RAVPower「RP-PB172」レビュー。Lightningケーブル1本で本体とiPhoneの充電が可能!残量のデジタル表示も便利【PR】

RAVPowerRP-PB172 本体 モバイルバッテリー
SPONSORED LINK

ライターをしている私は、取材などで外出することが多く、スマートフォンのバッテリーの減りが気になることもしばしばある。

そこで、モバイルバッテリーを買ってみようと思っていた。

しかし、「iPhone 7」ユーザーの私は、充電用にlightningケーブルを持ち歩いているが、モバイルバッテリーは「micro-USB」か「USB-C」ケーブルを使う。

モバイルバッテリーを持つだけでも荷物が増えるのに、モバイルバッテリーのためだけにケーブルまで増えるのが嫌で、購入に二の足を踏んでいた

そんな私にピッタリの商品が登場。
それが「RAVPower RP-PB172」!

iPhoneユーザーならLightningケーブル1本で、モバイルバッテリーの本体の充電・モバイルバッテリーからスマホへの充電の両方ができるのだ。

そこでこの記事では、RAVPowerのモバイルバッテリー「RP-PB172」を紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

RAVPowerのモバイルバッテリー「RP-PB172」の概要

RAVPowerRP-PB172 本体

「RAVPower RP-PB172」の製品概要は以下の通り。

寸法約165.5*78.5*23.5mm
重量約420g
バッテリー容量20000mAh
入力ポートLightning × 1
USB Type-C × 1
Micro USB × 1
出力ポートUSB-A × 2
USB Type-C × 1
出力USB Type-C 出⼒:USB Power Delivery 3.0 対応(⼊出⼒)、5V/3A、9V/2A、12V/1.5A、18W(最⼤)
USB A(QC)出⼒:Quick Charge 3.0 対応(出⼒)、5V/3A、9V/2A、12V/1.5A、18W (最⼤)
USB A(iSmart)出⼒:5V/2.4A
合計最⼤出⼒:5V/3A、15W
価格4,599円
備考iSmart2.0出力自動判別機能より、接続された機器を自動的に検知し、機器に適する電流で充電

特徴をピックアップすると、以下のあたりだろうか。

  • ケーブル1本で、デバイスへの充電・バッテリーへの充電の両方が可能
  • 入力・出力ともに3つの規格に対応
  • USB-PD、Quick Charge3.0に対応し、iPhoneもAndroidも急速充電できる
  • バッテリー残量をデジタルで%表示
  • PSEマーク取得

