運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

「cheero Power Mountain mini 30000mAh(CHE-111)」レビュー。LEDライト搭載で、災害時のスマホ用バックアップ電源として便利【PR】

cheero Power Mountain mini 30000mAh(CHE-111)」レビュー
SPONSORED LINK

災害など非常時のための予備電源が欲しい

僕が住む岡山県倉敷市は、平成30年7月豪雨で被災した。

飛び交う防災ヘリ

スマホの緊急速報で通知される、避難準備・避難勧告・避難指示(緊急)って何が違う?岡山県倉敷市の豪雨体験を通じて感じたこと

災害発生直後に問題になったのが、食料などと共に、今やライフラインとなった「スマホのバッテリー」

このことをきっかけに、我が家ではバックアップ電源として「Anker PowerHouse」を購入したのだが、正直かなり大きくて重い……。

もう少し、コンパクトで非常用ライトとしても使えるようなバッテリーが欲しかった。

この記事で紹介する「cheero Power Mountain mini 30000mAh(CHE-111)」は、そんな僕がまさに探していたモバイルバッテリー。

  • 30000mAhの大容量バッテリー搭載だが、意外とコンパクト
  • ワイヤレス充電対応
  • USB-PDの60W出力対応(13インチMacBook Proが充電可能)
  • LEDライト搭載
チー
家庭・オフィスに1台あると便利なバッテリーだと思う!
この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

「cheero Power Mountain mini 30000mAh(CHE-111)」の概要

cheero Power Mountain mini 30000mAh(CHE-111)」の製品概要は以下の通り。

寸法約105 × 84 × 75 mm
重量約602g
バッテリー容量30000mAh
入力ポートUSB-C (PD) : 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A (60W max.)
出力ポートUSB-A × 2
USB-C(PD) × 1
出力USB-C 1(PD) : 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A (60W max.)
USB-A : 5V/2.4A max. (Auto-IC機能搭載)
同時利用時は最大60W
ワイヤレス充電
価格11,400円
備考AUTO-IC機能により、接続された機器を自動的に検知し、最大2.4Aで最適な電流を流します

特徴をピックアップすると、以下のあたりだろうか。

  • 30000mAhの大容量バッテリー搭載だが、意外とコンパクト
  • 最大60WのUSB-PD急速充電に対応するので、13インチMacBook Pro・12インチMacBookMacBook Airなどがフルスピード充電できる
  • ワイヤレス充電対応
  • LEDライトを搭載し、非常時に役立つ
  • デジタルインジケーター搭載
  • PSEマークなど複数の認証を取得済

2020年現在、モバイルバッテリーは「10000mAhで3,000円程度」が主流なので、「11,400円」という価格はちょっと高く感じるかもしれない。

しかし、「cheero Power Mountain mini 30000mAh(CHE-111)」はカバンに持ち歩くバッテリーではなく、自宅やオフィスに据え置きで使うバッテリー

デザインのよさが魅力

このため、安定感やデザインもポイントで、机の上においても違和感のないデザインであることが特徴だ

そして、個人的に便利だと思うのが「デジタルインジケーター搭載」であること。

2019年から増えて来た見せ方だが、LEDインジケータよりは、数値で表示された方が圧倒的に分かりやすい

もちろん、急速充電規格の「USB-PD」にも対応している。このことでさらに高くなるのだが、、今から買うならこのタイプを僕はおすすめする。

チー
形も含めて、持ち歩きが前提の一般的なモバイルバッテリーとは、目的が違うと思うので、その点は注意してください

「cheero Power Mountain mini」の開封レポート

cheero Power Mountain miniのパッケージ cheero Power Mountain miniのパッケージ裏面

簡単な開封レポートを。
パッケージはしっかりした作りとなっている。

開封 cheero Power Mountain mini同梱品 マニュアルは日本語対応

開封すると以下が入っていた。

同梱品
  • 本体
  • デバイススタンド
  • 防滴カバー
  • 本体充電用USB-CtoCケーブル
  • 取扱説明書
  • 保証書(1年保証)

このタイプの製品は最近海外メーカーも多く、パッケージなど「グローバル仕様」が多いのだが、cheeroブランドはパッケージ含めて「日本語対応している」というのが、嬉しいポイント

メーカー保証は「1年間」です
デザインのよさが魅力

三角形の「山形」であるのが、デザイン的には最大の特徴だろう。

正面 背面 ワイヤレス充電対応 反対側の側面

製品の外観をチェック。

モバイルバッテリーの大きさ・重さは容量に比例する。

デザインのよさが魅力 iPhone 11 Proと比較

iPhone 11 Pro」と比較するとこんな感じ。

30000mAhなので結構大きいし、602gという重量は手にのせると「ずっしり重い」。

チー
家庭・オフィス内で動かすのは楽勝だけど、カバンに入れて持ち歩くのは厳しいです(笑)
防滴カバー 外す 防滴カバーを外したあと

USB端子には防滴カバーがついており、取り外すことで利用可能となる。

シリコンのような柔らかい素材なので、簡単に取り外し可能で、アウトドア・災害などで利用することを考えたら、カバーがあるのは嬉しい

LEDライト付き

「電源ボタン2回押し」でLEDライトが点灯する。

普段使いとしては不要だが、このような機能も「非常時」を考えたら必要と思う。

この製品がどのような用途を想定しているかがよく分かる

デバイススタンド ワイヤレス充電対応

デバイススタンドを装着すれば、ワイヤレス充電も利用可能となる

デジタルインジケーター搭載

また、最大の特徴がバッテリー残量が分かる「デジタルインジケーター」。

なんでもない「液晶」だが、これがあるとないとでは大違い。

チー
充電中に表示されるので、どれくらい減っているか、増えたかがすぐ分かるのが嬉しい!

PSEマーク(電気用品安全法)など複数の認証を取得している

背面

モバイルバッテリーは、リチウムイオンバッテリーを搭載した製品だが、近年多種多様な製品が販売されている。

数年前と比較すれば、劇的に価格が安くなっており、競争の激しい分野なので、粗悪品も増えた

  • 既定値通りの動作をしない
  • 壊れた
  • 炎上・爆発した

このような事故が後を絶たない状況なので、2018年2月1日以降に電気用品安全法の適用対象となり、1年間の猶予期間を経て、2019年2月1日以降「PSEマークがない製品は違法」となる

安全設計が充実

cheero Power Mountain mini」は、PSEマークはもちろん、複数の認証をしているので信頼性は非常に高い

取得している認証基準
  • PSE
  • CE
  • FCC
  • RoHS

上記4種類を取得しているため安心して購入して欲しい。

充電性能をチェック

cheero Power Mountain mini 30000mAh(CHE-111)」レビュー

cheero Power Mountain mini 30000mAh(CHE-111)」は、USB-PDによる急速充電に対応している。

特にUSB-PDはパソコンでも主流になりつつある充電規格なので、充電性能をチェックしてみた。

USB-PDにはいくつか規格がありますが、「cheero Power Mountain mini 30000mAh(CHE-111)」は 最大60W 出力なので、15インチ・16インチMacBook Proはフルスピードで充電できません

ワイヤレス充電対応

ワイヤレス充電対応

最大の特徴は、USBによる有線充電だけでなく、ワイヤレス充電にも対応していること。

スマホの場合、デバイススタンドをつけて「横向き」にする必要はあるが、置けばすぐに使える

【非対応】16インチMacBook ProをUSB-PDで充電

16インチMacBook Proを充電

まずは、現在のメインPC「16インチMacBook Pro」を充電してみた。

「96W」の充電に対応しているが、cheero Power Mountain mini」は60W出力までなので、充電できるか不安だったが……。

一応充電されているものの、かなり不安定で、手持ちの計測器では数値が表示されなかった

おそらく「出力不足」で安定した充電ができないためだろう。

MacBook AirをUSB-PDで充電

MacBook Airを充電

続いて、MacBook Airを充電してみた。

最大30Wでの充電が可能だが、「29.6W」で充電されており、定格ギリギリのフルスピードで動作していることが確認できた。

iPhone 11 ProをUSB-PDで充電

iPhone 11 Proを充電

次は「iPhone 11 Pro」を充電してみた。

iPhoneは2017年に発売した、iPhone 8iPhone X以降、充電端子はLightningのままだが、USB-PD方式による「最大18W」充電に対応している

「6.7W」程度なので、通常(5W)よりは早く、急速充電が動作していることが確認できる。

バッテリー残量が90%ほどあったため、充電速度は落ちています
USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

iPad ProをUSB-PDで充電

第3世代iPad Proを充電

さらに、第3世代iPad Proを充電してみる。

USB-C対応の、第3世代iPad Proなので「最大30W充電」に対応している。

「17W」程度なので、急速充電が動作していることが確認できる。

Pixel 3をUSB-PDで充電

Pixel 4を充電

最後にAndroidの「Pixel 4」でも試してみた。

  • Quick Charge
  • USB-PD

Androidについては、メーカーによって対応する充電規格が異なるのだが、Pixel 4はUSB-PDに対応している。

「7.9W」程度なので、Pixel 4も急速充電が動作していることが確認できる。

「cheero Power Mountain mini」を使った感想

cheero Power Mountain mini 30000mAh(CHE-111)」レビュー
  • 30000mAhの大容量バッテリー搭載だが、意外とコンパクト
  • 最大60WのUSB-PD急速充電に対応するので、13インチMacBook Pro・12インチMacBookMacBook Airなどがフルスピード充電できる
  • ワイヤレス充電対応
  • LEDライトを搭載し、非常時に役立つ
  • デジタルインジケーター搭載
  • PSEマークなど複数の認証を取得済

これだけのスペックを詰め込んでおり、据え置き型のバッテリーとしてはかなり優秀だと思う

我が家にもう1つあるバックアップ電源は「Anker PowerHouse」。

12万mAh程度の容量があり、価格も約5万円。

スペックが全く違うので単純比較はできないのだが、用途を分けることでバックアップ電源としては心強くなる

災害時は食料含めて「1週間」支援無しで持ちこたえられたら、生き延びられると僕は考えている。

逆に言えば、それだけの備蓄が必要。

そして、ライフラインといえる「スマホの電源」は食料と同じくらい重要なので、あって困ることはないだろう。

チー
巨大地震で、携帯の基地局含めて破壊されたら、意味ないけどね……。

終わりに

cheero Power Mountain mini 30000mAh(CHE-111)」レビュー

モバイルバッテリーもすっかり一般的になったが、毎年のように災害が発生するようになり、その重要性は増している。

倉敷市災害ボランティアセンターのお手伝いをしていたときに驚いたが、モバイルバッテリーなんかもプッシュ支援として送られて来たりする

倉敷市災害ボランティアセンターの入り口

倉敷市災害ボランティアセンターに関わって感じた、システムの導入(IT化)は簡単でも、運用は難しいと感じた話

どちらかといえば、スマホ・ガジェットに詳しい人向けの製品と思っていたが、思った以上に一般的になったんだなと感じた。

cheero Power Mountain mini 30000mAh(CHE-111)」は、家庭内の全ての電源を満たすには不十分だが、持ち運びしやすく、LEDライトもあるので、非常時にはきっと役立つだろう。

もちろん、普段使うのにも便利。

リビングなどに置いても違和感のないデザインなので、いつでも使えるように置いておくのがよいと思う。

チー
僕は玄関に置いておくことにしました!

モバイルバッテリー買うならUSB PD対応製品がおすすめ

2019年以降、USB-Cを搭載した充電器が急速に増えてきました。充電規格の違いなどややこしい面がありますが、便利なのはもちろん、将来性があるので長く使えるので購入をおすすめします。

iPhoneで使いやすいモバイルバッテリーのおすすめ

【2020年版】買ってよかったモバイルバッテリー10選(USB-PD急速充電対応)。iPhoneで使うおすすめと私の選び方

チー
僕は以下の基準で選んでいるよ!一番のおすすめは「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」かな
モバイルバッテリー選びのポイント
  • USB-Cポートを最低1つ搭載していること
  • 高速充電規格(USB PD・Quick Charge3.0)に対応していること
  • 高出力の充電器なので、信頼できるメーカーと品質重視
cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)レビュー

「cheero Power Plus 5 Stick 5000mAh(CHE-108)」レビュー。コンパクトで毎日持ち歩ける急速充電対応モバイルバッテリー【PR】

▼USB−C2基搭載し、最大60W出力対応で、MacBook Proも急速充電できる
「cheero Power Plus 5 Premium 20000mAh with Power Delivery 60W」レビュー

「cheero Power Plus 5 Premium 20000mAh with Power Delivery 60W(CHE-109)」レビュー。MacBook ProとiPhoneを同時に急速充電!大容量モバイルバッテリーの買い替えに最適【PR】

▼バッテリー内蔵の充電器
「RAVPower RP-PB122」レビュー

RAVPower「RP-PB122」レビュー。モバイルバッテリー内蔵器・USB-PD対応で、iPhone・Android関係なく「長く」使える充電器【PR】

▼最新規格はいらない。とにかく安さ重視ならこれ(1,599円)!
RP-PB134

RAVPower「モバイルバッテリー 5000mAh(PB134)」レビュー。2,000円以下で安価、スティック型で小さいのにスマホをフル充電可能【PR】

USB-Cケーブルは高品質なものを選ぼう

「USB-PD」による急速充電は、本体・充電器・ケーブルがすべて対応して初めて動作します。「急速充電=高出力」なので発火などの危険もあります。安価な製品には注意しましょう。

エレコムUSB-Cケーブル「USB3-CCP05NBK」レビュー。USB-C Power Delivery(USB-PD)対応でも安心して使える高品質ケーブル

チー
特に「iPhone 8」と「iPhone X以降」を使っている方は、USB-C lightningケーブルの充電を試して欲しいです。爆速!
USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

自宅でお手軽充電ならワイヤレス充電器も便利

チー
最近はワイヤレス充電(Qi)に対応するスマホも増えているし、1つ持っておくと便利です
実は最新規格に対応していれば「最大15W」とかなり高出力!
ワイヤレス充電器の選び方を徹底解説

【2020年版】買ってよかったQi規格ワイヤレス充電器5選。スマホ(iPhone・Android)で使うおすすめと私の選び方

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年5月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!