USB-C Lightningケーブルの急速充電はほんとに早いぞ!iPhone 8 Plusで試してみた

USB-C Lightningケーブルで充電中
SPONSORED LINK

iPhone 8シリーズ・iPhone Xはその見た目や、ワイヤレス充電(Qi)が比較的ピックアップされているが、隠れた目玉機能は、

USB Power Deliveryによる急速充電への対応

だと思っている。

USB Power Delivery(通称:USB-PD)は、Appleとしては2015年発売の12インチMacBookで初めて採用し、以来Macでの採用が進んでいる。

将来的にはほぼ全ての端子が『USB-TypeC』に集約されると言われているが、iPhoneは従来のLightningコネクタはそのままで対応してきている。

早速試してみたので紹介しようと思う。

USB Power Delivery(USB PD)とは

左からLightning、USB-TypeC、USB-TypeA

左からLightning、USB-TypeC、USB-TypeA

  • 従来のUSB-Type Aと比較して小型の端子
  • 表裏一体

という特徴をもつ、USB-Type Cは標準規格として、最大5V/3Aで充電可能となっている(従来のUSBでは最大5V/1.5A)。

そして、上位規格として最大20V/5Aの100W充電が可能となるのが、USB Power Deliveryだ。

100Wと言えば、一般的な家電製品と同じ。つまり、まさに全ての電化製品に給電出来るという夢の規格なのだが、その分条件は厳しい。

  • 充電器
  • ケーブル
  • 利用機器

この全てが対応している必要がある

2017年現在、数は増えているものの、対応機器はまだ少なく

が有名どころ。つまりApple製品を中心に採用が進んでいる。

そして、2017年に入ってからは、

  • iPad Pro(2017年モデル)
  • iPhone 8、iPhone 8 Plus
  • iPhone X

とiOS機器についに導入された。

Lightningはなくなる?iPhone 8で採用予定の急速充電規格「USB Power Delivery(USB-PD)」とは

2017.08.19

USB-PD対応機器について

モバイルバッテリーでMacBookを充電

モバイルバッテリーでMacBookを充電

前述の通り、USB-PDで充電するには、充電器・ケーブル・利用機器の全てが対応しておく必要がある。

だが、逆に言えばそれさえクリアすれば、充電器・ケーブルは汎用的な製品が使える。

USB-PD対応の充電グッズはまだ少ないが、それでも2015年当時と比較すれば増えたし、値段も下がった。

100円ショップで扱われる日もそのうち来るかもしれないが、大容量の電流を扱うので、発火や爆発が一番怖いわけで、正直安物はお勧めできない。

僕が12インチMacBookで使用している、USB-PD対応機器は以下の3つだ。

基本的にApple純正品は使っていない
これで充電環境が整うことが魅力の1つでもあるわけだが、iPhone 8で使う場合、1つだけ難点がある。

USB-C LightningケーブルはApple純正品しか存在しない

ということだ。
一般的なUSB-Cケーブルは、両端がUSB-TypeCだが、iOS機器用は片方がLightning端子になる。

まさに、Apple製品専用で、2017年10月時点としてはApple純正品しか存在しない(Appleから認定されたMFI認証付き製品すらない)。

Apple純正USB-C Lightningケーブルを買ってみた

USB-C - Lightningケーブルのパッケージは小さい

USB-C – Lightningケーブルのパッケージは小さい

USB-C - Lightningケーブルパッケージの裏面

USB-C – Lightningケーブルパッケージの裏面

というわけで先日入手したiPhone 8 Plusで使うべく、AppleでUSB-C Lightningケーブルを購入した。

ケーブルの外観

ケーブルの外観

価格は2017年10月時点で、

長さ価格
1m2,800円
2m3,800円

という感じで、正直かなり高い、、、

今どきケーブル1本に3,000円とかなかなか払えないが、現状は選択肢がApple純正しか無い上に、大電流を流すことに対する信頼性を考慮すれば純正品が一番おすすめだと思う。

粗悪品使ってiPhoneが壊れても、純正品以外だとAppleは何もしてくれないと思うので。

一般的なUSB-TypeA

一般的なUSB-TypeA

USB-TypeC

USB-TypeC

で、このケーブルLightning端子の反対側が、USB-A(いつものUSB)からUSB-Cに変わるだけと思っていた。

当然端子は異なるが、

P1020743

左がUSB-C、右がUSB-A(従来モデル)対応ケーブル

比較すると少し太い

比較すると少し太い

よく見ると、Lightning端子の大きさやケーブルの太さも違う

全体的に大きく・太くなっていた

これは恐らく大電流を流すための対応だろう。

USB-PDでiPhone 8を急速充電してみた

というわけで、早速急速充電の性能を試してみた。

iPhone 8 Plusはバッテリー残量がほぼゼロからフル充電するには、付属の5V/1A充電器だと、2~3時間かかる

これが、公称値の場合、

aScreenSnapz001

30分で50%まで充電される

30分で50%充電されるという。

補足事項としてApple公式サイトには以下の記載がある。

iPhone 8、iPhone 8 Plusの試作ハードウェアとソフトウェア、Apple USB-C電源アダプタ(29WモデルA1540、61WモデルA1718、87WモデルA1719)アクセサリを使用し、2017年8月にAppleが実施したテスト結果によります。

高速充電のテストは、バッテリーを完全に消費したiPhoneハードウェアを使って実施しました。充電時間は環境条件によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。

Appleの検証は純正のACアダプタだったが、僕は家で常用しているAnker社のマルチポート充電機を使用した。

12インチMacBookのおすすめ急速充電器!Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryレビュー

2016.05.28

この時の様子が以下。

USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルで充電中

電流チェッカーで計測するとわりと変動は激しかったが、上記画像のシーンで9.22V/2.02A

つまり18.6Wと通常のACアダプタの5Wと比較して『3倍以上』の速度で充電ていることが分かった。

そして、確かに1時間かからず80%まで充電されたのだが、その後勢いは低下。

USB-C - LightningケーブルでiPhone 8 Plusを充電

USB-C – LightningケーブルでiPhone 8 Plusを充電

12インチMacBookに付属しているApple 29WUSB-C電源アダプタに切り替えたが、満充電が近づくとほぼ通常の5Wの充電になった。

恐らく過充電を防ぐための対策と思われる。

しかし、80%ぐらいまでの充電速度は圧倒的で、これは便利だと思った。

ちなみに余談だが、 USB-C – LightningケーブルでUSB-PD非対応のiPhone(iPhone 7以前)も一応充電は可能だが、定格以上での充電は不可能となっている。

SPONSORED LINK

iPhone 8・iPhone Xの急速充電はモバイルでこそ生きる

この便利な急速充電機能。

じゃあ、常用するかと言えば僕はそのつもりが無い。理由は大きく分けて2つある。

1つは、就寝中の充電は最低でも5時間くらいあるので、急速充電は不要であること。

もう1つは、急速充電はバッテリーの寿命を縮めると思うので、常用するのはあまり好ましくないと思っているからだ。

では、いつ使うのかと言えば、モバイル(=外出中)だ。

外出中が一番バッテリー切れを起こしやすいが、モバイルバッテリーに繋ぎながら長時間使用するのは不便だ。

そんな時のために僕はサブスマホを持っているわけだが、

サブスマホにiPhone SEを購入。スマホ2台持ちしてわかったメリットとは

2017.03.11

たった30分で50%くらいまで充電されるなら、ちょっとした移動中でもかなり回復するということだ。

これはかなり便利だと思う。
幸い僕は、USB-PD対応のモバイルバッテリーを持っている。

の組み合わせって最強じゃないかと思う。

終わりに

12インチMacBookを使い始めてから、

USB-PDに充電環境を統一できたら楽そう

とずっと思ってきた。

iPhone 8とiPhone XのUSB-PD対応で、これが一気に現実的になって来た。

外出先でいつでも急速充電できて、バッテリ切れと無縁な生活が間近になって来たと感じる。

MacBookも急速充電できる!USB-PD対応「RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリー」レビュー【PR】

2017.07.12

購入はAppleからがおすすめ

iPhone XとiPhone 8の関連記事

SPONSORED LINK