運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

SGPの新型バッテリー「kuel F60Q」開封の儀

SPONSORED LINK

昨日のエントリーでSGPさんから依頼いただきモニターレポートを行う事になった、「kuel F60Q」を開封してみる。ちなみに事前情報として知っているのは6000mAhと大容量であること、iPhoneなどのiOS端末とAndroid端末の充電ができると言うことだけだ。

SPONSORED LINK

DSC02577.JPG
DSC02578.JPG

裏面は全て英語。マニュアル類は現在翻訳中ということだったが、正式発売時はこの辺りはどうなるのだろうか。

DSC02579.JPG

中には本体と充電用のUSBケーブルと説明書があるのみと言う割とシンプルな構成。

DSC02580.JPG

前述したとおりマニュアルは英語。これは正式発売時には日本語版が付属するものと思われる。

DSC02581.JPG
DSC02582.JPG

USBケーブル。キャップがついていたり、商品名が印字されていたり地味なところで凝っている。本体の充電はmicroUSB端子で行うようだ。

DSC02583.JPG

こちらが充電ポート、充電開始ボタン、残量インジケーター。
ここは蓋がついていて、開くと、

DSC02587.JPG
DSC02588.JPG

こんな感じ。
入力のmicroUSBポートはここにある。そして謎の切り替えスイッチ。
どうも「Ⅰ」に合わせるとAndroid端末、「Ⅱ」に合わせるとiOS(Apple)端末用の設定となるらしい。

DSC02584.JPG

反対側が出力用のUSBポート。ここにつないで様々な端末が充電できるようになる。

DSC02585.JPG
DSC02586.JPG

僕が現在使っているTUNEMAX STICK BATTERYとの大きさ比較。

TUNEMAX STICK BATTERYは2200mAh、kuel F60Qは6000mAh。容量が3倍違う割には思ったほどでかくないという感じだが、さすがにコンパクトとは言いがたい、、、

重さも145グラムとTUNEMAX STICK BATTERYの65グラムと比べたら倍以上。

持ち歩く外部バッテリーとして、容量をとるか重さをとるかは難しいところだが、平日はTUNEMAX STICK BATTERY、旅行や終日出かける日はkuel F60Qという分け方になるだろうか。

というわけで開封レポートは終了。

以降充電時間はどれくらいか。iPhone、iPad、Androidの充電が何回くらいできるかをレポートしていこうと思う。本日は嫁がお出かけしているので、早速Androidで使ってもらっている。

モバイルバッテリー買うならUSB PD対応製品がおすすめ

2019年以降、USB-Cを搭載した充電器が急速に増えてきました。充電規格の違いなどややこしい面がありますが、便利なのはもちろん、将来性があるので長く使えるので購入をおすすめします。

iPhoneで使いやすいモバイルバッテリーのおすすめ

【2020年版】買ってよかったモバイルバッテリー10選(USB-PD急速充電対応)。iPhoneで使うおすすめと私の選び方

チー
僕は以下の基準で選んでいるよ!一番のおすすめは「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」かな
モバイルバッテリー選びのポイント
  • USB-Cポートを最低1つ搭載していること
  • 高速充電規格(USB PD・Quick Charge3.0)に対応していること
  • 高出力の充電器なので、信頼できるメーカーと品質重視
cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)レビュー

「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」レビュー。コンパクトで毎日持ち歩ける急速充電対応モバイルバッテリー【PR】

▼USB−C2基搭載し、最大60W出力対応で、MacBook Proも急速充電できる
「cheero Power Plus 5 Premium 20000mAh with Power Delivery 60W」レビュー

「cheero Power Plus 5 Premium 20000mAh with Power Delivery 60W(CHE-109)」レビュー。MacBook ProとiPhoneを同時に急速充電!大容量モバイルバッテリーの買い替えに最適【PR】

▼バッテリー内蔵の充電器
「RAVPower RP-PB122」レビュー

RAVPower「RP-PB122」レビュー。モバイルバッテリー内蔵器・USB-PD対応で、iPhone・Android関係なく「長く」使える充電器【PR】

▼最新規格はいらない。とにかく安さ重視ならこれ(1,599円)!
RP-PB134

RAVPower「モバイルバッテリー 5000mAh(PB134)」レビュー。2,000円以下で安価、スティック型で小さいのにスマホをフル充電可能【PR】

USB-Cケーブルは高品質なものを選ぼう

「USB-PD」による急速充電は、本体・充電器・ケーブルがすべて対応して初めて動作します。「急速充電=高出力」なので発火などの危険もあります。安価な製品には注意しましょう。

エレコムUSB-Cケーブル「USB3-CCP05NBK」レビュー。USB-C Power Delivery(USB-PD)対応でも安心して使える高品質ケーブル

チー
特に「iPhone 8」と「iPhone X以降」を使っている方は、USB-C lightningケーブルの充電を試して欲しいです。爆速!
USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

自宅でお手軽充電ならワイヤレス充電器も便利

チー
最近はワイヤレス充電(Qi)に対応するスマホも増えているし、1つ持っておくと便利です
実は最新規格に対応していれば「最大15W」とかなり高出力!
ワイヤレス充電器の選び方を徹底解説

【2020年版】買ってよかったQi規格ワイヤレス充電器5選。スマホ(iPhone・Android)で使うおすすめと私の選び方

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年8月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!