なかでも最大の特徴は、ケーブル1本でデバイスへの充電・バッテリーへの充電の両方が可能という点。

lightningケーブル

iPhone/iPadなら、必要なのはLightningケーブルだけでいい。
持ち運ぶ荷物が少しでも少なくなるのは、助かる。

RAVPowerRP-PB172 残量表示

もうひとつ、実際に使ってみて地味に便利だなぁと感じたのが、バッテリー残量のデジタル表示

具体的な残量が一目でわかるので、使っていて安心感がある。
モバイルバッテリー本体を充電するタイミングも、一目瞭然だ。

「RAVPower RP-PB172」の開封レポート

RAVPowerRP-PB172 外箱

RAVPower製品ではお馴染み、青緑色のパッケージ。

RAVPowerRP-PB172 内容物 RAVPowerRP-PB172 付属のマイクロUSBケーブル

開封すると以下が入っていた。

同梱品
  • 本体
  • 本体充電用micro USBケーブル
  • 説明書
  • 保証書

RAVPower製品は、品質の高さもさることながら、30ヶ月というかなり長い製品保証があることが魅力の1つ。

通常18ヶ月保証で、ユーザー登録することでさらに「12ヶ月」延長されます
RAVPowerRP-PB172 本体

製品の外観をチェック。

RAVPowerRP-PB172 本体

全体がブラックで統一されシックな雰囲気。

RAVPowerRP-PB172 本体

デジタル表示される部分以外はツヤ消しとなっているものの、意外と皮脂による汚れが付きやすく目立つので注意。

RAVPowerRP-PB172 本体 側面電源

電源ボタンは側面にある。

RAVPowerRP-PB172 本体

手に持ってみると、意外とズッシリとした印象だ。
重さは420g

RAVPowerRP-PB172 本体

大きさをiPhone 7と比較すると、こんな感じ。

RAVPowerRP-PB172 ポート

上部側面のポート部分。
ポートは全部で5つで、USB-Cは入力出力の双方に対応している

入出力種別ポートの種類入出力仕様
入力Lightning5V/2.1A
micro USB5V/2A、9V/2A、12V/1.5A
USB-CPower Delivery 3.0対応
5V/2A、9V/2A、12V/1.5A、18W (最⼤)
出力USB-A(QC)uick Charge 3.0 対応
5V/3A、9V/2A、12V/1.5A、18W (最⼤)
USB-A(iSmart)5V/2.4A
USB-CPower Delivery 3.0対応
5V/2A、9V/2A、12V/1.5A、18W (最⼤)

5つのポートで、入力3規格・出力3規格に対応してる。

PSEマーク(電気用品安全法)に対応

RAVPowerRP-PB172 本体裏面

モバイルバッテリーは、リチウムイオンバッテリーを搭載した製品だが、近年多種多様な製品が販売されている。

数年前と比較すれば、劇的に価格が安くなっており、競争の激しい分野なので、粗悪品も増えた

  • 既定値通りの動作をしない
  • 壊れた
  • 炎上・爆発した

このような事故が後を絶たない状況なので、2018年2月1日以降に電気用品安全法の適用対象となり、1年間の猶予期間を経て、2019年2月1日以降「PSEマークがない製品は違法」となる

「RAVPower RP-PB172」は、PSEマークを取得しているため安心して購入して欲しい。

充電性能をチェック

「RAVPower RP-PB172」は、USB-PDおよびQuick Chargeによる急速充電に対応している。

特にUSB-PDはパソコンでも主流になりつつある充電規格なので、充電性能をチェックしてみた。

USB-PDにはいくつか規格がありますが、「RAVPower RP-PB122」は 最大18W 出力なので、MacBookなどはフルスピードで充電できません

iPhone 7をLightningケーブルで充電

RAVPowerRP-PB172でiPhone7を充電

Lightningケーブルを使って、iPhone 7を充電してみた。

RAVPower RP-PB172でLightningケーブルを使って充電する場合、Quick Charge 3.0に対応したUSB-A(最大18W)と、iSmartに対応したUSB-A(最大12W)からの2つのポートが使える。

今回は、iSmartに対応したUSB-Aを使用してみた。
iSmartは、RAVPowerの独自技術で、モバイルバッテリーに接続した機器を自動で検知し、最適な出力で充電するというもの。

RAVPowerRP-PB172充電風景(iSmart使用)

LightningケーブルのUSB側の端子を、RAVPower RP-PB172の一番端のUSBに挿す。
もう片方はiPhone7へ。

iPhone 7の場合、「30分で約5%」の充電ができた。

12インチMacBookをLightningケーブルで充電

RAVPowerRP-PB172で12インチMacBookを充電

Lightningケーブルを使って12インチMacBookを充電してみた。

使用したポートは、iSmartに対応したUSB-A。
最大で12Wとなっている。

RAVPower RP-PB172でLightningケーブルを使った充電では、日常的なMacBookの使い方の場合、バッテリーの現状維持ができる程度
満足な充電はできなかった。

出先でLightningケーブルのみを持参した状態で、どうしてもMacBookの充電をしたい場合は、MacBookの電源を切った状態で充電する必要があるだろう。

「RAVPower RP-PB172」を使った感想

RAVPowerRP-PB172 本体
  • ケーブル1本で入力・出力の両方がまかなえる
  • 入力3規格・出力3規格に対応
  • USB-PDによる急速充電対応(18Wまで)
  • Quick Chargeによる急速充電対応(18Wまで)
  • 残量をデジタルで%表示

