折りたたみプラグでコンセント直挿しできるUSB-PD対応充電器!「Anker PowerPort ll PD」レビュー

「Anker PowerPort ll PD」レビュー
SPONSORED LINK

USB-PD対応で折りたたみプラグのコンパクトな充電器が欲しい

そんなことを思ったことはないだろうか。

USB-Type C Power Delivery(通称USB-PD)対応機器は、Apple製品を中心に、

など対応機器がどんどん増えている。

対応機器の増加と共に、充電器・ケーブルを販売するメーカーも増え、価格も安くなってきたが、

チー
充電器は、

  • USB-Cポートを1基のみ搭載
  • 5つくらいポートを搭載した、大型充電器

の2種類しかない、、、
各1基搭載した、折りたたみプラグの充電器が欲しい!

そう思い続けて約2年、、、

ついにAnker社が、理想とするUSB-PD対応充電器を発売した!

早速購入したので紹介する。

SPONSORED LINK

Anker PowerPort ll PDの概要

Anker PowerPort ll PD

今回紹介する「Anker PowerPort ll PD」は、USB-PD対応の充電器だ。

スペックをまとめると以下のようになる。

項目内容
サイズ約 68 x 70 x 28 mm
重さ約130g
USB-C PD出力5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.5A
PowerIQ 2.0出力5V/3A、9V/2A、12V/1.5A
保証18ヶ月保証
価格3,799円

特徴としては、

  • USB-Type Cポートを1基搭載し、最大30W出力のUSB-PD対応
  • USB-Type Aポートを1基搭載、Anker社独自のPower IQテクノロジ対応
  • 折りたたみプラグ

といった辺り。

上2つについてはよくある構成だと思う。
5つ程度のUSBポートを搭載した、マルチポート充電機で、読者の皆さまも自宅に1つくらいは置いているのではないかと思う

12インチMacBookのおすすめ急速充電器!Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryレビュー

2016.05.28

MacBook Proも急速充電可能で何でもできる自宅用充電器の決定版!「Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー」レビュー【PR】

2018.03.14

僕も何年も自宅で使っているが、このタイプ最大の欠点は、

充電器本体とコンセントが分かれている

ということだ。

一般的なマルチポート充電機は、充電器とコンセントが分かれている

一般的なマルチポート充電機は、充電器とコンセントが分かれている

こんな感じで。

自宅据え置きには問題ないが、持ち歩きには激しく邪魔、、、

USB-PD対応充電器は近年数が増えている。
だが、扱う電力が多いゆえか、コンパクトな折りたたみプラグの充電器は、USB-PD対応端子を1基搭載するのみというのが非常に多い。

Anker社もこのタイプの充電器は過去に発売しており(製品名に「ll」と付いているのはそのためと思われる)、実は注目していたのだが、初代はまさにこのタイプだった。

だが、折りたたみプラグの充電器は、出張や旅行などの持ち歩きで利用することが多いので、沢山のポートは不要だが、せめて2つ欲しいというのが僕の希望だった

そして、ついに登場したのが「Anker PowerPort ll PD」だ!

価格はAmazonで「3,799円」ということで、USB-PD対応充電器としては標準的な値段となっている。

「Anker PowerPort ll PD」開封レポート

「Anker PowerPort ll PD」のパッケージ(表面) 「Anker PowerPort ll PD」パッケージ(裏面)

「Anker PowerPort ll PD」の開封レポートを簡単に。

Anker社の他製品と同じく、白基調のシンプルなパッケージ

「Anker PowerPort ll PD」の同梱品は取扱説明書のみ

同梱品は、

  • 本体
  • 取扱説明書

のみとなっている。
保証は18ヶ月だが、保証書などではなく、Amazonの注文番号が保証書の代わりとなる。

「Anker PowerPort ll PD」側面

これが本体。
折りたたみプラグなので、スッキリしたデザインだ。

USB-Type C、USB-Type Aを1基ずつ搭載
  • USB-Type C(USB-PD対応)
  • USB-Type A(PowerIQ対応)

のポートを1つずつ搭載している。

「Anker PowerPort ll PD」のプラグ収納状態 「Anker PowerPort ll PD」のプラグをだした状態

折りたたみプラグを出した状態。

iPhone Xと比較

iPhone Xと比較してみる。

わりと大型なのが分かると思う。

12インチMacBook付属の「Apple 29W USB-C 電源アダプタ」と比較(側面) 12インチMacBook付属の「Apple 29W USB-C 電源アダプタ 」と比較(端子部分)

12インチMacBookに付属している、「Apple 29W USB-C 電源アダプタ」との比較。

ひとまわりくらい大きいことがよく分かる。

重量は「130g」ということで、数字でみるとそれほど重く感じないが、手に持って比べるとずっしりとした重みがある。

「Anker PowerPort ll PD」の充電機能をチェック

「Anker PowerPort ll PD」は充電器なので、充電機能をチェックしてみる。

「Anker PowerPort ll PD」の通電状態

まず、コンセントにさして通電状態になると、青色のLEDが点灯する。

12インチMacBookをUSB-PDで充電

「Anker PowerPort ll PD」で12インチMacBookを充電

まずは、この製品の目玉とも言えるUSB-PDによる充電

12インチMacBookを充電してみた。

「Anker PowerPort ll PD」はUSB-PD対応

80%くらい充電済だったためか、20V×1.5Aのフル出力にはならなかったが、24W程度で充電された。

▼計測に使ったテスター

USB-PDの充電テストに最適!「Satechi USB-C パワーメーターテスター」レビュー

2017.07.04

iPad ProとiPhone Xを充電

「Anker PowerPort ll PD」でiPad Proを充電 「Anker PowerPort ll PD」でiPhone Xを充電

続いて、USB-Aポートに接続して、一般的な充電をしてみた。

iPad Proは2.0Aまで延びるかと思ったが、中途半端な速度でストップした印象。

MacBookとiPad Proを同時に充電

もちろん同時の充電も可能だ。

なお、iPad ProとiPhone Xは「USB-C Lightningケーブル」を利用することで、USB-PDに対応した急速充電も可能となっている。

USB-C Lightningケーブルの急速充電はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

2017.10.04

終わりに

「Anker PowerPort ll PD」レビュー

僕としては待望の製品ということで、早速持ち歩き用のガジェットケースに収納した。

普段の生活は、USB-PD対応のモバイルバッテリーが1つあれば十分。

MacBookも急速充電できる!USB-PD対応「RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリー」レビュー【PR】

2017.07.12

僕は今のライフスタイルだと、1泊2日より長い旅行をすることはないので、大容量モバイルバッテリーならこれだけでもこと足りることは多い。

だが、1年弱この使い方をして感じたのは、

モバイルバッテリーが切れる不安が大きい

ということ。
実際切れたときはわりと焦ったし、コンセントから充電器できるグッズが1つは必要と実感した。

なので、沢山のポートは必要ないので、必要最低限に限定されて、何より折りたたみプラグ対応でコンパクトな「Anker PowerPort ll PD」は便利だった。

同じような製品をお探しの方は、是非使って見て欲しい。

12インチMacBook対応USB-C Power Delivery(PD)充電ケーブル。エレコム「USB3-CCP05NBK」レビュー

2016.07.12

MacBook Proも急速充電可能で何でもできる自宅用充電器の決定版!「Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー」レビュー【PR】

2018.03.14
SPONSORED LINK

「Anker PowerPort ll PD」レビュー

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)