REMAX「RePower RPP-58」レビュー。iPhoneの容量とバッテリー不足を一気に解決!【PR】

iPhone側で認識される
モバイルバッテリー
SPONSORED LINK

iPhoneの容量(ストレージ)不足に悩んだ事ありますか?

iPhoneは歴史的に、安価な低容量モデルと、高価な大容量モデルの構成となっており、iPhone 6sの時代まで長い間最低容量が16GBだった

僕は16GBモデルを買ったことはないが、周りを見るとやはり『安さ』にひかれて一番容量の少ないモデルを選択する人は多い。だが、そういう人に限って、

  • 写真が増えて容量が足りない
  • アプリが入らなくなった
  • iOSのバージョンアップができない

なんてよく言っていたりする。
全ての原因はストレージ不足なのだが、この解消方法として一番代表的なものはSDカードなど外部ストレージに保存すること。

とはいえ、iPhoneはAndroidと異なりmicroSDカードスロットは搭載していないため、外付けとなるのだが、このタイプはWi-Fi接続だったりと案外面倒。

そこで、スマホアクセサリの代表格であるモバイルバッテリーと合体し、充電しながらデータ転送できるというモバイルバッテリーがある。

早速紹介しようと思う。

この製品は販売終了となりました
この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

『REMAX』ブランドについて

REMAXのロゴ

REMAXのロゴ

まず、今回レビューする『REMAX』というブランドについて。

調べてみるとそれも当然、海外発のブランドで2017年辺りから日本で購入できるようになったばかりだという。

AmazonなどのECサイトはもちろんだが、ドンキホーテ・ヨドバシカメラなどリアル店舗でも取り扱っているというのが大きな特徴となる。

今回はただのモバイルバッテリーと思いきや、、、

microSDスロットを搭載し、外部ストレージとして利用可能

という辺りが変わっている。

REMAX『RePower(リパワー)』商品概要

REMAX『RePower(リパワー)』

REMAX『RePower(リパワー)』

製品仕様は以下。

分類スペック
電池容量10000mAh
電池タイプリチウムポリマー電池
サイズ132×68×11mm
対応ストレージmicroSDカード8~128GB(Class10)
定格入力micro USB 5V / 2.1A
定格出力出力1-Mirco5V / 1A+データ転送
出力2-Mirco5V / 2.1A
型番RPP-58-WH / BK
日本正規代理店ミスターカード株式会社
重さ約265g

価格はAmazonで3,980円ということで、この容量のモバイルバッテリーとしては若干高い。

ただ、唯一無二の機能があり、それがmicroSDスロットを搭載し、外部ストレージとして利用可能ということ。

Androidでは大したメリットとならないが、外部ストレージが使えないiPhoneでは大きなメリットとなる。

そういう意味で、AndroidやPCでの外部ストレージとしても使えるが、最大のメリットはiPhone・iPadの外部ストレージになるということだ。

開封レポート

パッケージ表面

パッケージ表面

裏面

裏面

簡単に開封レポートを。
パッケージはREMAXブランドにしては珍しく、完璧な日本語パッケージとなっている。
※他の製品はマニュアルや裏面の説明のみということが多い

開封後

開封後

これが開封後の状態。

全同梱品を並べてみた

全同梱品を並べてみた

同梱品は、

  • 本体
  • 日本語マニュアル
  • microUSBケーブル

となっている。

マニュアルは完全日本語対応

マニュアルは完全日本語対応

やはり、外部ストレージとして使えると言うことで、マニュアルは充実している。

iPhone 7と比較

iPhone 7と比較

サイズはほぼiPhone 7と同じ。

ポートは2つ(同時出力対応)

ポートは2つ(同時出力対応)

充電は2ポート同時に行えるが、データ転送は1つ(青い端子)からしかできない。

RePowerのデータ転送を試してみた

モバイルバッテリーとしては平凡な仕様であるため、目玉のデータ転送機能を試してみた。

iPhone・iPadで利用するには専用アプリのインストールが必要となっている。
※PCやAndroidは不要

Remax POWER
カテゴリ: ユーティリティ

アプリは特に設定などは必要無い。

microSDを接続

microSDを接続

接続後

接続後

RePowerにマイクロSDカードを挿入。

左側がデータ通信用の青いポート

左側がデータ通信用の青いポート

USBケーブルを接続

USBケーブルを接続

USBケーブル(青い端子に接続)を接続し、iPhoneと繋ぐ、、、

iPhone側で認識される

iPhone側で認識される

すると充電が始まり、同時にデータ転送も可能になる。

ダイアログがアプリ上で表示される

ダイアログがアプリ上で表示される

アプリのトップメニュー

アプリのトップメニュー

アプリ側で認識され、データ転送や参照は専用アプリを通じて行う

  • iPhoneの写真や動画を転送(バックアップ)
  • SDカードに入っている、写真や動画の再生・iPhoneへの転送(インポート)
  • 音楽データのバックアップ
  • ドキュメント(文書)データ

などができるわけだが、地味に便利なのは後者。

写真メニュー

写真メニュー

動画メニュー

動画メニュー

デジカメで撮影した画像をiPhoneに転送する場合とかかなり使える。今はWi-Fi経由で転送は可能なのだが、あれも専用アプリのセットアップが必要で、いちいちWi-Fiに繋がないとダメなので結構面倒なのだ。

ちなみに、上手く認識しない場合のチェックポイントは、

  • 青い端子に接続しているか
  • 別のLightningケーブルを使ってもダメか

あたりとなる。
これでダメなら不良品の可能性があるため、メーカーに問い合わせてみよう。

終わりに

モバイルバッテリーも今や10000mAhクラスがデフォルトになり、価格も2,000円程度と随分安価になった。

  • USB Power Delivery
  • Quick Charge

など高速充電技術への対応する流れと、付加価値を付ける流れの、2つの差別化ポイントがあるわけだがRePowerは完全に後者の流れの製品。

低容量のiPhoneを使っている人や、PCやAndroidとのデータ交換を頻繁に行うような人には、非常に便利な製品だと思う。

Amazon価格では3,980円。
オールインワンパッケージである事を考えると、それほど高くないので、気になる方は是非試して欲しい。

モバイルバッテリー買うならUSB PD対応製品がおすすめ

2019年に入り、USB-Cを搭載した充電器が急速に増えてきました。充電規格の違いなどややこしい面がありますが、便利なのはもちろん、将来性があるので長く使えるので購入をおすすめします。

チー
僕は以下の基準で選んでいるよ!一番のおすすめは「Anker PowerCore 10000 PD」かな
モバイルバッテリー選びのポイント
  • USB-Cポートを最低1つ搭載していること
  • 高速充電規格(USB PD・Quick Charge3.0)に対応していること
  • 高出力の充電器なので、信頼できるメーカーと品質重視
▼USB−C2基搭載し、最大45W出力対応で、MacBook Proも充電できる
「RAVPower 20100mAhモバイルバッテリー(RP-PB159)」レビュー

RAVPower「20100mAhモバイルバッテリー(RP-PB159)」レビュー。MacBook Proが急速充電できる高性能バッテリー!【PR】

2019年1月18日
▼バッテリー内蔵の充電器
「RAVPower RP-PB122」レビュー

RAVPower「RP-PB122」レビュー。モバイルバッテリー内蔵器・USB-PD対応で、iPhone・Android関係なく「長く」使える充電器【PR】

2019年7月24日
▼最新規格はいらない。とにかく安さ重視ならこれ(1,599円)!
RP-PB134

RAVPower「モバイルバッテリー 5000mAh(PB134)」レビュー。2,000円以下で安価、スティック型で小さいのにスマホをフル充電可能【PR】

2019年2月7日

USB-Cケーブルは高品質なものを選ぼう

「USB-PD」による急速充電は、本体・充電器・ケーブルがすべて対応して初めて動作します。「急速充電=高出力」なので発火などの危険もあります。安価な製品には注意しましょう。

エレコムUSB-Cケーブル「USB3-CCP05NBK」レビュー。USB-C Power Delivery(USB-PD)対応でも安心して使える高品質ケーブル

2016年7月12日
チー
特に「iPhone 8」と「iPhone X以降」を使っている方は、USB-C lightningケーブルの充電を試して欲しいです。爆速!
USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

2017年10月4日

自宅でお手軽充電ならワイヤレス充電器も便利

チー
最近はワイヤレス充電(Qi)に対応するスマホも増えているし、1つ持っておくと便利です
実は最新規格に対応していれば「最大15W」とかなり高出力!
ワイヤレス充電器の選び方を徹底解説

【2019年版】買ってよかったQi規格ワイヤレス充電器5選。スマホ(iPhone・Android)で使うおすすめと私の選び方

2019年2月6日

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年9月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK