MacBook Pro/Airのバタフライキーボード(バタフライ構造)は使える?失敗作なのか?ブロガー・プログラマーが使った率直な感想

バタフライキーボード MacBook Air
SPONSORED LINK

2015年に発売した「12インチMacBook」は、インターフェースが「USB-C」のみとなるなど、革新的なノートPCだったが、もう1つトピックがある。

バタフライキーボード(バタフライ構造キーボード)

知らない方には何のことかと思うだろうが大きな特徴は、一段と薄いスペースに収まる、安定した反応の良いキーボードと言うことで、「薄さ」が特徴と言える。

近年稀にみる「失敗作」と言われることも多い「バラフライキーボード」は、2019年現在としては収束に向かっているのだが、未だにユーザーは多いので悩んでいる方も多いかもしれない。

また、4年以上MacBookシリーズで採用されていたため、「ファン」も多かったのだが、Appleが収束する決断をした理由は「誤動作の不具合を解消できなかったこと」と思われる。

「バタフライキーボード」は年々改良を進め、最終版と言える2019年モデルは「第3.5世代バタフライキーボード」と呼ばれていたが、発売直後から「バッテリー交換プログラム」が始まった

これはもう「Appleの敗北宣言」ともいえる……。

この記事では、MacBookシリーズに採用された「バタフライキーボード」について以下を紹介しようと思う。

  • バタフライキーボードの歴史
  • 不具合の内容
  • 実際に使った感想(第1世代・第3世代)
チー
MacBookの薄型化には大きく寄与したけど、パソコンとしての使い勝手は下がったと思う……。

SPONSORED LINK

MacBookシリーズ「バタフライキーボード」の歴史

MacBookのキーボードとトラックパッド

MacBookシリーズに採用されていた、「バタフライキーボード(バタフライ構造キーボード)」はAppleが開発した新しいキーボードだ。

Magic Keyboard」など多くのノートPC向けキーボードが採用する「シザー式」と比較して、薄型化と安定したタイピングが可能なことがメリット

初搭載だった2015年に発売した「12インチMacBook」は、「キーストロークが皆無」と酷評されたが、2016年には売れ筋の「MacBook Pro」にも採用され、以来モデル毎に改良を続けることとなった。

モデル毎に採用された「バタフライキーボード」をまとめると以下の通り。

「第4世代」についてはAppleから正式なアナウンスはあまり行われておらず、「改良版第3世代バタフライキーボード」や「3.5世代バタフライキーボード」と呼ばれることもあります
モデル名年代バタフライキーボードの世代
第1世代第2世代第3世代第4世代
12インチMacBookEarly 2015×××
Early 2016
Mid 2017×
MacBook Air2018×××
2019×
MacBook Pro2016×××
2017
2018×
2019×

約4年間の歴史があるのだが、毎年のように改良版が登場している

これには理由があり、キーが正常に動作しなくなるなどの「不具合」が多発したためだ

「バタフライキーボード」の構造・特徴と不具合の原因

バタフライキーボード

「バタフライキーボード」は一般的なノートパソコン用のキーボードが採用する「シザー構造」と比較して、かなり違っている。

「シザー式キーボード」はキーがぐらつきやすいため、キーを叩く位置が中心部からずれると入力できなくなることがあった。

そのため、より硬く部品数を減らす構造を作り、薄型化してもキーの安定性・均一性・操作性を損なわないようにする。

この理想を実現するために、キーボードの薄型化と安定性を同時に向上させたこと

これが「バタフライキーボード」のアピールポイントだった。

しかし「薄型化」の弊害で失われたのは、「キーストローク(押し込んだ感触)」。

当初採用された「12インチMacBook」は、1kgを切る薄型軽量モデルで「モバイル重視」だったので、薄型軽量の「代償」としてある程度受け入れられた

僕自身も「2016年モデルの12インチMacBook」を使っていたが、「モバイルだから」と割り切ったところはある。

ところが、2016年に売れ筋モデルである「MacBook Pro」に採用されてから流れが変わる。

ここからキーストロークを改善した「第2世代」が採用されたが、半年程経つと不具合報告が多発する。

  • キーが反応しなくなる
  • 同じキーが押され続ける

これらの現象が多数報告され訴訟騒ぎにまでなった。Appleは公式に不具合を認め謝罪の上で、さらなる改良版をリリースする。

これが「第3世代」で2018年モデル以降はこれが採用されているのだが、これでも問題の解決には至らなかった。

バラフライキーボードは、ホコリなどの粒子の混入でスイッチが正常動作しなくなる

これが最大の弱点。
その後2019年にも改良版をリリースしたが、発売直後から「 キーボード修理プログラム」が発表される状態

チー
Appleとしても「バタフライキーボード」の改良は諦めたんだろうね……。
16インチMacBook Proのキーボード

この頃から、次期MacBookシリーズでは「シザー式キーボードにもどす」と噂になり始めるのだが、2019年11月に発売された「16インチMacBook Pro」がそれを証明することになる。

2020年以降、13インチMacBook Pro・MacBook Airにも展開されていくのは間違いないだろう。

バラフライキーボードと一般的なキーボードを比較

東プレリアルフォースの外観

以降は、バタフライキーボードを実際使った感想を紹介するが、そもそも何が違うのか?

一例として僕がMac miniに接続して使っている、「東プレリアルフォース」と比較してみる。

東プレリアルフォースの外観

このキーボードは、一般的なレイアウトのキーボードなので、バタフライ構造キーボード比べると何から何まで違う。

特に違うのはキーストローク。

リアルフォースは「ストローク長4.0mm」、バタフライキーボードは正式スペックとして公開されていないが、まあ 「0.5mm程度」と言われているだろう。

タイピング感覚は、比較するのがナンセンスなくらい違う。

しかし、薄型化と同時にサイズもコンパクトになることが多い、モバイルPCにおいて「フルサイズキーボード(キーピッチと呼ばれるキーとキーの間隔が「19mm」)」を実現していることは高評価。

このため、キーストローク以外は使い込めばある程度なれると思う。

チー
僕は第1世代を3年以上使っているけど、モバイルと割り切れば慣れました!
東プレリアルフォースの外観

東プレ「REALFORCE91UBK-S(販売終了)」長期利用レビュー。Macでも使える?これから買う方に伝えたいおすすめモデルも紹介

2016年2月27日

iPadをキーボードでモバイルPC化できるか?MacBookに出会うまでの全記録

2016年12月9日

バタフライキーボードは使えば「慣れる」ものなのか?

12インチMacBookのバタフライキーボード

僕は2016年4月に「12インチMacBook」を購入した。

かっこいいぞ!MacBook 12インチ(Early 2016)スペースグレイ開封フォトレポート

2016年4月26日

以来3年以上使っているが、最初はかなり戸惑った。薄いので「押した感」が皆無だからだ。

  • 文字を打つ爽快感がない
  • 反応が薄い

あたりは若干寂しいモノがある。

僕はMacをブログ執筆に使っている。
なので、気分が乗っている時にどんどん文字が書ける感覚は、軽快なタイプ音もセットになってこそ快感になると思っているからだ。

ただ、同時にそれは一時的なもので慣れるだろうなという思いもあった。

なので、バラフライ構造キーボードもそうなるだろうと思っていた。

実際、3ヶ月程経つとほぼ気にならなくなり、1年も経つと当たり前になった。

バタフライキーボードの良いところ

バタフライキーボード

僕はその後、2019年に「2018年モデルのMacBook Air」を購入し、「第3世代バタフライキーボード」も体験した。

第1世代と比較すれば、比べものにならないほどタイピング感覚も向上し、良いところも目立ってきた。

僕が感じるバタフライキーボードの良いところは以下の2点。

バタフライキーボードの良いところ
  • 静音性が高いため音が気にならない
  • 「バックライトキーボード」が美しい

静音性が高いため音が気にならない

バタフライキーボード最大の魅力は「静音性」だと思う。

タイプ音も世代によって随分違うのだが、基本思想が「モバイル向け」なので静音性は高い

僕はどちらかと言えばタイプ音が大きいタイプ。

そんな僕が使っても、「バタフライキーボード」だとタイプ音は静かだと感じる。

「バックライトキーボード」が美しい

バックライトキーボードが美しい

2019年現在としては当たり前になってしまったが、初搭載となった2015年当時はバックライト表示が美しいことも魅力だった。

バックライトが均一
MacBookシリーズの定番機能とも言える「バックライト」は、薄型化したバタフライキーボードだと均一で美しく光る。

だから、なんだと言われるかもしれないが、自己満足度は非常に高い。

「バタフライキーボード」の欠点

こんな感じで、使えばなれることもできた「バタフライキーボード」だが、いくら使っても慣れない部分、つまり欠点も多い。

バタフライキーボードの欠点
  • 長時間タイプすると疲れる
  • カーソルキーが使いにくい
チー
この欠点は、2019年に発売された16インチMacBook Proのシザー式キーボード「Magic Keyboard」では解消されています

長時間タイプすると疲れる

「バタフライキーボード」は、確かにタイプ感はあるのだが、前述の通り非常に薄い。

このため、タイプしていても板を叩いているような感覚を覚える。つまり、反発がほぼ無いと言うことなのだが、この結果として、

長時間タイピングすると疲れる

2時間くらいなら大丈夫だが、例えば仕事で丸1日使うとなった場合は辛いかなと思った。

「12インチMacBook」の時はまあ良かった。しかし、メインPCとして使う人がほとんどの「MacBook Pro」に採用するなら、長時間利用も想定したキーボードとして欲しかった。

キーをタイプする力の入り具合は人によって異なるとは思うが、疲れやすいというのはメインPCとしては致命的な欠点だからだ。

カーソルキーが使いにくい

カーソルキーが不満

2つ目が「カーソルキー」の使い勝手が悪いこと。

これは、iMacなどに付属している「テンキーレスのMagic Keyboard」にも同じことが言えるのだが、スッキリ収まったカーソルキーは使いづらい

使いづらい理由は、4方向のキーが独立していないため

ただそれだけのとなのだが、僕は仕事でプログラムを書く事もありカーソルキーをわりとよく使う。

これだけはどうしても受け入れがたいのだ。

Apple Magic KeyboardをMacで使って感じた、私が受け入れられなかった3つの不満

2016年1月16日

バタフライキーボードは「失敗作」なのか?

バタフライキーボード

僕は2019年12月現在、「Mac mini」を使っている。

2017年以来メインPCは「iMac」→「Mac mini」という感じで、デスクトップを使い続けている

正直、今時ナンセンスと思う面はあるのだが、MacBookに一本化しない理由が「バタフライキーボード」の存在。

チー
サブ・モバイルPCとして割り切って使うにはよいけど、メインとして常用するのは耐えられない……。

それでも、不具合が解消し「完成」したならまだ慣れようかとも思った。

しかし、毎年のように改良を重ね、それでも不具合が解消しないキーボードを使う気にはどうしてもならず、今に至っている。

そして、繰り返し記載しているように2019年11月に発売された「16インチMacBook Pro」では、ついにバタフライキーボードが廃止された

16インチMacBook Proのキーボード

残念ながら「バタフライキーボードは失敗作だった」ことを、Apple自身が認めた証拠だと思う。

しかし、逆に言えば2020年以降発売するMacBookシリーズは、ほぼ全て「16インチMacBook Proのキーボード」が搭載される。

これは、買いだろうな……と、今からウズウズしている(笑)

終わりに

バタフライキーボード

MacBookシリーズが2015年以来採用していた「バタフライキーボード」は、おそらく後年「Appleの黒歴史」となるだろう。

「バタフライキーボード」が不幸だったのは、ホコリに弱いなどハード的な理由もあるが、ユーザーの多い「MacBook Pro」に採用してしまったことだと思う

に採用しただけなら、「モバイルPC」として割り切る人が被いので、おそらくこんな騒ぎにはならなかったはずだ。

「MacBook Pro」ユーザーは驚くほど多い。

  • 写真家
  • 動画制作者
  • 音楽制作者
  • ライター
  • デザイナー

など幅広い「プロユーザー」だけでなく、初めてMacを買ったような「ライトユーザー」にも愛されている

「Pro」と言いつつ層ではないポテンシャルを持っているので、影響を受ける人が多かった。

今「バタフライキーボード」に不満を持っている方は、今後購入する際はおそらく解消されているはずだが、採用しているキーボードには注意して欲しい

Macは特別なカスタマイズを行わなくても快適に使えるOSですが、特にWindowsを併用している方は、少し設定を変えると快適になります。

Macで行う最低限のカスタマイズ5選

Macをクリーンインストールしたら、僕が必ず行うキーボード・トラックパッドなど最低限のカスタマイズ5選【10分でできる】

2019年11月15日

Mac用無料アプリ「HyperSwitch」が便利!Command+TabでWindowsのようなウィンドウ単位でのアプリ切り替えができる!

2013年2月28日

Macアプリ「BetterTouchTool」でMacBookのトラックパッドをカスタマイズ!キーボードショートカット割り当てると便利。僕のおすすめ設定2選

2019年11月21日
チー
あと、「Apple Watch」を使っているなら、Macのロック解除は是非設定してみて!

Macの簡単セキュリティ対策。Apple WatchとmacOSを連携させたロック解除機能が便利(MacBook・Air・Pro、iMac、Mac mini全モデル対応)

2016年11月29日

Macのキーボードが不満なら使ってみたいキーボード

チー
MacBookシリーズの「バタフライキーボード」がどうも合わなくて、自宅では外付けキーボードを愛用しています。

どうせ買うならいいものを購入する方が長く使えるので、僕のおすすめは以下の2製品です!
東プレリアルフォースの外観

東プレ「REALFORCE91UBK-S(販売終了)」長期利用レビュー。Macでも使える?これから買う方に伝えたいおすすめモデルも紹介

2016年2月27日
DSC01373

Magic Keyboardが不満のMacユーザーに捧げる。Logicool「CRAFTワイヤレスキーボード(KX1000s)」レビュー【PR】

2018年11月17日
Macでキーボードを快適に使う為の、キー配列カスタマイズ

【Mac用キーボード配列カスタマイズ】東プレ「REALFORCE」とLogicool「CRAFT」をKarabiner-Elements で快適に使おう

2018年12月1日

MacはAppleストアや家電量販店で販売されています。

少しでも安く買いたい・旧モデル狙いという方は、メーカー保証1年が付くApple整備済品をチェックしてみましょう!

ノート型Macに関する記事

【レビュー】12インチMacBook(Early 2016)は最高評価!1年以上使い続けた感想のまとめ

2016年12月28日

Macカテゴリートップ

2007年以来のMacユーザーである管理人が、これまで書いて来たMac関連レビューを、Macカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年12月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK