MacBookも急速充電できる!USB-PD対応「RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリー」レビュー【PR】

モバイルバッテリーでMacBookを充電
SPONSORED LINK

12インチMacBookを購入以来、あればいいのにと思っていたものがある。それは、

USB Power Delivery(USB PD)対応のモバイルバッテリー

USB-TypeCポートは従来のUSB 3.0ポートより高い電流である『3A』の出力に対応しているが、より高速な充電を行う場合USB PDに対応する必要がある。

  • 充電器
  • ケーブル
  • 充電される機器

この全てが対応しなければ動作しないというハードルの高さもあり、対応機器はまだまだ少なく、僕がMacBookを購入した2016年4月には、USB-PD対応のモバイルバッテリーは皆無だった。

以来いくつか対応製品が発売しているのは目にしていたが、メーカーの信頼性がイマイチで購入には至らなかった。

そんな時、タイムリーに僕自身も過去に何度かレビューをして信頼できると感じていたRAVPower社からレビュー依頼をいただいたので早速紹介しようと思う。

「1泊2日くらいならこれ1つで大丈夫!」と言える、最強のモバイルバッテリーだと感じた。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

USB-PD対応モバイルバッテリーが欲しかった理由

RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリー

RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリー

12インチMacBookを購入して、USB-TypeCポートを初めて体験した。これまでは、

  • iPhone充電用のLightningケーブル
  • その他のガジェット充電用のmicroUSBケーブル
  • これらに接続する充電アダプタ
  • モバイルバッテリー

を持ち歩いていたが、

USB-TypeCとUSB-PDに全て統一できそう

と感じたら、ガジェット好きとしてはもうワクワクしちゃうんですよねw

そして、さらに大きいのがMacBookの充電。
今まででもスマホやデジカメ程度ならモバイルバッテリーだけで事足りたが、MacはMagSafeという専用のACアダプタを採用していたため、特に旅行などの場合持ち歩くしかなかった。

ただ、12インチMacBookはUSB-PD対応なので、モバイルバッテリーからでも充電ができてしまう。

USB-PD対応のバッテリーがあればこれだけでいいじゃないか!

これって数年前では考えられなかったことですよね。

2017年現在の僕のライフスタイルとしては、子供がまだ小さいため、2泊以上で出かけることはほぼなく、日帰りか1泊2日がほとんど。

この場合、一番重視したいのは荷物を少しでも軽く・減らす事なわけで、

  • ACアダプタ
  • モバイルバッテリー

の2つを持ち歩くのは無駄が多かった。それを解消する『夢のアクセサリ』とも言える。

RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリーの概要

RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリーの概要

RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリーの概要の同梱品

前置きが長くなったが、今回紹介する『RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリー』のスペックは以下のような感じだ。

項目スペック
製品名RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリー
容量20100mAh
本体サイズ17.2 x 2 x 8 cm
本体重量372 g
入力Micro USB
USB-C(PD対応)
出力USB-A × 2(iSmart 2.0 対応)
USB-C(PD対応)

最大の特徴は、なんと言っても、

入力と出力の双方でUSB-PDに対応(USB-C端子接続時のみ)

という部分。
USB-PDに対応というと、モバイルバッテリー経由でガジェットを充電する事を想像しがちだが、モバイルバッテリーの充電にもUSB-PDが使えるというのも実はポイントだ。

何故なら、近年のモバイルバッテリーは安価で大容量なものが多く、この製品も20100mAhという大容量バッテリーを搭載しているが、大は小を兼ねるものの、充電に時間がかかるという難点がある。

半日くらいかかるなんてザラだ。この為、

  • Micro USBポートを2基搭載し同時に充電
  • Quick Chargeを採用

など各社どうにかして充電時間を短縮しようとしている。

この製品はUSB-PDに対応しているため、USB-PDであれば3〜4時間でフル充電可能となっており、このサイズのバッテリーとしては恐ろしく早く充電が可能となっている。

寝る前に充電すれば十分というのはかなり大きい。

また、地味だがUSBのデータ転送機能を内蔵しており、特に12インチMacBookを使用する際に、充電しながらUSB機器を接続するなんて使い方ができる。

価格はAmazonで6,599円で、ただのモバイルバッテリーとしてみると少々高い。だが、USB-PD対応のモバイルバッテリーとしては数少ない選択肢となっており、

普通のバッテリーの2倍くらいの価格で買えるのは安い

ともいえる。

開封レポート

パッケージ

パッケージ

簡単に開封レポートを。
パッケージはRAVPower社の製品としては一般的なもの。

梱包はわりと丁寧

梱包はわりと丁寧

梱包もしっかりしている。

同梱品

同梱品

日本語マニュアルあり

日本語マニュアルあり

同梱品は、

  • 取扱説明書(日本語対応)
  • Micro USB ケーブル (短):約40cm
  • Micro USB ケーブル (長):約80cm
  • USBC-Cケーブル:USB-C PD対応

USB-PD対応ケーブルが同梱されているのは地味にうれしい。PD対応ケーブルは1,000円くらいするので、ただのUSB-Cケーブルとは価格が全く違う。

取説も日本語対応しているのがうれしい。

本体外観

本体外観

これが、『RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリー』の本体。

iPhone 7と比較

iPhone 7と比較

P1010508

iPhone 7と比較(厚さ)

iPhone 7と比較すればわかるが、明らかにデカくて分厚い
20100mAhという容量は伊達じゃない。これをどう捉えるかは人それぞれだろう。

  • デカくて重すぎるから普段使いには向かない
  • 容量気にせず、とりあえずこれ1個持っとけばいいから楽

僕は後者の考えを持っている。なので、最強モバイルバッテリーだと思っている。

裏には規格が書かれている

裏には規格が書かれている

裏面には規格などが刻印されている。もちろんUSB-PD対応。

P1010505

ポートは全部で4つ

ポートは全部で4つ。
充電用に使用するのは、

  • USB-Cポート1基
  • USB-Aポート2基(機器毎に最適な電圧を調整するiSmart 2.0 対応)

同時利用も可能となっている。

通電状態と残量のインジケーター

通電状態と残量のインジケーター

LEDのインジケーターがあり、

  • 通電状態の表示
  • バッテリー残量を4段階で表示

が可能となっている。

USB機器も接続可能

USB機器も接続可能

光学ドライブにディスク挿入

光学ドライブにディスク挿入

ちなみにUSB機器を接続可能となっており、通電ボタンを2度押しすることで、

  • 充電モード
  • データ転送モード

の切り替えが可能となっている。
上記画像はBlu-rayドライブに音楽CDを挿入した状態だが、ちゃんと認識されている。

USB-PDで充電してみた

P1010531

Satechi USB-C パワーメーターテスター

USB-PDは従来のUSB充電の数倍になる電力を扱うことで、急速充電が可能となっている。だが、条件も厳しく、

  • 充電器
  • ケーブル
  • 充電される機器

この全てがUSB-PDに対応していなければ、USB-PDによる充電は出来ない。

規格的にも厳しいものとなっているが、同時に規格外の動作をするなど粗悪品が多いという現実もある。

従来品よりも大きな電力を扱うだけに、発火や爆発が怖いとも感じているので、ちゃんと定格で動作するのかを検証してみた。ちなみにUSB-PDとしての動作は、

最大30W (5V/3A、9V/3A、12.0V/2.4A、15V/2A、20V/1.5A)

となっている。
12インチMacBookとモバイルバッテリーそのものの充電を試してみた。

計測機器には『Satechi USB-C パワーメーターテスター』を利用した。

USB-PDの充電テストに最適!「Satechi USB-C パワーメーターテスター」レビュー

2017.07.04

12インチMacBookを充電

モバイルバッテリーでMacBookを充電

モバイルバッテリーでMacBookを充電

これがある意味一番やりたかったこと。

12インチMacBookをモバイルバッテリーで充電。こんな事が出来るなんて未来、PCを使い始めた1998年では考えられない。すごいなぁと感動する。

モバイルバッテリーからの出力

モバイルバッテリーからの出力

モバイルバッテリーからの出力は、

15.2V × 1.90A = 28.88W

入力電流

入力電流

12インチMacBookへの入力電流は、

15.0V × 1.93A = 28.95W

出力も充電も、USB-PDで30Wのフル出力だった。
USB-PD対応と言うことで、同じくUSB-Cを採用する2016年以降のMacBook Proでも使用できるのだが、MacBook Proはより多くの電流を必要とする。

対応するアダプタでいうと、

機種名対応する充電アダプタ
12インチMacBook29W USB-C電源アダプタ
13インチMacBook Pro61W USB-C電源アダプタ
15インチMacBook Pro87W USB-C電源アダプタ

という感じなので、30Wまでしか対応していないこの製品では、MacBook Proをフルスピードでは充電出来きないということになる。

ただ、それでも大きな価値はあると思う。ちなみにメーカーの記載では以下のような充電回数となっている。

機種名充電回数
12インチMacBook約2.3回
13インチMacBook Pro(touch bar有)約2.8回
15インチMacBook Pro(touch bar有)約1.8回

2回くらいフル充電出来るというのはかなり便利だ。1泊2日程度の旅行・出張ならほぼACアダプタはいらないだろう。

モバイルバッテリーを充電

続いて、『RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリー』そのものを充電。20100mAhあるので、Micro USB経由だと感覚値だが、半日くらいかかると思う。

それをUSB-PDで充電すると、

約31Wで充電

約31Wで充電

約31Wのフル出力で充電。大電流故か、本体はかなり熱くなる。

約3時間でフル充電完了

約3時間でフル充電完了

この時、バッテリー残量ゼロで、午前4時頃に充電をスタートさせたが、午前7時過ぎにはフル充電となった。

つまり、20100mAhを3時間弱でフル充電可能となっている。メーカーの説明でも4時間と書かれており、嘘ではない。

驚異的なスピードで充電される

終わりに

モバイルバッテリーでMacBookを充電

モバイルバッテリーでMacBookを充電

USB-PD対応のモバイルバッテリーは思っていた通り、強力なアクセサリだった。

重量は約350gと確かに大きいし重い。だが、10000mAh程度のモバイルバッテリーとACアダプタを持ち歩く事を思えば、かさばらないし重量はそれほど変わらない。

1泊2日程度ならこのバッテリーだけで事足りる

というのはかなりの安心感だ。しかも、PCである12インチMacBookまで充電出来てしまう。

どうしても、不安な時はUSB-PD対応のACアダプタを1つ持ち歩けばよい。

普段使いの充電グッズの概念がちょっと変わってしまうくらいの便利さだと思う。

12インチMacBook、2016年以降のMacBook ProなどUSB-PD対応製品を使っている人には便利なアクセサリと思うので、是非使ってみて欲しい。

12インチMacBook対応USB-C Power Delivery(PD)充電ケーブル。エレコム「USB3-CCP05NBK」レビュー

2016.07.12

USB-PDの充電テストに最適!「Satechi USB-C パワーメーターテスター」レビュー

2017.07.04
SPONSORED LINK