私はiPhone 7を使っているので、Lightningケーブル1本さえあれば、モバイルバッテリーの充電、モバイルバッテリーからiPhone 7への充電の両方ができるのは、とても便利に感じた。

また、本格的なモバイルバッテリーを持つのは初めてだったが、残量のデジタル表示は、私のようなモバイルバッテリー初心者にもわかりやすくて使いやすいと思う。

その一方で、入力・出力とも3つの規格に対応しているのは、使い慣れた人なら便利な反面、初心者にはわかりにくいと思った。

私の場合、どのケーブルを使ってどの端子にさせばいいのか、把握できるまでかなりの時間を要したからだ。

終わりに

RAVPowerRP-PB172 本体

携帯電話が生まれて、携帯電話という荷物が増えた。
そして携帯電話がスマートフォンとなって、さまざまな生活に必要な機能を持つようになると、バッテリーが気になってくる。

そのために、スマホにくわえてモバイルバッテリーという荷物も増えることになった。
だから、できれば荷物減らしたいという人も多いのではないだろうか。

RAVPower RP-PB172」は1本のケーブルで、モバイルバッテリー本体への充電と、モバイルバッテリーからデバイスへの充電の両方をまかなえる「ワンケーブルソリューション」は、とても大きな魅力。

少しでも荷物を少なくしたいなら、「RAVPower RP-PB172」はおすすめの商品だ。

モバイルバッテリー買うならUSB PD対応製品がおすすめ

2019年に入り、USB-Cを搭載した充電器が急速に増えてきました。充電規格の違いなどややこしい面がありますが、便利なのはもちろん、将来性があるので長く使えるので購入をおすすめします。

チー
僕は以下の基準で選んでいるよ!一番のおすすめは「Anker PowerCore 10000 PD」かな
モバイルバッテリー選びのポイント
  • USB-Cポートを最低1つ搭載していること
  • 高速充電規格(USB PD・Quick Charge3.0)に対応していること
  • 高出力の充電器なので、信頼できるメーカーと品質重視
▼USB−C2基搭載し、最大45W出力対応で、MacBook Proも充電できる
「RAVPower 20100mAhモバイルバッテリー(RP-PB159)」レビュー

RAVPower「20100mAhモバイルバッテリー(RP-PB159)」レビュー。MacBook Proが急速充電できる高性能バッテリー!【PR】

2019年1月18日
▼バッテリー内蔵の充電器
「RAVPower RP-PB122」レビュー

RAVPower「RP-PB122」レビュー。モバイルバッテリー内蔵器・USB-PD対応で、iPhone・Android関係なく「長く」使える充電器【PR】

2019年7月24日
▼最新規格はいらない。とにかく安さ重視ならこれ(1,599円)!
RP-PB134

RAVPower「モバイルバッテリー 5000mAh(PB134)」レビュー。2,000円以下で安価、スティック型で小さいのにスマホをフル充電可能【PR】

2019年2月7日

USB-Cケーブルは高品質なものを選ぼう

「USB-PD」による急速充電は、本体・充電器・ケーブルがすべて対応して初めて動作します。「急速充電=高出力」なので発火などの危険もあります。安価な製品には注意しましょう。

エレコムUSB-Cケーブル「USB3-CCP05NBK」レビュー。USB-C Power Delivery(USB-PD)対応でも安心して使える高品質ケーブル

2016年7月12日
チー
特に「iPhone 8」と「iPhone X以降」を使っている方は、USB-C lightningケーブルの充電を試して欲しいです。爆速!
USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

2017年10月4日

自宅でお手軽充電ならワイヤレス充電器も便利

チー
最近はワイヤレス充電(Qi)に対応するスマホも増えているし、1つ持っておくと便利です
実は最新規格に対応していれば「最大15W」とかなり高出力!
ワイヤレス充電器の選び方を徹底解説

【2019年版】買ってよかったQi規格ワイヤレス充電器5選。スマホ(iPhone・Android)で使うおすすめと私の選び方

2019年2月6日

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年9月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK