ドコモオンラインショップでの新規契約手続きのまとめ

【まとめ】ドコモオンラインショップでのMNP新規契約手続きって面倒?気になる契約開始手順や初回請求分1円単位まで紹介

2019年2月10日
ドコモオンラインショップでMNP手続きする方法を徹底解説

ドコモオンラインショップのMNP契約手順・手数料・受取にかかる日数を解説

2018年12月12日

ドコモの最新スマホ!2019年夏モデルについて

ドコモ2019年夏モデル
チー
Androidスマホが中心の、ドコモ2019年夏モデルが発表されました!
注目は価格!実質リースの「スマホおかえしプログラム」が使いやすいです。
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

2019年夏モデルをチェック

ドコモ新料金プラン(分離プラン)「ギガホ・ギガライト」・「スマホおかえしプログラム」の解説

ギガホ・ギガライト
チー
ドコモ新料金プラン「ギガホ・ギガライト」や「スマホおかえしプログラム」の開始で、旧プランの受付終了など(docomo withなど)色々変わるので、オトクなのかを考察しました
ドコモの分離プラン「ギガホ・ギガライト」を解説

ドコモ分離プラン(新料金プラン)「ギガホ・ギガライト」はお得?いつ変更する?契約するメリット・旧プランの比較を徹底検証

2019年5月14日
スマホおかえしプログラムを徹底解説

ドコモ「スマホおかえしプログラム」とは。購入ではなくリース?オトクになるパターンと注意点を解説

2019年5月30日

docomoユーザー必携!dカード GOLD

docomoユーザーなら利用料金の10%がポイント還元される、「dカード GOLD」の契約をおすすめします。

dカード GOLDはドコモユーザー必携

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元で年会費の元がとれます

2016年8月22日
\ 月額1万以上のドコモユーザー必携 /

dカード GOLDのキャンペーンをみる

パパンダ
え~。でも年会費が1万円もするし、高いじゃん。普通のdカードで充分だよ
チー
高いといっても、毎月の携帯利用料金の10%がポイント還元されるんだから、持ってて損はないカードだよ
パパンダ
確かにそうだけど、いきなり年会費1万円はハードル高いし、まずは年会費無料のdカードでいいや。

普通のクレジットカードとして十分使えるし
\ カード利用で年会費無料 /

dカードのキャンペーンをみる

ドコモカテゴリートップ

20年以上ドコモを契約している管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、ドコモカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年9月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK