RAVPower「RP-PB122」レビュー。モバイルバッテリー内蔵器・USB-PD対応で、iPhone・Android関係なく「長く」使える充電器【PR】

「RAVPower RP-PB122」レビュー 充電器/ACアダプタ
SPONSORED LINK

急速充電規格「USB-PD」に対応したバッテリー内蔵充電器が欲しい!

2017年頃から増えて来たバッテリー内蔵充電器は、モノが減ってかさばらないという分かり安いメリットがあり、人気のある充電グッズだ

iPhone 8iPhone Xが対応したことでかなり増えたとは言え、USB Power Delivery(USB-PD)対応の充電器はまだまだ少ない。

そんな中、待望のUSB-PD対応バッテリー内蔵充電器が発売された!

この記事では、モバイルバッテリー内蔵充電器「RAVPower RP-PB122」を紹介しようと思う。

チー
モバイルバッテリーとACアダプタが一体化した、ハイブリッド型バッテリーでUSB-PD対応は「将来性抜群」なので1つ持っておくと便利だよ!
この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「RAVPower RP-PB122」の概要

RAVPower RP-PB122

「RAVPower RP-PB122」の製品概要は以下の通り。

寸法約77.5*77.5*32mm
重量約210g
バッテリー容量5000mAh
入力ポートUSB-C × 1
AC入力
出力ポートUSB-A × 1
USB-C × 1
出力USB-C出力:PD3.0, 5V⎓3A, 9V⎓2A,12V⎓1.5A, 18W(最大)
USB-A出力:QC3.0, 5V⎓3A, 9V⎓2A,12V⎓1.5A, 18W(最大)
同時利用時は最大15W
価格3,299円
備考iSmart2.0出力自動判別機能より、接続された機器を自動的に検知し、機器に適する電流で充電

特徴をピックアップすると、以下のあたりだろうか。

  • 5000mAhモバイルバッテリーと2ポートUSB急速充電器が一体化
  • USB-PD、Quick Charge3.0に対応し、iPhoneもAndroidも急速充電できる
  • PSEマーク取得

特にバッテリー容量は平凡だと思うが、バッテリーと充電器が一体化しているというのが最大の特徴。

バッテリーと充電器は、大小様々な製品があるが、大体こんな構成になる。

モバイルバッテリーとUSB充電器
チー
どうしてもかさばる……

僕の場合は上記構成で、1泊2日程度ならこれだけで事足りることを想定しているので大きくなるが、当然毎日使うわけじゃない。

チー
ガジェット好きなので、持ち歩いてないと落ち着かないのです……(笑)

客観的に考えれば、普段使いはこれで十分。

RAVPower RP-PB122はコンパクト

ただ、モバイルバッテリー内蔵充電器でUSB-PD対応している製品は少なかった。特に外出先の充電は、少しでも早く完了したいので、急速充電規格への対応は必須。

「RAVPower RP-PB122」最大の魅力は、モバイルバッテリー内蔵充電器で、急速充電規格に対応していることと言える。

価格はAmazonで「4,899円」なので、ちょっとだけ値段は貼るが、Android含めて利用できるので「将来性抜群」だと思う。

「RAVPower RP-PB122」の開封レポート

RAVPower RP-PB122のパッケージ RAVPower RP-PB122開封後

簡単な開封レポートを。

RAVPower製品ではお馴染み、緑色のパッケージ。

RAVPower RP-PB122の同梱品

開封すると以下が入っていた。

  • 本体
  • 本体充電用micro USBケーブル
  • キャリングポーチ
  • 説明書
  • 保証書

RAVPower製品は、品質の高さもさることながら、30ヶ月というかなり長い製品保証があることが魅力の1つ。

通常18ヶ月保証で、ユーザー登録することでさらに「12ヶ月」延長されます
RAVPower RP-PB122正面 RAVPower RP-PB122側面 RAVPower RP-PB122正面上部

製品の外観をチェック。

ぱっとみた感じ、普通のUSB充電器にしか見えないが、これに5000mAhのバッテリーを搭載している。

RAVPower RP-PB122ACプラグ

コンセントに差し込むACプラグがもちろんついており、コンパクトに収納できる折りたたみ式プラグ

自宅用ならともかく、持ち歩くものはこのタイプが絶対便利だと思う。

製品全体はツルツルした光沢感のある仕上がり。RAVPower製品はマットな質感が多く、皮脂や指紋が目立たないので好みだったが、この仕上げだと汚れが目立つのでちょっと残念だった

4段階のLEDインジケーター

4段階のLEDインジケーターで、バッテリー残量を確認できる。

PSEマーク(電気用品安全法)に対応

PSEマーク付き

モバイルバッテリーは、リチウムイオンバッテリーを搭載した製品だが、近年多種多様な製品が販売されている。

数年前と比較すれば、劇的に価格が安くなっており、競争の激しい分野なので、粗悪品も増えた

  • 既定値通りの動作をしない
  • 壊れた
  • 炎上・爆発した

このような事故が後を絶たない状況なので、2018年2月1日以降に電気用品安全法の適用対象となり、1年間の猶予期間を経て、2019年2月1日以降「PSEマークがない製品は違法」となる

「RAVPower RP-PB122」は、PSEマークを取得しているため安心して購入して欲しい。

充電性能をチェック

充電性能をチェック

「RAVPower RP-PB122」は、USB-PDおよびQuick Chargeによる急速充電に対応している。

特にUSB-PDはパソコンでも主流になりつつある充電規格なので、充電性能をチェックしてみた。

USB-PDにはいくつか規格がありますが、「RAVPower RP-PB122」は 最大18W 出力なので、MacBookなどはフルスピードで充電できません

MacBookをUSB-PDで充電

12インチMacBookを充電 12インチMacBookを充電してみた。

最大30Wでの充電が可能だが、「RAVPower RP-PB122」は規格上「18W」なので、充電速度も「16W」程度だった

iPhone XS MaxをUSB-PDで充電

iPhone XS Maxを充電 iPhone XS Maxを充電してみた。

iPhoneは2017年に発売した、iPhone 8iPhone X以降、充電端子はLightningのままだが、USB-PD方式による「最大18W」充電に対応している

「14W」程度なので、急速充電が動作していることが確認できる。

USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

2017年10月4日

Android(Pixel 3)をUSB-PDで充電

Pixel 3を充電

さらにAndroidの「Pixel 3」でも試してみた。

  • Quick Charge
  • USB-PD

Androidについては、メーカーによって対応する充電規格が異なるのだが、Pixel 3はUSB-PDに対応している。

「16W」程度なので、Pixel 3も急速充電が動作していることが確認できる。

「RAVPower RP-PB122」を使った感想

RAVPower RP-PB122はコンパクト
  • USB-PDによる急速充電対応(18Wまで)
  • Quick Chargeによる急速充電対応(18Wまで)
  • 5000mAhのバッテリー内蔵

これらは基本的に、スマホ・タブレットの充電を想定した機能といえるだろう。

例えばMacBookを使っている人には充電性能として若干物足りないのだが、大多数の方が普段持ち歩く機器はスマホ1台なので、問題にならないだろう。

また、長年iPhoneはLightning、Androidはmicor-USBと充電端子が棲み分けられ、急速充電規格もバラバラだったが、近年はUSB-CとUSB-PDの充電に集約されつつある

このため、将来使うスマホが変わっても、ほぼ間違いなくそのまま使えるというのが大きなメリットと言える。

また、バッテリー内蔵充電器としてのコンパクトさも損なわれておらず、普段使いとして使いやすいと感じた

終わりに

充電性能をチェック

近年のスマホは、バッテリ容量が大きくなった。

このため、充電器としてもっとも重要な機能は、

急速充電規格に対応していること

だと僕は思っている。

従来からある5W程度の充電器だと、冗談抜きに充電に5時間くらいかかってしまう

1日1回寝るときにしか充電しないならそれもよいが、「保険」という意味でも充電器は必要だ。

  • モバイルバッテリーとして使える
  • USB充電器としても使える

2種類の充電方法があるので、1つ持ち歩いておくと安心できるのではないだろうか。

iPhoneユーザーにもAndroidユーザーにも、「長く使える充電器」としておすすめできる製品だ。

持ち歩きに最適なモバイル用USB充電器のおすすめ

2019年に入り、USB-Cを搭載した充電器が急速に増えてきました。充電規格の違いなどややこしい面がありますが、便利なのはもちろん、将来性があり長く使えるので購入をおすすめします。

iPhone・Macで使いやすいUSB充電器のおすすめ

【2019年版】買ってよかったiPhone純正品以外のUSB充電器(USB-PD急速充電対応)10選。私のおすすめと選び方

2019年8月17日
チー
僕は以下の基準で選んでいるよ!

おすすめを敢えて1つ選ぶと、モバイルバッテリー内蔵の「RAVPower RP-PB122」です。 旅行・出張時には物足りないけど、普段使いとしてはこれ1台あれば十分!
持ち歩き用USB充電器の選定ポイント
  • 折りたたみプラグ
  • 2基のUSBポートを搭載(マルチポート対応)
  • できればUSB-C端子を搭載し、USB-PDによる急速充電に対応している
  • PSEマーク取得

その他のおすすめ製品

iPhone 7以前のモデルを使っているならこちら
DSC01639

RAVPower「モバイルバッテリー 充電器 6700mAh RP-PB125」レビュー。一体型でコンパクトなのでカバンの中に常備できる【PR】

2018年12月29日
▼USB-C非対応だが、2,000円以下で購入できるのが魅力

RAVPower「40W 4ポートUSB充電器 RP-PC026」レビュー。旅行に便利な折りたたみ式プラグのマルチポート充電器【PR】

2017年2月13日
▼iPhoneを急速充電するならこれ!
「Anker PowerPort ll PD」レビュー

Anker「PowerPort ll PD」レビュー。折りたたみプラグでコンセント直挿しできるUSB-PD対応充電器!

2018年6月27日
▼MacBook Proを急速充電するならこれ!

USB-Cケーブルは高品質なものを選ぼう

「USB-PD」による急速充電は、本体・充電器・ケーブルがすべて対応して初めて動作します。「急速充電=高出力」なので発火などの危険もあります。安価な製品には注意しましょう。

エレコムUSB-Cケーブル「USB3-CCP05NBK」レビュー。USB-C Power Delivery(USB-PD)対応でも安心して使える高品質ケーブル

2016年7月12日
チー
特に「iPhone 8」と「iPhone X以降」を使っている方は、USB-C lightningケーブルの充電を試して欲しいです。爆速!
USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

2017年10月4日

自宅でお手軽充電ならワイヤレス充電器も便利

チー
最近はワイヤレス充電(Qi)に対応するスマホも増えているし、1つ持っておくと便利です
実は最新規格に対応していれば「最大15W」とかなり高出力!
ワイヤレス充電器の選び方を徹底解説

【2019年版】買ってよかったQi規格ワイヤレス充電器5選。スマホ(iPhone・Android)で使うおすすめと私の選び方

2019年2月6日

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年9月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK