Pixel 3/3a長期利用レビュー。高いけど買う価値ある?iPhoneからの乗り換えにおすすめしたい、ピュアAndroidスマホの魅力

Pixel
SPONSORED LINK

Androidは細かい設定ができるので便利だが、メーカーごとに違い過ぎて使いづらい

特にiPhoneを愛用する人で、Androidも使ったことがある方は、このような意見をよく言う。

これには僕も同意するのだが、Androidを開発したGoogle自身も問題意識を持っているようで、近年はメーカーによるカスタマイズを「統制」しようとする動きが強まっている。

その流れもあってか、Google自身が「リファレンスモデル」を販売しており、それが「Pixelシリーズ」。

日本では、2018年11月に「Pixel 3」が初めて販売された。

「3」の名の通り、海外では「1」と「2」が発売されていたが、日本では未発売

以来、日本では以下のモデルが販売されている。

僕は「iPhone信者」なので、Pixelにはあまり興味がなかったが、使っている人の話を聞いて「これはすごい!」と思うようになり、購入するに至った

チー
iPhoneユーザーでも違和感なく使える、「ピュアAndroid」の魅力と「夜景モード」に代表される、カメラの高機能さが魅力!

以来、1年ほどPixel 3を使ってきたのだが、この記事では長期利用レビューとして以下を紹介しようと思う。

  • Pixel 3を購入した理由
  • Pixel 3シリーズのどれがおすすめか
  • Pixel 3のよいところ・イマイチなところ

SPONSORED LINK

Pixel 3を購入した理由

Pixel 3

「Pixel 3」は、Googleが販売するAndroidスマートフォンだ。

  • SONY
  • サムスン
  • シャープ
  • HUAWEI

日本国内においては、Androidスマホといえば上記メーカーのシェアが高いので、「Googleスマホ」の認知度は低いのだが、Androidは元々Googleが作ったスマホ用OS

かつては「Nexus」というブランド名で、「Googleが監修」という感じのスマホを販売していた。

その後、Pixelシリーズにリニューアルし、PixelはGoogle自身が製造・販売を行うスマホとなった

Pixel 3のパッケージ Pixel 3の同梱品

Googleが主導するようになるにあたり、意識したのはやはり「Apple iPhone」のようだ。

  • パッケージ(化粧箱)
  • 同梱品(USB充電器・ケーブルを全て同梱する)
  • 開封体験
  • 高級路線

この辺りはiPhoneそのもの。

なので、iPhoneユーザーがなんの違和感もなく、乗り換えられるようになっている。

正直「他メーカーのAndroidから乗り換えるより、iPhoneからの乗り換えの方が違和感がないのでは?」と思うくらい。

僕は毎年iPhoneを購入し、何台ものスマホを持っている「ガジェットヲタク」だが、正直Pixelには興味がなかった。

購入のきっかけは、夜景モード」に代表される、カメラ機能に衝撃を受けたから

ただ、実際に購入してからの開封体験や、操作性を色々検証する中で、この思いが強くなった……。

チー
PixelはiPhoneに似てる!
Pixel 3

Google Pixel 3開封レポート。iPhone 8を意識した、Androidユーザー待望のリファレンスモデルをチェック

2018年11月20日
Google「Pixel 3a」レビュー

Google「Pixel 3a(ドコモ版)」レビュー。iPhoneをやめたい方におすすめのコスパが高すぎるAndroidスマホ

2019年7月7日

操作性が「iPhone X」シリーズに近いので、iPhoneユーザーも乗り換えやすい

操作性がiPhoneに近い

Pixel 3を購入して、使うようになって驚いたのは、操作性が「iPhone X」以降のiPhoneによく似ていた点だ。

Android最大の欠点は、メーカーによって操作方法が異なることだと思っている。

「ホームアプリ」と呼ばれるもので、全体的な見た目・操作性をメーカーがカスタマイズできるのだが、メーカー・バージョンによってガラッと操作性が変わってしまう

これがカスタマイズ性の高いAndroidの魅力ともいえるが、正直分かりづらい。

さらに言えば僕はドコモのAndroidを触ることが多いが、ドコモのホームアプリ「docomo LIVE UX」が好きじゃない。

なので、ドコモのAndroidをセットアップしてまずやるのは、ホームアプリをメーカー標準にすることなのだが、Pixelの場合「docomo LIVE UX」がなく「Pixel ランチャー」がデフォルト!

ドロワー(アプリ一覧)の起動

この「Pixel ランチャー」は、iOSの操作性に近いので、iPhoneユーザーでも使いやすい。

具体的には、以下の部分だ。

  • 画面下部からのスワイプで、よく使うアプリと起動中のアプリが一覧表示
  • さらに下からのスワイプで、ドロワー起動

この操作は「iPhone X」以降を使っている方なら、簡単になじめると思う。

Android 10の「ジェスチャーナビゲーション」でさらにiPhone寄りの操作

ゼスチャーナビゲーション操作

これだけでも十分「iPhoneっぽい」と感じていたが、さらに驚いたのがAndroid 10の「ジェスチャーナビゲーション」。

Pixelシリーズは、「3年間のアップデート保証」があり、最新OSが一番早く適用できることも魅力

Made by Google

Pixel 3 / 3XLは他のAndroidスマホと比較して何が違う?Made by Googleだからこそのメリットを紹介

2019年3月27日

「ジェスチャーナビゲーション」はPixel向け機能ではないのだが、いち早く試せるという意味でPixelへ最初に導入された。

ゼスチャーナビゲーション

Android 10なら「設定→システム→ゼスチャー」から設定可能

これには僕も驚いた。

チー
操作方法が、iPhone Xそのものだ!!
  • 下からスワイプで「ホーム画面へ戻る」
  • 左端のスワイプで「戻る(エッジスワイプゼスチャー)」

これらはiPhoneユーザーであれば、おなじみの操作。

質感がiPhoneに似ていることもあり、パッとみた感じiPhoneとPixelは区別がつかないくらい「そっくりの操作性」になった。

チー
PixelはiPhoneをかなり意識しており、既存のAndroidユーザーより、iPhoneユーザーの獲得を目指していることが読みとれます

Pixel 3とPixel 3aのどちらがよい?

Pixel 3とPixel 3aの違いは?

2020年4月現在、Pixelシリーズは日本で3モデル発売されている。

画面が大きくなる姉妹機「XL」もありますが、画面サイズ・価格以外は同一仕様のため、同じモデルとして扱っています
モデル名 発売時期 価格(Googleストア)
Pixel 3 2018年11月 96,800円〜
Pixel 3a 2019年5月 49,500円〜
Pixel 4 2019年10月 89,980円〜

最新モデルはPixel 4で、Pixel 3の後継モデルと位置づけられている。

このため、Pixel 3は在庫限りの販売となり、Pixel 3シリーズとしては、ミドルクラスとなる「Pixel 3a」が主力という位置付けだ

Pixel 4は最新モデルのため価格が高く、この記事での紹介は割愛するが、Pixel 3シリーズを買うなら「Pixel 3a」がおすすめと思っている

Pixel 3とPixel 3aを比較すると以下のような感じ。

モデル名 Pixel 3 Pixel 3a
ディスプレイ 5.5インチ(有機EL) 5.6インチ(有機EL)
バッテリー容量 2915mAh 3000mAh
プロセッサ Snapdragon 845 Snapdragon 670
内蔵メモリ(RAM) 4GB
内蔵メモリ(ROM) 64GB
アウトカメラ 1220万画素
インカメラ 800万画素
広角と望遠のデュアル
800万画素
画像処理プロセッサ Pixel Visual Core
サイズ 145.6(高さ) × 約68.2(幅) × 約7.9(厚み) mm 151.3(高さ) × 約70.1(幅) × 約8.2(厚み) mm
重量 148g 147g
LTE通信速度(受信) 最大794Mbps 最大500Mbps
LTE通信速度(送信) 最大75Mbps
防水・防塵機能 IP52 IP68(IPX8)
ワイヤレス充電 ×
材質 アルミ製フレーム(ハイブリッド コーティング加工)、Corning Gorilla Glass 5 ソフトタッチ ガラス(背面) ポリカーボネート製ユニボディ

「Pixel 3a」は「Pixel 3の廉価版」という位置付けだ。価格は半額近いので、当然それはスペックに反映され、普通は廉価版がスペックを上回ることはない

スペック比較したとき、コストダウン要素になったのは以下と思われる。

  • プロセッサの性能が落ちた
  • 画像処理プロセッサ「Pixel Visual Core」がカットされた
  • フロントカメラが、シングルカメラに変わった
  • 背面、フレームの素材が「ポリカーボネート製ユニボディ」に変わった
  • ワイヤレス充電非対応になった

しかし、画面・バッテリー容量が少し大きくなるなど「進化」した部分もある

両者を比較すると、比べれば確かに「材質の違い」を実感するが、かといって「Pixel 3a」が安っぽいとは思わない。

色合いもほぼ同じなので、パッと見て違いが分かる人はいないだろう。

チー
Pixel 3ユーザーとしては、多少スペックが落ちても「半額」というインパクトは大きく、正直ショックだった……(笑)
Google「Pixel 3a」レビュー

Google「Pixel 3a(ドコモ版)」レビュー。iPhoneをやめたい方におすすめのコスパが高すぎるAndroidスマホ

2019年7月7日

Pixel 3のよいところ

Pixel 3のパッケージ

僕がPixel 3を購入したのは2019年3月の話。

実際に購入して、よかったと感じた点を紹介を紹介しようと思う。5点ある。

Pixle 3のよいところ
  • 食べ物の撮影でも「寄れるポートレートモード」
  • 分かりやすくキレイに撮れる「夜景モード」
  • nanacoなどもプリペイト型ICカードも使える「Google Pay」
  • USB-PD」対応の充電器・USB-Cケーブルが同梱されている
  • コンパクトで軽く「持ちやすい」

食べ物の撮影でも「寄れるポートレートモード」

Pixel 3で寄って撮影する

近年のスマホカメラといえば、カメラを複数搭載(デュアルカメラなど)したモデルが主流だ。

見た目のインパクトもあり、差別化しやすいため各社力を入れているが、デュアルカメラの威力を世に知らしめたのは、iPhone 7 Plusの「ポートレートモードだと思う。

iPhone 11シリーズのポートレートモード実力は

iPhoneのポートレートモードは使える?iPhone XRとiPhone 11の違いは?対応モデル、撮影時の注意点をまとめました

2020年1月14日

スマホのカメラで、一眼レフのような背景がボケた写真が撮れることには驚いたし、実際ビックリするくらいキレイな写真が撮れる。

お気に入りのポートレートモード撮影写真

上の写真はiPhone Xのポートレートモードで、大好きなアイドル「わーすた」を撮影したものだが、最初は本当に感動した

しかし、iPhoneのポートレートモードには欠点がある。

1メートル程度離れていないと作動しない

被写体にもよるのだが「距離」が重要なわけで、例えば食べ物を撮るために「寄る」ことができない。

iPhone XSポートレートモードで撮影したハンバーグ ハンバーグを撮影した写真(Pixel 3ポートレートモード)

上の画像はiPhone XS MaxとのPixel 3でのポートレート比較だが、どちらがPixel 3か分かるだろうか?

答えは2枚目。
そして撮影時の写真が以下。

iPhone XSのポートレートモードはかなり離れる必要がある Pixel 3で寄って撮影する

「寄れる距離」が全く違う。これは使い勝手に左右する。

Pixel 3のポートレートモードはAI(ソフトウェア)で処理する。このため、被写体との距離は関係なく、むしろ背景の方が重要だったりする。

例えば、白いケーキを白いお皿にのせて撮影したりすると、境界線が判別しづらいためキレイに背景がボケません

ポートレートモードも2020年4月現在は、5万円以下のミドルクラススマホにも搭載され「普通の機能」になった。

だが、正直使うシーンを選ぶのであまり使わなくなっていたのだが、Pixel 3のポートレートモードは本当に使いやすい。

チー
「距離」を意識しなくても、とりあえず撮影できてしまう手軽さが魅力!
Pixel 3のカメラ

Pixel 3のカメラ機能レビュー。驚異の「夜景モード」をシングルレンズ&ソフトウェアで実現する性能をチェック

2018年12月9日
Pixel 3で寄って撮影する

iPhone信者でも比較してビックリ!Pixel 3のカメラは「寄れるポートレートモード」がブツ撮りに最適

2019年1月26日

分かりやすくキレイに撮れる「夜景モード」

Pixel 3の夜景モード1

スマホカメラがいくら進化しても、決定的に苦手なものがある。

夜景撮影

暗いところを撮影する時は、センサーサイズが大きなカメラと明るい(f値が小さい)レンズで撮影するのがセオリー。

スマホはコンパクトなので、センサーサイズを大きくしようにも物理的な限界がある。

ところがこの分野も、PixelのAIがある程度解決してしまう。

「手持ち」で驚くほどキレイに夜景はもちろん、星まで撮影できるほどの威力!

Pixelシリーズは正直日本市場ではマイナーな存在だが、僕のようなガジェットヲタクが驚いたのが「夜景モード」

これがスマホカメラの新たなトレンドを生み、その後Appleは「iPhone 11シリーズ」で「ナイトモード」を搭載する。

機能的には大体同じものなのだが、2020年4月時点ではPixelの「夜景モード」の方がまだ上かなと感じた

Pixel 3の夜景モード1

Pixel 3の夜景モード

iPhone 11 Proのナイトモード1

iPhone 11 Proのナイトモード

Pixel 3の夜景モード3

Pixel 3の夜景モード

iPhone 11 Proのナイトモード2

iPhone 11 Proのナイトモード

上記写真を見れば分かるが、Pixel 3の方が明らかに明るい。

ただ、肉眼に近いのはiPhoneで、この辺りはAppleのカメラに対する姿勢が表れている。

iPhone 11のナイトモード1

iPhone 11/11 Proの「ナイトモード」は使える?Appleらしいこだわりを感じるも、Android(Pixel)と比較するとまだまだ発展途上

2020年1月20日

なお、Pixel 3aはPixel 3と比較して、画像処理プロセッサ「Pixel Visual Core」を搭載していないため、処理速度の面で若干遅くなる

このため「連射」は厳しい。
しかし、僕が触った感じだと、数秒レベルで差はあった気がするが、気になるレベルの違いはなく、むしろ「Pixel 3a」でここまで撮影できることに驚いた

チー
Pixel 3のカメラは、ここ数年で僕が一番驚いて、スマホカメラに対する認識をくつがえしたので是非使ってみて欲しい!
Pixel 3 夜景モードで撮影したイルミネーション

Pixel 3カメラのおすすめ機能は「夜景モード」!驚異の性能と使いこなし方法を解説

2018年12月19日

nanacoなどもプリペイト型ICカードも使える「Google Pay」

Google Pay

Apple製品ではFeliCa方式に対応した「Apple Pay」というサービスがある。

が対応しており、サービスインから4年ほど経過し徐々に利用者が増えてきている。

Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

2019年6月29日

対して、Androidの世界ではガラケーの時代から受け継がれた、「おサイフケータイ」というサービスがあった。

チー
ユーザーインターフェースなどが「ガラケーのまま」で、もはや進化が止まったサービスだったけど、あるにはあった

「おサイフケータイ」がGooleのサービスとして、生まれ変わったのが「Google Pay」だ。

カードを撮影して登録

厳密な意味では、Androidスマホではまだおサイフケータイの概念が残っているのだが、2020年現在は置き換えが進んでいる。

「Google Pay」を使う最大のメリットは、登録が簡単かつ機種変更時のデータ移行が楽なことだ。

僕も経験があるのだが、過去に「おサイフケータイ」を使っていた方で、辞めるきっかけのトップは「データ移行の面倒くささ」だったと思う。

それくらい分かりづらかったし、手間がかかったが、「Google Pay」では基本的にGoogleアカウントにカード情報が保存されるため、かなり楽になった

さらに、おサイフケータイの流れを組んで、多様な決済手段に対応していることも魅力だ。「Apple Pay」と比較すると以下のような感じ。

決済手段 Apple Pay Google Pay
Suica
PASMO ×
QUICPay
iD
nanaco ×
楽天Edy ×
WAON ×
チー
いわゆる「流通系IC」と呼ばれる、nanacoなどのIC決済に対応しているのが、Google Payの強み

だったのだが、2020年春からはこの構図がさらに変わる。

モバイルPASMOがGoogle Payに対応

僕のように地方在住であれば「Suicaがあれば十分」と思うかもしれないが、定期券はSuicaエリアでないと使いないという欠点があった

例えば、僕が住む岡山県倉敷市はJR西日本の「ICOCA」エリアなので、定期券を使う場合カード型のICOCAを持つしかなかったのだが、首都圏では「PASMOエリア」の方が同じ苦しみを味わっていた。

首都圏のPASMOエリア在住の方には待望のサービスと思う。

Google Pay

日本版Google Payってなに?Pixelしか使えない?おサイフケータイやApple Payと何が違うのかを比較してみた

2019年1月26日

「USB-PD」対応の充電器・USB-Cケーブルが同梱されている

Pixel 3aの同梱品は充実している

iPhoneもそうだが、近年のスマホは大容量バッテリーを搭載しているため、急速充電を使わないと恐ろしく充電に時間がかかる

すでに対策はされており、「USB-PD」と呼ばれる急速充電規格が普及しており、2020年現在発売されているスマホの大部分が対応している。

しかし、スマホ購入時に同梱されている、充電器は対応していないか、そもそも同梱されないことが多い。

iPhoneに関していえば、2017年発売の「iPhone 8」以降のモデルは対応しているのだが、対応する充電器・ケーブルが同梱されているのは、2019年発売の「iPhone 11 Pro」のみ。

対して、Pixelはハイエンドモデルにあたる「Pixel 3」はもちろん、ミドルクラスの「Pixel 3」でも急速充電対応の充電器を同梱している

随分安くなったが、対応機器を全てそろえたら「5,000円」くらいはかかる。

チー
本体価格だけ見ていると読みとれないけど、急速充電器を同梱していることを考慮すると、Pixel 3aはかなり安いんですよ
USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

2017年10月4日

コンパクトで軽く「持ちやすい」

ゼスチャーナビゲーション操作

最後は小さな話だが、Pixelシリーズはコンパクトで持ちやすい

近年のスマホは、大きく・重くなる傾向が強い。

iPhoneに関して言えば、2017年発売の「iPhone X」で画面の大型化・重量アップは一段落ついたと思ったのだが……。

モデル名 重量
iPhone X 174 g
iPhone XS 177 g
iPhone 11 Pro 188 g
チー
ちょっとずつだけど、確実に重くなってるんだよね……。腕が疲れる。

対して、Pixel 3は「148g(3aは147g)」

ひょいと持ち上げた時に、ハッキリ分かる軽さ!

Pixel 3シリーズも「XL」という大画面モデルはあるのだが、スマホはせめて150g以下にして欲しいと思う……。

後継モデルのPixel 4は「162g」とかなり重くなりました。

Pixel 3のイマイチなところ

Google「Pixel 3a」レビュー

続いて、Pixel 3のイマイチなところを紹介しようと思う。

2点ある。

Pixle 3のここがイマイチ
  • 価格が高い
  • 顔認証は非対応。指紋認証センサーが「背面」で使いづらい

価格が高い

Pixelシリーズの価格は高め

Pixel 3が2018年11月に発売した時、ガジェットファンですら少しざわついた……。

価格が結構高いけど、日本で売れるのか……?

2017年に発売した「iPhone X」が10万円を超える価格になったことから、各社のフラグシップスマホは同じような価格のモデルが増えた。

これらのモデルに共通している仕様は、以下のようなものだ。

  • ディスプレイは有機EL(OLED)
  • 画面が大きい
  • カメラは2つ以上搭載している(デュアルカメラ)
  • アルミニウム、ステンレスなど高級感のある素材を使っている

Pixelは前述の通り、ハードウェアよりもソフトウェア(AI)によって、機能性を高めたスマホ。

このため、単純なスペック比較は無意味なのだが、スペック比較されて「高い」と酷評されることが多かった

有機ELは搭載していたが、画面サイズ・カメラの数などは「分かりやすく見劣りした」からだ。

その結果、半年後にほぼ同じスペックの「Pixel 3a」が登場した。

2020年4月現在も、日本においてPixelの知名度は低いのだが、主に価格面で不利な展開となっていることが原因。

チー
同梱品の充実度、使い勝手を比較したら、負けてないどころか「恐ろしくコスパが高い」と思うんだけどねぇ……。

顔認証は非対応。指紋認証センサーが「背面」で使いづらい

生体認証が貧弱で指紋認証は使いづらい

ここまで紹介してきたように、正直欠点らしい欠点がないPixelだが、唯一僕が受け入れられなかったものがある。

チー
生体認証が指紋認証なんだけど、「背面」にセンサーがあるので使いづらい……。

スマホの生体認証は「顔認証」が主流になった。

僕も「iPhone X」以来、顔認証を使っているが、例えばマスクを付けたら認証しないなど、どうにもならない欠点がある。

Face ID

顔認証「Face ID」は便利?iPhone・iPad・Macの対応モデルは?便利だけと欠点も多い、使った感想を本音で紹介

2017年11月26日

顔認証と指紋認証は併用できれば最強

これが、2020年時点における結論と僕は思っていて、事実GalaxyやHUAWEIはそのようなアプローチをとっている。

対して、Pixel 3は指紋認証のみ、かつ指紋認証センサーは使いづらい本体背面に……。

これは僕自身が使った実感としても、「使いづらい」。

Pixel 4は顔認証対応

ちなみに次期モデルである「Pixel 4」では、顔認証が採用されており、この欠点は時間の経過とともに解消するだろう。

終わりに

Google「Pixel 3a」レビュー

日本のスマホ市場は「iPhone」が圧倒的に強く、残りのAndroid陣営はSONY・サムスン・シャープ・HUAWEIあたりでほぼ占められている。

Androidを開発したGoogleの「純正スマホ」

といっても正直ユーザーに魅力は伝わりづらく、販売的にも苦戦しているようだ。

事実、2019年10月に発売したPixel 4においては、docomoの販売モデルから外れた。

docomoはPixel 3の販売にかなり力を入れていたと思うが、数字が伴わなかったためと僕は思っている。

チー
Pixelの魅力は一度使ってみないとわからない

これが難しいところなのだが、一度触ってみればクセのないAndroidスマホは使いやすいことが分かるはずだ

ここまで記事をご覧いただいた方で、Androidスマホを購入しようと思っている方は、是非Pixelを候補に入れていただけたらと思う。

Pixel 3シリーズはGoogleおよび、docomo・SoftBankから販売されています。

GoogleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、契約事務手数料が「無料」のオンラインショップがおすすめです!

チー
ドコモオンラインショップでは現在「SPECIAL CAMPAIGN」を開催しており、3月31日までPixel 3aは「22,000円」値下げされています!

一緒に使いたいおすすめアクセサリ・サービス

チー
僕がPixel 3ユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!
チー
iPhone向けの解説記事ですが、完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」の話以外は、Pixelでも同じです
iPhone・Macで使いやすいUSB充電器のおすすめ

【2020年版】買ってよかったiPhone純正品以外のUSB充電器(USB-PD急速充電対応)10選。私のおすすめと選び方

2019年8月17日
完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ2019年版

【2020年版】買ってよかった完全ワイヤレスイヤホン7選。iPhoneで使うおすすめと私の選び方

2019年1月29日
iPhoneで使いやすいモバイルバッテリーのおすすめ

【2020年版】買ってよかったモバイルバッテリー10選(USB-PD急速充電対応)。iPhoneで使うおすすめと私の選び方

2020年3月14日

Google純正Androidスマホ「Pixel」について

Yuhei FUJITA
Androidのスマホを買うなら、Goole純正の「Pixel」を1度使ってみてください。Androidのイメージが変わりますよ!
Made by Google

Pixel 3 / 3XLは他のAndroidスマホと比較して何が違う?Made by Googleだからこそのメリットを紹介

2019年3月27日
Pixel 3 夜景モードで撮影したイルミネーション

Pixel 3カメラのおすすめ機能は「夜景モード」!驚異の性能と使いこなし方法を解説

2018年12月19日
Google Pay

日本版Google Payってなに?Pixelしか使えない?おサイフケータイやApple Payと何が違うのかを比較してみた

2019年1月26日
Xperia XZ3とPixel 3の比較

Pixel 3とXperia XZ3 比較レビュー。操作性・画面の美しさはどちらが上?2018年ハイエンドAndroidを使って分かったことを解説

2019年3月19日

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年3月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK