iPhone 12シリーズ発表!詳しくはこちら

「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」レビュー。コンパクトで毎日持ち歩ける急速充電対応モバイルバッテリー【PR】

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)レビュー
SPONSORED LINK

コンパクトな急速充電(USB-PD)対応モバイルバッテリーが欲しい!

あらゆる充電規格が「USB-PD」に統合されつつある2020年現在、対応製品がドンドン増えた。

対応製品が増え始めた2018年頃は、10000mAhを超える「大容量バッテリー」でのみ採用されていたが、今やコンパクトなモバイルバッテリーでも採用されている。

普段は大容量バッテリーなんていらないので、コンパクトで持ち運びしやすい急速充電対応バッテリーが欲しい

そんな声をよく聞くくらい一般的になったのだが、この記事では「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」を紹介しようと思う。

チー
ズボンのポケットに入るくらいコンパクトで、通勤・通学程度で持ち歩くなら、一番使いやすいサイズ感!
この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」の概要

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)の概要

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」の製品概要は以下の通り。

寸法約120 * 27 * 25mm
重量約125g
バッテリー容量5000mAh
入力ポートUSB-C × 1
5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A (18W max)
出力ポートUSB-A × 1
USB-C(PD) × 1
出力USB-C(PD): 5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A (18W max)
USB-A : 5V/2.4A max. (Auto-IC機能搭載)
同時利用時は最大18W
価格2,680円
備考AUTO-IC機能により、接続された機器を自動的に検知し、最大2.4Aで最適な電流を流します

特徴をピックアップすると、以下のあたりだろうか。

  • とにかくコンパクト!
  • デジタルインジケーター搭載
  • PSEマークなど複数の認証を取得済

バッテリー自体はコンパクト化が難しい製品だが、「細長い形状」にすることでコンパクトに見せている。

そして、個人的に便利だと思うのが「デジタルインジケーター搭載」であること。

これも2019年から増えて来た見せ方だが、LEDインジケータよりは、数値で表示された方が圧倒的に分かりやすい

価格はAmazonで「2,680円」

急速充電規格の「USB-PD」に対応していることもあり、同容量の非対応製品と比較すればちょっとだけ高いが、今から買うならこのタイプを僕はおすすめする。

チー
これから発売するスマホは、ほぼ全て「USB-PD」に対応していくと思います

「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」の開封レポート

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)のパッケージ cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)のパッケージ裏面

簡単な開封レポートを。
パッケージはとてもシンプル。

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)の同梱品

開封すると以下が入っていた。

同梱品
  • 本体
  • USB-C充電ケーブル
  • 取扱説明書(日本語対応)

このタイプの製品は最近海外メーカーも多く、パッケージなど「グローバル仕様」が多いのだが、cheeroブランドはパッケージ含めて「日本語対応している」というのが、嬉しいポイント

メーカー保証は「1年間」です
正面から 側面から 各種認証マーク USB-CとUSB-Aのポートが1つずつ

製品の外観をチェック。
細長いので「コンパクトに見える」というのが最大の特徴だろう。

手のひらにのせても小さい

モバイルバッテリーの大きさ・重さは容量に比例するが、5000mAhなので手のひらにのせてもコンパクトに見える。

iPhone 11 Proと比較 側面から比較

iPhone 11 Pro」と比較するとこんな感じ。

コンパクトだが、それなりの大きさ・厚みはあることは知っておいて欲しい。

デジタルインジケーター

また、最大の特徴がバッテリー残量が分かる「デジタルインジケーター」。

なんでもない「液晶」だが、これがあるとないとでは大違い。

チー
充電中に表示されるので、どれくらい減っているか、増えたかがすぐ分かるのが嬉しい!

PSEマーク(電気用品安全法)など複数の認証を取得している

安全設計が充実

モバイルバッテリーは、リチウムイオンバッテリーを搭載した製品だが、近年多種多様な製品が販売されている。

数年前と比較すれば、劇的に価格が安くなっており、競争の激しい分野なので、粗悪品も増えた

  • 既定値通りの動作をしない
  • 壊れた
  • 炎上・爆発した

このような事故が後を絶たない状況なので、2018年2月1日以降に電気用品安全法の適用対象となり、1年間の猶予期間を経て、2019年2月1日以降「PSEマークがない製品は違法」となる

複数の認証を取得してる

「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」は、PSEマークはもちろん、複数の認証をしているので信頼性は非常に高い

取得している認証基準
  • PSE
  • CE
  • FCC
  • RoHS

を取得しているため安心して購入して欲しい。

充電性能をチェック

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)レビュー

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」は、USB-PDによる急速充電に対応している。

特にUSB-PDはパソコンでも主流になりつつある充電規格なので、充電性能をチェックしてみた。

USB-PDにはいくつか規格がありますが、「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」は 最大18W 出力なので、MacBook Airなどはフルスピードで充電できません

MacBook AirをUSB-PDで充電

MacBook Airを充電

まずは、MacBook Airを充電してみた。

最大30Wでの充電が可能だが、「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」は規格上「18W」なので、充電速度も「16W」程度だった

iPhone 11 ProをUSB-PDで充電

iPhone 11 Proを充電

続いて、「iPhone 11 Pro」を充電してみた。

iPhoneは2017年に発売した、iPhone 8iPhone X以降、充電端子はLightningのままだが、USB-PD方式による「最大18W」充電に対応している

「11W」程度なので、急速充電が動作していることが確認できる。

USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

Android(Pixel 3)をUSB-PDで充電

Pixel 3を充電

最後にAndroidの「Pixel 3」でも試してみた。

  • Quick Charge
  • USB-PD

Androidについては、メーカーによって対応する充電規格が異なるのだが、Pixel 3はUSB-PDに対応している。

「6W」程度なので、Pixel 3も急速充電が動作していることが確認できる。

「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」を使った感想

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)レビュー
  • USB-PDによる急速充電対応(18Wまで)
  • 5000mAhのバッテリー内蔵

これらは基本的に、スマホ・タブレットの充電を想定した機能といえるだろう。

例えばMacBookシリーズを使っている人には充電性能として若干物足りないのだが、大多数の方が普段持ち歩く機器はスマホ1台なので、問題にならないと思う。

そもそも、ノートPCを充電するには5000mAhでは心許ないので、毎日持ち歩いて、1日に1回か2回スマホを充電する用途に向いている

最大の魅力は、コンパクトであることと言える。

細長い形状で、バックなどにも収納しやすく、男性ならズボンのポケットに入れたまま充電するなんて使い方もできる。

チー
普段使いに最適なモバイルバッテリー!

終わりに

cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)レビュー

近年のスマホは、バッテリ容量が大きくなった。

このため、充電器としてもっとも重要な機能は、

急速充電規格に対応していること

だと僕は思っている。

従来からある5W程度の充電器だと、冗談抜きに充電に5時間くらいかかってしまう

急速充電が嬉しいのは、やはり出先で充電するケース。

誰だって、ケーブルを繋ぎながらスマホは使いたくないので、iPhoneなら30分程度で7割くらい充電できる、急速充電はとても便利な機能

  • 毎日持ち歩いても邪魔にならない
  • 充電速度が速い
  • 価格も高すぎない

そんな方には、Amazonで「2,680円」で購入できる、「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」はとても使いやすいと思う。

是非、使ってみて欲しい。

モバイルバッテリー買うならUSB PD対応製品がおすすめ

2019年以降、USB-Cを搭載した充電器が急速に増えてきました。充電規格の違いなどややこしい面がありますが、便利なのはもちろん、将来性があるので長く使えるので購入をおすすめします。

iPhoneで使いやすいモバイルバッテリーのおすすめ

【2020年版】買ってよかったモバイルバッテリー10選(USB-PD急速充電対応)。iPhoneで使うおすすめと私の選び方

チー
僕は以下の基準で選んでいるよ!一番のおすすめは「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」かな
モバイルバッテリー選びのポイント
  • USB-Cポートを最低1つ搭載していること
  • 高速充電規格(USB PD・Quick Charge3.0)に対応していること
  • 高出力の充電器なので、信頼できるメーカーと品質重視
▼USB−C2基搭載し、最大60W出力対応で、MacBook Proも急速充電できる
「cheero Power Plus 5 Premium 20000mAh with Power Delivery 60W」レビュー

「cheero Power Plus 5 Premium 20000mAh with Power Delivery 60W(CHE-109)」レビュー。MacBook ProとiPhoneを同時に急速充電!大容量モバイルバッテリーの買い替えに最適【PR】

▼バッテリー内蔵の充電器
「RAVPower RP-PB122」レビュー

RAVPower「RP-PB122」レビュー。モバイルバッテリー内蔵器・USB-PD対応で、iPhone・Android関係なく「長く」使える充電器【PR】

▼最新規格はいらない。とにかく安さ重視ならこれ(1,599円)!
RP-PB134

RAVPower「モバイルバッテリー 5000mAh(PB134)」レビュー。2,000円以下で安価、スティック型で小さいのにスマホをフル充電可能【PR】

USB-Cケーブルは高品質なものを選ぼう

「USB-PD」による急速充電は、本体・充電器・ケーブルがすべて対応して初めて動作します。「急速充電=高出力」なので発火などの危険もあります。安価な製品には注意しましょう。

エレコムUSB-Cケーブル「USB3-CCP05NBK」レビュー。USB-C Power Delivery(USB-PD)対応でも安心して使える高品質ケーブル

チー
特に「iPhone 8」と「iPhone X以降」を使っている方は、USB-C lightningケーブルの充電を試して欲しいです。爆速!
Apple(アップル)
¥1,980 (2020/10/27 17:30:47時点 Amazon調べ-詳細)
USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

自宅でお手軽充電ならワイヤレス充電器も便利

チー
最近はワイヤレス充電(Qi)に対応するスマホも増えているし、1つ持っておくと便利です
実は最新規格に対応していれば「最大15W」とかなり高出力!
ワイヤレス充電器の選び方を徹底解説

【2020年版】買ってよかったQi規格ワイヤレス充電器5選。スマホ(iPhone・Android)で使うおすすめと私の選び方

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年10月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!