運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

新型iMac(Mid 2017)とiMac Pro発表のサプライズ。WWDC2017基調講演の感想

iMacの新型が1年半振りに登場
SPONSORED LINK

WWDC2017の基調講演が行われた。
事前に噂になっていたのは、OS系の話題を除くと、

  • 10.5インチ型「iPad Pro」
  • 新しいMacBook Pro・12インチMacBook、13インチMacBook Air
  • Siri搭載スピーカー
  • 10周年モデルのiPhone(iPhone 8)

で、僕個人としてはiPad Proの新型に期待していた。

結果はと言うと、近年のApple製品の傾向通り、iPhoneを除きある意味噂通りだった。

だが、1つだけ予想外だったのは、新型iMacが発表されたこと。

これは地味にショックだったw

SPONSORED LINK

WWDC2017基調講演で発表されたことの概要

WWDC2017
WWDC2017

WWDC2017基調講演で発表されたのは以下。

  • 新しいMacBook Proシリーズ(アップデート)
  • 新しい12インチMacBook(アップデート)
  • MacBook Air(CPUのみアップグレード)
  • 新しいiMacシリーズ(アップデート)
  • iMac Pro(新製品)
  • 10.5インチiPad Pro(新製品)と12.9インチiPad Pro(アップデート)
  • HomePod(新製品)
  • 次期iOS『iOS 11』の発表
  • 次期macOS『macOS High Sierra』の発表

という感じとなる。
アップデート中心とは言え、近年稀に見る新製品の発表が多かった基調講演だった

近年のApple製品はほぼ確定情報の噂が流れるため、ほとんどは噂通りのもの。ただ、色々気になる事が多いのも事実。

僕が気になったもの(ショックだったもの)をピックアップして紹介しようと思う。

ちなみに、OS系の発表はWWDC本来のものと言えるため、今後様々な情報が出てくると思うので割愛する。というか、正直あまり魅力を感じない、、、

iOSに今一番期待したいのは、

Apple Musicと統合された使いにくくなった、ミュージックアプリの刷新

だったのだが、それがなくてApp Storeが同じような感じのアップデート(レコメンド機能など)をすると聞いて、かなりガッカリした

10.5インチiPad Proの発表

105インチiPad Pro
105インチiPad Pro

今回一番「欲しい!」って思ったのは、この10.5インチiPad Proだ。

JIS企画のSmart Keyboard
JIS企画のSmart Keyboard

最大のポイントは10.5インチ用のSmart Keyboardが新たに登場したのだが、

  • フルサイズ対応(従来はフルサイズではなかった)
  • JISキーボード対応(従来はUS配列のみ)

ということ。

僕が使いたいと言うより、これなら子供が使うタブレットに便利って思ったんですよね。

2年後には上の子が小学生になるので、今はあまり触らせていない、ガジェット系も慣れていかなきゃいけないし、であれば『本物』であるべきと僕は思っているので。

12インチMacBookのアップデート

12インチMacBookは第2世代バタフライ構造キーボード搭載
12インチMacBookは第2世代バタフライ構造キーボード搭載

12インチMacBookは、CPUをSkylakeからKaby Lakeこと第7世代Coreプロセッサに刷新したことが大きなトピックだが、実は結構変わっている。

  • 従来モデルEarly 2016のCore m5、m7はCore i5、i7へ
  • メモリ最大容量が16GBへ(従来は8GB固定)
  • キーボードが第2世代バタフライ構造キーボードへ

と言った辺り。

CPUの名称については名前だけみると大きく変わったように思えるが、実は性能的にはそれほど変わらないそうだ。

それよりは、メモリ16GBとキーボードの方が個人的には大きなトピック。

僕は以前からMacはなるべくメモリを沢山搭載した方がよいと言い続けている。目安は16GBだと思っていて、これで足りないことはまず無い。

なのでMid 2017を購入する場合、予算が許せば16GBがおすすめだ。

そして、ある意味一番ショックだったのは、第2世代バタフライ構造キーボードを搭載したこと。これは、2016年10月に発表されたMacBook Proと同じものと思われる。

実際触ってみたが、第1世代のバタフライ構造キーボードよりタイプ感が増してタイピングしやすいと感じたので、この進化は嬉しいところ。

バタフライキーボード

だが、ブログ記事を書くなど12インチMacBookはタイピング用途が中心の僕は、わりとショックだった。

まあもう慣れましたけどねw

iMacのアップデートと新製品iMac Proの登場

iMacの新型が1年半振りに登場
iMacの新型が1年半振りに登場

今回ある意味一番驚いたのは、iMacのアップデートだった。

というのも、4月頃に2017年後半に新モデルをリリースするというような異例のアナウンスをAppleがしていたので、当分先だなと思っていた。

iMacの箱

結果としては、それが今回発表されたiMac Proだった
販売価格約50万円〜ということで、まさにプロ仕様なわけで、文章を書くのが中心の僕には無縁の端末だなと思った。

そして、iMac Pro以外のiMacは最新CPUであるKaby Lakeこと第7世代Coreプロセッサを搭載して刷新された。

そして全体的に少し値上がりとなった。

iMacのスペック
iMacのスペック

僕は2017年1月に旧モデルとなった27インチiMac 5K(Late 2015)を購入したが、この時の価格は300,080円(税込)

価格は2万円程度高くなった
価格は2万円程度高くなった

クロック数などは異なるが、新モデル(Mid 2017)で同種のカスタマイズを行うと、325,380円(税込)。2万円弱の値上がりだ。これは予想通り。

この時はさらに初売りセールでAppleストアギフト券ももらったので、差額は4万円くらいになるため、まあ結果論から言えば1月に買って正解だったかなと思う。

Retinaディスプレイが進化
Retinaディスプレイが進化

ただ、唯一ショックだったのは、Retinaディスプレイが進化したこと

従来モデルと比べて10億の色と500ニトの輝度(43%明るく)なったディスプレイは、かなり発色がよくなっていると思う。

ディスプレイは常に見るものなので、やっぱり違いに気づくと思うんですよね。なので、新型は当分目にしないようにしようかとw

フルサイズのMagic Keyboard登場
フルサイズのMagic Keyboard登場

もう1つがテンキー搭載のMagic Keyboardが発表された事。新型キーホルダーの噂は多かったので、これはうれしい製品だ。

というのも、僕はMacでMagic Keyboardを使った場合、テンキーが使いにくすぎるという理由で使用をやめ、東プレリアルフォースに変えた経緯がある。

東プレリアルフォースの外観

今ならこれを選んだかもしれないですね。
まあAppleのキーボードと言えば、常にTouch Bar対応のキーボードが出るなど、噂が絶えない状況。

2017年後半に発売されるiMac Proの発売に合わせて上位モデルの位置付けになる新型キーボードが発売する可能性は消えていないと思う。なので、今は「待ち」かなと。

終わりに

WWDC2017でハードウェアが多数発表されたのは、やはり9月の新型iPhoneを盛り上げたいという意図があるように感じた。

お気づきだろうか。

Appleは2017年発売予定の製品をほぼ全て発表してしまっている

残っているのは、iPhoneとiPhone専用アクセサリと言えるApple Watchのみ。有機ELディスプレイ搭載で、ホームボタンが廃止されると言われる、iPhone 8と呼ばれる新型iPhoneの発表が楽しみになって来た。

ただ、この流れはどちらかといえばAndroidの進化路線とも言える。大型液晶搭載スマホとしてのUIはAndroidの方が優れていると僕は思っているので、ここが分かれ道になる気もした。

というのも、iOS 11が僕にとっては残念な内容だったので、iPhone 8とそれに最適化されたiOS 11の姿が、少なくともAndroidの操作性を超えない限り、10周年モデルのiPhoneが最後になるかもしれない、と感じている。

デスクトップタイプのMacは、Appleストアや家電量販店で販売されています。

一般ユーザーでもカスタマイズできるのは、iMacのメモリ増設くらいなので、スペック選定は慎重に行ってください。

デスクトップタイプのMac
  • オールインワンの「iMac
  • ディスプレイなど全て別売りだがコンパクトな「Mac mini
チー
僕は2019年4月までiMacを使っていたけど、平成30年7月豪雨の体験を経て(被災はしてません)、コンパクトなMac miniに切り替えました
Mac miniを搭載したデスク(Thunderbolt 3のディスプレに接続)
Mac mini 2018パッケージ

Macはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
Macは10万円以上する高い買い物だし、「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。

特にM1プロセッサのMacはカスタマイズしなくても「爆速」なので!
2021年6月時点の「2020年モデルのM1 MacBook Air」販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税込)値引き実質価格
Apple Store256GB115,280円-115,280円
512GB142,780円-142,780円
Amazon256GB115,280円5,764ポイント109,516円
512GB142,780円7,139ポイント135,641円
ビックカメラ.com256GB115,280円5,764ポイント109,516円
512GB142,780円7,139ポイント135,641円
チー
Macの場合、CTO(カスタマイズオーダー)したい人も多いと思うので、その場合Apple認定整備済製品を狙うのもあり!
\ 整備済製品はApple Storeだけ /

Mac整備済製品をチェック

  • 送料無料
  • メーカー保証1年あり
  • 最大15%引き

また、店頭モデルを購入する場合、SoftBank・Y!mobileユーザーは条件を満たせば、Yahoo!ショッピングで買うと「最大20%還元」なのでお得だと思います

Macを買うならどこがお得なのかを考察

Macのメモリ増設について

MacはWindowsと異なり、メモリがあればあるだけ使うので、多いほど動作が速くなります。近年のMacはCPUを増強するより、メモリ増設の方がおすすめです。

チー
迷ったときは、「メモリを16GB」に増設しておくとかなり快適に使えます!

一緒に使いたいおすすめアクセサリ

チー
僕がデスクトップタイプのMacユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。

特にThunderbolt 3」対応製品はチェックしてみて欲しい!

デスクトップ型Macに関する記事

iMacは便利です!
Mac mini 2018パッケージ

2007年以来のMacユーザーである管理人が、これまで書いて来たMac関連レビューを、Macカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!